スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Smilacina stellata & Geum triflorum

4月、5月に咲くワシントン州のネイティブプラント


薔薇の季節にそろそろ突入・・・と言いながら、まだまだ続く山野草シリーズ。(爆) 薔薇の開花までもう少しお付き合いくださいね!

↓の写真は、我が家の日当たりの悪い場所に咲く、北米に生えるユリ科ユキザサ属の一つの植物です。 こちらでは通称、お花の形が星型をしていると言うことで、「Star-flowered false Solomon's Seal」として親しまれています。 

このお花、実ははるか以前、Washington Native Plant Societyが主催したNative Plant Saleで購入した植物の一つ。 さすが、このあたりに自生する植物だけあって、このセールで購入した植物、今でもすべて丈夫に育っています。

Smilacina stellata (俗名: Star-flowered false Solomon's Seal)
Smilacina stellata (俗名: Star-flowered false Solomon's Seal) 
当時もうひとつ、日本のユキザサに似た、Smilacina racemosaもあり、どちらにしようか迷ったのですが、繊細な星のような花に惹かれて、こちらに決定! でもこのSmilacina stellata、スズランと同じように、地下茎でかなりのスピードで増えていき、違う植物のあるところに侵入して、ちょっと困り者・・・。 

っということで、これも我が家では、花壇ではない、かなり土壌の悪いところに何年か前、移動しました。 それにもかかわらず、毎年綺麗に咲いてくれます。 他の植物が育たないような痩せた土の日陰の場所があったら、Smilacina stellata、是非お勧めです。 グランドカバーにしてもいいかも・・・。 日本のユキザサも同じようにつよいのかな?


さてさて、こちら↓の植物、私のお気に入りのネイティブプラント、プレーリースモークですが、こちらではどちらかと言うと、「Old man's whiskers」という名前の方が知られているかもしれません。

プレーリースモーク (Geum triflorum 俗名・ Prairie smoke/Old man's whiskers/Long-plumed avens)
プレーリースモーク  (Geum triflorum 俗名・ Prairie smoke/Old man's whiskers/Long-plumed avens)

おちょぼ口のお花で、私の小指の爪くらいの大きさの小さいお花ですが、個人的にうつむいてちょこっと咲くようなこの系統の花って、かなり好みです。
プレーリースモーク  (Geum triflorum 俗名・ Prairie smoke/Old man's whiskers/Long-plumed avens)
俗名のOld man's whiskers(おじいさんの髭・・・とでも訳したらいいのでしょうか)という名は、おきな草のような、フサフサした種から由来します。

って、今書いて気付いたのだけど、そう言えば 私ってPulsatilla系 のお花大好きだから、やっぱり好きになるタイプの花って偏っているのかも・・・。(笑)



にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

関連記事
アメリカのネイティブプラントSmilacinastellataStar-floweredfalseSolomon'sSealプレーリースモークGeum

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。