スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イングリッシュローズ’トラディスカント’(ER 'Tradescant')

イングリッシュローズ’トラディスカント’(ER 'Tradescant')

93年に発表された深紅の美しい薔薇、トラディスカント。

割と小ぶりな花が房咲きになって咲く品種のようです。

今のところ割と丈夫で育てやすいのですが、噂に聞いていた通称
Octopus Austin = 「タコ・オースティン」は本当だった・・・。(爆)

横に広がる広がる、まるでタコの足のように、ぐんにゃり枝が伸び、
我が家の「トラディスカント」凄いことになっています。

イングリッシュローズ 'トラディスカント’(ER 'Tradescant')
イングリッシュローズ’(ER 'Tradescant')

イングリッシュローズ 'トラディスカント’(ER 'Tradescant')
イングリッシュローズ’トラディスカント’(ER 'Tradescant')

ひたすら雨の降り続いた今年のシアトル、このイングリッシュローズの「トラディスカント」も
雨で腐ってしまった蕾が続出しましたが、沢山蕾があるので、雨がひと段落着いたら
もう暫くお花を楽しめそうです。 

雨が降らないのも大変ですが、雨がずっと降り続けるのも困ったものです・・・。


今時点での私の独断と偏見評価{注:今後評価が勝手に変わる可能性大}

・育てやすさ  ★★★★☆
・お気に入り度 ★★★★☆
・マニアック度 ★★★☆☆
・総合お勧め度 ★★★☆☆

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥
バラRose薔薇ERイングリッシュローズトラディスカントER'Tradescant

Comments - 2

かっぱ

2枚目は
マイ・ベスト・ショットだぁ

この色味はすごいぃぃ~

外国っぽい色だなぁって感じました

濃い緑と濃い赤
コックリした発色
うぅぅぅ~、凄みすら感じます

2010-06-26 (Sat) 09:24 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

かっぱさん

こんばんは!

このトラディスカント、ずっと前から気になっていたのですが、
なかなか育てるチャンスがなく、
サマーソングをカナダから購入した時に
一緒にオーダーしたバラだったりします。

我が家にある赤系のERのウィリアム・シェークスピア2000や
フォールスタッフは退色すると紫色を帯びてきますが、
このバラはどちらかと言うと赤黒い感じでインパクト大です。

っが、花が割と小ぶりなので、目立つのだけど、しつこくなくて
良いですよ~! でも樹形がかなり暴れます。(笑)

2010-06-26 (Sat) 15:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。