スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリサエマ・トルツオサム (Arisaema tortuosum)

アリサエマ・トルツオサム (Arisaema tortuosum)


にょき~っと舌が出たような感じがお茶目なアジアのテンナンショウ。
ヒマラヤ、ウエスタンチャイナ、ミャンマーそしてインドの一部に自生
している大型のテンナンショウ。

我が家では背丈がまだ1メートルくらいですが、成長すると2メートルにも
なるとの事。今ではヘレボルスの葉っぱばかりで鬱陶しくなっていた我が家の庭、
その間からにょっこり顔を出してくれると、アクセントにもってこいかも・・・。

英語では俗称「Whipcord Cobra Lily」(直訳すると、ムチ縄コブラユリ!?)と
言われていますが、日本のマイズルテンナンショウに雰囲気が似ていますよね!

アリサエマ・トルツオサム (Arisaema tortuosum)
アリサエマ・トルツオサム (Arisaema tortuosum)

テンナンショウって、雌雄が株ごとに完全に分かれている雌雄異株のものが
多いのですが、このトルツオサムは芋がある程度大きくなると、雌雄同株に
なるそうです。我が家のはどっちかな・・・と中をそっと覗いたら、どうやら
雌雄同株のようです。

さて、この手の植物って、「臭~い」って事で有名ですが、花壇に植えている限り
今のところ全く悪臭漂いません。(鼻を近づけてみる勇気はありませんが・・・笑) 

でも、よく観察していると、花の周りに虫がたかってきているので、虫君たちには
たまらなく臭うのでしょうね~!!


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

スポンサーサイト

香りがとても良いオリジナルの薔薇とペッパ君

香りがとても良いオリジナルの薔薇とペッパ君


こちら↓は今年で3年目に入るオリジナルの薔薇です。 

一見、写真では、なんの変哲も無いただのピンクの薔薇に見えますが、
実はとっても香りが良いのです。

今は鉢植えしていますが、そのそばを通っただけでも、ふわ~っと甘いりんごとオレンジ
の香りを混ぜたような、心地良い香りが漂い、しかも、今ではオリジナルの薔薇がありすぎて、
鉢同士がくっついて風通しなど全くよくない悪条件でも栽培にもかかわらず、病気にもならず
どんどん花を咲かせています。  

香りの良いオリジナルの薔薇 (My rose seedling)
香りの良いオリジナルの薔薇 (My rose seedling)

アップで
香りの良いオリジナルの薔薇 (My rose seedling)

まだまだ交配を始めて長くはないのですが、今まで薔薇の交配をしてきた中で
一番難しいと感じるのは、美しい花のみを作ることではなく、すべての条件を満たした
オールインワンのバラを作るということかな。
(美しく、花つきが良く、また生育旺盛があるのはもちろんのこと、耐病性をも兼ねた品種)
色あいだけを追求しても、耐病性がかけたり、生育の思わしくないものが出来たり、香りが
とても強くても、花形が崩れているものだったり・・・。 なかなか難しいものがあります。

もちろん上の写真のバラも、完成品ではなく、これからこのバラを使ってどうやって料理
していくか・・・と過程中のバラなのです。(笑)

あるバラ交配の先輩の方が言うには、バラの交配とは、

「目標に向かってはしごを上るような感じ・・」

とのこと。 

その為には、はしごを一段づつ上がっていくような、地道な交配の繰り返しが必要で、
それこそ、一歩上がって二歩下がることも多々あります。 

幸運にも、一回の交配で理想のバラが出来ることもありますが、実際には、
何回も何回も地道な交配を繰り返し少しずつ理想に近づけていきます。

その途中には予期せぬ出来事があったり、必ずしも予想どうりに行かないのですが、
反対に予期せぬ幸運もあったり・・・。
 
交配は、そんなアクシデントが満載で、それがまた楽しかったりもします。

でも、忘れてはいけないのは、今あるバラは、先代の育種家の方々の賜物であり、
私はその宝物を受け継いで、使わせてもらっているということ。

「交配して出来た!」と言うと、自分だけでがんばって出来た成果・・・という響きにも
聞こえてしまうかもしれませんが、先代の方々の大変な時間と労力のおかげで、今交配に
使っているすばらしいバラがあり、自分が交配して作ったバラは、先代の育種家の方の
努力の賜物のおかげで成り立っていると言うことを、決して忘れてはいけないと、
いつも強く自分に言い聞かせています。(笑)

本当に、先代の育種家のご苦労なしには、今のバラ絶対には語れません。

***************************


今の私の交配の段階は、ちょうど自分のオリジナルのバラが出来始め、
そのオリジナルのバラを使って、さらに交配を進めていく段階です。 
ということで、理想にはまだまだ先は長~いです。

でも、バラって、ヘレボルスやクレマチスのように、種蒔きから、開花まで3,4年も
かからないので、結果を早く見たい私にとって、バラの交配は一番性に合ってるかな。(笑)

今日のペッパ。 裏庭の石楠花の木の下で・・・。
ペッパと庭の石楠花 (Peppa & Rhododendron in my backyard)

今日はなんだかバラの交配について自分が思っていることを少しばかり書き留めてみました。

いつも読んでくださる皆さんどうもありがとう!
お時間のあるときにでも感想など頂けるととても嬉しいです。


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ←かわいいプードルのブログがたくさんあります♥

交配して出来たオリジナルの薔薇

今年で二年目のオリジナルの薔薇たち・・・

シアトル、まだまだ気温は14.5度前後を行ったり来たりの6月にしては
肌寒い気温が続いていますが、ようやく庭の薔薇も咲き始めています。

といっても、気温が気温だけに、一気に咲くというより、ポチポチ・・・と言う感じ。

まだまだ本格的に咲くのはもう少し後になりそうですが、2009年に交配し、
2010年に初開花、そして今年で2年目になるオリジナルの薔薇たちも
少しずつですが、ようやく咲き始めています。

一年目で、耐病性や花などの具合をみて、期待が出来る株にはピンクのテープをつけて
毎年どのように成長するのか注目しているのですが、花の好き嫌いは、思いっきり
個人の主観が入るので、私がどっちでも良いと思った花が、案外他の方から見ると
とても素敵に見える場合があるようです。

その一例がこれ↓

何故だか夫がやけに気に入っています。
今年で二年目のオリジナルの薔薇 なぜか夫のお気に入り

外側の花弁は内側より一段うすいピンク。
今年で二年目のオリジナルの薔薇 なぜか夫のお気に入り 外側は薄いピンク

耐病性も抜群で、花持ちもとても良いのですが、香りは鼻を近づけると香る程度。
今年で二年目のオリジナルの薔薇 なぜか夫のお気に入り
ホント、私個人的には、とりわけ一押しと思っていなかったのですが、

夫に「廃棄しないでくれ~」と懇願されたので、このまま様子を見ることに。

その割には、

「そんなに好きだったら、この薔薇、OO(←夫の名前)と言う名前をつけようか?」

と聞いたら、「いや、それはいいです・・・」

だって・・・。 

こちらは↓は去年はノーマークだったお花。
今年で二年目のオリジナルの薔薇 ピンク
実は私、ただのピンク色の薔薇って「どっちでもいい派」と思っているのですが、
それでもピンクの薔薇、意図せずにも生まれる生まれる確率かなり高いです・・・。(笑) 

耐病性もよく、お花もゴージャスなのですが、ここなにかぱっと来るものがない・・・。
香りもそこそこだし、この花の遺伝子を使ってなにかメリットはあるかどうかと
考えると、「うむぅ・・・」って感じ。 F2に何か期待をかけるか・・・と考えましたがどうしよう。

そうは言っても、やはり自分で交配した薔薇、可愛く見えます。(笑)

そしてこちら↓は去年からマークして*ピンクタグをつけていたアプリコットピンクの薔薇。
今年で二年目のオリジナルの薔薇 アプリピンク
去年は期待していたのにもかかわらず、今見ると去年ほど感動が無くなってしまった。
しかもこの花、涼しく曇りの多い、シアトルだと綺麗に咲くのかもしれないけど、灼熱の
テキサスやフロリダあたりの気候では、花びらがちりちりになってしまいそうな気配・・・。

なんて色々考えてウンチク言って楽しんでいますが、発売するわけでもないので、
今のところそんなこと色々考えても無駄かな・・・。 (苦笑)

でも、色々妄想するのが薔薇交配の楽しみだったりするのです。


*ピンクタグ:一年目でこれはイケル!!と感じた株につけておくピンクのタグ。我が家の期待株

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥


クレマチス フェアリー・ブルー/クリスタル・ファウンテン (Clematis ’Fairy Blue’/’Crystal Fountain’)

クレマチス フェアリー・ブルー/クリスタル・ファウンテン
(Clematis ’Fairy Blue’/’Crystal Fountain’)



昨日の我が家で咲いたクレマチスのアトラゲネグループのお花の写真は
プチ回顧録となってしまったので、今日は現在我が家で咲いている
クレマチスの実況中継~!(笑)

大輪のクレマチス フェアリー・ブルー(Clematis 'Fairy Blue')、こちらアメリカでは
クリスタル・ファウンテン(Clematis Crystal Fountain’)と呼ばれていますが、
庭のアクセントになるようなゴージャスなお花がポンポンと咲き始めています。

クレマチス フェアリー・ブルー/クリスタル・ファウンテン
(Clematis ’Fairy Blue’/’Crystal Fountain')
クレマチス フェアリー・ブルー/クリスタル・ファウンテン (Clematis ’Fairy Blue’/’Crystal Fountain’)

アップで・・・。(笑)
クレマチス フェアリー・ブルー/クリスタル・ファウンテン (Clematis ’Fairy Blue’/’Crystal Fountain’)

ポンポンと咲いてくれて、とても可愛いです。
クレマチス フェアリー・ブルー/クリスタル・ファウンテン (Clematis ’Fairy Blue’/’Crystal Fountain’)

色あいの微妙なコンビネーションがとても美しいお花です。
クレマチス フェアリー・ブルー/クリスタル・ファウンテン (Clematis ’Fairy Blue’/’Crystal Fountain’)

このフェアリー・ブルー(クリスタル・ファウンテン)や、エンプレスのような
タイプのお花は、かなり花持ちがよく、がく片が落ちてしまっても、針状の蕊はそのまま残り
ポンポンした針玉みたいなお花が長く楽しめるます。 ゴージャスなクレマチスをお探しの方
是非お勧めです!

今では薔薇のほうもボチボチ咲き始めてきて、庭が良い香りが漂うようになりました。



にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

クレマチス、アトラゲネグループ色々・・・

クレマチス、アトラゲネグループお花色々・・・


チョッとタイミングを逃して、一ヶ月ほど掲載の時期がずれてしまいましたが、
我が家で咲いたクレマチス、アトラゲネグループのクレマチスの写真の一部を
紹介いたします。 もっと早く実況中継で掲載するつもりだったのですが、
いつもこのような回顧録になってしまってちょっと反省・・・。

ちゃんと撮っていたと思っていたヤン・リンドマーク、コンスタンス、
リンカンショア・レディ、そして黄金葉が美しい'Stolwijk Gold'の
写真がないので、ちょっと残念ですが、今年咲いたアトラゲネグループの
クレマチスを一挙公開しま~す!


クレマチス パメラジャックマン ( Clematis 'Pamela Jackman')
border=

クレマチス セシール (Clematis 'Cecile')
クレマチス セシール (Clematis 'Cecile')

同じくクレマチス セシール (Clematis 'Cecile') 光加減で多少色あいが変わります。
クレマチス セシール (Clematis 'Cecile')

クレマチス セシール と ラグーン (Clematis macropetala 'Cecile' & 'Lagoon')
クレマチス セシール と クレマチス ラグーン (Clematis macropetala 'Cecile' & Clematis macropetala 'Lagoon')

クレマチスの壁 (1月の様子はこちらから
クレマチスの壁

クレマチス ピンクフラミンゴ と クレマチス フランチェスカ (Clematis 'pink flamingo' and 'Francesca')
クレマチス ピンクフラミンゴ と クレマチス フランチェスカ (Clematis 'pink flamingo' and 'Francesca')

クレマチス ピンクフラミンゴ と クレマチス フランチェスカ (Clematis 'pink flamingo' and 'Francesca')
クレマチス ピンクフラミンゴ と クレマチス フランチェスカ (Clematis 'pink flamingo' and 'Francesca')

クレマチス マークハムズピンク (Clematis 'Markham's Pink')
クレマチス マークハムズピンク (Clematis 'Markham's Pink')

クレマチス パープルスパイダー (Cleamtis 'Purple Spider')
クレマチス パープルスパイダー (Cleamtis 'Purple Spider')

クレマチス パープルスパイダー (Cleamtis 'Purple Spider')
クレマチス パープルスパイダー (Cleamtis 'Purple Spider')

クレマチス 'アルビナ・プレナ' (Clematis 'Albina Plena')
クレマチス 'アルビナ・プレナ' (Clematis 'Albina Plena')

クレマチス プロパチアス (Clematis 'Propertius')
クレマチス プロパチアス (Clematis 'Propertius')

クレマチス プロパチアス (Clematis 'Propertius')
クレマチス プロパチアス (Clematis 'Propertius')


以下、今年咲いた種から育てたクレマチスたち・・・

実生1; とても濃い紫で渋いお花でした。
実生1 (Clematis seedling 1)

実生2; 我が家では一番薄い半八重のブルー。和紙のような質感が素敵です。
実生2 (Clematis seedling 2)

中から見たところ。
実生3 (Clematis seedling 3)

実生3; とても小型なお花。 色あいは上の花よりちょっと紫が入った色あい。
実生4 (Clematis seedling 4)

実生4; 淡いピンク色。
実生5 (Clematis seedling 5)

上のお花と同じもの。
実生6 (Clematis seedling 6)

上に掲載したお花以外にも、咲いた株がいくつかあったのですが、
花の大きさや、色の濃さが多少違うけど、特に変わったと言うものではなく、
なんだか似たり寄ったりのお花でした。 

以前の記事にも書いたのですが、名札をなくしてしまったので、どの交配から
生まれたものか全く分からなくなってしまったのですが、きっと同じような交配から、
似たようなものが生まれたのでは・・・と予想しています。

実はまだ5,6株、開花待ちの鉢があるのですが、今年咲くかどうか・・・?
ツルはよくのびているのになあ・・・。(笑)

いまではほとんどお花も終わり、フサフサの種が出来はじめています。

さてさて、種を蒔のは良いが、これからどこに植えるかが問題になってきています。(苦笑)



にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

ノモカリス・パルダンティナ (Nomocharis pardanthina)

ノモカリス・パルダンティナ (Nomocharis pardanthina)


今年お初のお花です!

昨年は早く葉っぱが地上から消え、もしかしたら枯れてしまったのかと
とても心配したのですが、今年初めてあの憧れのノモカリスのお花を
我が家の花壇で見ることが出来ました!

ノモカリス・パルダンティナ (Nomocharis pardanthina)
ノモカリス・パルダンティナ (Nomocharis pardanthina)

中国からチベットの高山地帯に自生する植物で、ユリに近いと言われています。
今年は種からNomocharis aperta や Nomocharis farreriをはじめ、何種か種蒔き
しているのですが、今のところ、そのうちのいくつかは順調に発芽してきています。

これからどれだけ無事に育ってくれるか分かりませんが、何年後かはお花が
見れたらな・・・と楽しみにしているところです。

ちなみにこのお花は、ちび苗を3年前に購入したものです。



にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

アメリカのバラゾウムシ (Naupactus cervinus: Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil)

アメリカのバラゾウムシ
(Naupactus cervinus: Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil)

 

日本の皆さんや(寒冷地の方はまだまだかな?)アメリカでも暖かいところにお住まいの
皆さんのお庭は、もうすでに色とりどりのバラが咲き誇り、甘い香りやにつつまれて
バラ三昧の毎日をお過ごしかと思います。

こちらシアトルは、まだまだ日中の気温が12,13度前後、肌寒い春が
ここず~っと続いております。 が、植物はゆっくりでありますが、徐々に成長しており、
今現在では、毎年他のバラよりほぼ一ヶ月くらい先に咲く、「ルイ14世」がボチボチと
咲き始めました。他のバラは、蕾が大きくなり、色づき始めているものが何品種かあるものの、
本格的な開花ラッシュは今月6月中旬以降、あるいは後半あたりからになりそうです。

さてさて、バラゾウムシに悩まされている日本の皆様、バラゾウムシって
実はアメリカにもいるってご存知でしたでしょうか?

我が家では、多少の被害があるものの、あまり気に留めてない害虫の一つ
でしたが、先日庭を巡回していたら、バラではなく、山野草のカタクリの枝で
止まっている(一息中!?の)を発見!早速捕獲して、写真を撮ってまいりました。

バラゾウムシはこちらでは、Rose Curculio Weevil (Merhynchites bicolor)という赤色の虫と、
Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil(Naupactus cervinus)という灰茶色の虫がいます。  

幸い我が家で出没するタイプは、後者のFuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil
のみなのですが、赤いヤツは、写真を見る限り個人的にちょっと生理的に
受け付けないものがあり、我が家にいなくてよかった~と思っているところですが、
もしかしたら、今まで気づいてないだけかもしれません。

注意:
これから写真になりますので、虫が苦手な皆様 (私もあまり好きではないのですが・・・苦笑)

お食事中の皆様、お気をつけくださいませ。



ではでは参りましょう~!!(爆)







じゃ~ん、アップから。ちょっと間抜けっぽい。(笑)
アメリカのバラゾウムシ (Naupactus cervinus - Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil)

虫の大きさが分かるように、キッチンペーパーの上に鉛筆と並べてみました。
アメリカのバラゾウムシ (Naupactus cervinus - Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil)

大きさは大体5ミリ強くらいかな?
アメリカのバラゾウムシ (Naupactus cervinus - Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil)

噛んだり刺したりしないので、割と安心して撮影できました。(小心者です・・・)
アメリカのバラゾウムシ (Naupactus cervinus - Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil)

マクロで写しているのですが、撮影中動くので鉛筆の近くに戻して撮り直しています。
アメリカのバラゾウムシ (Naupactus cervinus - Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil)

お尻が野暮ったい・・・。(笑)
アメリカのバラゾウムシ (Naupactus cervinus - Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil)

とまあ、バラゾウムシの写真ばかりこんなに掲載しても・・・と思ったのですが、
シャッターを沢山切ってしまって、ファイルには30枚以上もバラゾウムシ君の画像が
たまってあったので、 そのうち6枚厳選?して掲載いたしました。

日本のバラゾウムシとちょっと似ているかな?



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

お騒がせいたしました・・・

お騒がせいたしました・・・


先日のブログの記事「ペッパ君、モデル犬になるの巻き」では、某写真編集のサイトで
沢山の面白いジョーク写真が出来たので、私自身は「冗談」で記事を書いたつもりでしたが、
この記事を読まれた読者の皆様の中には、混乱されて不可解な内容になっていたとのこと、
心よりお詫び申し上げます。

これからもペッパをどうぞよろしく!

今後も「ペッパ君」時々登場しますので、どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ←かわいいプードルのブログがたくさんあります♥

Profile

 ペッパママ

Author: ペッパママ
♥ばら♥バラ♥薔薇♥Rose♥
クレマチス、ヘレボルス、雪割草、
山野草 (特に原種の百合、バイモ属にはじまり、テンナンショウ属、
カンアオイ属、ウマノスズクサ属
などちょっと渋めの花など)
色々なジャンルの花をこよなく
愛す筆者が、アメリカはシアトル
での園芸ライフを綴っています。 

世界中の花好きの方々と
花の輪が広がれば楽しいです♪

我が家の愛犬ペッパも
時々登場しますので
どうぞ宜しくお願いします。

このブログ内の写真は、特に記載
のない限り、すべてシアトルの
我が家の庭で大切に育てている
( 育てていた^^; ) 植物達です。

気軽にコメント、感想など
頂けるととても嬉しいです!

*************************
Hi, I'm a Japanese living in the
Seattle area. I love gardening
& enjoy growing roses, clematis, hellebores, Hepatica, & woodland plants.

I especially love spring
ephemerals like Erythronium,
Trillium, and Fritillaria, and I also
like species lilies, Arisaema,
Asarum,Aristolochia, and both
species and hybrids of clematis
and hellebores.

I've also started discovering
many wonderful plants that I
never knew existed, and have
rediscovered the joy of growing
plants from seed (even ones
that I used to plant as bulbs).

I would love to exchange seeds
with folks who have similar
passions! Looking forward to
hearing from you!

画像掲示板 (BBS)

世界中の花好きの方々とお花の輪が広がればと思い、画像掲示板を設置しました♪ ガーデニング、花画像がメインとなりますが、皆様の 散策、季節模様、愛犬(ペット)等の写真もお待ちしてます! 掲示板

Translate

English French German Spain Italian Dutch Russian Portuguese Japanese Korean Arabic Chinese Simplified

現在のシアトルの天気

Calendar

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Copyright

このブログ内の写真およびコンテンツの無断転写・複製はご遠慮ください。 また写真の修正・加工、あるいは商用利用等は固く禁じます。 写真のご利用の希望の際は、メールにてご一報ください。  

…………………………………… All pictures and contents are copyrighted and protected by US and international law. Use, reproduction, or modification in any manner without written permission is prohibited and will be prosecuted to the fullest extent of the law.

Mail

Name:
Your Address:
Title:
Comments:

Recent Articles

Category

コメントありがとう!

Search

遊びに来てくれた人達


ブロとも申請フォーム

リンク

Visitors

今日の名言



presented by 地球の名言

園芸・プードル関連のブログ

blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ

QRコード

QR
このブログに掲載されている写真等の無断転写・複製・商用利用等は固く禁じます。 Copyright © ペッパママ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。