スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

McGredy氏が1960年に発表した’シェリー’というフロリバンダ

微妙色のFL,シェリー

新年第二弾のバラは、1960年にあのMcGredy氏が発表した、シェリーというFL。 色合いはブラックティーや、テラコッタ、そして同じフロリバンダだったら、ホットココアに良く似たスモーキーなレンガ色の美しいバラですが、花は割りと小ぶりでたっぷりと花びらが詰まっているのがなんとなくロマンティック!?な感じがします。 

我が家には性懲りもなく、似たような色あいのバラが上に供述した3つのバラのこの他、HTのスモーキーだとか、FLのジョスリンとかあって、正直言って、名札がなくなったらどれがどれだか分からなくなってしまう恐れがあるのですが、共通して言えるのは、天候によって花色が左右されるということかな。 きっとブラックティーなどを育てたことがある方なら経験があると思うけど、渋い色あいが出たと思ったら、今度は天候でマンダリンオレンジのような色だった・・・なんてこともあるちょっと気まぐれなバラです。 これも実は挿し木苗・・・。 まだ鉢に植わっています。(笑) 

フロリバンダ シェリーの蕾
FL Sherry

カメラで本当の色あいを出すのってとても難しい・・・
フロリバンダ シェリー

角度を変えて。 くちゅっと花がつまっています。
FLORIBUNDA ROSE Sherry

日が照っている時の撮影は、特に難しかったです。 特に赤系の花、微妙色の花色は肉眼で見たように写ってくれなくて、とても残念。 花はどちらかというと小ぶりですがびっちりと詰まった花弁がとても美しいです。
FL シェリー

似ている色あいのバラは、このほか同じMcGredy氏が作出したブランンベルベットとかLE GRICEの’Victoriana’があります。 微妙色や茶色、そしてグレー系の色あいのバラはもちろんのこと、同じようなのようにとらえどころのない色あいのバラばかりに惹かれてしまいます。

今時点での私の独断と偏見評価{注:今後評価が勝手に変わる可能性大}

・育てやすさ  ★★★☆☆
・お気に入り度 ★★★☆☆
・マニアック度 ★★★★☆
・総合お勧め度 ★★★☆☆

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

バラローズFLフロリバンダシェリーFLORIBUNDASherry

Comments - 4

kaffe

No title

ペッパママさん こんにちは!
ご心配をおかけしました。鼻と喉がどうにも調子悪くて、土曜日だというのに
急遽お医者様に行った次第です。
午後は主人の実家(これが寒いんですよ~~)に行ったので、ますます
調子が悪くなった感じがしますが、明日からの仕事休めないので、
今日は買い込んである花の苗を植えつけるのは止めておきます。
今日は夜に雪の予報がでています。寒いです。

ペッパママさんのところには、本当にこちらでは見ることのできない
色合いのものが多くて惚れ惚れしてしまいます。
ブラックティは、義理姉が育てていて、春と秋ではこれが同じ薔薇かと
思うほど違う色合いを見せますね。
デジカメでその色を忠実に写すのは至難の業(と思うのです)
でも、このシェリー 最後の写真にとっても惹かれます。

そうそう、デルバールのあの派手な2色使いで咲く薔薇、近所のHCで
コーナーまで設けてたくさん売ってましたよ!
ここまでフレンチローズが浸透しているのだと感心しちゃいました。

2008-01-20 (Sun) 11:44 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

No title

Kaffeさん 

その後お体の調子はどうですか? 体調が悪いのにわざわざなんだかコメントを残してくださって、なんだか申し訳ないです・・・。 無理をしないでゆっくりとしていてくださいね。 しかもそちらは、これから雪になりそうとのこと、 庭仕事は後回しで、体をひやさないでね。 風邪ってこじらせると、結構厄介だし、私も治りかけのとき、もう大丈夫かな・・・って油断して、ペッパを庭で遊ばせていたら、また風邪がぶり返して、散々だったの。 お医者さんのお薬があっても、油断禁物ですよ~。(笑)

>そうそう、デルバールのあの派手な2色使いで咲く薔薇、近所のHCで
コーナーまで設けてたくさん売ってましたよ!

もしかしてローズ デ シスターシェンのこと!? 「っえ、花どうだった?」って一瞬聞こうと思ったけど、そういえば、まだ苗だけですよね。 

それにしても日本のホームセンターはホント~にすごいですね。 こっちに比べたら、今何が流行っているか・・・などのトレンドをちゃんと把握しているもの。 クリスマスローズのダブルだって販売されてるって聞くし・・・。 それに比べてこっちのHCと言えば、(はじまったぞ愚痴・・・笑) バラだってミスターリンカンとか、そんな感じで、たまに前から欲しかったものを見つけたら、ラッキーって感じ。 もちろんおフランスのバラなんて・・・ ある訳ないし・・・。 私の勝手な憶測だけど、こっちのHCは、いちようナーセリーより価格が安く設定されてないと、売れないのかも。 だから無理なのかなあ・・・。

それと、あの正体不明な虫の鑑定、どうもありがとう! おかげで安心しました。

2008-01-20 (Sun) 14:57 | EDIT | REPLY |   

もと兄

No title

こんにちは~~♪

マグレディという事で見に来ましたよ~~(⌒▽⌒)アハハ!
このシェリーというのを実際に見たことはないのですが以前どこかで売っていたのを記憶しています。
我が家には当時ブラウンベルベットがあったので購入しませんでしたが。。。

ブラウンベルベットを昨年の冬に☆にしてしまい今になってみるとシェリーも購入しておけばよかったと後悔しています^^;;

ブラックティー似た感じなのですね!
ということは5月~6月の花が一番濃く発色するのかな~~!?
マグレディ作出の品種って黄色系を除いて色の変化を特に楽しめる部分が私は大のお気に入りです~~^^

とりあえずチャンスがあったらまたブラウンベルベットをリベンジです^^v。

2008-01-20 (Sun) 16:08 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

No title

もと兄さん

こんばんは

先日はあの不気味な虫の正体を教えてくださって、どうもありがとうございます。 庭に飛んでくる虫を見るたびに、何か変なことをたくらんでいるのでは・・・といつも疑ってしまいます。 もと兄さんのおかげで、安心できました。

ブラウンベルベット、お手元にあったのですね。 実は最近あのムーア氏のナーセリーが今年の春に閉鎖されると言うことを聞き、(確か、もうご自身が100何歳かで、何年か前から、閉鎖の噂はあったのですが・・・)ついに来たか・・・という妙な焦燥感にかられ、私の知っている限りここでしか買えない品種を含め5株くらい注文したのですが、結局、送れるのはブラウンベルベットだけで、それでもさすがに「それでは、いいです~」とも言えず、今回お迎えすることになりました。 

結局本当に狙っていたものは買えずじまい。 でも、このバラも実は前々から興味はあったのですが、「何しろ場所が・・」・、「似た色あいのばらもいくつかあるし・・・」ということで、今まで購入しなかったけど、コレもなんかの縁ですね、きっと。

もと兄さん、一緒にブラウンベルベット育てましょう~!

2008-01-20 (Sun) 18:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。