スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしかして、あのネマトーダ? (Root-knot nematodes)

悪夢・・・。 もしかして、これがかの悪名高きネマトーダ?
(お騒がせしました・・・。 ネマトーダではなく、貯蔵根のことでした。 ↓の追記をご覧下さい)

もうびっくりしました、というかショックです。 義理母の植えたコクリュウがかなり増えたので、違うところに移植しようと土から抜いてみると、ぎょえ~!!、もしかしてこれがあの悪名高きネコブというやつですか・・・? 

クレマチスや芋やイチゴなどにつくというのは聞いたことがあるのだけれど、コクリュウがネマトーダ?とは検索しても出てこないし・・・。 本当にこれはネマトーダでしょうか・・・? 実に立派なこぶですが、不思議なことはこのコクリュウ、私たちがこの家に住む前から植わっていたものなのですが、全く衰弱の様子がなく、今回は増えてきたので、違うところに株分けしようか・・・ということで掘った時発見したというもの。 おまけにこのすぐ隣(2センチも離れてないところ)にコクリュウに全くよく似た葉で色が黄色のもの・・・(コクリュウのイエローバージョンのような感じ)のもの根は全くこのようなものが見られず、自分でもどうゆうことか状況がよく理解できていません。 

これが抜いたコクリュウ・・・
ネコブに侵されたコクリュウ? (Root-knot nematodes)

以下の写真より、ちょっと気持ち悪いです・・・。
ネマトーダ? (Root-knot nematodes) 

センチュウ? (Root-knot nematodes)  

ネマトーダ? (Root-knot nematodes)  

ネマトーダ? (Root-knot nematodes)  

ネマトーダ? (Root-knot nematodes) 

ネマトーダ? (Root-knot nematodes) 

ざっと検索したら、ネマトーダだったら、土ごと処分・・・と、かなり絶望的な処理の仕方がほとんどだったのですが、そんな殺生なあ~。 こぶを全部除いて、何かいい殺菌剤で洗浄して、マリーゴールドを植え込んだとしても、復活は無理なのかしら・・・。 心配です・・・。(竜涙) かなり憂鬱・・・。

ネマトリンエース粒剤 が土壌線虫類を含む土壌害虫類に効くと分かったのですが、アメリカだったら、なんと言う名前でうられているのかしら・・。 日本だったら、すぐ買いに行くのに・・・。(涙) もし主要成分などが分かる方がいらしたら是非教えてください。

翌日の追記・・・

ネマトーダとか、ネコブなど散々お騒がせしましたが、色々な方のアドバイスよりコクリュウのようなOphiopogon系の植物は根にこのようなものが出来るとのことです。 コメントをくださったKaffeさんのおっしゃるとおり、このこぶは漢方にも使われるとの情報も確認できました。 (http://en.wikipedia.org/wiki/Ophiopogon)

これで心底安心できました。 本当にKaffeさんを始め皆さんのアドバイスがなかったら、もう少しで全部抜くところでした。 アドバイスどうもありがとうございました。


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥
関連記事
ネコブネマトーダネコブサンチュウコクリュウRoot-knotnematodes

Comments - 6

TITAN

5963

線虫類は自然界に広く生息してますし
植物によって強弱や症状の出方がかなり違いますが
そんなに気にしなくても大丈夫だと思いますよ!(笑)

我家でも
線虫類に弱いクレマチスを地植えする場所と大切な山野草の辺りだけ
ネマトリンエース粒剤(ホスチアゼート粒剤)を撒きましたが・・・

薬剤名 FOSTHIAZATE ホスチアゼートで検索すれば
商品名が出て来る様な気がします!
(*^-^)b

2008-03-19 (Wed) 08:53 | EDIT | REPLY |   

kaffe

ペッパママさん

こんにちは。
この記事にどきっ!としました。実は2日前に、庭の半日陰の部分の植物を入れ替えていたところ、ベアーグラスに全くおなじようなこぶが沢山ついていたからです。
しかも、10cmほどしか離れていない別の株には付いていなくて・・
それからネットで調べまくったのですが、結果そのまま元に戻して植えてしまいました。
ペッパママさんと同様に、とても元気で毎年大きく育っていました。

ベアーグラスはユリ科じゃないので(一部はユリ科もあるようですが)非常に危惧しているのは変わりないのですが。。

ネコブセンチュウ、ネコブ病、貯蔵根のどれか?とにらんでいました。
ただ、ネコブ病に関しては、アブラナ科に現われる病気だそうで、これは違うかと。
ネコブセンチュウのこぶの付き方と貯蔵根の根の膨らみ方を比べてみると、これは後者ではないかなと思いました。
しかも、漢方薬で有名な麦門冬は、このユリ科のヤブランなどの根がこぶのように膨らんだ部分を切り取り煎じて飲むものです。
この根の膨らみ方とペッパママさんのものは非常に似ています。
しかもコクリュウはユリ科ですから。

私の勝手な見解では、これはネコブセンチュウではなくて貯蔵根では?と思います。
但し、ネコブセンチュウは長い期間そこに同じものが植えてあると出てくる虫でもあるので、昔からあったコクリュウはその点がひっかかります。

適切な答えになっていなくてごめんなさい!
ネコブだったら、その株だけでなく今の土壌も改良する必要がでてきて、それは大掛かりになってしまいますよね。
もっと専門の方がみればわかるのかもしれませんが。。

2008-03-19 (Wed) 11:19 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

TITANさん

こんばんは

昨日このコクリュウの根の豆を発見し、本当に予期しなかった出来事にかなり動揺しましたが、一晩明けた今日は少し気持ちが落ち着いてきました。 

色々こちらでは園芸本などには夜盗虫などに寄生し、退治するといわれている益虫ネマトーダのほうが広く取り扱われており、シアトル辺りではこのような植物に寄生するネマトーダの例は珍しいと分かりました。

先ほどKaffeさんからのコメントで貯蔵根では・・・というコメントを頂いたのですが、それでさらに気が楽になり、今日はぐっすり寝れそうです。(笑)

薬品名をわざわざ教えてくださって本当にどうもありがとうございます。 やはり貴重なクレマチス類を植える時は、あれば重宝するかも知れませんね。 こちらで見つかるかどうか分かりませんが、ちょっと探してみます。 本当にどうもありがとう~!!

2008-03-19 (Wed) 14:53 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

Kaffeさん

こんばんは~!!

Kaffeさんコメントどうもありがとう!! 本当に大助かりしました。 

貯蔵根かも・・・と教えていただいた後、早速「コクリュウ」、「根」で検索したら、出てきました! 同じ心配をしていた方が質問をされていて、そこでは、水分や養分をためる貯蔵根だと解説されてありました。 100パーセント大丈夫・・・という自信はありませんが、これで97パーセント安心しました。(ということはもう安心しきっています・・・。)

以前植物フォーラムでクレマチスの根の写真で一つこのような長細いこぶのようなものが出来ている画像が掲載されてあったのですが(形的には長細く私のコクリュウのこぶの形にだいぶ似ているのですが、大きさはこれよりはるかに大きなものもの)、それはネマトーダではなく、Kaffeさんのおっしゃったように貯蔵根だということで、説明には漢方に使われる・・・とか書かれてありました。

念のために、地元の新聞のガーデニングコーナーで専門の方が質問を受け付けているみたいなので、画像を送って聞いてみようと思います。 結果が分かり次第連絡しますね。

本当にどうもありがとう~!!

2008-03-19 (Wed) 15:08 | EDIT | REPLY |   

えつまま

ペッパママさん  お早うございます。
今朝はつめたい雨です。
ネマトーダは初めて聞きましたが、怖いものなのですね。?知りませんでした。
貯蔵根だとわかって安心です。良かったですね。

ブログでは皆様に教えていただく事が多く 本当にありがたいですね。
ブログを始めて良かったと思っています。

2008-03-20 (Thu) 10:47 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

えつままさん

こんばんは

本当に今回コクリュウの根を見た時はびっくりしました。

本当にえつままさんのおっしゃるとおり、ブログで皆さんに教えてもらうことが多くありがたく思っています。 まだまだ色々学ぶことが沢山ありますが、ブログを通じて色々楽しく教えていただけるので、本当によかったと思っています。

今回のこの貯蔵根に関しても、色々教えていただいて、本当に助かりました。 一安心です。(笑)

2008-03-20 (Thu) 12:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。