スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノモカリス・ファレライ (Nomocharis farreri)

ノモカリス・ファレライ (Nomocharis farreri)

この写真も春の回顧録・・・(笑)

数年前に種子交換で入手し、せっせと種から育てたものです。(笑)
2010年に蒔いたので、3年で開花!

今年の春の時点でもまだ小さかったので、今年開花するとは
思ってなかったのですが、まさかの開花。嬉しかったなぁ・・・。

ノモカリス・ファレライ (Nomocharis farreri)
ノモカリス・ファレライ (Nomocharis farreri)

ノモカリス・ファレライ (Nomocharis farreri)
ノモカリス・ファレライ (Nomocharis farreri)

ノモカリス・ファレライ (Nomocharis farreri)
ノモカリス・ファレライ (Nomocharis farreri)

写真だと大きさがわかりにくいのですが、写真のものは、
大体背丈が20センチくらい。

北ミャンマー、あるいは中国の西雲南省あたりに自生するユリ科のお花です。 
原種のユリが()大好きな私にとって、たまらなく嬉しい開花でした。



にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥
関連記事
ノモカリス・ファレライNomocharisfarreri山野草種子

Comments - 2

system

すごいですねー
うちのはまだ一枚葉ですよ。
加納さんも上手にノモカリスを実生されておられる。
なんか秘密のおまじないがあるのですか?(笑)
今年、いろんなものがカルシウムイオン不足と分かりましたので、今せっせと石灰岩とか、苦土石灰とか・・気にしてます。
アネモネにもアペンニナなんかも石灰岩好きなようですねーー

2013-10-26 (Sat) 06:17 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

システムさん こんばんは!

いや、私も今年開花してくれると思ってなかったので自分でもびっくりです。(爆) 秘密のおまじないは・・・なんだろう・・・?

以前はマメにブドウ糖入りの薄めの液肥をせっせとあげていたのですが、今年は蒔いた鉢の管理でアップアップしていたので、ブドウ糖は抜きにして、薄い液肥を、気が付いたら(←って言うことは、一ヶ月に一回くらい 笑)あげていたくらいです。

カルシウムイオン不足になると植物などんな症状がおこるのでしょうか? ユリ科はまあまあ育ってくれてますが、我が家でいつもてこずるのは、vulgaris以外のオキナグサ属。(涙) 開花まで何とかもっていけても、その後調子が悪くなり、腐ってスッポリ抜けてしまいます。 (竜涙e-259) 以前頂いた種子から2、3年年育てたものが今年咲いたのですが、開花後なんだか調子がおかしくなり茶色くなってお亡くなり・・・。 今年はだいぶ大切に育てていたオキナグサ属の苗を枯らしてしまい、今でもショックから立ち直れません。(苦笑)

2013-10-26 (Sat) 13:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。