スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラの挿し木苗到着

Vintage Gardens から挿し木苗到着

去年Vintage Gardensからいろいろオーダーした挿し木苗のなかで、到着すぐにも、怪しい状態だったフロリバンダの’Chic’。 他の株より、かなり小さめ、ほんとに鳥串みたいな細い枝が一本、心細く出てる状態で、しかも黄色く変色して、なんだか嫌な予感・・・。 写真を撮って、「どうすればよいのでしょうか」、問い合わせたところ、いろいろ丁寧に消毒の仕方など、メールで即座に返答してくれたのにもかかわらず、黒くなって枯れてしまった。 そのことを連絡したら、オーナーの方が、「返金か、今年はもう苗がないので、来年送りになりますが、どちらが良いでしょうか」と。 もちろん迷いもせず、「来年お願いします」っといったのは言うまでもありません。 だって、このバラの写真を見て以来、なんともいえない渋い微妙な色合いに一目ぼれして、ずっと憧れていたから・・・。 くすんだピンクに肌色が混じったような色合いで、花びらもたっぷり。 おまけに香強と言えば、私としては、ためらう理由はゼロです!(笑) 1953年にJackson & Perkinsから発売されたそうですが、もちろんJackson & Perkinsはとっくの昔に生産中止。 残念ながら、こんなに素敵なバラなのに、一般市場からほとんど姿を消してしまったのですが、ヴィンテッジガーデンズのような昔のバラを挿し木苗で販売するようなナーセリーのみで購入可能です。

去年の苗 鳥串みたい。、この後、枝の色が変わり、枯れてしまった。


こちらが先日我が家に届いた挿し木苗です。 去年より一回り大きい感じ


とは言っても、まだまだ、小さい挿し木苗で、鉢の底からまだ全く根が見えてきてないので、(去年枯れた苗や、今年の苗の枝振りからすると、あまり丈夫そうな品種ではなさそうだし、株自体もあまり大きくなりそうもまいなあ・・・。 ふ~む・・・)このまま様子を見て、もう少し、根が張ってきたら、1ガロンの鉢に植え替えることにしよっと~。 あっ、また鉢が増えてしまう。

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥
関連記事
バラ

Comments - 12

kaffe

Chic 素敵ですね

早速画像に飛んで見せてもらいました。ほんとだ くすんだピンクに肌色・・ ネクタリンも混ざったような、微妙でいて甘すぎない素敵なFLですね!
それで強香なんですね。それじゃあ欲しくなりますよ!
こんな薔薇を扱っているヴィンテッジガーデンズはいいですね。
挿し木苗も、新たに届いたのはとても立派です。これなら枯れる心配も無用ですね。

開花が待ち遠しいなぁ。挿し木だからはじめは咲かせないのかな?
私は、我が家の挿し木はお構いなしに咲かせちゃっている。まぁ自家製だからね。

こっちはね、デルバールのオリヴィエ・ローランジェが手に入りそうなの!(20日にわかるの)
ペッパママさんの好みではない薔薇だと思うけれど(多分。色がはっきりしているから) 実は、私も好みでは無いの?!
だけど、雑誌で一目みてから忘れられなくて~(笑) 好みではないのに、忘れられないって?! 不思議でしょう。

ペッパママさん 今後も仲良くしていけたらなって思うのですが、リンクさせてもらっても良いでしょうか?
宜しくお願いします♪

2007-03-06 (Tue) 15:40 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

FLのChic, Kaffeさんも気に入ってくれました!?(笑) もちろん、ずっと楽しみにしていたので、少しだけ、花は咲かせちゃいますよ! (株を充実するのに専念したほうが良いとはわかるけど、やはり花を見たい誘惑にはかてないなあ~)その時は写真を掲載しますね。

そうそう、デルバールって面白い薔薇がいろいろありますよね!  最近とくに気になっている育種会社なのですが、アメリカではとても手に入りにく、通販のみで購入できるような状況です。 (カナダのHorticoというナーセリーで唯一買えるのみかな)  私が今すごく気になっているデルバール社のバラは、ローズ・デ・シスターシェン (Rose des Cisterciens) というコロンとした、絞りのバラ。 Kaffeさんご存知かしら? とてもかわいいですよ。 確か日本でも購入できると思います。(なんて、ちょっと誘惑してたりして・・・)

Kaffeさんの入手可能なオリヴィエ・ローランジェって、とてもきれいなバラですね。 ココにに掲載されてあるOlivier Roellingerって (http://www.helpmefind.com/rose/pl.php?n=44618&tab=10) やわらかいベービーピンクに黄色が少し入って、とても素敵に見えます。 手に入ったら、是非写真アップしてくださいね。 楽しみにしてます。

>好みではないのに、忘れられないって?! 不思議でしょう。

なんだかわかるような、わからないような!? (爆笑) でも気になったら、好きということにしましょう・・・♥

こちらこそ、Kaffeさんのブログにリンクさせてもらっても、よろしいでしょうか? これからも、末永くよろしくお願いします♪

2007-03-06 (Tue) 16:38 | EDIT | REPLY |   

kaffe

ありがとうございます♪

もちろんリンクオッケーです! ありがとうございます。
さきほどリンクさせてもらいました♪

そうそう、挿し木はね 株の充実ってよく言われますよね。でも一つや二つくらいは花みたいですよね。

同じフランスでも、ギヨーよりデルバールのほうが興味あるんです。
ギヨーはどうも雰囲気が固い気がするのは私だけでしょうか?
オリヴィエ、検索してくれてありがとう! 私もあとからここで探してみようかなって思っていた矢先に調べてもらっちゃって、感謝感謝です♪
とにかく20日の注文解禁と同時にクリックしないと(笑)
ローズ・デ・シスターシェン、今日フラフラとサーフィンしていたら見た気がします。でも仕事中だったので、良く見ていないので夜にでも検索しますね♪

好きなようで好きじゃない?何だかわかりませんよね(爆)

2007-03-06 (Tue) 19:15 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

私のほうも、Kaffeさんのところにリンクさせてもらいました。 どうもありがとう!

>ギヨーはどうも雰囲気が固い気がするのは私だけでしょうか?

これ、スゴクわかります。 デルバールのほうが、都会的というか、おしゃれで洗練されているというか、言葉で、これが、こうだから・・・という説明できないけど・・・(笑)。 ギヨーも素敵なバラがたくさんあるのですが、ちと、野暮ったいイメージも・・・。

うちにはFlorence Delattreを注文したのに、咲いたら、Martin Guillotだった、 というものがあるのですが、とにかく枝ぶりがごっつい。 結局Florence Delattreは挿し木苗を取り扱うメールオーダーの店一軒しか入手できなくなってしまいました。 (あ~あ) 

でも、日本はいいなあ~。 いろいろヨーロッパのバラが手に入るし、 おまけに日本で作られたとても素敵なばらもたくさん・・・。 それに、ヨーロッパからバラ苗個人輸入できるんですよね。 アメリカはほぼ不可能に近いです。 オースティンのイングリッシュローズだって、確か新品種は日本より、1.2年送れて販売するし。 ネットで世の中便利になったけど、欲しくても買えないものもたくさん見れるので、良し悪し!?です。(笑)

2007-03-07 (Wed) 06:12 | EDIT | REPLY |   

c

オンラインで購入?

こんにちはー

やっと風邪が治り、今日からまた庭に出ていますーv-254

この挿し木、オンラインで購入されたのですか? 実は、私の場合はクレマティスなのですが、オンラインで購入しようか迷っています.もしおすすめのサイトがあれば、是非教えてください!

この辺なら sky nursery などにいけば、ほとんどの種類を取り扱っていたりするのかしら...?とちょと待ってみようかと思っていますが.

やっぱりバラは近くの nursery では入手できない種類がいっぱいあるのですよね? 挿し木、来年は元気なものが届いてくれるといいですねー 

2007-03-07 (Wed) 11:29 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

Cさん、風邪も治って、ガーデニング復活、よかったですね~! (でも無理はしないでね)v-273

クレマチスを探してらっしゃるとの事、どんな品種を探しているのかしら・・・。 良かったら、教えてね。v-354  探しているものが、地元のナーセリーであれば一番良いのですが、はたして、その品種が店頭に並ぶかが前もってわからないので、不安ですよね。 やはり絶対に欲しかったら、(あるいは欲しい品種がどちらかといえば、マイナーだったら) 通販で購入したほうが、買いそびれないと思いますが・・・。 もし、後で店頭に並ぶかもしれないとおもうと・・・、 難しいところですね。

シアトル内ではスワンソンズよりスカイのほうが、ココ何年か、取り扱っているクレマチスの種類は断然多いいと思います。 遅くても、6月中旬までには今年入荷するクレマチスは全部店頭に並ぶと思いますが、 まずは、今後入荷するかどうかお店の人に聞いてから、通販で購入するという手も・・・。

私が以前使ったことのあるクレマチスのオンラインのお店は

Chalk Hill Clematis http://www.chalkhillclematis.com
Brushwood Nursery http://www.brushwoodnursery.com

の二つです。 Chalk Hill Clematisの方が、少しだけ、Brushwood Nurseryより大きい鉢(確か1ガロン)で送ってきたような気がしますが、Brushwood のサービスは良かったです。 あと、個人的に購入した経験はないのですが、

Silver Star Vinery http://www.silverstarvinery.com

も、良い苗を送ってくるとよく聞きます。 Cさんがどんなクレマチスを探しているのかとっても興味があります。 e-68

2007-03-07 (Wed) 14:38 | EDIT | REPLY |   

もと兄

ベッバママさん、こんばんは~~、、と言ってもしっかり深夜帯ですね^^;

シック・・・・日本国内ではほぼ入手は出来ない品種ですね~~
寝ている子を起こされた様な感じです_(^^;)ゞ

日本って世界中のバラが入ってきてすばらしいマーケットだと思います。これだけ色んな品種が入ってくるのですが入りにくいのがアメリカからというのが歯がゆいところです^^;

ないものを欲しがってしまう・・・お互い様ですかねo(*^▽^*)o

では、おやすみなさい~~~♪

2007-03-07 (Wed) 21:52 | EDIT | REPLY |   

c

クレマティスリンク、ありがとう!

ペッパママさん

 早速リンクを3つも紹介していただいて、ありがとうございます~!

 私が探しているものは、どれくらい手に入りにくいのか全く知らないのですが、以下の通りです.

-Fujimusume か Elsa Spath か H F Young
-Duchess of Albany (これと 上記の薄紫の大きめの花のを同じロケーションに植えようか、もっと白い小さい花の Little Nell を組み合わせようか、迷ってます...)

他にもいくつか植えたい場所があるのですが、今のところ上記の2株だけで、既に迷っている状態で...(汗)

2007-03-08 (Thu) 02:21 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

もと兄さん、お久しぶり~! お元気でしたか? もと兄さんもシック気に入ってくれました~~!?

お互い欲しいバラが入手しにくくて、残念ですよね。 日本では、アメリカのバラが入手しにくいとのことですが、アメリカでは、ココで作られたバラでも、入手困難なものがいろいろありますよ~! もと兄さんのバラアルバムにあるPresident Herbert Hooverもその一つ。 大統領ご本人はこれほどきれいだったか、どうだかわかりませんが、美しいバラですよね。 もと兄さんのアルバムの写真を見て、きれいだなあ~って見てました。 このバラ、やはり通販で買えるのみのバラになってしまってます。 

>ないものを欲しがってしまう・・・お互い様ですかねo(*^▽^*)o

ホントきりがないって、分かっているのに、手に入りにくい、と思うと、余計に欲しくなってしまいますよね。v-42 でも、これが欲しいなあ~、っと思っている時が一番幸せなのかも・・・しれません。e-266

2007-03-08 (Thu) 06:15 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

Cさん、

ラベンダー色のクレマチスとピンクのクレマチスのコンビ、きっときれいでしょうね。 実は私も去年Duchess of Albanyを買ったのですが、これはちび苗で、花が咲かず、しかも、上の成長が止まってしまって、どうしたものかと心配して、鉢を抜いてみたら、まだ根は健在だったので、今年何とか成長して、花を見れたら、と思っています。

もし今年順調に成長したら、同じ強剪定グループの青のクレマチス(ブルーエンジェルあたり)と一緒に植えたら、きれいかなあ~って考えています。

これから、いろいろクレマチスが増えて、楽しくなりますね!

2007-03-08 (Thu) 06:28 | EDIT | REPLY |   

kaffe

こんばんはー!
明日は久しぶりのオフなので嬉しー!!
(と言っても来客が真昼間にくるので、ゆっくり庭仕事ができんのですが)

ashdown rosesで、ローズ・デ・シスターシェン見ましたよ~~。
日本のサイトでは見当たらなかったです。あったのかもしれないけれど、うまく探しだせなかった(涙)
でね、このローズ・デ・シスターシェンを見た瞬間、芍薬のソルベットという品種が真っ先に浮かびました。
だってね 似てるんですよ (似てないかなぁぁ?)

なかなかインパクトのある薔薇じゃないですか?!これも一目見たら忘れられないかも!
実は私、絞り系が得意じゃないんです うわわっ 怒らないでね~。
昔、ヴィックス・カプリスっていう薔薇を育てたのが最初で最後。
しかも、綺麗に絞りでませんでしたよ。

日本はアメリカに比べて、手に入れやすいのですね。ありがたや。
日本の輸入事情に感謝せねば(笑)

クレマもいいですよね。薔薇にはやっぱりクレマが合いますものね。
今のところ、もっぱら冬にばっさりやれる、ビチセラ系やテキセンシス系なんかが庭の主流となっています。

ペッパママさんは、どんな薔薇とクレマをあわせているのかしら?

2007-03-09 (Fri) 00:20 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

Kaffeさん、

そうそう、結構絞り系のバラって好みがはっきり分かれますよね。 私はどちらかといえば絞り系は好きなほうなのですが、あまり種類は持っていません。 (夫も絞りは苦手とのこと・・・笑) なかなかカタログで見るようにきれいに絞りが入らないところが欠点ですよね~。 私の勝手な憶測なのですが、実はオースティン氏も絞り系のバラは好きではないのかと・・・(笑) だって、イングリッシュローズで絞りのバラってないですよね!? あれだけ、新品種を作り出していたら、きっと今まで絞りの花が出てきてもよいハズなのに・・・なんて思っているのですが・・・。

>でね、このローズ・デ・シスターシェンを見た瞬間、芍薬のソルベットという品種が真っ先に浮かびました。

そうなんですよ! このバラ、単なる絞りだけではなくて、この花びらの切れ込みが入っている感じがスゴク気になって・・・。 芍薬咲きのバラって個人的にとても惹かれるものがあります。 (そう言うと、じゃあ、芍薬植えたら? なんて、夫は言うかも・・・v-356) なんとなくイブ・ ピアッチェ (Yves Piaget)の花びらの感じに似ていません? 植える場所がもうなくなってきているのですが、このバラはかなり気になってきています。 e-78

我が家で唯一クレマチスとバラを絡ませてあるのが、2メートルちょいあるオベリスクに、バリエガータ・ディ・ボローニャ (Variegata di Bologna)とクレマチスの ベノサ・バイオレシア (Venosa Violacea)とパープレア・プレナ・エレガンス(Purpurea Plena Elegans)なのですが、バラとクレマチスの咲くタイミングがいつも違って、一緒に花を観賞という、私のはかない試みは無残に砕け散りました。(竜汗) なので、今では、バラが咲き終わったら、(どうせ一期咲きなので)クレマチスがオベリスクを乗っ取るという感じになっています。 でも、最近はバラはバラ、クレマチスはクレマチス同士で植えたほうが、手入れが簡単(消毒とか)という気がしてきています・・・。


2007-03-09 (Fri) 10:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。