シングルのクリスマスローズ 開花間近!

シングルのクリスマスローズ

待ちに待った早春一番、クリスマスローズの開花が間近になってきました。まだまだ、ほとんどの株が蕾も小さく、開花までには程遠いのですが、いくつかもう少しで咲きそうなので、写真を撮ってみました。

血管みたいなプチプチ筋がいい感じ♥ 割と早く開花するほうです。
ベイン 2007-1

これは上の花を中から覗き込んだところ。ソバカスみたいなピンクスポット、まるで違う花みたい。
早咲きベインのアップ 2007-1

上の花の全体像 (我が家ではピコティーと同じく一番乗り組)
外弁ベイン・内弁スポット 全体像

レッドレディの蕾:花はかなり大きく剣弁平咲き
レッドレディ 2007-1

ホワイトレディの蕾:上のレッドレディと同じ花形ですが、去年は色は白で中心に向かって薄いグリーンがかかった。
ホワイトレディ 2007-1

一目ぼれして買ったピコティーですが、今年はなんだか糸の入り方が、ぼやけているような気が・・・。そのうちピコティー+ベインになってしまうのでは・・・。心配です。
ピコティー2007-1

これは上と同じピコティーの2年前の写真。ピコの入り方がこれくらいのほうが好みなのになあ。
シングル ピコティー2005

ピコティーの全体像
ヘレボルス シングルピコティー

我が家のヘレボルスは全部地植えです。シアトルでは夏はとても涼しいので、地植えでも結構丈夫に育ってくれていますが雨が多いので、花や葉が痛みやすいのがちょっと問題です。

嬉しいことは、去年咲いた花から出来た種がいつも間にかこぼれ落ち、今年もまたたくさんクリスマスローズの赤チャンが生まれてきています。

去年交配したヘレボルス発芽・双葉の状態
ヘレボルス 発芽

ところで、去年は初めて、自分で気になる花同士を掛け合わせて、自家交配をしてみました。不精な私は採集した種をその場でばらばらと地面に蒔き、札を立てただけ。(汗)それでもチャンと発芽してくれました!

さて、去年交配したものは、

1・黒シングルx白シングル
2・黒シングルxピコティーシングル
3・濃桃色ダブルx黒シングル
4・濃桃色ダブルxピコティーシングル

なのですが・・・・。

私としては、1の交配は絵の具のように黒と白を混ぜたら、灰色になるのか、と当時全く短絡的な思いつきでやってみたのですが、今思えば、本当に馬鹿みたいな発想でした。(キチンと学校で遺伝子の勉強しておけばよかった。)

変な話ですが、ペッパ君(我が家のスタンダードプードル)を購入する前、ブリーダーの方とお話した時、母親が白で、父親が黒なので、生まれてくる子は白、黒、あるいはクリーム色(要するにオフホワイト)と言ってましたが、グレーの子が生まれるとは言っていなかった。このプードルのブリーダーの話からいくと、この1の交配は、花色に関して言えば、白、黒、オフホワイトなのでしょうか?でも、犬と植物はちょっとちがうし、メンデルの法則って言っても、何代か交配しないと、何が優性遺伝子だか判らないし・・・。どうなんだろう!? 交配した黒のクリスマスローズといっても、厳密に言えば濃い紫なので、子供は薄い紫ピンクだったりして。結果まであと少なくとも2年、気が遠くなります。どなたか詳しい方、是非教えてください~!もし、オフホワイトの花が咲いたら、ペッパと名づけようと思います。(笑)

2の交配は全く予想がつきません。交配の目的をあえて言えば、不思議な花が欲しかった、とそれだけです。3,4はとにかく今もっているダブルとは違う花が欲しかったので、とりあえずやってみた、というものです。本当なら、ダブル同士を合わせるのが確実なのですが、ダブルの花が開花している時期がずれ、また、株が小さすぎて、花粉どころではなかったのでやむ得ない選択でした。これも結果はあと、2,3年後でしょう。短気な私にとっては気の遠くなる月日です。また今年も来年も今後ずっと気になる花同士を交配していったら、、後何年後には、毎年新しい花がみれるかもしれませんが。(問題は場所ですね)

2月上旬の我が家のほとんどのヘレボルスはこんな状態です。
ほとんどのクリスマスローズが2月上旬この状態

もうじきしたら、自然に交配した、我が家オリジナルの実生の株も咲きはじめそうです。これはこれでとてもかわいいのですよ。また後ほど画像をアップします!

まだまだシアトルは本格的にクリスマスローズ満開になるまでには時間がかかりそうです。短気な私は無理やり蕾を手で開けないように、毎日我慢しています:))

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥
我が家の七変化ヘレボルス・血管プチプチ、マッチョマンのその後・・・

先日写真を載せた一番上(1~3枚目)血管筋プチプチのクリスマスローズが今日、開ききりました。あの時点で、”う~っ”と力んで血管がプチプチ切れかかっていたのか、あるいはその力みが実ってか?こんなに開いてくれました。
血管プチプチのその後

なんだか同じ花には見えないなあ~。まるで一個の飴で、三つの味っていう感じです♪

相変わらず他のクリスマスローズはほとんどがまだ固い蕾のままです。

早く咲いて~!

にほんブログ村 花ブログへ
関連記事
クリスマスローズヘレボルス

Comments 3

C

きれーですねー

クリスマスローズ、きれぃですねー 紫の色がなんとも言えませんね.

私もこの花大好きなのですが、結構高いのと、シアトルではまだ育てたことがなかったので、まだ2株しか持ってません.ははは… 今日は裏庭をまだ覗いていないんですが、早速うちのクリスマスローズがどうしているか、見てきまーす!

2007-02-07 (Wed) 09:02 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

C さん、コメントどうもありがとう!

クリスマスローズってシアトルでは以外と簡単に育ってくれると思いますよ。でも、晩春に油断してたら、葉の裏に”うひぃ~!”ってくらいアブラムシがついていることがあるので、それだけチェックしてればオッケー!です。

確かにクリスマスローズって高いですよね。 この間、日本のサイト見てたら、ダブルのクリスマスローズが4万円でオークションでせり落とされていた・・・愕然。 もう投資としか思えないこの値段、何とかして欲しいです。

Cさんちのクリスマスローズの近況なども教えてくださいね!楽しみにしてます。

2007-02-07 (Wed) 13:04 | EDIT | REPLY |   

honey

ペッパママさーん。

すごいぃぃぃぃぃぃぃ。
ハニー、花をこんなに間近で見たことがないかも・・・・汗
ペッパママさんのカメラ、優秀ぅ!(とか、そうゆうところに目がいってしまう・・・^^;)

ハニブロで、心温まるコメントありがとうでした。
ペッパママさんも、そうゆう時期を経て、今があるんですよねー。はぁ・・・ すごいぞー。
きっとペッパママさんもたくさん泣いて、今があるんだなー、って。
すごいなー。。。

あとね、ジョーにお葬式の花のイメージを聞いてみたら、
人それぞれ、って答えが。
そうゆう答え方、とってもジョーらしいんですが、もうちょっと
突っ込んで聞いたら、やっぱ百合と答えましたよ!!

へ~!!!意外ぃ~!!

って、紫の菊に渋さを感じるペッパママさんて・・・(^^;
ジョーはセンスは良い人なので、ペッパママさんのセンスもいいんだろうなー、って思いました。^^
ただ、ハニーには、紫の菊は有効じゃないなー。(笑)切花が長持ちする、ってメリットはありますけどね。(爆)

2007-02-09 (Fri) 14:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply