イングリッシュローズ ’パット・オースチン’ (English Rose ’Pat Austin’)

イングリッシュローズ ’パット・オースチン’ (English Rose ’Pat Austin’)

これもまた有名なER、デービッド・オースティン氏の奥様の名前がついたコッパーオレンジ(銅色)のバラ。 最近のERではレディ・エマ・ハミルトンやサマー・ソングなどと、オレンジ系のバラが色々出てきてますが、このパット・オースチンはそのオレンジ色のさきがけとなった画期的なバラだったのでしょう。 奥様の名前をつけたところをみると、きっとオースティン氏にとっても特別なバラに違いありません。 我が家では地植えして7年以上たちます。

イングリッシュローズ ’パット・オースチン’ (English Rose ’Pat Austin’)
イングリッシュローズ ’パット・オースチン’ (English Rose ’Pat Austin’)

イングリッシュローズ ’パット・オースチン’ (English Rose ’Pat Austin’)

イングリッシュローズ ’パット・オースチン’ (English Rose ’Pat Austin’)

イングリッシュローズ ’パット・オースチン’ (English Rose ’Pat Austin’)

イングリッシュローズ ’パット・オースチン’ (English Rose ’Pat Austin’)

日差し、天候によってはこんな風に色あせることもあります。
イングリッシュローズ ’パット・オースチン’ (English Rose ’Pat Austin’)

イングリッシュローズ ’パット・オースチン’ (English Rose ’Pat Austin’)

イングリッシュローズ ’パット・オースチン’ (English Rose ’Pat Austin’)

房咲きし、たくさん花をつけるのですが重さで枝が枝垂れることもあります。 雨が降ったり、風が強かったりすると支柱を立ててあげなければならないことも・・・。 どんなに細い枝でも蕾をつけるとても、花つきがよいバラです。

今時点での私の独断と偏見評価{注:今後評価が勝手に変わる可能性大}

・育てやすさ  ★★★★☆
・お気に入り度 ★★★☆☆
・マニアック度 ★★★☆☆
・総合お勧め度 ★★★★☆

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥
関連記事
銅色コッパーオレンジバラローズRose薔薇ばらイングリッシュローズパット・オースチンEnglish

Comments 6

kaffe

ペッパママさん こんにちは。

こちらはどんよりとした、風のない曇り空。
今にも雨が降りそうな感じです。

パットオースチン、つるにも仕立てられるとのコメントを読んだことがありますが、どうでしょう?
そこまでは伸びませんか?
花つきが本当に良いようで、バックにもいくつかの花が写っていますね。
この色が特別目立つといって敬遠している人もいるようですが、私は好きです。
目立つ中にも落ち着いた色あいが感じられ、昨今作られているオレンジ系のERとは格が違うように思います。

下のヘリテージもそうですが、名前にそれなりの意味を持つ(奥様の名前や遺産、Dオースチン氏の身内の名前など)がつけられていると、更にオースチン氏の中では特別のバラだったのかな と。

散り際までも美しくなければいけない というオースチン氏の考えの下、いつまでも花がらがくっついているのではなく、バサッと散る という美学があるようです。

2007-06-24 (Sun) 13:04 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

Kaffeさん こんばんは

花の散り方(ばっさりいく)美学があるなんて初めて知りました。 確かに汚い花がずっと残っているのも見苦しいですものね。 でもERは花びらが多いだけに、不精な私は、花びらが落ちた地面を片付けるのがちょっと面倒だなあ~って思ってしまいます。(笑)

そうそう、パットオースティンのツル仕立ての話、聞いたことがありますよ。 きっと低めのフェンスだったら、シアトルでも半ツル仕立てに出来るかも・・・。 以前このバラを2月の剪定の時にばっさり切ったら花つきが悪かったので、最近はあまり激しく剪定しないので、細かい枝がたくさん増えて・・・。 ばっさり切って下の枝を太くさせると良い・・・という話も聞いたのですが、品種によって色々あるみたい。 ERは未だに剪定の仕方が手探り状態です。

2007-06-24 (Sun) 15:11 | EDIT | REPLY |   

イングリッシュローズ

(ヾ(´▽`)ノこんばんは~

コッチも、シアトルに負けず、雨が降り続いてます。
でも、今年は、陽性な梅雨?晴れと雨がハッキリしてます。

バット・オースティン♪綺麗なオレンジですね♪
コッチじゃー、黄色が強く出るみたいですよ。持ってないけど、、(*^-^)ニコ
これも、相当、、大きくなるらしいですね。(´_`。)グスン
シェラブ系、、ってツル薔薇、、とは違うよね。でも、ツルみたいに、グングン伸びるって、聞きます。(´_`。)グスン

2007-06-24 (Sun) 18:27 | EDIT | REPLY |   

えつまま

ペッyパママさん    お早うございます
今朝は梅雨らしくしとしと小雨にバラも生き生きしております。
パット オースチンはカップ咲きでオレンジの華やかさと可愛らしさで私あるのですが 今一番花のあと 小さな蕾をつけています。
お花が沢山咲いて にぎやかでいいです。

ペッパママさんのオースチンはとても綺麗です。やはりお世話がいいのでしょうね。
我が家は10号の鉢植えですが成長が早く 地植えの方がいいのでしょうか?

2007-06-25 (Mon) 10:07 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

イングリッシュローズさん こんばんは

たしかにこのパットオースティン、日差しか、気温かどちらかよく分からないけど、真夏の色と春や秋の花色は多少変わるような気がします。 下から3番目の写真のように色あせることもあるし、はっきりきれいなコッパーオレンジで咲くときもあるし・・・。

でも確かに一年中、平均気温が低いシアトルでも背丈が高くなるので、暖かいところではツルバラみたいになるのも分かる気がします。 今までの経験上あまり冬の剪定でばっさりきってしまうと春の花つきが悪くなるので、HTを剪定するのとは反対に、恐る恐る切っていますが、おかげでか弱い枝たたくさん出て、それにたくさん花がつくので、枝が地面につきそうになり、何とかできないものか・・・といつも頭を悩ませます。(笑)

2007-06-25 (Mon) 13:33 | EDIT | REPLY |   

ペッパママ

えつままさん こんばんは

えつままさんのところも梅雨に入ったのですね。 今日のシアトルは少し肌寒く、 夕方からは、激しい雨が降り始めましたが、夜の今は曇り模様です。

えつままさんもパットオースティンを育てているのですね。 花の形もコロンとしていてとても美しいバラ、私もとても気に入っています。 

我が家のパットオースティンは、地植えしているのですが、コンパクトといわれているER(プリンス、アンブリッジローズ、グラミスキャッスル、などなど)に比べてはるかに大きく成長しています。 えつままさんのパットオースティンも成育が旺盛とのこと、地植えにしたら、もっと大きく成長するかも知れませんね。

2007-06-25 (Mon) 14:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply