シアトルの旬の花と我が家のほんの一部の庭の風景

シアトルの旬の花と我が家のほんの一部の庭の風景

今現在のシアトルはどこを見渡しても、この花が目に入らない風景はないといっても過言ではありません。 見渡す限り、ピンク、白、オレンジ、紫・・・などなど豪華な花が咲き乱れています。 

西洋シャクナゲはここアメリカ、ワシントン州の州花 であり、一家に一株は必ず植わっているのでは・・・というくらい人気のある花。 ガーデンセンターには色々の種類のシャクナゲが売られているし、道を歩けば、樹齢がかるく50年以上というものが至どころに咲いています。

もちろん我が家にも50年以上の年季の入ったものから、義理母の植えていった株まで色々とあるのですが、今年は特に綺麗に咲いてくれました。 その一部を紹介します。

我が家の西洋シャクナゲ1
西洋シャクナゲ (Rhododendron)

我が家の西洋シャクナゲ2
西洋シャクナゲ (Rhododendron)

我が家の西洋シャクナゲ3
西洋シャクナゲ (Rhododendron)

このつつじ、毎年ルリチュウレンジバチの幼虫に葉っぱをかじられてしまっていたのですが、今年は何とか綺麗に咲いています。 やはり2年立て続けに、この時期、毎日テデトール捕獲活動を行った成果でしょうか・・・。(苦笑) ホント、この虫には手を焼きました。 放っておくと一気に株が丸裸・・・。 
オレンジ色のつつじ (Azalea)

一時は抜こうかなあ・・・と思っていたつつじ。 咲くと綺麗なんだけどね・・・。
ピンク色のつつじ (Azalea)

我が家の庭の一角。 バラの開花を待つばかりです。
我が家の庭の一部 5月編

こちらではRobinと呼ばれている野鳥 (コマドリの一種?) の卵の殻が落ちていました。 本当に綺麗なターコイズブルーです。 でもどうしてここに落ちているのかな? カラスに狙われたのかと、ちょっと心配・・・。 無事に孵化した後だったらよいのですが・・・。
ロビンの卵の殻

樹齢50年以上の西洋シャクナゲ。 高さ7メートルくらいあり、満開の時は本当にゴージャスです。 隣の白い花の木は常緑樹のチョイシア (メキシカンオレンジ)。
西洋シャクナゲと チョイシア メキシカンオレンジ (Rhododendron & Mexican Orange)

我が家の愛犬、スタンダードプードルのペッパ君。 今日も庭で楽しく走っています。
西洋シャクナゲと チョイシア メキシカンオレンジの前でポーズをとるペッパ (Rhododendron & Mexican Orange & Peppa)


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ←かわいいプードルのブログがたくさんあります♥
関連記事
西洋シャクナゲルリチュウレンジバチ幼虫シアトルワシントン州プードルスタンダードプードルガーデニング野鳥Robin

Comments 2

kaffe

ペッパママさん

おおっ ペッパが笑ってる!! ペッパの元気な姿を見ると、とても微笑ましくなります。

チャクナゲって、今まであまり興味がなかったんですが、あるところで拝見してから、なかなかいいかも と思って、今年ひと株購入したところです。パーシーワイズマンという品種。
50年以上も経つなんて年季はいっていますね。これから50年後じゃ、きっと私は他界してますけど。

チョイシアっていうのですね 雪のように咲いていて本当に綺麗です!
こんな風景って憧れです。

2008-06-02 (Mon) 06:51 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

Kaffeさん

こんばんは

実は私もシャクナゲってあまり興味がなかったのです。(爆) 

なんだか花が終わりかけになると、地面に落ちているベトベトした花があまり好きではなかったのです。(笑) なので、自分で買った株は一株もなく、本当のことを白状すると、義理母が植えていた3株を抜いて、バラを植えてしまった前科があります。 でも最近は綺麗だなあ・・・と思えるようになってきて、以前よりちょっと気をつけて手をかけてあげたら、やはり花つきがよくなりました。e-68

パーシーワイズマン、画像と見てみました。 単色ではなく、微妙にピンクと白がミックスしていて綺麗ですね。 ぱっと庭が明るくなりそうです。

チョイシアはおすすめですよ! 手がかからない常緑樹なので、冬の寂しくならないし、おまけに春、秋と一年に二回咲きます。 葉や茎を折ったら、爽やかな香りもするし、葉っぱが黄色いものや、細長く細かいものまで色々種類があるようです。

2008-06-02 (Mon) 14:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply