バイカカラマツソウ、 トリリウム・クネアツム、サクラソウ 'レイト・スノー'

山野草あれこれ・・・

ここ2,3日晴れの日が続いたシアトルですが、今朝からちょっと小雨が降っています。

寒くもなく、特に暖かくなるということもなく、10度前後の気温を行ったり来たり、こんな天候が山野草たちには快適なのかもしれません。。

北米原産のキンポウゲ科のお花、バイカカラマツソウ (Anemonella thalictroides)が玄関近くのアジサイの下で咲いています。 こちらでは通称Rue Aanemoneと呼ばれており、近年までSyndesmon thalictroides や Thalictrum anemonoidesに分類されていたとのことですが、最近はAnemonella thalictroidesに落ち着いているとのことです。(少なくとも私の買った鉢に刺さっていたタグにはAnemonella thalictroidesと書いてありました。笑)

花色は白、薄いピンクなどが主で、一重が基本種ですが、八重咲きのちょっと豪華な選抜品種のお花も出ているようです。 八重咲きのほうは、こちらアメリカでもボチボチ売られているところがありますが、お値段はナゼだか日本のほうがかなりお得・・・。 もともと北米原産の植物だったのに納得いかないなぁ・・・。(笑)

バイカカラマツソウ (Anemonella thalictroides)
バイカカラマツソウ (Anemonella thalictroides)

↓の写真は、毎年ホスタの隣で咲いてくれる北米のエンレイソウ。 今までずっとトリリウム・セッシレ (Trillium sessile)と信じていたのですが、どうやら大きさからして、トリリウム・クネアツム(Trillium cuneatum)のような気がしてきました。 偶然にも、私がよく観閲するサイトでは、「Trillium sessile」として売られている多くのエンレイソウは実は「Trillium cuneatum」のことが多い・・・と書かれており、もしや・・・と思い、我が家で咲いているもののサイズをみたら、「Trillium sessile」のサイズよりはるかに大きく育っています。(苦笑)

ちなみに、「T. sessile」は葉っぱが大体7.5センチくらい、花の大きさは4センチ・・・どちらかというと、小型なエンレイソウだそうです。 

一方「T. cuneatum」のほうは、葉の大きさが15センチ、そして花の大きさは7センチと、「T. sessile」よりほぼ2倍の大きさだと、一般的に言われています。

「T. sessile」として購入して、長年、そうだと信じてきた我が家のエンレイソウ、今年初めて、トリリウム・クネアツム(Trillium cuneatum)ということに落ち着きました。(笑)

もう暫くすると大きなホスタの葉に隠れてしまいますが、我が家では他のエンレイソウよりちょっとだけ早く咲き始めます。 斑入りの葉で個人的にエリマキトカゲ(古い?!)のイメージが強いお花、派手なようですが、庭では全く目立ちません。

トリリウム・クネアツム(Trillium cuneatum)
トリリウム・クネアツム(Trillium cuneatum)

先日園芸店で偶然見つけた白のサクラソウ。 ちょうど白色のきれいなサクラソウが欲しいな・・・と思っていた矢先の発見、早速購入しました。 英語の名前は’Late Snow’となっていますが、こちらアメリカで生まれた品種なのか、それとも、日本語の品種名を英語訳したものだか分かりません。 いずれにしろ本当に雪を思わせる美しいお花でとても気に入っています。

サクラソウ 'レイト・スノー' (Primula sieboldii 'Late Snow')
サクラソウ 'レイト・スノー' (Primula sieboldii 'Late Snow')


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

関連記事
サクラソウ'レイト・スノー'Primulasieboldii'LateSnow'トリリウム・セッシレTrilliumsessileバイカカラマツソウ

Comments 12

にこ

先日、そろそろワイルドフラワーが咲き始めてるのはと近くのトレイルと某大学の山野草園を散策してきました。
その結果アメリカの山野草の魅力にはまってしまいました。
そのときのことを記事にしようと思うけど、アメリカの山野草をいろいろ紹介されてるのはブログ界広しといえどペッパママさんだけでいつも興味深く拝見しています♪
で、エンレイソウ、すご~く気になります。
格好いいわ!この迷彩模様のような葉が特にっ。
以前は何これ??って感じだったのに、好みってどんどんかわるんですね。
不思議だけど免疫がついてくるのかしら。
以前紹介されてたジャック君も可愛くみえてくるし。

これはまた綺麗なサクラソウですね!
ほんとピッタリの名前で雪のように清らかだわぁ。

2010-04-14 (Wed) 06:46 | EDIT | REPLY |   

TITAN

白いカガリ弁の桜草って雪の結晶みたいで良いですよね~

我が家も今季は大好きな白花のカガリ弁の品種をいくつか集めてみました!

しかし日本の桜草が出回ってるって事は
アメリカでも人気があるのかな!?
(^o^)

2010-04-14 (Wed) 10:37 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

にこさん

こんばんは!

にこさんの住んでらっしゃる東海岸はこちらノースウェストとまた違った素敵な山野草がたくあって良いですよね! 我が家にある植物でもそちらが原生地というものが沢山あります。

たしかに花の好みって、年毎に変わってきたりすることもありますよね。

私も以前あまり興味がなかった植物に、ひょんなきっかけで好きになったりなど、よくあります。

にこさんのワイルドフラワー散策記事、楽しみにしています~!

2010-04-14 (Wed) 14:33 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

TITANさん

こんばんは!

TITANさんは今期はすばらしいサクラソウを色々購入なさったようで、写真、楽しみにしています。 日本のサクラソウは昔からずっと愛されている品種もあり、その花の裏話などを聞くと、とても感慨深いものがありますよね。

こちらシアトルでも、山野草専門店ではなく、一般園芸店でちょくちょくサクラソウを見かけることがあるので、きっと売れているのでしょうね。 私にとっては嬉しい限りです。v-344

2010-04-14 (Wed) 14:37 | EDIT | REPLY |   

かっぱ

ぺっぱままさん、こんばんわ
夜更けに、こそりとお邪魔です

毎回、不思議な(と思うのは私だけ?)植物を
紹介して下さり、読み応えタップしです

こんなにち、ちっちゃな花
庭に生えてたら抜いちゃいそうですけど
ぺっぱままさんの写真見てたら
なんと素敵なんでしょうか

バイカカラマツソウ・・・純白ですね
とっても綺麗です。
元来、背丈が高く、風に揺れる草花が好みなんですけど
こうやって見ると、ちっちゃな草花もいいですね
このタイプは嫁はんが好みなんですよ

エンレイソウ・・・ずっと延命草と読んでましたw
「えんれいそう」なんですね
ユリの芽が土の上に顔を覗かせた時のような
不思議な蕾(なのか?)ですね
面白いぃ~

こんなに、色々な植物が育ってる
ぺっぱままさんのお庭にお邪魔してみたいです
(めっさ、遠いけどw)

今度はどんな草花が出てくるのかな?
玉手箱ガーデンですね

ぶにゅおぉぉ~

2010-04-15 (Thu) 00:33 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

かっぱさん

こんにちは!

夜更けにご訪問&コメント頂きどうもありがとうございます。

仕事で夜まで忙しかったのでしょうか? どうぞ無理をなさらないように、お体には気をつけてくださいね。

そうそう、エンレイソウ、先ほど検索したら、「延命草」って呼ぶ言い方もあるらしいですよ~! そしてついでに検索にひっかかったのですが、ヒキオコシという植物、こちらも 「延命草」と呼ぶそうです。 なんだか複雑・・・。(笑) (っあ、でも簡単にさらっと検索しただけなので間違っているかもしれません・・・。)

うちでは薔薇などの大きい植物もありますが、しゃがんで観察!?するような小さくて目立たないお花が結構あります。 私にとっては大切なお花だけど、知らない人はきっとその辺の雑草と思ってしまうかもしれませんね。(爆)

>ぺっぱままさんのお庭にお邪魔してみたいです

花友達少ないのでウェルカムです~!e-68

2010-04-15 (Thu) 05:20 | EDIT | REPLY |   

越後屋@新潟

こんちは~
今朝は雪でした(^^;

エンレイソウ 実に良いですね、葉っぱの模様もオシャレです。
地植えだと思いますが、サクラソウは鉢でしょうか?
今まで桜草はほとんど持ってなかったんですが、知人が数株送ってくれたので、楽しめそうです。

2010-04-15 (Thu) 23:10 | EDIT | REPLY |   

ローラン

こんばんわ

Gardenbuddiesの椿へのコメントありがとうございました。
何はともあれ、ここ、すごいですね。
東京の隣り合わせに住んでいますが、うちではあんまりよく作れないアトラゲネがほんとにすごいです。
いまMaidwel hallとPamela Jackman, Cyanea(つぼみ)Macropetaraが1輪ずつ咲いています。Fransis Rivisは大好きなんですが去年枯らしました。あとあるのはRosy O'Glady,Cinderella,これはWestphalから輸入したばかりでまだ咲きません。Georgもなくしました。
涼しい土地がうらやましいです。
そちらでしたらC.hirstissimaなんかも作れるんでしょうね。
今種からC.ochotensis,C.faurieiなんかもトライしてますが、大抵駄目でしょう。
またよらせてください。

2010-04-16 (Fri) 01:03 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

越後屋さん

こんばんは!

我が家の他のエンレイソウはまだまだ蕾が固いので、もう少し開花まで時間がかかりそうです。 それに、4年以上経ってもまだまだ開花しないものもあり、「あぁ~、今年も咲かなかった・・・」と毎年のように、来年に期待する物もいくつかあります。(笑)

サクラソウ、この写真を撮ったのは、園芸店から買ってきたままの鉢を写したものですが、この後、地植えにしました。

我が家では、すべてのサクラソウを地植えにしていますが、問題なく育ってくれてます。 ただ、やはりお花が咲いている時、雨が降ると、雨の重さで花茎が地面に倒れてしまうことがあるので、鉢植えの方がきれいにお花を観賞できるような気がします。

そのような点から、鉢植えで育てた方がいいかな・・・と思っているのですが、薔薇やクレマチスやクリスマスローズの交配した苗や、その他種蒔きした鉢で軒下は飽和状態になっており、出来るだけ鉢は増やさない、(正確には増やせない・・・苦笑)ようにしています。

軒下に並んでいる大量の鉢を見て、「園芸店でも始めるの・・・?」と近所の人や郵便屋さんに、冷やかされることがたびたびあります。(汗)

2010-04-16 (Fri) 15:40 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

ローランさん

こんばんは!

ローランさんの椿のコレクション、そしてオリジナル交配、実生のお花は本当にきれいですね。オリジナルの黒い椿は渋くて私の好みぴったり、すごいな~っと感動いたしました。

私も最近になって、椿に興味を持つようになり、いろいろな方から教えてもらっているところです。

ここシアトルでは夏がとても涼しいので、きっとアトラゲネ系のクレマチスがよく育つのだと思います。 ローランさんも色々なアトラゲネのクレマチスを育ててらっしゃるのですね! 以前からCinderellaってどんなお花なのか気になっていたところでした。 ネットでも画像がほとんどなく、とても珍しい品種のようですね! 咲いたら是非是非お花を見せて下さい。

C.hirstissimaですが・・・。 実は変種を含めて4種育てているのですが、我が家では一番難しいタイプでかなり手こずっています。(汗) 

一応、ある程度育つのですが、お花が後もう少しかな・・・というくらい大きくなったら、株全体が一気に萎れていく・・・という繰り返しで、C.hirsutissima var scottii 以外は現在瀕死の状態をさまよっています。(涙) 思うに、鉢の土が雨に濡れすぎで、根が腐ってしまうのでは・・・と思うのですが・・・。 今度は土を変えて挑戦してみようと思っています。

ローランさんはC.hirsutissima、育ててらっしゃいますか?

2010-04-16 (Fri) 16:05 | EDIT | REPLY |   

ローラン

こんばんわ

少し間違えてました。
今年1輪咲きそうなのはCyaneaでなくてCinderellaでした。いまのままなら写真が撮れそうですのでどこかにupしますね。
後うちで咲いた実績があるのはのはFransis Rivis,Pink Flamingo,Wesselton,Alp.Rubyですが、Fransis Rivis,Pink Flamingoはもうありません。後の2つは咲くなら来年です。でも1花がやっとでしょう。
C.hirsutissimaですが、以前アメリカのRockey Mountain Rare Plantsから種を買ったり、イギリスのIClSやBCSの配布でもらった種を蒔いたのですが、生えてもみんな夏を越せません。Scottie,"Big Horn Park"なんていうのもありましたよ。ことし1本だけBCSの種の遅れたC.hirsutissimaが出てますが絶望的です。40℃近い暑さでは無理なんでしょう。
東北の業者からC.hirstissimaを4年位前に買ったのですが、これも花を見ないで枯らしました。
それから言い忘れてましたが、いま伸びているのがC.fremontii、15cmくらいで、これも種からですが、今年も咲かないでしょう。
あと、これも言い忘れましたが種からではC.thiisanensis,C.koreana,C.occidentalis,C.sibiricaも生えてますけど小さくて咲くまで何年かかることやら。枯れるかも。でもC.koreanaは長く作っていた実績があります。
いまは軽石栽培してますが、どうしようもなくなったら石英砂でしょうか。日本ででも立ち枯れで駄目になります。東京近辺の暑さと雨量では、ガラス室とかビニールトンネルでないと無理なんでしょう。
そちらにはpumiceとかcrystal sandのようなものはあるのでしょうか?
でも屋根の下の栽培だと水遣りを忘れるのも怖いですね(^o^;

あぁ、サクラソウ。
その白い花、日本品種の「喰裂紙」に似てるかな?
うちにある3種類のうちの一つです。いい花ですね。
トリリュウムのエリマキトカゲ似はいいですね。初め見ました。

2010-04-16 (Fri) 20:11 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

ローランさん

こんにちは!

Cinderella、咲きそうなのですね! とても美しいブルーの花と聞いています、画像楽しみにしています。 

Wesseltonもきれいなブルーですよね。 こちらアメリカでは販売しているところがなく、また、海外からの輸入もかなり厳しいので、インターネットで育てている方の写真を楽しませてもらっています。 'Frances Rivis' は'Dutch Form'の育ててらっしゃったのでしょうか? 気候の条件が合わないと、がんばってもなかなか成長してくれないので、がっかりすることもありますが、お花が見れると、その時の喜びも倍になりますね!

今現在、コリアナ系といえば、C.koreana var. fragransがちょうど咲いているのですが、香りが全く感じられません・・・。 私も今年ちょうど、C.chiisanensis やC.sibiricaの種を蒔き もう少ししたら、冷蔵庫に小鉢を入れるところです。(笑)

土などの配合は本当に難しいですね。 アメリカにいると、日本のように赤玉土や鹿沼土のようなおなじみのものが手に入らないので、色々と試行錯誤で試しています。 

こちらでもpumiceは手に入りますが、crystal sandというものは初耳でした。 早速調べてみます。 情報どうもありがとうございました。

potting mideaでは、先日東海岸にお住まいのにこさんから、ターキーグリッドというものがあるということを聞いたので、これから気をつけてお店を回ってみようかな・・・と思っているところです。 

もっぱら私は簡単に手に入りやすいpumiceや、pearlite、vermiculite、charcoalなどをpotting mixに配合していたのですが、雨が降り続けると、土が重くなり根に負担がかかるようです。 これから、腐葉土などをほとんど配合せず、軽めの土で再度挑戦しようかな・・・と思っていますが、正直言って、自信はありません。(笑)

C.hirstissimaなどの高山系で、岩場に生えているような植物は、こちら雨の多いシアトルでもかなり難しく、何回も失敗しています。(涙)

>その白い花、日本品種の「喰裂紙」に似てるかな?

本当によく似ていますね! とてもきれいなお花で、こちらでも販売しているところがあってラッキーでした。v-354

2010-04-17 (Sat) 04:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply