渋い色あいのツルバラ ’オーキッドマスターピース’(CL Orchid Masterpiece)

渋い色あいのツルバラ ’オーキッドマスターピース’(CL Orchid Masterpiece)


すっかり前回の記事からご無沙汰してしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私の方は相変わらず毎日を過ごしていましたが、シアトルはあっという間にすっかり秋模様、
庭の風景もだんだん寂しくなってきました。

さてさて、秋バラの写真・・・と言いたいところですが、ここ最近雨ばかり、
なかなかカメラを持って外に出ることがなかったので、まだブログに写真を載せてなかった
ツルバラのオーキッドマスターピース、何ヶ月か前に咲いた花ですがご覧ください。


ツルバラ オーキッド・マスターピース (CL Orchid Masterpiece)
ツルバラ オーキッド・マスターピース (CL Orchid Masterpiece)

ちょっとグレーの入る渋いピンクラベンダーの花色、個人的にかなり好みだったりします。
ツルバラ オーキッド・マスターピース (CL Orchid Masterpiece)

このツルバラは、私の大好きな「ラベンダーピノキオ」、そして、ここアメリカでは春先に
なると必ず店頭に並ぶ白薔薇、「ジョンFケネディー」などなど、その他数多数の有名な薔薇を
生み出したアメリカの育種家、Eugene S. "Gene" Boernerさんが1960年に作出した品種。

そうそう、イングリッシュローズの交配親となった、ツルバラの「アロハ」や、
私の大好きなフロリバンダ、「シック」もこのボーナーさん作出のバラです。

この渋色のオーキッドマスターピースはゴールデンマスターピースという黄色の薔薇と、
グレーパールの実生から交配されたものと記録されていますが、 

グレーがかかった渋い色あいはきっとグレーパールからきているのかな。

こんな微妙な色あいの薔薇、私にとってはとても魅力的な品種なのですが、
実は花つきが悪い・・・だとか、病気に弱い・・・だとか、ネットで調べる限り、
あまり評判は良くないようです。

しかも流通している苗は、根が凄く短く切られて、湿ったおがくずに包まれている、
いわゆるこちらアメリカでは通称’ボディーバッグ’と呼ばれているもの。
ディスカントストアでよく叩き売りされているタイプのもので、実は私のこの苗も2代目。(汗)

初代の株は、根がほとんどない状態の裸苗をいきなり地植えし、とても美しい花が一輪
咲いたものの、やはり株に無理がきたのか、冬越し出来ずダメにしてしまいました。

そんな苦~い経験があるのですが、それでもどうしても、
「もう一度、あの美しい花を育ててみたい・・・」忘れることが出来ず、再挑戦。(笑)

2回目は、ほとんど根がなく、茎がロウでコーティングされていた可愛そうな苗を2年間
鉢で養生してから、先ほど地に下ろしました。 今度こそ定着して大きく丈夫に育ってくれる
ことを祈るばかりです・・・。(でも今年の冬ってかなり厳しくなるらしい・・・涙)

苗が非常に悪かったので、今までその分養生してきてきましたが、今まで育ててきた感じ
噂ほど手にかかる薔薇ではなさそうです。 

アッシュウェンズデーや、バタースコッチがお好きな方なら、絶対に惹かれる品種間違いなし!(笑)

今時点での私の独断と偏見評価{注:今後評価が勝手に変わる可能性大}

・育てやすさ  ★★★☆☆
・お気に入り度 ★★★★☆
・マニアック度 ★★★★☆(春先にディスカントストアに並ぶのみ。でも通販で自根苗も売っているみたい)
・総合お勧め度 ★★★☆☆


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

バラローズRose薔薇ツルバラオーキッドマスターピースCLOrchidMasterpiece

Comments 4

かっぱ

ぐぅ~っどいヴにん!!!!

こちらも、すっかり秋ですよー
ススキが綺麗です(たぶん、地元ではw コスモスも揺れてると思います、地元ではw)

見た瞬間、ペッパママさん好みのバラじゃぁ~って思いました。

只今、国内ではNewRoses2011なる本に
多くのバラ好きさん達が狂喜乱舞、阿鼻叫喚状態ですよー

去年、お目見えしたペッシュ・ボンボン(デルバール)見たいだけど
ちょいと違う、これまた可愛らしさ大爆発のラ・パリジェンヌ(
デルバール)ってのが新作でお目見えしてて
わしも、ノックアウト状態です

以前、目にしたメイアンの新作
ブラック・ゴールド
これが、またツボなんだわー
リバーシブルで半剣弁高芯咲きなんで
誰の目にも止まりそうにないんだけど
うひひひひひひ
秘かにゲットしちゃおうかと企んでいるのだ

ここ半年前からガリカとモス・ローズに魅了されてまして
新作は新作で楽しいんだけど
古より栽培され続けてきた薔薇に興味の対象が変わってきました。

また、わたしの見た事のないバラを紹介して下さいませ

うんじゃ、まったねー

2010-10-10 (Sun) 22:13 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

かっぱさん

こんにちは!

コメントどうもありがとうございます。 

それにしても日本はいいな~!! 色々な国からいろんな最新のバラが入ってきて、選択肢が広いですよね~!! おフランスのバラって、艶やかな感じの色あいが多くて、見ているだけで夢ごごち~って感じになれます。 NewRoses2011という本、私も見てみたい!

私の場合(誰も聞いてないけど・・・爆)、おフランスのバラで気になっているのは、ギヨーの'Belle d'Espinouse' という絞りのバラがなのですが、アメリカでは売ってないみたい。(涙) 

なので、自分の交配で、こんな感じのバラが作れたらいいなあ~v-354と、非常におこがましいですが、目標はエベレストのごとく高くなっています。(爆)

そうそう、以前かっぱさんにお話した、アトラゲネ系のブルーのクレマチス 'セシール' (Clematis macropetala 'Cecile' )の種を近日採取したのですが、もしまだご興味がありましたら、鍵コメで住所を教えていただけますか? 少量ですがお送りいたします。

2010-10-11 (Mon) 06:09 | EDIT | REPLY |   

かっぱ

うひゃぁぁぁぁ

あの、とっても綺麗なクレマチス!!!!

喜んで頂きます。

どうも、ありがとうございます。

大切に育てるぞぉぉぉ~
キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

2010-10-11 (Mon) 10:07 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

かっぱさん

連絡どうもありがとうございます。

今日はちょっと遅くなってしまったので、明日、改めてメール送りますね!

おやすみなさい~v-75

2010-10-11 (Mon) 15:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply