チャイナ ルイ・14世 (Ch Louis XIV) 

チャイナ ルイ・14世 (Ch Louis XIV)

以前、家族に黒バラでお勧めの品種を聞いたら、このルイ・14世 (Ch Louis XIV)が香りもあっていいよ~っとお勧めされたので、早速買って育てみたのですが、なんだかいまいちインパクトにかけるような気がします。 もちろんコレも挿し木苗で鉢で育てているのですが、かなり黒点病になりやすいし、香りだって風に乗ってくるほど漂うわけでもなし・・・、と期待がちょっと外れたような気がします。 株だって未だに小さいままだし、花だってミニバラが少し大きくなった程度・・・。 う~ん、 手入れが悪いのでしょうか・・・? 

チャイナ ルイ・14世 (Ch Louis XIV)
チャイナ ルイ・14世 (Ch Louis XIV)

チャイナ ルイ・14世 (Ch Louis XIV) 

チャイナ ルイ・14世 (Ch Louis XIV) 

写真ではピンクっぽく写っていますが、実際はこれよりだいぶ赤黒い感じで咲きます。 確かにどんなに黒点病にかかって葉っぱが落ちても、次から次へと蕾をつけて咲こうとするのは凄いのですが、ルイ君の摂政だったリシュリュー様の方が、株もかなり大きくなり、個人的には花ももっとインパクトがあるような気がします。 やはり歴史の教科書で習ったことはバラにも当てはまるのか・・・? (笑)

今時点での私の独断と偏見評価{注:今後評価が勝手に変わる可能性大}

・育てやすさ  ★★★☆☆
・お気に入り度 ★★★☆☆
・マニアック度 ★★★☆☆
・総合お勧め度 ★★★☆☆
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥
関連記事
バラローズRoseチャイナルイ・14世ChLouisXIV薔薇

Comments 15

kaffe

No title

ペッパママさん こんにちは。

ルイ14世、ずっと以前ですが同じく挿し木から育てていました。
このバラを育てている人のコメントなどをいくつか拝見していると、
どうやらあまり香らない という意見と(ペッパママさんもそうですね)
非常に強く香るという意見にわかれているようです。
私のときは後者でした。蕾がまだ開かないうちから香りがもれてくるのです。
ですからちょっとでも開き始めると。。。無風の時はそれこそあたりが
濃厚な香りに包まれました。

バラ初心者のころだったので、剪定位置を間違えて結局枯らしてしまいましたが、
あれ以上に香りの強いバラには未だ出あっていないのです。

同じ品種なのに、不思議ですよね。よく樹が成熟すると香ってくるという話も
聞きますが、私の中ではチビでも大きくても香りはほとんど一緒で、その個体により
けりなのでは?と思っています。
あくまで経験上の話ですけどね。

色はとてもシックで素敵ですよね。
この手の色は白飛びしてしまって、デジカメでは撮りづらいです。
本当に曇った日か、まさに雨の日に撮ったほうが良いかも?なんて
思っちゃいます。

2008-02-14 (Thu) 10:16 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

No title

Kaffeさん

こんばんは!

Kaffeさんも同じく挿し木苗でルイ君を育てていたのですね! 

でも、Kaffeさんのは、無風の時はそれこそあたりが 濃厚な香りに包まれました・・・との事、うわあ~羨ましいです~!  しかも、蕾の時から香りがもれてくるなんて、同じ品種 (のはず) なのに、固体によってこんなに違うなんて~! Kaffeさんの購入したところで、もう一度買いなおしたいわ~!! (笑)

我が家のルイ14世はかれこれ鉢で5,6年くらい育てています。 毎年腐葉土や牛糞や骨粉などを鉢の淵の土を崩して足していますが、一度は鉢から抜いて植えなおしたほうがいいのかな・・・。 

そうそう、赤は本当に写真に撮るのは難しい色ですよね。 日陰になるように自分の影で撮ってみたりするもの、いつも色あせて写ってしまいます・・・。 

2008-02-14 (Thu) 11:16 | EDIT | REPLY |   

もと兄@仕事中

No title

こんにちは~!

ルイ14世の香りですか~~
私のところでもかなりの強香ですが風に乗ってというほどではないですね~~!
でもチャイナでは結構強い部類になるのではないでしょうか?
それでもブルボンのMme Isaac Pereireの香りには程遠いですが^^;;

開花時期も冬の遅くまで休む間もなく咲いてくれて何もしなければ黒点とはかなり仲良しです。
咲きすぎて株が大きくならない・・・といった感じの品種です。。(1m未満)

このような花色は露出をマイナスして日陰で撮らないとどうしても赤くなってしまいますね~~^^;;;

ちなみにティーと同じ管理をしています~~^^

2008-02-14 (Thu) 12:22 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

No title

もと兄さん

こんばんは! お仕事中コメントどうもありがとうございます~!

やはりもと兄さんのところのルイ君は香るのですね。 正直言って、我が家のルイ君、香った記憶がありません。 写真を撮る時など、かがんで割と至近距離に近づいているはずなのですが、育てて以来全く記憶にないのです・・・。(涙) 鼻だって、悪くはない・・・と思うのですが・・・。 もしかしたら、我が家のルイ君、実はルイ君ではないのかなあ・・・という疑惑が沸いてきました・・・。

定評あるナーセリーで購入したのになあ・・・どうゆう事? (涙)

>ちなみにティーと同じ管理をしています~~^^

と言うことは、寒さに弱い・・・とか・・・。 (ギクッ!)

2008-02-14 (Thu) 12:39 | EDIT | REPLY |   

TITAN

ルイ・14世と判別出来ない程 瓜二つと言われる

Hybrid Teaの
『Nigrette』 ニグレット
だったりして・・・・!?(笑)
(^o^;)

2008-02-14 (Thu) 15:09 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-02-14 (Thu) 15:09 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

Nigrette・・・

TITANさん

さすがTITANさん読みが鋭い!  このNigretteとLouis XIVの話、何年か前、バラのフォーラムでみんなが話しているのを読んでいたのですが、その時は全く自分のバラに当てはまるかも・・・なんて考えてなかったです。 

TITANさんからのNigretteかも・・・の一言で、早速購入したナーセリーのサイトに行ってみると、ショック~!  「Francis Dubreuil が Barcelonaと同様のようにLouis XIVとNigretteが、実は同じものでもびっくりしませんよね~・・・。」なんて書いてある~!! こんなこと購入した時には書いてなかったのに~! マジ~? うう~っ!!v-239 

って言うことは、うちのルイ君は実はNigrette!? Nigretteって香らないの?

2008-02-14 (Thu) 16:20 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-02-14 (Thu) 22:03 | EDIT | REPLY |   

kaffe

ペッパママさん
多分おはよー!

えっ じゃあルイじゃなくてニグレットという可能性が大なの?!
でもチャイナとHTでは樹高や枝ぶりが大分違うと思うけど、そんなところも瓜二つなのかしらね?
でもルイじゃないとしたら、かなりショックですよね

2008-02-14 (Thu) 22:58 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

No title

Kaffeさん

おはようございます!

>えっ じゃあルイじゃなくてニグレットという可能性が大なの?!

私の購入したナーセリーのサイトの説明によると、ルイ14世とニグレットは同一品種だとは断定してはないものの、「実は二つとも同一品種である・・・と判定されてもびっくりしませんね・・・」みたいなことが書かれてあって、、極似だ・・・と述べられていました。

ルイ=ニグレット、あるいはニグレット=ルイ、一体どうなってるのかしら・・・? 私としては、名前はどっちでもいいから、黒バラですごく香ってくれたらそれで満足なのですが・・・。 (←いい加減かなあ~・・・ 笑) 

2008-02-15 (Fri) 05:01 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-02-15 (Fri) 08:10 | EDIT | REPLY |   

えつまま

No title

ペッパママさん     今晩は!
チャイナ ルイ14世は綺麗な花色ですね
挿し木で育てられたのですね。
挿し木から咲いてくれたお花は 嬉しさも倍増です。
最近はなかなかうまくいきませんけど・・・・・・・・

私のパソコンでは濃いえんじ系に見え大好きな花色です。

2008-02-15 (Fri) 21:26 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

No title

えつままさん

おはようございます。

そうなのです、こちらはオールドローズや、ちょっと市場に流通しなくなったバラは通販でしか買えないのが現状で、そのようなバラ専門店の苗はほとんどが挿し木苗で売られています。 成長するのが早いものもあるのですが、我が家ではペッパが間違って、突進しても大丈夫なくらいな大きさになるまで鉢で養生しながら育てています。

このルイ14世、実際は写真よりかなり濃い赤で咲くのですが、なかなか本来の色を写すことが出来ません。 とても難しいです。(笑)

2008-02-16 (Sat) 05:29 | EDIT | REPLY |   

福助母

こんにちは シアトル…住みやすそうなところだなぁ・・・
こちらは ジャパン・・札幌なかなか 犬飼には良いところです
我が家には1歳のスタンプーの福助ちゃんがいます・・・ちゃんをつけるところが もう おバカですね…笑
アプリの男の子で21キロなかなかのハンサムボーイとおもってマスが・・・・めちゃシャイで どうしようもない内弁慶・・・まいった~です  顔がなんとなくベッパににていて カキコしてしまいました  時々 のぞきまーーーす

2008-06-26 (Thu) 01:31 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

福助母さん

はじめまして。 コメントどうもありがとうございます。

アプリコットのスタンダードプードルの福助ちゃん、内弁慶なのですね。 実はペッパも同じ・・・です。(笑) 

ドッグパークに行っても、追いかける犬はいつも小型犬、ちょっと大きめの犬が近づいてくると目をそらしてそそくさと退散するのですが、家の中から、他の犬を見ると、大型犬であろうが威嚇?しようとして吠えまくっています。 

北海道も、シアトルのように、のびのびとして福助君が走れる場所が沢山あるのでは・・・。 また遊びに来てくださいね。

2008-07-04 (Fri) 08:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply