ジュビリー・セレブレーション (ER Jubilee Celebration)

イングリッシュローズ 'ジュビリー・セレブレーション' (ER Jubilee Celebration)


さすがにいつ見ても綺麗です!

実を言うと、昔は(今でもちょっとだけ)ただのピンクのバラってあまり興味がない・・・
と思っていたのですが、 このバラはただのピンクではありません。

微妙にバックグランドにゴールドが入り、ピンクでも光っている感じ。
交配親に黄色のERのゴールデンセレブレーションがはいっているからなのか、
それとも、公表されてない Seedling の方にも、黄色をはじめ、複雑な色あいのバラが
沢山混じっていたのか・・・

とにかく、本当に味わいのあるピンクです。

イングリッシュローズ 'ジュビリー・セレブレーション' (ER Jubilee Celebration
イングリッシュローズ 'ジュビリー・セレブレーション' (ER Jubilee Celebration)

花つきも抜群!
イングリッシュローズ 'ジュビリー・セレブレーション' (ER Jubilee Celebration)

花の重さで、ちょっとうつむき加減に咲くのですが、
それがまた風情があるのですよね~!

我が家の株は最近流行り!?(笑)の自根苗。
アメリカの大手の育種会社でも最近は寒い地方でも育てられるように
own-root の苗に力を入れはじめてきているのですが、

この苗もまだJ&P社がオースティンからこのバラをはじめ
ジャネットなどいくつかのERの品種のアメリカ国内の販売権を取得して
売り出していた頃のもの。

マーケティング戦法なのか、自根苗(オウンルート)のことを
’New Generation Roses’というシリーズとして販売していました。(笑)

そのJ&P社も今年の4月チャプター11の手続きをしたとの事、
(チャプター11:米連邦破産法第11章。 詳しくはこちら
不景気の影響は、かなり深刻にいろいろなところに出てきています。



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

関連記事
バラローズRose薔薇イングリッシュローズ'ジュビリー・セレブレーション'ERJubileeCelebration

Comments 10

H+plus

美人ですね。

ペッパママさんおはようございます。
私、最初に迎えたバラはただのピンクのバラでした。
ここ何年かは愛着がなかったのですが手入れする事にきれいに咲いてくれ、カップ咲きからロゼット咲きに変化してくれることを知りまた好きになったパレード。
我が家と共に歩んでいます。

ジュビリーセレブレイションやっぱり素敵ですね。
この咲き方何とも言えません。

私もこの子をお迎えしたいな~~と思っている一株です。

バラの本は付箋だらけ・・・
そんなに植えられないので厳選しなければ・・・
ジュドーオブスキアも欲しいし・・・やっぱりイングリッシュローズが好きです。

2010-07-12 (Mon) 09:29 | EDIT | REPLY |   

かっぱ

うん、このバラは素敵ですよね

ピンクに差ほど関心の無いオラですら
魅了されてしまいます

残念ながら、我が家のジュビリーは
枯れちゃったよぉ~。°°(≧□≦)°°。ゥェーン

また、ゲットせねばならないのだぁぁ

2010-07-12 (Mon) 21:27 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

H+plusさん

こんばんは!

コメントどうもありがとうございます!

実は、ピンクだけではなく、ただの赤や黄色・・・などなども、あまり興味がない・・・なんて思っていたのですが、自分で育ててみると、どんな薔薇でもみんな愛着が沸いてくるものなのですよね! (笑)

パレードは、ピンクのツルバラのことでしょうか? 写真でしか見たことがないのですが、大きなカップ咲きの艶やかな薔薇のようですね! 

ジュビリー・セレブレーションもジュードもどちらも素敵な薔薇ですよね! どちらも素敵な香りですが、ジュードの方は香りがとても強く、ジュビリー・セレブレーションの方は、ジュードより花もちが良いような感じがします。 

2010-07-13 (Tue) 13:58 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

かっぱさん

こんばんは!

かっぱさん、やっぱりただのピンクは興味ないですか・・・?(笑)

まあ、「ただ」の基準も人それぞれなのですが、もしかしたら・・・ ただの赤とか、黄色・・・とかもどっちでもよかったりするのでしょうか・・・?(笑) 

実は何を隠そう、私がその傾向が大にあるのですが、案外育ててみると、ただの赤でも、ピンクでも黄色でも愛着が沸いて可愛く見えるものなのですよね!(爆) 

ジュビリーちゃん、枯れてしまったのは残念ですね。 我が家も薔薇をはじめ、色々育てているものが枯れてがっくりくることがよくあります。

でも懲りずに欲しいものは後ほどゲットの機会を狙っています。(笑)

2010-07-13 (Tue) 14:12 | EDIT | REPLY |   

メアリー

ペッパママ様 こんにちは!
私もジュビリー様の魅力に はまった1人です。
何度もカタログで目にしていたのですが ノーマーク。

でも、実物を見たときに 心臓が射抜かれました!
なんていうか、決して派手なピンクではなく
むしろ ピンクに分類するなら くすんだ色。

それなのに 光り輝いて見える ゴールド感!
きっと、カタログでは 光の透け感が なかなか出せないのでしょうねぇ。
このなんともいえない 微妙な色が 大好きです!

そうそう、日本ではオウンルートのERなんて
めったに見かけないのですが、
アメリカではオウンルートが主流だと ある雑誌で読みました。
ERもあるんですねぇ~

薔薇は どうしても「生活必需品」ではないから
(私にとっては必需品だけど!)
不況の影響が出やすいですよねぇ…
でも、販売戦略で薔薇の名前を色々変えるのは
やめてほしいものです~

2010-07-14 (Wed) 10:03 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

メアリーさん

こんばんは~!

メアリーさんがおっしゃるとおり、この薔薇、輝いて見えるのに、実は派手なピンクではなく、いい感じに渋みのかかったピンクなんですよね~! 

オースティンのカタログの写真って、もちろん写真もすばらしいのですが、写真ではなかなか繊細な色あいなど捕らえるのが難しいのか、実物の方がよっぽど素敵な薔薇があることがよくあるような気がするのは私だけかなあ・・・? (笑)

>でも、販売戦略で薔薇の名前を色々変えるのは
>やめてほしいものです~

ごめんなさい・・・、なんだか私の文章の書き方がいけなかったので、すっかり誤解させちゃったみたいで・・・。 実は'ジュビリー・セレブレーション' を’New Generation Roses’として売っていたのではなく、J&R社から出しているown-root の全部の苗のことを’New Generation Roses’というシリーズみたいな感じで販売していた・・・と言うことでした。(汗)

メアリーさんのコメントを頂いた後、自分で読み直して、

「これは全く誤解をされる書き方だったわ・・・」とハッと気づきました。

先ほどちょっと記事を書き直したけど、これだったら大丈夫かな? 

混乱させてしまって本当にごめんなさい。v-421

2010-07-14 (Wed) 14:11 | EDIT | REPLY |   

まいまい

ペッパママさん、こんにちは~
J&R社のことは、初耳だったので、ビックリです。

自根のバラは、札幌でも専門店(?)が出来ましたよ~。
はっきりは判りませんが、苗をアメリカから輸入しているようです。
私は以前から、自根のバラが好きで、
ネットで買ったこともあります。
寒い地方は、自根の方が良いような気がします(小さな苗は、根付くまでが大変ですが・・・)。

特にERのぐらみす きゃっするは、
自根の方が調子が良いみたいです(個人的な感想ですけれど。。。)
ペッパママさんのお庭では、ステキなオリジナルのバラが次々と開花ですね。縞々のバラもピンクのバラもとってもステキ!
ただのピンク、大好きです~v-344

2010-07-15 (Thu) 15:26 | EDIT | REPLY |   

メアリー

おう! おうだったのですね!
ネーミングの件、了解です♪

ERのアルンウィック・キャッスルなど、
最近はジ・アニック・ローズで紹介されていることが多く、
他にも すぐでてきませんが 
「いつの間にそんな名前に変わったんだっけ?」という
バラ様 たくさんあるので、そういう話しかと勘違いしてしまいましたv-411

なんてったって、エリザベス女王のバラですからねぇ
そんなに簡単に名前変えるわけないですよね! アハハ!

2010-07-15 (Thu) 22:34 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

まいまいさん

こんにちは!

そちらで自根苗の専門店があるのですね!!

実は、アメリカでも自根苗はまだまだマイナーです。 地元のガーデンセンターやホームセンターに自根苗がどっさり売られている・・・と言うことはまずないのですよね~。e-68

ただ、オールドローズや今ではあまり市場に見かけなくなった薔薇などを取り扱っている薔薇専門の通販ナーセリーでは自根苗が主流だったりするのですが・・・。(笑) 

やはり自根苗だと、スタートがちょっと遅いので、薔薇のことにあまり詳しくない人は躊躇する人が多いようです。

でもそちらのように冬に本当に寒くなる土地では自根苗がとても良いと聞いていましたが、本当なのですね! 苗をアメリカから輸入しているとのこと・・・どこのナーサリーから仕入れているのかなあ・・・?(笑)

オリジナルの薔薇、褒めてくださってどうもありがとうございます。 
自己満足の世界なのですが、やはり皆さんに見てもらって感想をいただけるととても励みになります。

2010-07-17 (Sat) 05:26 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

メアリーさん

わざわざコメントを残してくださってどうもありがとうございます~!

名前を変えちゃう薔薇、本当に厄介ですよね!(笑)
せっかく名前を覚えたのに・・・って感じ。

あと、欲をいえば・・・

国によって薔薇の名前を変えるのも止めて欲しいです。(笑)

Alan Titchmarsh はアメリカでは、Huntington Rose だとか、
Chant rose Misato は日本以外では、Soeur Emmanuelleなどなど・・・。 

混乱してしまうのは私だけ・・・?

2010-07-17 (Sat) 05:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply