スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレマチス クリスパ (Clematis crispa)

クレマチス クリスパ (Clematis crispa)

去年、初開花した時のクリスパはなんだか形は崩れるし、色も薄い黄緑色に薄い小豆色という、なんとも地味な色合いで開花したのですが、今年は大満足の可愛い姿で開花しています。

クレマチス クリスパ (Clematis crispa)
クレマチス クリスパ (Clematis crispa)

中はこんな感じ♪
クレマチス クリスパ (Clematis crispa)

去年の色も渋かったのですが、やっぱりこっちの色の方が好きです♥

ちなみに、去年の二番花は今年のお花より少し濃い色で咲きました。

08年のクリスパの2番花
(448 x 336) クレマチス クリスパ (Clematis crispa)

風に揺れてふらふらしているクリスパは本当にかわいいです。 だいぶ大きくなったので地植えに出来そうですが、花が小さいので、みんな近くに寄って見れるような場所をただいま検討中です。(笑)

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

関連記事
クレマチスクリスパClematiscrispaクレマティス

Comments - 7

kaffe

ぺッパママさんのところは、日本では見かけないクレマが多くて
とても参考になります。
クリスパは日本でも流通していて(それでも実生苗なので個体差がありますが)我が家にもあったのですが、母の目にとまって実家行きとなりました^^

以前、種の件を話してくださってありがとうございます。
お言葉に甘えて頂戴しちゃおうかしら。
夏に猛暑となる私のところでは、うまく育つかちょっと心配もあるのですが。
日本に帰ることってないのですか?そんなときに受け取れると手間もかけずにいいかなって思ったり。
実際にお会いしたいな~ きっと素敵な方なんだろうな~

2009-06-22 (Mon) 05:43 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

Kaffeさん

こんにちは!

クリスパ、お母様のところに行ってしまったのですね!(笑) もし、お母様のところのクリスパに種が出来たら、蒔いてみるのも面白いかもしれませんね!

種の件、了解しました~♪ 秋くらいになってしまうかもしれませんが、待っててくださいね。

日本に帰った時に、直接お会いして、お渡しできれば良いのですが、今年は日本に帰る予定がないので、残念ですが郵送しますね。

私も今年初めて種を蒔いたばかりで、あまり役に立つアドバイスが出来ないのですが、どうぞ、気楽に考えてください。(笑)

2009-06-23 (Tue) 05:17 | EDIT | REPLY |   

thomas

クレマチスも好きとのこと

ぺッパママさん、
クレマチスも好きとのこと、私のブログのお気に入りブログ人に、
リンクした
The Atragene World
面白いかも、そのリンク先もクレマチスの友達でいっぱいです。

2009-08-03 (Mon) 11:38 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

thomasさん

こんにちは!

わざわざ教えてくださってどうもありがとうございます。

The Atragene World の takechanman さんのことですね! 実は私もブログを通じてちょっとだけ交流がありまして、今年の秋に私の育てているアルピナ 'フランセスカ'と、他のクレマチスの種をお送りすることになっています。(笑)

ブログを通じて世界中の花好きの方とお友達になれるので楽しいですよね!

2009-08-04 (Tue) 03:24 | EDIT | REPLY |   

thomas

また、少し教えていただけませんでしょうか。

クレマチスがお好きということで、宜しければ、また、少し教えていただけませんでしょうか。
意外に、好かれているようで、(イギリスでもクレマチス専門のナーセリーがある)
その魅力は、どこにあるのか、ちょっと興味があります。
というのも、新しい分野の参考にしたいのです。
これまでの、薔薇や百合は、鑑賞性があり、香りがあり、好まれる要素は十分です。
クレマチスは
>香りがあるものもある
>花の鑑賞性はまずまず
>つる性の個性的な魅力?
ペッパママは、一番、何に魅力を感じていますか。

2009-08-22 (Sat) 22:06 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

thomasさん

クレマチスの魅力・・・v-353、一言で表現するのは難しいのですが、私にとってのクレマチスの魅力は、なんと言ってもシングルやダブル、そして色々な色や形の花でしょうか?


クレマチスと言っても、開花シーズンも早春からはじまって、晩夏に咲くもの、あるいは冬咲きのものなど、色々ありますし、色々な系統のクレマチスを植えておくと、年間を通じて長い間色々な花を楽しめる・・・という点もプラスかもしれません。

例えば、アトラゲネ系のクレマチスは、薔薇がまだまだ咲かない時期から開花が始まるし、薔薇の咲く時期に咲くクレマチスはツルバラなどと一緒に絡ませても素敵だし、木にツルを絡ませておけば、木の花が終っていても、ちょっと賑やかになったり・・・などなど色々な楽しみ方ができるので、私は大好きです。

それと花の終った後、花ガラを摘まなくても見苦しくなく、どちらかと言うと、フサフサした種もかわいいなあ・・・と思っています。e-68

2009-08-23 (Sun) 13:03 | EDIT | REPLY |   

thomas

ペッパママさん、
有難うございます。
相談する相手、間違っていなかったようです。
全くその通りです。
やはり、個性を持った品種がいくつか存在する必要があるみたいですね。
>クレマチスは世界中に個性的なものがありますからね。
非常に参考になりました。
また、遊んでください。

2009-08-24 (Mon) 10:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。