ブルー・キュリオサ (Blue Curiosa) の挿し木成功~!

切花でもらったブルー・キュリオサ (Blue Curiosa) の挿し木成功~!

日本はゴールデンウィークに突入ですね。 きっと皆さんゆっくり休日を楽しんでいることと思います。 (あるいは楽しい旅行に行っているのかな) こちらに住んでいると、日本の暦がないので、どうしても日本の祭日、行事、忘れがちになってしまいます。(汗

さてさて、夫から2月にもらったブルー・キュリオサ (Blue Curiosa)のバラの花束、そのまま花が終って捨てるのはもったいなかったので、花後(今年2月24日)に挿し木してみたところ、2本根が出てきました。 確か「数撃ちゃ当たる、ショットガン方法」で8本くらい挿してみたのですが、結局生き残ったのは2本のみ。 やっぱりたくさん挿しておいて良かったです。(笑)

話はちょっと飛びますが、赤玉土、鹿沼土って日本にしかないってご存知でしたか? 実は私は知りませんでした。(恥) よく考えたら、当たり前かもしれませんけど、当然アメリカにはありません。 アメリカに来て、初めて園芸に目覚めた私には、赤玉土、鹿沼土という名前は知っていたものの、鹿沼市周辺が産地だから、鹿沼土・・・などと言うことは一切知りませんでした。 なので、当初家族から、挿し木するには、赤玉土、鹿沼土を云々・・・と言われ必死に辞書で探し、それでもなんと言っていいか分からず、シアトル中の園芸店を隈なく捜し求めたのですが、よく調べたら、実は両方、日本独特の園芸の土。 なので当然こちらにはないですよね。(爆笑)  では、アメリカでは、土壌改良には何が用いられるかと言えば、軽石、パールライト、バーミュキュライト、ピートモス、後は砂、程度。 (っあ、でも牛糞・腐葉土などはちゃんとありますよ。 そして土の種類は、日本に比べるとあまりありませんが、日本ではあまり馴染みのない、オーガニック系の肥料なら、こちらにはたくさんあると思います。 その話はまたいつか・・・) なので、挿し木はたまたま手元にあった、バーミュキュライトを使いました。 以前、今流行り!?の水挿しにも挑戦しましたが、私にはどうもうまく出来ません。 全滅でした・・・。 何でかなあ・・・?

これがもらったバラ、ブルー・キュリオサ (Blue Curiosa) です。
ブルー・キュリオサ (Blue Curiosa)

下の写真が開いた時のブルー・キュリオサ (Blue Curiosa)の花。 開ききると結構な大きさになり、ちょっとスモークがかった紫という感じの色でした。 "Curiosa" = "珍品" という名前だけあって、カメラでは捉えられない不思議で微妙な色合いの紫色がとても渋かったです。
ブルー・キュリオサ (Blue Curiosa)

これが今回挿し木に成功した2本。
ブルー・キュリオサ (Blue Curiosa)

挿してから約2月で根がこれだけ伸びました。(もっと伸びて欲しかったけど・・・)
ブルー・キュリオサ (Blue Curiosa)

小さなプラ鉢に移植しました。 これから株が大きくなるにつれて、鉢の大きさも大きくしていきます。
ブルー・キュリオサ (Blue Curiosa)

スモーキーな不思議な紫の色で、とても好みなのですが、外で育てたら、温室で管理された環境で育てたような色合いが出るかどうかは、まだ謎ですが、夏でも気温が低いシアトル、色合いに関しては、ちょっと期待がもてます。 でも、なんだか黒点病にとても弱そうないや~な予感はするのですが・・・。 なんたって、病弱な青系のバラ、しかも切花品種だし・・・。 でもまあ、大事に箱入り娘として育ててみます!

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥
関連記事
ブルー・キュリオサBlueCuriosa切花挿し木バラ

Comments 10

えつまま

ペッパママさん    今日は!
今日はとても爽やかな一日でした。
ゴールデンウィークで成田も羽田も ものすごい混雑ぶりを放映しております。
ブルーキュリオリ綺麗な花色ですね。
微妙な紫のバラにはなかなか出会いません

ご主人さまの贈り物 いいですね。うらやましい限りです
愛情いっぱいに 挿し木も答えてくださったのでしょう。
鹿沼土や赤玉がないなんて知りませんでした。
バーミュキュライトでこんなに根が張るんですね。
お上手ですね。  以前はよく成功したのですが最近はぜんぜんやっていません
来年は綺麗なお花と出会えるでしょう~~~
楽しみですね。

2007-04-30 (Mon) 17:28 | EDIT | REPLY |   

未来

ペッパママさん、切花の挿し木これは大輪のようですね。こんな綺麗な花が咲くなら、儲かった気分になりますね。
私も、去年やはり切花の挿し木、水挿しに挑戦したのですが、案外簡単に付きました。多分ミニバラだったからだと思います。
でも、花も小さく豪華さには掛けますよ。そして名前も不明です。
切花は、挿し木しても育てるのは難しいと聞きますが、頑張って咲かせてくださいね。

鹿沼、赤玉はそちらにはないのですね。初めて知りました。
日本ではこれが定番ですよね。シアトルの培養土は何を混ぜて使うのですか?

2007-04-30 (Mon) 19:12 | EDIT | REPLY |   

kaffe

おお 魅力的な色です♪

ペッパママさん
こんばんは!(こんにちは とも言っておこう)

ブルー・キュリオサ。。素敵な色ですね。魅力的だわ。
このくらい渋いととても惹かれます。
実は青薔薇や紫はちょっと苦手な色の系統でして、手持ちはラベンダーピノキオとイントゥリーグしかないのです。
その後者も見てもあまり気持ちが動かなくて という始末。
その点、このブルー・キュリオサはいいですね!どことなく微妙にくすんだ落ち着き感がありますものね。

挿し木、私も水挿しは一度だけしか成功したことないです。
表面張力を利用して、水と空気がギリギリのところに枝先を置いたので
成功はしたものの、管理は面倒くさ~~でした(笑)
だって、夜に水をギリギリにするから朝に干からびているんですもの!
まぁ 群星という薔薇だったから成功したようなものです。
通常は鹿沼と赤玉をミックスか、山野草を植えてあるスペースの端っこのほうにブスブスと挿しておくだけのお手軽な方法のどちらかです。
ペッパママさんの挿し木にも、良く見るとバーミキュライトくっついていますね。
変な菌がいなくて清潔で水持ちが良い でもって肥料を含まないから挿し木には適していますよね。

でもペッパママさんが言うように、切花品種ってどうも弱い気が・・・。
私も自分の誕生日に自分で買った薔薇や(爆)、クリスマスだといい自分で買った薔薇を挿して着いてはみたものの、その後がイマイチだったり黒点になったり というケースは経験済みです。
やっぱりガーデンローズよりは手がかかるのかもしれませんね。
その分 咲いたときの感激はひとしおでしょうけどネ!

2007-04-30 (Mon) 23:03 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

えつままさん こんばんは

やはり成田空港、羽田空港は混雑しているのですね。 そちらは天気もよくバラもたくさん咲き始めていることと思います。

私がバラを好きなことを知っているので、夫は最近花束と言ったら必ずバラを買ってきてくれるのですが、その切花のバラを挿し木した時、全滅する時もあるし、割と多く成功する場合もあり、結果はまちまちです。 きっと種類だとか、花の鮮度などによって変わるのかしら・・・。

このブルー・キュリオサ、日本でも人気の切花品種みたいです。 青系のバラはとても好きなほうなので、開花するのが今からとても楽しみにしています。

2007-05-01 (Tue) 13:57 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

未来さん、 こんばんは

未来さんは切花のバラの水挿し成功したのですね。 すごい~!! 私もいつか成功したいのですが、なかなか成功しません。

こちらではPotting Soil として、腐葉土、ピートモス、軽石、など混ぜて作った園芸用の土が売られています。 中にはちゃんと肥料(オーガニック系肥料、あるいは化学肥料)が混ぜてあるものもあり、普通はそれを買ってきて使うのですが、時々、植えるものによっては、これにさらに、ピートモスや腐葉土、牛糞、軽石、パールライトなど混ぜて、土を作ります。 でも割と適当にやっているのですが・・・。 よく日本のサイトでは、土の調合などとても凝っているみたいですが、アメリカはそれに比べればはるかに適当な感じがします。(笑)

2007-05-01 (Tue) 14:05 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

Kaffeさん こんばんは

そっか~、Kaffeさんはブルー系はそれほど好みって訳ではないのですね。 実は、私はブルー系はとても好きで、もっと土地があったら、ブルー系のバラの花壇が欲しいと思っているほどです・・・。 (変わってるかな!? ついでに茶系のバラの花壇も・・・なんて~) しかも、このブルー・キュリオサのように、ブルー系で不思議色となればますます惹かれてしまいます。(やっぱり変わっているるかもね・・・)

でも、切花品種でも元気に育ってくれるものもあるみたいですが、やはり一般的なイメージは弱いってかんじがするよね。 このブルー・キュリオサはその切花品種の弱い中で、さらに黒点に弱そうな予感がするのですが・・・・。 きっと自分でまた墓穴を掘っているかも。 (このあいだ散々Kaffeさんにキャンカーの愚痴を聞いてもらっておきながら、またまた、弱そうなものに手を出している懲りない私・・・) 弱いものははじめからやめときゃいいのにね・・・。(笑)

そうそう、水挿しの水面ぎりぎりのところに切り口を・・・というのは聞いたことがあったけど、イマイチうまく設定できない・・・。 難しかったなあ。 よく、ずっと花瓶に挿したままだったら、根が出てきた、という話を聞くけど、そんな風に簡単に根が出てくれたら、嬉しいのだけど・・・。 (不精だよね・・・笑)

2007-05-01 (Tue) 17:06 | EDIT | REPLY |   

kaffe

ペッパママさん こんにちは!

ブルーキュリオサをプレゼントしてくれる旦那様って、趣味がいいと思います。
羨ましいなぁ。日本の男性ももっと女性の気持ちをくんでくれるといいのに。(特にうちの旦那)

薔薇の弱い強いはイメージだけが先行しているかもしれないから、まずはこの先育ててみてどうか だよね!
経過報告 楽しみにしています♪

水挿し、おんなじこと思ってる!!花瓶に挿したまま根っこがでてきてくれるのが一番楽だわ。
でもそんな上手くいくのがどうしても信じられないです。
酸素が重要だと思うから、どうして水の中で?アイビーとかのように簡単にいかない よね?

こちらは昨日の雨があがって、ムッとする陽気です。
うどん粉が全開になる予感。。。(涙)

2007-05-02 (Wed) 11:18 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

Kaffeさん こんばんは

なんだか、バラの花束って言うと、ちゃんとお花屋さんに行ってアレンジしてもらう・・・とか、そんなイメージがあるけど、実はね、最近この辺のスーパーで、ちゃんと品種が書いてあるバラの花束が売ってあって、うちの夫はそれを買ってきてくれるの・・・。 (なので手軽に買えちゃうのです・・・笑) 結婚十年もしてると、私の変な好みも理解してくれて、最近では彼自身の好みではなく、私が喜びそうな変わったもの!?を選んでくれるようになりました。(やった~!)v-218 

そういえば、切花人種でも、ガーデンローズとして売られているものもあるから、一概に切花品種が弱いだとか言えないですよね。 だって、たくさん咲いて、バンバン切って収穫できるような品種じゃないと、商売にならないものね。 実は我が家には、このほか切花を挿し木したものがいくつかあるけど、 その中で、おととし挿し木に成功した、Abracadabra は(赤黒に黄色のストライプ←夫は好みじゃないと言いながらも買ってきてくれた 笑)、三株鉢に植えてあるけど、やはりまだまだ小さくて、今年も鉢で養生しています。 でも、私の実家で、挿し木でついた、メタリナと言う切花品種、スゴク大きく元気に育って、花もたくさんついているので、切花品種でも、やはり環境や育て方でずいぶん違って育つのかもね。 

水挿しの件、そうそう、Kaffeさんの言うとうり、根が出るには酸素がいるから、「花を捨てるのを忘れちゃって、気がついたら根が出ていた・・・」と言うのが、どうして起こるのか本当に不思議だよね。 でも以前スゴイ水挿しのやり方を公開していたアメリカ人がいて、この人の場合、クレマチスなんだけど、金魚とか飼育する時、水槽に入れるエアポンプを花瓶に入れて水挿ししたら、かなり根が出たとか言っていたけど、これだったら、いちよう水の中には酸素はある・・・。 でも、水の振動がひっきりなしにあっても、根が出てくるのに大丈夫なのかなあっていう疑問は残るけど・・・。(笑) 水差しで成功したのは、レックスベゴニア エスカルゴ。 (葉っぱがカタツムリのようにぐるぐる巻いている不思議なベゴニア) これ超簡単。 それこそ、水をかえるの忘れて半分水がにごっていた状態2ヶ月、ちゃんと根が出てきましたよ~!(爆) 薔薇もこんな感じで発根してくれたらいいのにねえ・・・。

そちらはそろそろ薔薇もきれいに咲き始めている頃かしら・・・。 せっかくの季節なのに、雨が降ったら花びらも痛んじゃうし、葉っぱも濡れて、病気になっちゃうから、心配になるよね。 私も雨が降るって天気予報で聞いたら、 どうか葉っぱや花を濡らさないで、それでいて、ちゃんと地面にお水があげたように降ってくれれば・・・と、夢のようなことを一人で妄想してしまいます。

2007-05-02 (Wed) 16:26 | EDIT | REPLY |   

イングリッシュローズ

(ヾ(´▽`)ノこんばんは~

うっ・・・美しい・・・綺麗すぎますッ♪
私、、ブルーの花に弱いの・・・超ブルーお宅ですっ!
ブルーの薔薇は、、必ず連れて帰りますっ!
でも、、こんなの見たこと無いっ!勿論、カタログでもネットでも♪
いや~世界は、広いっ!こんな薔薇が在るなんて!
で・・・香りは??一季咲き??品種は??と、、質問攻めですね。

薔薇の挿し芽、、(;^□^)あはは…
自慢じゃ無いですが、、下手くそです、種蒔きも挿し芽もっ!
「オアシス」挿し。「水差し」「ポリマー挿し」「土挿し」
色々挑戦したけど、、全滅ですっ!(号泣)
それでも、また、、挿し芽してますけど・・(;^□^)あはは…

日本は、GW真っ最中です。
天気も、今が一番過ごし易い時期で、薔薇も次々咲きだしました。
其方は、、まだ、、涼しいのでしょうか??

2007-05-02 (Wed) 22:47 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

イングリッシュローズさん こんにちは

イングリッシュローズさんもブルー系の薔薇すきなのね! このブルー・キュリオサ、切花品種なんだけど、結構人気のある薔薇だと思うから、日本でも手に入る(切花の状態で)と思うよ。 香りはね・・・造花じゃないって、ことが分かる程度・・・(爆) 青薔薇は香りが良くなくちゃねえ~なんて思うけど、これはまあ、切花品種だし、色が変わっているということで、まあ良しとしてます。(笑)

なになに、「ポリマー挿し」って初めて聞いたよ! 気になるなあ~・・・。 私も 薔薇の挿し木はうまくいく時もあるけど、駄目になるものの方が、はるかに多い・・・。(涙) それでも懲りずにいつも挿してしまいます。 いつもどうして成功して、何が悪くて駄目だったのか、自分なりに考えるのですが、どうしても運としか思えません。 気合を入れて挿しても全く駄目だったり、いい加減に挿したら、ついていた・・・なんてことがよくあるのですが、自分の庭で咲いた薔薇の挿し木はいつも全滅。 買ってきた切花のほうがちゃんと消毒がしてあるからなのか、葉が最後まできれいに保って根がでる確率が上がるのかな・・・?

2007-05-03 (Thu) 05:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply