オリジナルの薔薇たち・・・ピンク編

ピンク特集・・・


シアトルもようやく暑い日が続くようになり、定期的に庭のお花たちに
水やりをしなくてはならない季節に突入してきました。

最近は、晴天の日が続いた時は大体5日に一回の割合で
地植えの庭全部の植物にお水をあげるのですが、実はこの水やりって
あまり好きではない作業なのです・・・。 

なんだか「水やりが嫌い・・・」なんて言ったら、
他のガーデナーの方からがっつり白い目で見られてしまいそうですが、
なんだか、乾いた地面にじっくり水が浸みるまで、
ゆっくり、そしてたっぷりとあげるこの単純作業、
その場に立って、ぼ~っと水をあげていると、他の事に目写ししてしまい、
ついつい花ガラを摘みたくなったり、目に付いた雑草を抜いたり、
なんだかじっとしているのが苦痛に感じてくるのです。(爆)

フロントヤード、バックヤードすべてに水をあげると、ずっぽり4時間半以上かかります。(涙)

そんな私にとってはなんだか退屈に感じてしまう水やりですが、
朝夕必ず2回水やりが欠かせない暑い地方の方からして見れば、
「たかだか5日に一回の水やり程度で・・・」って怒られてしまいそうですね。(汗)

本当なら、スプリンクラーシステムをつければ、もっと楽になるのかもしれないけど、
これまた植物の種類や状態を観察しながら、水加減を調節したりするし、
また、庭の植物たちもも、結構場所移動して、色々掘り返したりするので、
結局スプリンクラーシステムは実現しそうもありません・・・。

でも、結局はホースでそれぞれの植物の状態を見ながら水やりすることが一番良いと
感じているのですがどうでしょうか・・・?

さてさて、2008年に交配して、昨年初開花のバラ達、色々咲いています。


この下↓の薔薇は、たしか一番花から花弁たっぷりのお花で咲き、
(一番花の写真 ←リンクのページでは、上から4番目の花)
今年はかなり期待したのですが、思ったように綺麗に花形に咲きません。

香りも微かに香るという感じで、ちょっとがっかりです。今のところもう少し様子を見ようと
思っていますが、秋にまで綺麗に咲かないと処分組みになるかも・・・。

2008 Seedlings

この↓のばら、ただのピンク組みですが、香りが非常に強く、
花つきも良いし、病気にも強いようなので、
今のところキープ組みとして様子をみています。

2008 Seedlings

この↓の薔薇、交配した薔薇がピンクばかり増えていくので、
親しい友達の庭に里子に出しました。(笑) 

シトラス系の爽やかな心地よい香りがし、自分で言うのもなんだけど、
こんな雰囲気の薔薇って、案外悪くないような・・・。(笑)

でも、その友達って、庭の植物には「水やりもあまりしない・・・」と言っていたので、
きっと肥料はもちろんのこと、その他の手入れもあまりしないと思うのですが、
そんな過酷な条件で何処までこの薔薇ががんばれるか、まさしくテストガーデンの境地です。(笑)

2008 Seedlings

そしてこれは↓、今年初開花のもの。 この他にも、今年は白やイエロー、アプリコット、などなど色々と咲いていますが、やはりピンク、赤の花の咲く確率はかなり高いです。

2009 Seedlings

2009 Seedlings

今年は一番花から選抜しています。 
先日写真をアップした、ストライプ系の花をはじめ、今年はグレー系の期待できる
花もいくつか咲いたので、今後の成長を楽しみにしているところです。



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

関連記事
バラローズRose薔薇オリジナルの薔薇薔薇の交配

Comments 4

かっぱ

ぺっぱままさん、こんばんは!
>まさしくテストガーデンの境地
わはははははは

お友達のお庭
まさに、ニュルブリンク北コースさながらなんだね
そこで、耐えうるものは
丈夫さにおいて、お墨付きですね
がははは


ピンクの2種
いいじゃん!いいじゃん!
香りが強いってだけでも
十分なのに、花の形も
Good!!!!!だよぉ~

近い将来、育種家「ぺっぱママ」デビューだね
版権得たら、好きなだけバラゲットだよぉ~

おととととと
そうなったら、オリジナルの増殖が忙しいですね

なんにせよ
海を越えて
ぺっぱシリーズが
来日すると楽しいだろうなぁ

2010-07-28 (Wed) 22:09 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

かっぱさん

こんばんは!

>まさに、ニュルブリンク北コースさながらなんだね

友人の庭、「世界一過酷な庭」って言ったら、絶交させそう・・・。(爆)

いやいや、雑草も沢山生えていえるけど、何しろ庭にバスケットコートあったりするような信じられないくらい広さがあるので、私だったら、育種ハウスが建てられていいのにな・・・なんて人の庭なのに、勝手に想像しています。(笑) ちゃんと成長してくれるかちょっと心配ですが、がんばってもらいたいところです。e-68

なんだか最近、薔薇の容姿と同じくらい、香りって大切なのかな・・・ってひしひし感じてきました。 私としては素敵な色あいだったら、多少香りがなくても良しかな・・・なんて思っていたのですが、交配した薔薇を友人達に見せたら、必ず鼻を近づけて香りを確認。 それで香りが感じられなかったら、どんなに花が綺麗でもちょっとがっかりした表情をするし・・・。 

すべての薔薇が、綺麗で香りがあって、病気に強い・・・ってかなりハードル高そうです。

2010-07-29 (Thu) 15:02 | EDIT | REPLY |   

桔梗

猛暑日

日本では数年前から「猛暑日」という言い方がはじまりました。
摂氏35℃以上の日をそういうのですが 正直 バラにとっては
益々 過酷なことになります。

シアトルは その分気候が違うから ましだと思いますよ。
しかしいろいろ交配できるからいいですね。

僕は 里子?に出したバラがよかったなぁ~
妻が「欲しかった~」と言ってます。

うちは 7年育てた アーチのつるバラがひどい黒星病で
夫婦で相談の上 夫婦で伐採することにしました。
秋には 耐病性のあるつるバラを植え直しです。

2010-07-31 (Sat) 15:01 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

桔梗さん

こんにちは!

猛暑日・・・ですか? なんだか聞いただけでもぐったりしそうな言葉ですね。 熱帯植物あたりには良いのかもしれませんが、 さすがに35度がずっと続くと人間はもとより、薔薇にもストレスかかってしまいますね・・・。

里子(笑)にだした薔薇、褒めてくださってどうもありがとうございます。 友人宅より、桔梗さんのお庭でのほうが、きちんとお手入れしてもらえてたかもしれませんね。(笑) 色々と感想をもらえるととても嬉しいです。

耐病性のあるツルバラ、何か品種が見つかるといいですね! 私もとても興味あるので、品種決まりましたら、桔梗さんのブログで教えてくださいね!!

2010-08-01 (Sun) 05:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply