スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁断の花 サルメンエビネ (Calanthe tricarinata Lindl)

禁断の花 猿面エビネ (Calanthe tricarinata Lindl)

蘭はどうしても高嶺(=高値)の花で、育てるのが難しいというイメージがあったので、手を出してズルズルハマッてしまっては危ない、禁断の花と思っていた私ですが、実は、昨年地元の園芸店に黄えびねと地海老根と一緒にこの猿面エビネが置いてあるのを見つけました。 以前家族から庭で咲いた花の写真をメールで送ってもらった時、この猿面エビネが写ってあり、「なんともかわいい花だわ~♥」と思ったことを覚えていたのですが、まさか、日本からこんな離れたシアトルで手に入るとは! 夫はあまり蘭系の花は好きではないので、「そんなにするの!?」とびっくりしてましたが、私は出会えたことのあまりにもの嬉しさでいっぱいで、そんな言葉は聞き流し、早速来年開花しそうな株を購入しました。

そして、今年私の期待を裏切らず、見事に咲いてくれてとても嬉しい限りです。

猿面エビネ (Calanthe tricarinata Lindl)
サルメンエビネ (Calanthe tricarinata Lindl)

赤いところが猿の赤ら顔に似ているから、猿面エビネといわれているようですが、私にはどう見ても猿っぽく見えないんだけどなあ・・・。
サルメンエビネ (Calanthe tricarinata Lindl)

上のほうにまだ少し蕾が残っているので、当分このかわいい花を楽しめそうです。
サルメンエビネ (Calanthe tricarinata Lindl)

実は、このサルメンエビネを買ったことを日本の家族に話した時、「ちょっと高く買ったね~!」と言われ、なんだかその一言が気になり、大体日本ではいくら位で売られているかな、と、ネットで調べたところ、が~ん、日本では千円前後で買えるらしい・・・。 蘭と言うからにはもっと高いと思っていたのに、ちょっとショック~! 値段をあれこれ言いうとちょっとおばちゃま路線になってしまうけど、やはり気になるところはいくらで買ったか・・・?! まあ日米価格比較として軽く聞き流してください。 私が買った猿面海老根、米国ドル38ドルでした。(竜汗) 

海老根大好き~!これから色々欲しい~、と心の中で密かに思っていますが、ココまででやめておく方が身の安全かも・・・。 ズルズルとあり地獄のように抜けれなくなると、とてもマズイので、こちらの方面は極力詳しくならないように努めています。(笑) やはり蘭は禁断の花には間違いなかったみたいです。 

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥
関連記事
サルメンエビネ猿面エビネ猿面海老根海老根エビネCalanthetricarinataLindl

Comments - 12

Takechianman

ペッパママさん こんばんは
サルメンエビネ綺麗ですね。私の故郷の山で、初めてこの種と遭遇したときのことが思い出され、懐かしかったです。
隣の市の家内の実家に交配したエビネを200株ほど地植えしていまが、毎年、5月の初め頃、開花し、じんちょうげの香りに似た良い香りをただよわせています。個体変異が多いだけに、集め始めると、ついはまってしまいますので、要注意ですね。

2007-04-21 (Sat) 19:43 | EDIT | REPLY |   

未来

こんばんは
エビネは持っていないのですが、色んな種類がありますよね。
集めだすと恐い事になりそうですね。
エビネはとても良いにおいがするんですよね?
お花の値段は、そちらは一般的に日本より高いのですか?

2007-04-21 (Sat) 22:33 | EDIT | REPLY |   

ぺぺちゃん

猿面エビネ 素敵ですね!

ペッパママさん お久しぶりです。

実は私もエビネ大好きなんです。いろいろな色や形があってキレイですよね。ニオイエビネの血をひいているものは沈丁花の香りを甘くしたような強い香りがあって、そこもまた魅力です。ただ、私が持っているエビネは最近ご機嫌斜めで、咲いてくれるのは来年以降になりそうです。
高嶺の花といえばこの間見た「何でも鑑定団」というテレビ番組(知ってますか?)で、自分が育てて品評会で全国1位になったエビネを抹茶茶碗と交換した人がでてきました。その茶碗、いくらだったと思いますか?なんと350万円!!!そんな高く売れるなら株分けでたくさん増やして荒稼ぎできる・・・と一瞬考えましたが、でもやっぱり花を見て素直にキレイだと感じることができる楽しみ方が一番幸せなのかもしれません。

2007-04-21 (Sat) 23:40 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

Takechianmanさん、こんにちは!

山を散策している時に、自生の猿面エビネを見るチャンスがあったなんて、本当にうらやましいです。  庭で育てたものが開花したのとは、また違った感動がありますよね。 今でもちゃんとそこで咲き続けているとよいのですが。

奥様のご実家で200株のエビネの地植え!? 凄いですね。 エビネ一株自体は小さいけど、200株もあったら、辺り一面、相当甘い香りが漂って、夢のような世界でしょうね。 そんな夢のような場所、見てみたいです。(笑)

2007-04-22 (Sun) 06:10 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

未来さん、 こんにちは!

実は私の日本の実家のほうでは、全員蘭が好きで、外で育てられる蘭をはじめ、実内温室で、カトレアだとか、色々な蘭を育てているのですが、私は全く詳しくありません。 昔、云万円した蘭の調子が悪い・・・などの話を聞くことがあったので、これはハマッたらまずいと、自制しているところです。

アメリカでのお花の値段、一概に高いとも安いともいえませんが、やはり最近日本やアジア原産の花が注目されてきているので、意外な花がこちらで手に入れるチャンスが出てきたかもしれません。 それでもまだまだ日本にいるように買える、という訳にはいきませんが・・・。

2007-04-22 (Sun) 06:19 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

ぺぺちゃんさん こんにちは!

確か私の日本の実家でも、ニオイエビネを栽培していたような気がしますが、今年はどんな感じなのかまだ話は聞いてません。 沈丁花のような甘い香りがする、とのこと、実際自分で香ってみたいです。 ぺぺちゃんさんのエビネ、来年はちゃんと元気に咲いてくれるといいですね。 また報告待ってます。

それにしてもエビネがそんな高価な値段で取引されるとは、びっくりデス。 これでまた私の 「蘭は禁断の花のイメージ」 が強化されてしまいました。(笑) その例350万円のエビネの花、どんな感じかちょっと見てみたいです。

2007-04-22 (Sun) 06:49 | EDIT | REPLY |   

kaffe

サルメン

ペッパママさん こんばんは。
サルメンエビネ、ライムグリーンと朱色のコントラストがとても美しい。
これでは惹かれるわけですわ。
なぜか2枚目の写真にとても愛嬌があって、何度も見入ってしまいました。
そうしたら。。。。怒らないでね リオのカーニバルのように思えてしまって。
頭に大きな飾りをつけて朱色のドレスをまとい踊っている そんな按配に。
変な見方でごめんなさい!

2007-04-22 (Sun) 18:03 | EDIT | REPLY |   

えつまま

ペッパママさん   今晩は!
エビネはとても可愛らしいお花です 
私も一時期 こったことがありました。
はる咲きと夏咲きがあるようですが ジエビネは暑さ寒さにとても強く育てるのに一番簡単で身近なお花でした。 ”一番安かったと思います ”
タカネはジエビネとキエビネを交配したものです。 
サルメンエビネは 育てませんでしたが お花にフリルがあって とても花色も綺麗ですね。
春咲きはジエビネに交配し 種類がとても多い様ですね。

10年前今の所に引っ越してから 鉢植え 地植えもいつの間にか消えてしまいました。
それ以来はバラの方に 気持ちが傾いてしまい いまは育てておりません
とても懐かしく 写真見せていただき嬉かったです。

2007-04-22 (Sun) 22:29 | EDIT | REPLY |   

イングリッシュローズ

(ヾ(´▽`)ノこんばんは~

エビネ・・・地味な花ですが、、愛好者が多いですね。
家も、ポピュラーなエビネが、一杯在ります。
亡き婆様が相当、集めていたみたいで、、(*≧m≦*)プッ
米ドルで、、38ドル・・単純に日本円で、、マジ、、高いっ!
でも、この手の植物は、、日本でも、高い物は、恐ろしく高いって聞いた事在ります、、。(号泣)

2007-04-22 (Sun) 23:55 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

リオのカーニバル

Kaffeさん こんにちは~!

リオのカーニバル、 おかしくて、思わずプッって噴出しちゃった。 でも納得! こんな感じのでっかい凄い飾りを頭につけたおねーちゃん達、踊ってるものね。 猿面よりリオのほうがお洒落だと思うけどね。 これから、うちの猿面エビネ、別名リオにしようかな。(笑)

2007-04-23 (Mon) 16:15 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

えつままさん こんにちは

えつままさんエビネ詳しいのですね。 春咲きと夏咲きがあるとは、知りませんでした。 地エビネ、こちらでも売ってましたが、これも38ドル、日本よりかなり高値です。 簡単に手が出せません・・・。(笑)

えつままさんの今のお庭、バラが中心なのですね。 そろそろ花がたくさん咲いて、きれいなことと、思います。 でも、どうして新しく引っ越された場所はエビネの育つ環境に適してなかったのかしら・・・。 不思議ですね。 

2007-04-23 (Mon) 17:15 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

イングリッシュローズさん、 こんにちは

お婆様がエビネの愛好家だったのですね。 それが今でも大切に育てられているなんて、きっとお婆様も天国から喜んでらっしゃることと思います。 素敵ですね。 今度機会があったら、是非、お婆様のエビネコレクションを見せてくださいね。

こちらでは一番安いと言われている地エビネでも、同じく米ドルで38ドル、知った時はえっ~~~~ってショックだったけど、こちらでは日本の花が手に入らない方が、当たり前なので、しょうがないと思って無理やり納得しました。 でも、これから地エビネと黄エビネをまた38ドル出して、買うかっていったら、ちょっと考えてからにします。(笑)

2007-04-23 (Mon) 17:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。