スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日はハロウィーン~!

普通のパンプキンでは物足りない・・・!?


明日は日本でも最近はおなじみになったハロウィーンです。

大体9月にはいるとボチボチ店頭が秋模様に変わってくるのですが、
ハロウィーンが近くなるとどのスーパーでも店頭にデコレーション用の
かぼちゃがディスプレーされます。

今まであまり気に留めてみていなかったのですが・・・

最近では色々な種類のかぼちゃが売らているようで、
その中でも特にびっくりしたのがこちら・・・↓。

Halloween Pumpkins 2010

一見普通のパンプキンに見えますが、よくみると・・・
Halloween Pumpkins 2010
っ、っ気持ち悪すぎ~!! なんか病気持ちのような趣のこのかぼちゃ、
Knucklehead pumpkin と言われる品種で、ゾンビなど、パンプキンで怖いキャラクター
を彫る時に、このブツブツを生かし怖さ倍増のキャラが出来るのだとか・・・。(爆) 

Knuckleheadとは英語で指関節のことで、まさしくこのでこぼこ風貌のかぼちゃに
ぴったりの名前ですが、実は俗語ではKnuckleheadは、「おバカさん」と言う意味
でもあったりします。

近年、怖きも系(怖くて気持ち悪い)のかぼちゃとして、ハロウィーンには
大人気だそうです。 

ディスプレイ用から食用のものまで、色々あってとても楽しい・・・。
Halloween Pumpkins 2010

パンプキンスープには何種類か違うかぼちゃを使うと味に深みが出ておいしいです~!
Halloween Pumpkins 2010


そして子供達に最も人気のあったのは、こちら・・・↓。
Halloween Pumpkins 2010

販売用というよりは、子供連れのお母さん達が買い物に一緒についてきた小さい子供を
このかぼちゃの上に乗せたり、かぼちゃを背景にハロウィーン撮影をしていました。(笑)
Halloween Pumpkins 2010

おまけ・・・。

アメリカ産のマツタケ。 今までカナダ産はよく見ていたが、アメリカ産の
マツタケもあったのね・・・。 残念ながら買いませんでした。(笑)

アメリカ産のマツタケ・・・(笑)


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥


スポンサーサイト

ストライプのクレマチス ’タイ・ダイ’ (Clematis 'Tie Dye')

ストライプのクレマチス 'タイ・ダイ' (Clematis 'Tie Dye')


おなじみ恒例となってしまっている今年2010年の春夏回想録・・・

ジャックマニー(C.Jackmanii) の枝変わり、クレマチスにしては
とても珍しい、ストライプの花、タイ・ダイ (Clematis 'Tie Dye')です。

クレマチス 'タイ・ダイ' (Clematis 'Tie Dye')
クレマチス ’タイ・ダイ’ (Clematis 'Tie Dye')

こちらがクレマチス ジャックマニー(C.Jackmanii)今年6月の様子
クレマチス ジャックマニー (aclematis 'Jackmanii')

クレマチス ジャックマニー(C.Jackmanii)
クレマチス ジャックマニー (aclematis 'Jackmanii')

すでに来年の春を夢見る今日この頃です・・・。(笑)


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

あのストライプローズのその後・・・

あのストライプローズのその後・・・


皆さんこんにちは!

最近は肌寒く、小雨の日が続いているシアトルです。

さてさて、以前今年初開花したナンチャッテ交配のオリジナルの斑入りの薔薇
覚えてらっしゃる方、いらっしゃるでしょうか・・・?

この株、とても生育旺盛、しかも花つきがよく、ここ何ヶ月で蕾が20以上付きました。 

でも、まだまだ発芽して、何ヶ月・・・とりあえず株に負担がかかるのを防ぐ為、
見つけ次第摘蕾していたのですが、それでもちょっと目を離すと、すぐに
蕾が付いている・・・と言うくらい、花つきは抜群の株に育ってくれています。

花はわりとゆっくり開くようなので、切花としても楽しめそうな予感・・・。
でも、欠点は香りがほんの少ししか感じられません。

写真を整理していたら、その後確か3.4番花の写真が出てきたので、
あの初花から、3,4番花がどのように成長したか、ちょっとご紹介します。


写真ではアップで写しているので花の大きさが分かりにくいかと思いますが、
初花より2回りくらい大きくなって、この時点で大体3.5センチくらいかな。
オリジナルのストライプの薔薇

真正面から見た感じ。(笑)
オリジナルのストライプの薔薇

花びらの数も初花約60枚、今回は80枚前後に増えていました。
オリジナルのストライプの薔薇

上の写真よりちょっと引いて撮ったらこんな感じ。(って、同じですね・・・爆)
オリジナルのストライプの薔薇

赤色もとても濃く、斑入りでも落ち着いた感じがします。
オリジナルのストライプの薔薇

最後にこの写真~!!(笑)
オリジナルのストライプの薔薇

斑入りの薔薇は色々あるけど、自分の目標とするストライプローズは、
あの有名な斑入りのブルボンローズ、バリエガータ・ディ・ボローニャ(Variegata di Bologna)や、
センティフォリアのヴィレッジ・メイド(Village Maid)のようなロマンチックなオールドローズ系
の雰囲気を残しつつ、かつモダンな香りも混ざったちょっとミステリアスな趣の花。 
(目標だけは高いのですよね・・・苦笑)

花色は何色でも良いのですが、やはりコロンとした感じで花びらたっぷりの
ストライプのバラを目指しています。 

この薔薇、理想的なコロンとしたカップ咲きではありませんが、これから
色々と交配しながら改良し甲斐があるお花かな・・・と思っています。


PS.前回の記事やその前の記事などなど、拍手くださった方、読んでくださった方、
いつもどうもありがとう~!

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

初花から2年目の薔薇の花の変化

初花から2年目の薔薇の花の変化


ブログに遊びに来てくださったみなさん、こんにちは!

今日も懲りずに自分で交配したオリジナルの薔薇の
話題なのですが、記事を書きはじめて、ふと、

「こんな市場にも出回っていない自分の薔薇のことなどをつらつら書いても、
きっと大多数の人には面白くない記事なんだろうなあ・・・

なんて思えてきてしまいました。 

でも、ブログに設置してあるビジターマップを見る限り、毎日何人かの方々が
日本を始め、世界各国から覗きに来てくれているみたいだし、

たとえ偶然にこのブログにたどり着いたとしても、これもなんかの縁、
ちょっとでもお互い共通の話題があったから?! (笑) 見に来てくれているのかな・・・
とポジティブに、考えています。(笑)


さてさて、今日は交配した薔薇が初花から一年後はどのように変化するか・・・と言う一例。

これは2008年交配、翌年2009年1月に種を蒔き、同年7月に始めて咲いた花。
2009年 初花

後姿・・・。
2009年 初花

そして2年目の今年、花が開きかけた姿。 
2010 二年目の花

去年の花には見られなかった繊細なピンクの覆輪が出てきました。
2010 二年目の花

花が開花して暫く経ったもの。
2010 二年目の花

一年目と二年目では花の様子がちょっと変わってきているのがお分かりでしょうか?
株に力が付いてくると、細部に色々な変化が出てくるものなのですね。


今日もこんな自己満足のマニアックな話題になってしまいましたが、
こんな記事でもすこしでも面白い・・・と思ってくれる人がいますように~

そうだとやっぱり励みにもなるかな。


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

オリジナルの薔薇 ピコって呼んでいいかな?

オリジナルの薔薇 ピコって呼んでいいかな?

カップ咲きでピコが入った薔薇が作りたくていくつか予測をたてて
交配したものの、なかなか思うように結果がでなかったのですが、
このバラは、ほんのちょっとだけだけど、目標に近づけたかな? 


正面から見た感じ。 こんなコロンとした形って個人的に好みです。
オリジナルの薔薇 (original rose: my seedling)

横から見た感じ。微かにピコが入っているのがおわかりでしょうか?
オリジナルの薔薇 (original rose: my seedling)

オレンジや黄色が微妙に混ざっているこの色あい、とっても可愛いのですよ~!

株が充実すると、初年では見れなかった微妙な色あいもしっかり出てくるので、
この株、かなり来年に期待しています。

____________________________________________

追記

蕾の時はこんな感じ
オリジナルの薔薇 (original rose: my seedling)



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

秋のER ウィリアム・シェークスピア2000 (William Shakespeare 2000)

秋のER ウィリアム・シェークスピア2000 (William Shakespeare 2000)


シアトル、かなり寒くなってきています。

バラの方も後どれくらい楽しめるのだろうか・・・といった感じ。

結構蕾は付いているのですが、気温が下がると成長もゆっくり・・・
きっと全部さいてくれないだろうなあ・・・なんてちょっとざんねんです。

秋のウィリアム・シェークスピア2000、しっくりした色で咲いてくれました。

ER ウィリアム・シェークスピア2000 (William Shakespeare 2000)
イングリッシュローズ ウィリアム・シェークスピア2000 (William Shakespeare 2000)

とても良い香りがします。
イングリッシュローズ ウィリアム・シェークスピア2000 (William Shakespeare 2000)

写真の真ん中に写っていう緑の固い蕾は、きっと咲かずに冬になってしまうのかなあ・・・。


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

ピンクの薔薇は好きですか?

ピンクのバラは好きですか?


08年交配、昨年初花だった株からとてもきれいな花が咲いています。

本当に今までは「ただのピンクのバラ」ってあまり惹かれなかったのですが、
自分で交配した為か、「ただのピンク」でもこのバラはとても魅力的に見えます。(笑)

自分で言うと、なんだかちょっと手前味噌になってしまいますが、この澄んだ
ピンク色といい、ちょっとシャキシャキした花びらの形といい、もし「ロマンチックなバラ」という
カテゴリーがあったら、入れてもおかしくないかな・・・なんて・・・?!


オリジナルのバラ (08年交配組)
オリジナル交配 08年交配組

ちょっと角度を変えて・・・
オリジナル交配 08年交配組

この株、花つきは良いのですが、どちらかと言うと株自体は
あまり大きくならないタイプのよう・・・。

今のところ1ガロン鉢で育てていますが、もしかして鉢植え向きタイプなのかな?


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

色は良いのだけど・・・

グレープジュース色のオリジナルの薔薇


ナンチャッテ交配から、今年はこんな渋い色の薔薇も咲きました。

2010 rose seedling

この写真は8月に咲いた一番花。 その後は株充実の為に咲かせていないのですが、
今後もう少し花形がそろってくれれば・・・と思っています。

この色でカップ咲き、フリフリ沢山花びらが沢山あって、香りが強ければ
言うことないのになあ・・・。 



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

アプリコット色のオリジナルの薔薇

アプリコット色のオリジナルの薔薇


オリジナル交配の薔薇、今年も色々咲きました。

ラッキーなことに、今年は去年よりもさらに、

「もしかして今後期待できるかも・・・」と

予感を感じた花もたくさん咲き、おまけに香りがとても良く、
しかもとても強く香る株もいくつか咲いたり、
さほど期待していなかった組み合わせの交配から、
以外に予想外の素敵な花が咲いたりして、本当に嬉しい一年でした。

しかし、素人の育種、いくら庭があるからといっても、ハウスなどのない
住宅街で大量の株を育てるのは至難の業。 

自分のオリジナルでない薔薇でさえ沢山あり、しかもその他、
クレマチス、クリスマスローズ、山野草などなど、好き放題に植えて
しまっていえるので、後はフロントヤードの芝生を薔薇畑にするしか場所
がなくなってきました。

今後の課題はずばり場所かもしれません。(爆) 切実に苗を置けるハウスが欲しい・・・。
_____________________________________


さてさて・・・

今年も去年反省したのにもかかわらず、撮りっぱなしの写真が大量にファイルに
保存したままになっており、何がなんだかなくなってしまった薔薇の写真が大量に
出てきてしまいました。 

下の写真もその一つ。(涙)

ピンクとアプリコットが微妙に入り混じる優しい色あい。
オリジナル交配の薔薇

横顔はこんな感じ。
オリジナル交配の薔薇

株が充実してくる来年は、初年見られなかった微妙な色あいが
さらに極めて現れてくるので、この写真の株、来年はどのように変化するか
とても楽しみな一株なのですが、同じような花で咲かない限り、一体どの株がどのように
変化したのさえ分からなくなってしまってしまうのが現状・・・。 

交配ノートを見れば、大体この組み合わせのものから咲いたものかな・・・
というめぼしはつくのですが、やはり確実に記録をつけておくことには
こしたことがありませんよね・・・。(汗)
オリジナル交配の薔薇

今年はとても数が多く、心を鬼にして初花から選抜していったのですが、
それでも今後様子を見る株が数百株あり、今は本当に家の周りが鉢鉢鉢・・・。

これから一体どうなるのだろう・・・。


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

渋い色あいのツルバラ ’オーキッドマスターピース’(CL Orchid Masterpiece)

渋い色あいのツルバラ ’オーキッドマスターピース’(CL Orchid Masterpiece)


すっかり前回の記事からご無沙汰してしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私の方は相変わらず毎日を過ごしていましたが、シアトルはあっという間にすっかり秋模様、
庭の風景もだんだん寂しくなってきました。

さてさて、秋バラの写真・・・と言いたいところですが、ここ最近雨ばかり、
なかなかカメラを持って外に出ることがなかったので、まだブログに写真を載せてなかった
ツルバラのオーキッドマスターピース、何ヶ月か前に咲いた花ですがご覧ください。


ツルバラ オーキッド・マスターピース (CL Orchid Masterpiece)
ツルバラ オーキッド・マスターピース (CL Orchid Masterpiece)

ちょっとグレーの入る渋いピンクラベンダーの花色、個人的にかなり好みだったりします。
ツルバラ オーキッド・マスターピース (CL Orchid Masterpiece)

このツルバラは、私の大好きな「ラベンダーピノキオ」、そして、ここアメリカでは春先に
なると必ず店頭に並ぶ白薔薇、「ジョンFケネディー」などなど、その他数多数の有名な薔薇を
生み出したアメリカの育種家、Eugene S. "Gene" Boernerさんが1960年に作出した品種。

そうそう、イングリッシュローズの交配親となった、ツルバラの「アロハ」や、
私の大好きなフロリバンダ、「シック」もこのボーナーさん作出のバラです。

この渋色のオーキッドマスターピースはゴールデンマスターピースという黄色の薔薇と、
グレーパールの実生から交配されたものと記録されていますが、 

グレーがかかった渋い色あいはきっとグレーパールからきているのかな。

こんな微妙な色あいの薔薇、私にとってはとても魅力的な品種なのですが、
実は花つきが悪い・・・だとか、病気に弱い・・・だとか、ネットで調べる限り、
あまり評判は良くないようです。

しかも流通している苗は、根が凄く短く切られて、湿ったおがくずに包まれている、
いわゆるこちらアメリカでは通称’ボディーバッグ’と呼ばれているもの。
ディスカントストアでよく叩き売りされているタイプのもので、実は私のこの苗も2代目。(汗)

初代の株は、根がほとんどない状態の裸苗をいきなり地植えし、とても美しい花が一輪
咲いたものの、やはり株に無理がきたのか、冬越し出来ずダメにしてしまいました。

そんな苦~い経験があるのですが、それでもどうしても、
「もう一度、あの美しい花を育ててみたい・・・」忘れることが出来ず、再挑戦。(笑)

2回目は、ほとんど根がなく、茎がロウでコーティングされていた可愛そうな苗を2年間
鉢で養生してから、先ほど地に下ろしました。 今度こそ定着して大きく丈夫に育ってくれる
ことを祈るばかりです・・・。(でも今年の冬ってかなり厳しくなるらしい・・・涙)

苗が非常に悪かったので、今までその分養生してきてきましたが、今まで育ててきた感じ
噂ほど手にかかる薔薇ではなさそうです。 

アッシュウェンズデーや、バタースコッチがお好きな方なら、絶対に惹かれる品種間違いなし!(笑)

今時点での私の独断と偏見評価{注:今後評価が勝手に変わる可能性大}

・育てやすさ  ★★★☆☆
・お気に入り度 ★★★★☆
・マニアック度 ★★★★☆(春先にディスカントストアに並ぶのみ。でも通販で自根苗も売っているみたい)
・総合お勧め度 ★★★☆☆


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

Profile

 ペッパママ

Author: ペッパママ
♥ばら♥バラ♥薔薇♥Rose♥
クレマチス、ヘレボルス、雪割草、
山野草 (特に原種の百合、バイモ属にはじまり、テンナンショウ属、
カンアオイ属、ウマノスズクサ属
などちょっと渋めの花など)
色々なジャンルの花をこよなく
愛す筆者が、アメリカはシアトル
での園芸ライフを綴っています。 

世界中の花好きの方々と
花の輪が広がれば楽しいです♪

我が家の愛犬ペッパも
時々登場しますので
どうぞ宜しくお願いします。

このブログ内の写真は、特に記載
のない限り、すべてシアトルの
我が家の庭で大切に育てている
( 育てていた^^; ) 植物達です。

気軽にコメント、感想など
頂けるととても嬉しいです!

*************************
Hi, I'm a Japanese living in the
Seattle area. I love gardening
& enjoy growing roses, clematis, hellebores, Hepatica, & woodland plants.

I especially love spring
ephemerals like Erythronium,
Trillium, and Fritillaria, and I also
like species lilies, Arisaema,
Asarum,Aristolochia, and both
species and hybrids of clematis
and hellebores.

I've also started discovering
many wonderful plants that I
never knew existed, and have
rediscovered the joy of growing
plants from seed (even ones
that I used to plant as bulbs).

I would love to exchange seeds
with folks who have similar
passions! Looking forward to
hearing from you!

画像掲示板 (BBS)

世界中の花好きの方々とお花の輪が広がればと思い、画像掲示板を設置しました♪ ガーデニング、花画像がメインとなりますが、皆様の 散策、季節模様、愛犬(ペット)等の写真もお待ちしてます! 掲示板

Translate

English French German Spain Italian Dutch Russian Portuguese Japanese Korean Arabic Chinese Simplified

現在のシアトルの天気

Calendar

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Copyright

このブログ内の写真およびコンテンツの無断転写・複製はご遠慮ください。 また写真の修正・加工、あるいは商用利用等は固く禁じます。 写真のご利用の希望の際は、メールにてご一報ください。  

…………………………………… All pictures and contents are copyrighted and protected by US and international law. Use, reproduction, or modification in any manner without written permission is prohibited and will be prosecuted to the fullest extent of the law.

Mail

Name:
Your Address:
Title:
Comments:

Recent Articles

Category

コメントありがとう!

Search

遊びに来てくれた人達


ブロとも申請フォーム

リンク

Visitors

今日の名言



presented by 地球の名言

園芸・プードル関連のブログ

blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ

QRコード

QR
このブログに掲載されている写真等の無断転写・複製・商用利用等は固く禁じます。 Copyright © ペッパママ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。