スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Erythronium albidum&Erythronium americanum

北米原産のカタクリ(エリトロニウム) 二種

実は私の住む北米には、数え切れないほどの原種のカタクリ (厳密にはエリトロニウムと言うべきなのかな?) が存在し、我が家では今のところ4種類育てているのですが、同じカタクリでも属が違うと開花の時期がかなり違うようです。 

また、日本ではかわいらしいピンクのカタクリ(Erythronium japonicum)は春の訪れを告げる可憐な花のイメージがありますが、今年は他のカタクリたちが葉っぱを伸ばし始めているのにもかかわらず、一向に地面から出てくることがなかったのでちょっと不安になりましたが、先週あたりからようやく地面から葉っぱがのぞき出し、一安心しているところです。 

まず一番に開花したのが、白くてとても華奢なエリトロニウム・アルビドゥム。 実は2週間前の画像。

エリトロニウム・アルビドゥム (学名: Erythronium albidum)
(エリトロニウム・アルビドゥム 学名: Erythronium albidum 英名: White Fawn Lily)

地面に這いつくばってようやく撮った一枚です。(笑) しかし、お花はあっちの方を向いてしまっている・・・。(汗)

実は隣にも違う花が植わっていて、足の踏み場もこれがぎりぎりなのです。(苦笑)ベストショットからは程遠いのですが、雰囲気はなんとなく分かっていただけるでしょうか? 何日か後にもう少し開花した写真を撮りたかったのですが、雨が降って、長くて細い茎はぺったり地面に倒れてしまいました。 我が家にあるカタクリの中では葉っぱも花茎も一番繊細なものです。

そして今ちょうど開花中なのが、
エリトロニウム・アメリカヌム (学名: Erythronium americanum)
(エリトロニウム・アメリカヌム学名: Erythronium americanum 英名: Yellow Trout Lily, Adder's Tongue, Dogtooth Violet)
こちらもしゃがみながら撮ったもの。(爆) 随分昔に小さい葉っぱだけの株を購入したのですが、去年ようやく初開花。今年も順調に育ってくれて一安心。 園芸種で西洋キバナカタクリとして出回っているよりはるかに濃い黄色。 元気の出るとても綺麗な色です。

背後にちょっと芽が出てきているのはホスタ。 カタクリが枯れてくる時期には、ホスタが大きくなり、カバーしてくれます。


以上の二種は、東海岸が原産なのですが、ワシントン州のあたりに自生しているカタクリ(Erythronium oregonum、Erythronium revolutum)はようやく蕾を確認できたところなので、もう少し開花に時間がかかりそうです。


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥
関連記事
北米原産のカタクリエリトロニウム・アメリカヌムErythroniumamericanumエリトロニウム・アルビドゥムalbidum

Comments - 10

ブーママ@仙台

ペッパママさん こんにちは♪ 先日はお返事ありがとうございました。
こちら仙台の夏は東京に比べれば涼しいですね、真夏日が数日あるくらいなので日中エアコンを入れることもあまりありません。
ただ湿度が高いので、それが難ですかねー

シアトルはもう春真っ盛りなんですね、気温を見ても17℃!
こちらはまだ一桁です。 シアトルの冬は雪はどうなんですか?

西洋キバナカタクリはうちにも植えてありますよ~~
でも画像の子はほんとに色が濃いんですね! 
小さくてうつむて咲く姿の子に魅力を感じてしまうんですけど、白いカタクリも可愛いですね~♪

初めてみるお花が多くて目の保養させてもらってます♪

2010-03-28 (Sun) 11:39 | EDIT | REPLY |   

にこ

このカタクリはアメリカーナていうんですか。
華奢で可愛い感じですね。
アメリカにそんなにたくさんのカタクリが存在してるなんて意外な感じです。
カタクリの球根てすぐに植えないと駄目だと知らなかったのでもたもたしてたら全部駄目にしてしまいました。。
うちもカタクリの咲く春を迎えたいですi-178

2010-03-28 (Sun) 13:02 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

ブーママさん

こんばんは!

コメントどうもありがとうございます。

そちらはまだまだ寒いのですね。 シアトルは海流のおかげで、緯度は北海道の位置にあるのですが、冬は氷点下になるのは一年間に大体2週間あるかないか・・・という感じです。 雪はめったに降りませんが、その代わり秋と冬には雨がシトシトとずっと続くので、とても憂鬱になります。(苦笑)

西洋キバナカタクリをお持ちでらっしゃるのですね! お揃いです!(うちにもたしか E. pagoda と E.kondoがあるのですが、タグが飛んじゃったのでどっちがどっちか分からなくなっています。 汗)

>小さくてうつむて咲く姿の子に魅力を感じてしまうんですけど

好みがとても似ていて嬉しいなあ~!  

2010-03-28 (Sun) 15:41 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

にこさん

こんばんは!

先ほどウィキで北米のカタクリを見てみたのですが、そこに記載してあるものだけで確か24種類くらいあったような・・・。 
とにかく色々あるみたいですよ。

カタクリの球根ってすぐ植えないダメなのですか? 知りませんでした。 球根が乾燥したらダメっていうことなのかなあ・・・? 

2010-03-28 (Sun) 15:58 | EDIT | REPLY |   

kazu

ペッパママさん、こんにちは。

今、モンテネグロからです。
こちらでもちらほらとエリスロニウムが咲いています。
それはきれいですよ。
北米産もまたシックでいい色ですね。
日本へ帰ったら山野草さんで探してみます。

また遊びに来ますね!

2010-03-29 (Mon) 14:21 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

Kazuさん

こんばんは!

わざわざ遠くから遊びに来てくださってどうもありがとうございます!

そちらのエリスロニウムといえば、Erythronium dens-canis かな? 我が家にはピンクのものを植えてあるのですが、今年は蕾の時に夜盗虫にかじられてしまいました。(涙)

もしかしたら、今モンテネグロで原種ヘレボルスとエリスロニウムが一緒に咲いているのを見ているのかな? いいなあ~v-344

帰国後、ブログでの現地報告、楽しみに待っております。v-354

2010-03-29 (Mon) 15:01 | EDIT | REPLY |   

かっぱ

ペッパママさん、おこんばんわ

日本のカタクリは学名から判断して
日本特産なんですね

ワシントン州で咲く一つは
元々オレゴン州で見つけられたんでしょうかね
(学名から推察するに)

カタクリも色んな種類があるんですね

ちっちゃな、ちっちゃなユリに見えます
黄色い種類は葉っぱの模様も面白いですね

こっちではチューリップ
年々小さくなっていきますw

チューリップの球根が肥大する頃には
気温も30℃近くになってますし(5月ね)
湿度も上がりますから、過酷な環境になるんだろうね

毎年、腐敗して
どろぉ~って糸を引いちゃう球根が
3、4つは出てしまいます。

球根が分球しても
それが、大きくならないから
年々、小さくなっていくんだろうなぁって考えてます

ま、一年草と割り切ってるんで
変わったチューリップは毎年は植えれませんw
安いのを大量に←これが2年
変わったの←1年

こんなサイクルでやってきました。
一昨年からは、バラにお金がかかっちゃって
ほんま、物量作戦も出来なくなりつつあります

本当は、沢山花が咲く中にバラのあるって庭が理想なんですよぉ~
鉢植えで、色んな品種を兎に角集めるってのは
どーでもよくなってきましたw

2010-03-29 (Mon) 23:07 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010-03-30 (Tue) 01:49 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

かっぱさん

ぎゃ~、かっぱさんへのコメントが消えた~!

最近2,3回自分のブログのコメント欄で同じことが起こったのだけど、なんでだろう・・・。 

えっと・・・

そうそう、北米のカタクリ、とにかく種類があるようです・・・。(笑)
かっぱさんがおっしゃってたように、Erythronium oregonumってオレゴン州で見つかったのかな? 実はワシントン州、オレゴン州だけではなく、カナダのバンクーバーあたりまで自生しているようです。

かっぱさんのお宅のチューリップは本当に素敵ですね。 アレだけ綺麗なのを見せられちゃうと、私も色々欲しくなってきました。 

でも園芸種って球根維持が大変ですよね。 我が家もちょっとだけ植えていたのですが、今では毎年葉っぱのみ・・・。(涙) 一年草と割り切って植えるのも手なのかな? チューリップが沢山咲いていえるのを見ると、本当に春が来た・・・て感じで心が明るくなるような気がします。

>鉢植えで、色んな品種を兎に角集めるってのは
>どーでもよくなってきましたw

時間が経つと、花の好みや、庭造りの目的など徐々に変わってきますよね。 私も、今見ると、「なんでこんなの買ったんだろう・・・」っていう花が庭の一等地に植わっていたり、「何でこの花とこの花を隣同士に植えたんだろう・・・」と今となれば不可解な色の組み合わせがあったりします。(苦笑)

2010-03-30 (Tue) 09:00 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

鍵コメさん

ご連絡どうもありがとうございます。

早速お伺いに参ります。

2010-03-30 (Tue) 09:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。