原種のユリたち・・・

原種のユリたち・・・

詳しくないのですが、実は原種のユリにちょっと興味があったりして、何種類か庭で育てています。 ほとんどの花はとっくの昔に終ってしまっているのですが、たまたまなのか、春遅く植えたユリが、バラの賑やかさが一段落した今でも咲いています。

今日の記事も今咲いている2種類のユリを除いては、またまた恒例の回想録になってしまうのですが、今年はお気に入りのユリの写真も撮れた事なので、お時間のある方は見ていってくださいね。

まずは今一番のお気に入りのユリ。 可愛いのってなんの~! 中国原産の リリウム ランコンゲンセ (Lilium lankongense) 。 クルンと反り返る姿と言い、淡いピンクにちょっとソバカスみたいな斑点が入るところといい、もうすごく好みです。 
リリウム ランコンゲンセ (Lilium lankongense)
リリウム ランコンゲンセ (Lilium lankongense)
リリウム ランコンゲンセ (Lilium lankongense)
リリウム ランコンゲンセ (Lilium lankongense)
写真ではアップで写してあるので、花の大きさが分かりにくいかもしれませんが、花びらがクルンと反り返るので、大体直径6センチ前後の小さなお花です。 アップで見るとかなり強烈な個性の花も多いですが、今回掲載したユリのほとんどが小ぶりの花で、実際に見るとひっそり咲いている・・・といった感じがします。

そして不思議な色あいのリリウム・ブルマニクム (Lilium Primulinum)。 黄緑色でちょっと地味ですが、個人的には渋くて大好きです。 香りが良いといわれているようですが、なんだかちょっとむせるような変な甘さで、あまり好きな香りではないです。(苦笑) でもでも、なんともいえない中途半端な色あいははとっても好みです~!
リリウム・ブルマニクム (Lilium Primulinum)
リリウム・ブルマニクム (Lilium Primulinum)
リリウム・ブルマニクム (Lilium Primulinum)
↑のリリウム・ブルマニクム (Lilium Primulinum)、ネパールあたりが原産らしいですが、こちらでは、ウコンユリ (Lilium nepalense)として混合して出回っていたこともあるようです。 大手の通販で、ウコンユリ (Lilium nepalense)の球根を売っているようなので、今度注文して育ててみようかなあ・・・と思っているのですが、本物かなあ? ちょっと不安。

そして、強烈な個性の八重咲き鬼百合 (Lilium lancifolium var. flore pleno)。 綺麗というより、凄いの一言に尽きます。 今年がはじめての開花なのですが、球根がまだ小さいのか、それとも、いつもこんな感じなのか、開花しきった時だか見分けがつかないのでの撮影でした・・・。(爆)
八重咲き鬼百合(ヤエザキオニユリ) Lilium lancifolium var. flore pleno
八重咲き鬼百合(ヤエザキオニユリ) Lilium lancifolium var. flore pleno
この↑八重の鬼百合って、Lilium lancifoliumの変種なのか、それとも何かのハイブリッドなのか・・・と言う話を小耳にしたのですが、どうなのでしょう・・・。 しかもタイガーリリーと呼ばれるユリは、ウィルスをもっているから、近くにタイガーリリー意外のユリを植えないほうがいいなどと言うことも聞いたのですが、本当でしょうか? ウィルス・・・と聞いてちょっとビビッている今日この頃です。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、どうか教えてください。

そして、下の黄色いユリは、たぶんキヒラトユリ/キバナコオニユリ? (Lilium leichtlinii)。 買ったタグには Lilium leichtlinii とだけあり、日本のサイトで検索すると、Lilium leichtlinii はオレンジ色のコオニユリの画像がたくさんでてくるのですが、 私の育てているユリは日本語ではキバナコオニユリ? イマイチよく分かりません。

実は今咲いているユリの一つがこの花なのですが、かなり派手な黄色でとても目立ちます。(笑) 我が家の他の原種のユリたちは、謙虚にひっそり・・・と言った感じで咲いているのですが、こちらはひっそりどころか、かなりのアクセント。(汗) ちょっと微妙・・・。 まあ、賑やかになるから良しとしようかな。(苦笑)
キヒラトユリ/キバナコオニユリ (Lilium leichtlinii)
キヒラトユリ/キバナコオニユリ (Lilium leichtlinii)

ではでは、アメリカ原産のユリたち・・・。

これは初めて買ったユリ、リリウム パルダリウム (Lilium pardalinum)。 もう随分昔に地元のネイティブプラントセールで小さい苗を購入。 当時割と結構な値段でしたが、今ではかなり増えて去年までは沢山咲きました。 が、なぜか今年は不調・・・。 何でかな・・・。 植えっぱなしだと球根がこんでしまうのかなあ・・・。 通称 Leopard Lily とか Panther Lily と言われています。

リリウム パルダリウム (Lilium pardalinum)。 
リリウム パルダリウム (Lilium pardalinum)
リリウム パルダリウム (Lilium pardalinum)

こちらは↑のリリウム パルダリウムの変種でカリフォルニア州のシスキュー地域原産の リリウム・パルダリヌム・ウィギンシィー (Lilium pardalinum ssp. wigginsii) 。 オレンジ色に斑点、なんだか似たようなユリが他にもあるような;・・。 素人の私には、一体何が違うのだろう・・・って思ってしまいます。
リリウム・パルダリヌム・ウィギンシィー (Lilium pardalinum ssp. wigginsii)
リリウム・パルダリヌム・ウィギンシィー (Lilium pardalinum ssp. wigginsii)
リリウム・パルダリヌム・ウィギンシィー (Lilium pardalinum ssp. wigginsii)

そして最後が通称レモンリリーと呼ばれているリリウム・パリー (Lilium parryi)。
リリウム・パリー (Lilium parryi)

日本原産の鹿の子ユリを初めとし、白鹿の子ユリも植えたのですが、今年は咲きませんでした。(涙) でも、秋には白の松葉ユリの球根も届くことなので、来年に期待! 今後はもうちょっと繊細かつ弱い趣のユリを植えたいな。

こちらもドッグパークで遊ぶペッパの写真。 未だに浅瀬でしか遊べません・・・。 (爆)
ドッグパークで遊ぶペッパ・・・

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥


にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ←かわいいプードルのブログがたくさんあります♥
関連記事
リリウムランコンゲンセLiliumlankongenseリリウム・ブルマニクムPrimulinumキヒラトユリ/キバナコオニユリleichtlinii八重咲き鬼百合lancifolium

Comments 8

TITAN

ユリも良いですよね~

ヒマラヤ辺りには
ガガイモ科の Brachystelma ブラキステルマ属の一種の様に花弁の先が癒合して開かずドーム状の花に咲く
Lilium lophophorum だとか

リリウムとも近縁属の Nomocharis ノモチャリス属とも判断しかねる様な進化の途中にある様な変わったユリが有ったりして
欲しいのですけど

我が家では夏暑過ぎるのと日が当たり過ぎる陽向か薄暗過ぎる日陰しか無いので

本当は原種系が好きなので集めたいのですが
ウイルスが出たり夏場あっという間に葉が散ったりと
ごとく枯れて行くので駄目みたいです!
(∋_∈)

2009-09-16 (Wed) 06:02 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

TITANさん

Lilium lophophorumって面白いですよね。 

私も写真で見て欲しいなあ・・・と思っていますが、なかなか見つかりません。 せめて一度で良いからこの目で実際の花見てみたいものです。 

凄い変わっているユリも魅力的ですし、

Lilium mackliniae みたいな、可愛い感じの花も憧れです。 

2009-09-16 (Wed) 08:01 | EDIT | REPLY |   

にこ

スカシユリとカサブランカを植えてましたが、花壇の整理でどちらも抜いてしまいました。。
原種百合のカナダリリーを以前からお迎えしたくて今年こそと思いつつもう秋に。。
ペッパママさんの素敵な百合の写真をみたらやっぱり注文しようかしらって気になってきました。
でも予算が・・。

2009-09-16 (Wed) 11:30 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

にこさん

こんばんは。

私も本当なら込み合ってまとまりがつかなくなっている我が家の花壇の整理をしないといけない・・・と思いつつ、未だにそのままぼさぼさ状態です。 にこさんみたいに潔く抜くことも大切!っと頭で分かっていても、どうしても捨てれない自分がいて、夫に呆れられています。 でも、白色の綺麗なカサブランカ、本当に捨ててしまったのですか?

カナダリリー、私も実は狙っています。(爆) 地元のプラントセールにきているナーセリーの方が育てているとの事で、今回購入しようかな・・・と問い合わせたところ、実はウィルスにかかってしまって、今は種からまた育てなおしているとの事。 また何年か後になりそうです。(笑)

2009-09-16 (Wed) 13:58 | EDIT | REPLY |   

thomas

レベル高いですね

ペッパママさん、レベル高いですね。
普通の百合が載らないところ。
先日の件、古い知り合いの Daniel Hinkley 氏のお願いしようとメールしましたが、未だに返事がありません。
彼も、変わったようです。(情報として:Daniel Hinkleyで検索してみてください。)

2009-09-18 (Fri) 11:33 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

thomasさん

こんばんは!

褒めてくださってありがとうございます。 来年も無事に咲いてくれると嬉しいのですが・・・。 どうかジンクスになりませんように!!! (笑)

もちろんDaniel Hinkley氏は知ってますよ!! (残念ながら個人的にではなく、お名前だけを存じています。) ガーデニングが好きで、このあたりでDaniel Hinkley氏を知らない人は、「もぐり」でしょう~!!  

我が家にも Heronswood nursery の クリスマスローズ(シングル&ダブル)をはじめ、 Disporum cantoniense 'Night Heron'、そしてArisaema taiwanense 'Silver Heron' などなど植えてありますが、何年か前、ナーセリーを大手に売却した時は、それはもう、大ショックで放心状態でした。 私も、きっと彼なら・・・と思います。 

それにしても、thomasさんのネットワークの広さには、いつも凄いなあ・・・と感心してしまいます。 お友達としてリンクされてあったcrug farm だったり、 先日いつも覗いているPacific Rim Native Plant Nursery のカタログを見ていたら、thomasさんが画像をご提供されていたり・・・と、世界中にお知り合いがいて、さぞ楽しいだろうな・・・と想像しています。

2009-09-18 (Fri) 14:12 | EDIT | REPLY |   

かっぱ

ぎょしぇぇぇ
一番最初のユリは
黴が生えてるのかと思いました
そうじゃなかったんだw

2番目の八重も
インパクト大です

最初の2品種で
腰が抜けました!
ぶしゅぅぅぅぅ~


黄色い鹿の子ユリのようなユリ(なんやねんw)
これの白(アイボリーから若干紫を乗せた白)にタイプ
植えてますよぉ
よく似てるよん

百合は庭を持った時
最初に植えた花の一つです
ほとんど、超メジャーなヤツですけど
いいのだw

Daniel Hinkleyさんって
有名なんですね

ひとつ賢くなりました
ありがとぉぉぉ

2009-09-26 (Sat) 06:28 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

かっぱさん

そうそう、かっぱさんはユリにハマッテらしたのですよね!(笑)

あの近所の子におままごとの材料にされた事件、あの後どうなったのでしょうか?

ユリの品種はあまり詳しくないのでよく分からないのですが、どのあたりが人気があるのでしょうか? 交配品種も日本の原種のユリが元になっているものが多いらしく、本当に奥が深いですよね。これからも、色々教えてください。

2009-09-26 (Sat) 13:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply