交配したクレマチス (アトラゲネ系編)

交配したクレマチス (アトラゲネ系編)


ナンチャッテ交配、薔薇のみならず、クレマチスにも手を出してしまいました。(爆)
さてさて↓の写真はたしか2008年の終わりか2009年の1月くらいに種蒔きして、
2010年の8月終わりに咲いたもの。

交配親はパメラジャックマンとヤンリンドマークという、今から思えば、
あまり面白くない組み合わせなのですが、確か当時は、

「パメラみたいな濃いブルーでヤン君みたいなちょっと和紙系のふわふわした
八重がいいな・・・

とかそんな感じにテキトーに組み合わせたような気がします。

色はパメラのブルーよりちょっと赤味が入る濃いブルーパープルです。

(Pamela Jackman x Jan Lindmark)
オリジナルのクレマチス

残念ながら柔らかい和紙感は全く感じられません。
オリジナルのクレマチス

あまりにも極普通の花でちょっとがっかりしてしまい、
その後写真を撮らなかったのですが、結果は一重で咲きました。(苦笑)

でも・・・花粉親のヤン君が八重なので、ひょっとすると株に力が付くと
八重になる可能性はゼロではないのですが、、種親であるパメラのほうは、
バリバリのシングルなので、ずっとこのままずっとシングルかもしれません。

ちなみに白色のアトラゲネの 'アルビナ・プレナ'のOPの実生は
薄い綺麗なブルーの八重で咲きました。



にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

関連記事
クレマチスアトラゲネ交配

Comments 8

かっぱ

ぺっぱままさん
おっはよーさん

クレマチスも交配してるんですね

うひぃぃ~

中々、狙い通りにならないところが
チャレンジする意欲を維持できる秘訣かもしんないよ

すぐ完成したら
つまんないもんねー

今年は、どんな交配するのかな?

楽しみでございます。


ぺっぱままさん
クレマチスの種って
いつ蒔いたらイイの?

うちの地方は
1月~2月が年間で
一番気温が低く
朝は間違いなく0度
日中10度前後

3月半ばから
だんだん気温が上って
5月にはMax30度近くにはなります。

2011-01-23 (Sun) 07:56 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

かっぱさん

こんばんは!

ホントなかなか思うように咲いてくれないのが現実・・・
なのですが、あまり期待してない交配からお気に入りが
生まれたり、交配ってなんだか宝くじのような感じで
結構病みつきになってしまいます。

今年は昨年咲かなかった交配したアトラゲネ系のクレマチス
がもっと咲いてくれそうなので、ちょっとだけ期待しているのですが・・・。v-354

クレマチスの種蒔きの時期・・・ですが、
アトラゲネ系は寒さを経験してから発芽するので、
秋から遅くても今くらいの時期(1月あたりまで)に
蒔いていた方が良いと思います。

2011-01-23 (Sun) 12:54 | EDIT | REPLY |   

clema

交配は奥が深いですね

開花前の画像ですが良い色だと思います・・
ヤンの特徴が出て欲しかったようですが綺麗ですね。
和紙の様な感じの花なので大好きです^^
ペッパママさんの交配した花が見れるのを楽しみにしています。

どの画像もピントが良く合っているので感心しています・・
ブログにリンクさせて頂きました。

2011-01-28 (Fri) 11:43 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

clemaさん

褒めてくださってどうもありがとうございます。

確かにヤン君の和紙のような質感は全く出ずちょっとがっかりしたのですが、色は綺麗に濃く出たみたいなので、もしこの株にもう一度ヤン君をかけてみると、雑種第二代の株は和紙みたいな質感が少しは出てくれるかな・・・なんてちょっと期待しています。

clemaさんさんも沢山交配した種が続々発芽中、これからますます
楽しみが増えますね~! 私も楽しみにしています。v-355

私の方からも是非リンクさせていただきたいと思います。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

2011-01-28 (Fri) 17:50 | EDIT | REPLY |   

越後屋

こんちは~
そろそろ雪割草モードに入ってきました。

良い感じの花ですねえ、こんな色の雪割草も欲しいところです。
クレマチスの交配はさっぱりわかりませんが、雪割草の場合は
八重×一重はすべて一重
子の一重を八重にかけるか、セルフで八重を作るんですね。
なので、優秀な親の子(なんともない一重の花)がかなり高価で販売されてます。

2011-02-04 (Fri) 22:36 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

越後屋さん

こんにちは! コメントありがとうございます。

お写真で見る限り、そちらは雪が大変なことになっていましたが、
今はいがでしょうか? 何も被害がなかったことを祈っております。

雪割草では八重×一重はすべて一重 なのですね。
そう言えば、昔、同じキンポウゲ科のヘレボルスの交配について色々調べていた時期があったのですが、巷では

八重x一重と言う組み合わせより
一重x八重というほうが

セミダブル、もしくはダブルになる可能性が高いのでは・・・

という噂を小耳に挟んだことがあります。 

確かに一重の花でも、実は八重の遺伝子がどれだけ混じっているか・・・とか、八重でもどのくらい強い八重の遺伝子が入っているなどで、結果はだいぶ変わってくると思うのですが、雪割草の場合は、同じ交配でも、種親、花粉親の組み合わせで結果が代わってくるというこごがあるのでしょうか?

そういえば、クレマチスも同じキンポウゲ科、

八重の花に八重の遺伝子が入っている一重の花の花粉をつけるより、八重の遺伝子が入っている一重の花八重の花の花粉を付けるほうが、ダブルになる確率が高いのかな・・・? 

まあ、いろんな状況があるので、一概にコレという法則が成り立たないとは思うけど、できるだけ自分の思うように交配結果が出て欲しいものです。(笑) 

そろそろ雪割草の季節ですね~! 越後屋さんのため息の出るくらい美しい雪割草の数々、私もとても楽しみにしています~!

2011-02-05 (Sat) 06:54 | EDIT | REPLY |   

越後屋

2月に入って、展示会が始まりました。

雪割草の交配の原則はあるようですが、プロの方でも「両方の親の性質が半分ずつくらい」と考えてるようです。

2011-02-06 (Sun) 19:58 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

越後屋さん

こんにちは!

お写真を見る限りあたり一面が真白の雪だったので、気分的に雪割草はもう少しあとかな・・・なんて思っていたのですが、展示会は始まっているのですね! (ハウスがあれば雪も関係ないですものね・・・笑)

両方の親の性質が半分ずつくらい・・・ですか?e-68 言われてみれば、当然のことですが、どのように子に出てきてくれるかが、交配している者にとってはとても気になるところですね!!

2011-02-07 (Mon) 04:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply