スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fritillaria Uva-Vulpis と Fritillaria Hermonis ssp. Amana

トルコ付近が原産のFritillaria Uva-Vulpis と Fritillaria Hermonis ssp. Amana

今、庭で咲いている私の大好きなフリチラリアの二種類の写真です フリチラリアって山野草の部類に入るのかな。 結構地味な花だけど、これがまた渋くていいのよね~! (自己満足の世界・・・) しかもトルコ周辺が原産地だなんて、なんだかロマンがある~! 花だけではなく、是非行ってみたい国の一つです。

さてさて、下の二枚の写真は、Fritillaria Uva-Vulpisで、見ての通りちょっと粉を吹いたような紫に黄色が入るかわいらしい花です。 フリチラリア ミハイロフスキー(Fritillaria michailovskyi)になんとなく似ているのですが、こちらのほうがスリムなつぼ型の花です。 どちらも好きなので、両方植えていますが、ミハイロフスキーは今年は咲くかどうかちょっと分かりません。(涙)
フリチラリア・ウヴァ-ヴルピス (Fritillaria Uva-Vulpis)

Fritillaria Uva-Vulpisのアップです。
フリチラリア・ウヴァ-ヴルピス (Fritillaria Uva-Vulpis)

そして、じゃ~ん、こちらはFritillaria Hermonis ssp. Amanaという花ですが、Uva-Vulpisよりも花がはるかに大きい! 大体、長さが3cmくらいあるのかな。 赤茶色のスジがポイントに入って、決して派手ではないけど、いい味出しているぞ~、と思っているのですが・・・。 ホント、大きくて派手だったら、くどくなりがちだけど、これは大きくて地味、バランス的にもとてもよい。 かわいらしさから言えば、Uva-Vulpisには負けますが、渋系がお好きな方には是非お勧めします
Fritillaria hermonis ssp. amana

渋い花が好みの方にお勧めの Fritillaria Hermonis ssp. Amana
Fritillaria hermonis ssp. amana

フリチラリアは世界中に色々な種類があり、見れば見るほどハマってしまうのですが、どちらかと言えば、インペリアリスのような大きなものよりも、私は丈が低めのほう種類が好みです。 っあ、でも、もちろん嫌いな訳じゃないですよ。 黒紫のFrit.Persicaは大好きで、何年か前植えたのですが、翌春一回花を見たのみで、球根が腐ってしまった。 くやし~! いつかリベンジ

Fritillaria Affinisをはじめ、北米原産のフリチラリアも是非育ててみたいのですが、何しろ普通の園芸店には出回らず、マニアックな通販で取り扱っているのみ。 なかなか手に入りにくいのが現状で(しかも球根の割りに値段も結構するので)気軽に手が出せない。 いつかは是非欲しい・・・なんて思っていますが、いつも、っま、いいか、で終わっています。(笑)

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥
関連記事
フリチラリア

Comments - 6

Nor

渋い花も庭にないとバランスがとれませんよね。
しかも、そういう花たちがいい味をだしてくれますね。
Fritillaria Uva-Vulpisの赤紫の色がとても好きです。
なんだか、食べ物みたいと思ってしまったのは私だけでしょうか?
おなかがすいているのかな?

2007-04-03 (Tue) 10:26 | EDIT | REPLY |   

えつまま

始めまして    えつままです   
宜しくおねがいします。
フリチラリアとゆうお花はじめて見ました。とても愛らしいお花ですね。
山野草の部類だそうですが丈夫なのでしょうか?
地植えが適しているのでしょうね。
赤茶色のスジがポイントに入ったお花いいですね。
綺麗なお花沢山見せていただきました。ありがとうございました。

2007-04-03 (Tue) 17:07 | EDIT | REPLY |   

kaffe

フリチラリア

ペッパママさん こんばんは。
画像がぱっと目に入ったとき、Uva-Vulpisはミハイロフスキーだと思いました。
でも、私個人的にミハイロフスキーよりもこっちのほうが好みです♪
こういう地味だけど、とっても個性的なものっていいですよね。
沢山植えてもくどくないし、控えめで目立つっていう 何とも矛盾したところが魅力です。
その代表って感じがする Hermonis ssp. Amana ですね。
色は全く派手でないのに、この微妙な網目?模様。これで十分 地味派手です。
こんな植物を植えているのは、やっぱりセンスが良い証拠ですわ。
色んな所を沢山参考にさせてもらいますね♪

2007-04-03 (Tue) 22:26 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

Norさん こんにちは!

私もこのUva-Vulpisの赤紫がとても好きです。

>なんだか、食べ物みたいと・・・

そういえば、プラムとか、ブドウとかおいしそうな果物に見えるかも・・・ね。 でも鼻と近づけて香りを嗅ぐと、臭いです・・・。(笑)

2007-04-04 (Wed) 04:41 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

えつままさん、こんにちは!

コメントを残してくださってどうもありがとう~!

フリチラリアが山野草の部類に入るかどうかは微妙なのですが、我が家では山野草系が植わっている花壇で育てています。 日本のフリチラリア系のお花だったら、バイモユリとか、黒百合などが代表されるそうですが、なんだか世界中に色々種類があるとのことです。  

秋になってチューリップなどの球根が発売される頃、きっとフリチラリアの球根も出てくると思います。 鉢植えでも地植えでも意外と簡単に育てられるので、えつままさんも今年の秋にはいかがでしょうか~(笑)。 

こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします~!

2007-04-04 (Wed) 04:50 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

Kaffeさん、 こんにちは!

そうそう、Kaffeさんが言うとおり、なんだか、フリチラリアって控えめでいて目立つっていう 何とも矛盾したところがあるよね。 一度通り過ぎて、あれって引き返して見るような花・・・(笑)。

Uva-Vulpisはミハイロフスキーに色合い的に本当に良く似ていますが、ちょっと粉を吹いたようなところがミハイロフスキーと違うかな。 ほんと、フリチラリアも凝りだしたらきりがないほど色々種類があるみたいだけど、我が家にあるのはあまり世話の要らないタイプみたいです。(笑)

>色んな所を沢山参考にさせてもらいますね。

こちらこそいつもKaffeさんのところで素敵な花を見せてもらって、参考にさせてもらってますよ!

2007-04-04 (Wed) 05:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。