バラの大敵 バラクキバチ・・・ 去年は惨敗 (現行犯激写~!!)

バラの大敵 バラクキバチ・・・ 去年は惨敗 (現行犯激写~!!)

去年の今頃も同じような記事を書き、「今度こそはバラクキ蜂の被害を最小限にしたい」 (ここを参照→バラの敵、バラクキバチ・・・。 今年の対策) というようなことを言っていたのですが、やはり去年初夏も憎きバラクキバチに散々やられっぱなしでした。 

去年は初の試みとして、これは絶対大切というベーサルシュートなど、厳選していくつかアルミホイルを巻いてみたのですが、せっかくの苦労も水の泡・・・。 またもや敵の攻撃に惨敗してしまいました。 

まずは去年のダメージの画像をじっくりとご覧ください。(苦笑)

バラ茎蜂の産卵後・・・。 茎が萎れてこんな形跡を見つけたら、まず疑ってみよう・・・。(涙)
バラクキバチの産卵の後

せっかくのシュートなのに・・・。(悔涙) バラの茎の皮をはがしてみると・・・↓
バラクキバチのダメージ

ダメージをたどってさらに皮をはがしていくと、らせん状に食い散らかして下に進んでいる・・・。(激怒)
バラクキバチのダメージ

ギャッ~!! 現行犯発見。 憎き敵!! これがバラ茎蜂の幼虫。 *肉眼では目をよ~く凝らしてやっと見つけられる大きさ。 ぱっと見ただけでは見過ごしてしまうほど小さく目立ちません。
バラクキバチの幼虫
しかも、↑の画像、かなりダメージが進んでいるので、気づくのにだいぶ時間が経っているような感じがしますが、一応この時期は毎日チェックを入れていたので、バラの茎が枝垂れ始めてそんなに時間は経ってないハズです。 恐ろしきバラクキ蜂君、君たち本当に手が早い。

去年の対策、アルミホイルを巻く・・・作戦でいってみましたが、大切なシュートにはアルミホイルを巻いてはみたものの、何日かすると枝(シュート)が成長するので、常にアルミホイルを蒔き続けなければならなかった・・・という点で、まず挫折。

そして、アルミホイルからはみ出して成長したところを狙われあっさり惨敗・・・。 しかもちょっとアルミホイルが巻いていない隙間などを狙ってくるので、完全にお手上げ。 
被害にあった部分をすぐに取り除き、一安心していると、次にまた狙って産み付けてきたので、結局ベーサルシュートをすべて切り詰めなければならない羽目になってしまい、本当に泣きたい気分でした。

さらに最悪なのは、このバラクキ蜂に産卵された茎をずっと気づかないでいると、(中には少し硬めで萎れないものがあるので・・・)幼虫はずっと下まで進み、枝が下から一気にキャンカーになるということもあり、本当に憎きバラクキバチです。 (早春に剪定をしていた時、枝枯れだと思って切ったら、実は穴が開いていた・・・ということも何回もありました。)

正直言って今年はどうして良いか分かりません・・・。(涙) 
去年の冬はシアトルは激寒の日々が続いたり、急に暖かくなったり・・・といった植物にとってかなりストレスな天候が続き、例年にも増して枝が枯れこんだバラが多く出たので、今年こそはしっかり株を充実させたいところなのですが・・・。
今年もまたバラクキバチにベーサルシュートをやられると思うと・・・。 今から涙目になりそう・・・。

皆さんはバラ茎蜂対策ってどうされているのでしょうか・・・。

 追記:バラ茎蜂に産卵された新芽の処理の詳しい仕方は2010年の記事のこちらから

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥
関連記事
バラローズRose薔薇バラクキバチのダメージバラクキバチ害虫バラ茎蜂幼虫

Comments 6

TITAN

秋まで続くチュウレンジバチと違い

バラクキバチは年に一度この時期だけなので

我が家では4月下旬から5月一杯まで
ほぼ毎週の様に(7~10日毎)浸透移行性の殺虫剤を散布してます!(汗)
(^_^;)

2009-05-14 (Thu) 03:26 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

TITANさん

貴重な情報どうもありがとうございます。

本当にここ何年間も泣かされ続けたバラクキバチ、せっかくもう少しで開花・・・というところをいつも狙われ、本当にうんざりしています。 

確かにこちらシアトルでバラクキバチの出現は6月中旬辺りから7月下旬辺りの短期間なので、浸透殺虫剤(野菜にも使えるものだったらなおさら安心なのですが・・・そんなのあるかな?)を探してみます。

こちらで今のところメジャーなバラなどの浸透殺虫剤は、「一度使ったら、同じ土で5年ほどは食べ物を栽培しないで下さい・・・」となんだか怖いことが書いてあるので、ペッパも庭で遊ぶことだし、使用するのが心配だったのですが、どんなものが市場に出ているのか早速調べてみます。

情報ありがとうございました。

2009-05-14 (Thu) 05:42 | EDIT | REPLY |   

えつまま

ペッパママさん     お早うございます。
今朝はとても爽やかです。
バラは次々に咲き進んでいます。
バラクキバチの被害は大変ですね。
我が家ではまだ見かけませんが被害は受けているとおもいますので
気をつけてみます。
今年はバラが大分枯れてしまいました。
一番早く咲く芳純は株が充実せず残念ながらお花が咲きません
うどん粉病も大分出てしまいました。
薬の散布はしているのですが・・・・・
難しいですね。
ペッパママさんのお庭は綺麗な沢山のバラが咲くでしょうね。
楽しみにお待ちしています。

 乙女風鈴オダマキはとても素敵ですね。
名前のわからないコボレダネのやえオダマキが一本でて綺麗に咲きました。

2009-05-14 (Thu) 09:00 | EDIT | REPLY |   

kaffe

ペッパママさん

こんにちは。
バラクキバチレポート 凄いですね。ペッパママさんが
色んなことを調べている文献?は、一冊の本になりそうですね。
それに、幼虫は初めてみましたし、そのままにしておくと非常に
不味いのですね。
キャンカーの原因になるとは知りませんでした。
我が家はこのバラクキバチやゾウムシ、チュウレンジハバチの幼虫
が3大被害です。
特にこれと言った手立てはしていないのですが、TITANさんもやられているような、浸透移行性の殺虫剤(オルトランやモスピラン)や殺虫剤(スミチオン)を気がむいた時にやっているくらいです。

>一度使ったら、同じ土で5年ほどは食べ物を栽培しないで?!
そんな薬、怖くて使えませんよね~

アルミホイル・・・ ご苦労様です。巻いても巻いても伸びてくる枝・・ そう そこが問題ですよね。
アルミホイル巻きの枝では、景観も損なわれちゃいますしね。

2009-05-14 (Thu) 13:12 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

えつままさん

こちらシアトルは今日は曇りのち雨で、日中は大体13度くらいしかありませんでした。 

バラクキバチってもしかしたら、我が家では一番の天敵かもしれません。(汗)これで、株が弱って枯れていったものもあるくらいで、本当に憎き害虫です。(苦笑)

バラが枯れるのは本当に気落ちしますよね。 よく分かります。 私のところもお気に入りのバラが枯れてしまって、自分で捨てるのは悲しいので、夫に頼んで処分してもらったことがあります。 

シアトルはまだまだ暖かくなったと言うものの、まだまだ肌寒い日が続き、バラはまだまだ緑の蕾のままです。

こぼれ種から八重のオダマキがさいたのですね~、後から見に伺います~!

2009-05-14 (Thu) 14:06 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

Kaffeさん

バラクキバチレポートと言うよりは被害記録なので、これを読んでいる方には全く役に立たない記事なのですが、反対に読んでいる方から色々教えて頂くので、本当に助かっています。

我が家の強敵はやはり断トツでバラクキバチで、単に私がまだ気づいてないだけかも知れませんが、シアトルではいまだゾウムシを見たことがありません。

バラクキバチ以外の我が家の害虫と言えば今思いつくもので、アブラムシ、チュウレンジ蜂、コナジラミ、ヨコバイの一種の虫、スリプス、泡吹き虫、そしてハキリバチ (これも害虫に入るのかな?) といったところですが、やはりなんと言っても我が家ではバラクキバチが一番厄介な虫です。

以前kaffeさんにお話したかも知れませんが、私としてはなるだけ薬などは使わないように・・・と心がけている程度で、絶対オーガニックじゃないと・・・とか、薬品はすべてイヤという強いポリシーは全くないので、必要な時には薬を使いたいのですが、こちらのホームセンターで一般に売られているバラを専門とした薬などは、食べ物栽培が同じ土で5年控えてください・・・と言う注意書きがあり、「5年とはどういうこと・・・v-12」とどうしても躊躇しているところです。 でももしかしたら私が知らないだけな可能性が大なので、ちょっと調べてみようと思っています。 

アルミホイル戦法、敵の方がよっぽど上をいっていました。(涙笑)

2009-05-14 (Thu) 14:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply