スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナルの薔薇たち・・・ピンク編

ピンク特集・・・


シアトルもようやく暑い日が続くようになり、定期的に庭のお花たちに
水やりをしなくてはならない季節に突入してきました。

最近は、晴天の日が続いた時は大体5日に一回の割合で
地植えの庭全部の植物にお水をあげるのですが、実はこの水やりって
あまり好きではない作業なのです・・・。 

なんだか「水やりが嫌い・・・」なんて言ったら、
他のガーデナーの方からがっつり白い目で見られてしまいそうですが、
なんだか、乾いた地面にじっくり水が浸みるまで、
ゆっくり、そしてたっぷりとあげるこの単純作業、
その場に立って、ぼ~っと水をあげていると、他の事に目写ししてしまい、
ついつい花ガラを摘みたくなったり、目に付いた雑草を抜いたり、
なんだかじっとしているのが苦痛に感じてくるのです。(爆)

フロントヤード、バックヤードすべてに水をあげると、ずっぽり4時間半以上かかります。(涙)

そんな私にとってはなんだか退屈に感じてしまう水やりですが、
朝夕必ず2回水やりが欠かせない暑い地方の方からして見れば、
「たかだか5日に一回の水やり程度で・・・」って怒られてしまいそうですね。(汗)

本当なら、スプリンクラーシステムをつければ、もっと楽になるのかもしれないけど、
これまた植物の種類や状態を観察しながら、水加減を調節したりするし、
また、庭の植物たちもも、結構場所移動して、色々掘り返したりするので、
結局スプリンクラーシステムは実現しそうもありません・・・。

でも、結局はホースでそれぞれの植物の状態を見ながら水やりすることが一番良いと
感じているのですがどうでしょうか・・・?

さてさて、2008年に交配して、昨年初開花のバラ達、色々咲いています。


この下↓の薔薇は、たしか一番花から花弁たっぷりのお花で咲き、
(一番花の写真 ←リンクのページでは、上から4番目の花)
今年はかなり期待したのですが、思ったように綺麗に花形に咲きません。

香りも微かに香るという感じで、ちょっとがっかりです。今のところもう少し様子を見ようと
思っていますが、秋にまで綺麗に咲かないと処分組みになるかも・・・。

2008 Seedlings

この↓のばら、ただのピンク組みですが、香りが非常に強く、
花つきも良いし、病気にも強いようなので、
今のところキープ組みとして様子をみています。

2008 Seedlings

この↓の薔薇、交配した薔薇がピンクばかり増えていくので、
親しい友達の庭に里子に出しました。(笑) 

シトラス系の爽やかな心地よい香りがし、自分で言うのもなんだけど、
こんな雰囲気の薔薇って、案外悪くないような・・・。(笑)

でも、その友達って、庭の植物には「水やりもあまりしない・・・」と言っていたので、
きっと肥料はもちろんのこと、その他の手入れもあまりしないと思うのですが、
そんな過酷な条件で何処までこの薔薇ががんばれるか、まさしくテストガーデンの境地です。(笑)

2008 Seedlings

そしてこれは↓、今年初開花のもの。 この他にも、今年は白やイエロー、アプリコット、などなど色々と咲いていますが、やはりピンク、赤の花の咲く確率はかなり高いです。

2009 Seedlings

2009 Seedlings

今年は一番花から選抜しています。 
先日写真をアップした、ストライプ系の花をはじめ、今年はグレー系の期待できる
花もいくつか咲いたので、今後の成長を楽しみにしているところです。



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

スポンサーサイト

ジュビリー・セレブレーション (ER Jubilee Celebration)

イングリッシュローズ 'ジュビリー・セレブレーション' (ER Jubilee Celebration)


さすがにいつ見ても綺麗です!

実を言うと、昔は(今でもちょっとだけ)ただのピンクのバラってあまり興味がない・・・
と思っていたのですが、 このバラはただのピンクではありません。

微妙にバックグランドにゴールドが入り、ピンクでも光っている感じ。
交配親に黄色のERのゴールデンセレブレーションがはいっているからなのか、
それとも、公表されてない Seedling の方にも、黄色をはじめ、複雑な色あいのバラが
沢山混じっていたのか・・・

とにかく、本当に味わいのあるピンクです。

イングリッシュローズ 'ジュビリー・セレブレーション' (ER Jubilee Celebration
イングリッシュローズ 'ジュビリー・セレブレーション' (ER Jubilee Celebration)

花つきも抜群!
イングリッシュローズ 'ジュビリー・セレブレーション' (ER Jubilee Celebration)

花の重さで、ちょっとうつむき加減に咲くのですが、
それがまた風情があるのですよね~!

我が家の株は最近流行り!?(笑)の自根苗。
アメリカの大手の育種会社でも最近は寒い地方でも育てられるように
own-root の苗に力を入れはじめてきているのですが、

この苗もまだJ&P社がオースティンからこのバラをはじめ
ジャネットなどいくつかのERの品種のアメリカ国内の販売権を取得して
売り出していた頃のもの。

マーケティング戦法なのか、自根苗(オウンルート)のことを
’New Generation Roses’というシリーズとして販売していました。(笑)

そのJ&P社も今年の4月チャプター11の手続きをしたとの事、
(チャプター11:米連邦破産法第11章。 詳しくはこちら
不景気の影響は、かなり深刻にいろいろなところに出てきています。



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

2008年交配 とりあえず・・・キープ組みかな?

2008年交配 とりあえず・・・キープ組みかな?


薔薇の交配をするようになって、一番苦手なこと・・・

それは選抜。(選抜=廃棄)


不幸にも、私のおめがねにかなわなかった薔薇だって、世界で一つだけのオリジナルの薔薇、
しかも一生懸命咲いてくれているのを見てしまうと、どうしても捨てられなくなってしまいます。

沢山の交配をしても、実が成らずに枯れてしまうもの、
そして、沢山の種を蒔いたにもかかわらず、発芽しないもの、
または、発芽はするものの、弱くて枯れていくものなどなど・・・。

そんな多くの試練を乗り越り超えて
花が咲くこと自体、まずはとてもおめでたいことなのです。


私の心の本当の気持ちは

すべて土に植えてあげたい・・・

お日様とたっぷりの水を与え、みんなのびのび育ってくれたら・・・

と願っています。


でも・・・一方で、

交配とは捨てること(選別)からはじまる・・・ということも。

交配も4年目に入ってきた今、今年はかなり積極的に選抜を強いられています。(苦笑)

もうちょっと育ててあげたい・・・と言う気持ちと早く選抜しなければ・・・という心の葛藤。

辛いなあ・・・。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


と言うことで、私の交配のゴール、選抜の基準をざっくりと考えて見ました。

まず花に関しては、

微妙色(茶系、グレー系)や変わった色あいの薔薇、そしてストライプの入る薔薇で、
かつオールドローズの雰囲気も感じられるような薔薇。

イメージ的に言うと、ルドゥテが描いた植物画が、時代と共に色褪せて、
今ではちょっと憂いのある微妙な色あいに見えるあんな感じの薔薇! (分かってもらえるかなぁ・・・?)

綺麗な色でも、どこか繊細さが残る色あい。

一色だけではなく、微妙に色あいが混じるような薔薇。

そしてもちろん香りが良い薔薇!

究極のところ、花に名札が付いてなくても、「っあ、これはOOOね~!」っと
みんながすぐ分かるようなバラを作ること。(爆)
................................................................................................

細かい審査基準を色々あげてみると・・・


沢山花が咲く (咲かない株ほどがっかりするものはないものね。)
花つきが良い (咲き終わっても、次に蕾がすぐ上がる)
綺麗に咲く (蕾が沢山あっても、いつもボーリングで咲かない薔薇や、
綺麗に開かない薔薇はNG)

耐病性がある (←無農薬で育てる人が多くなっているので、アメリカではこれかなり重要視されています。珍しい色あいのノベルティ系の薔薇でも世話をしたらそれなりにちゃんと反応する程度の耐病性は最低限欲しい・・・)

生育旺盛
................................................................................................

さらに細かいことを言えば、


花もちが良い・・・だとか

葉、枝ぶり、樹形の美しさ

花と葉のバランス などなど・・・。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

もちろん上の条件にすべて叶う薔薇は一生かけても出来ませんが、
少しでも、理想に近づけるようになったらいいなあ・・・って思っています。

さて今日問題の薔薇は、下↓の写真の薔薇、

珍しい色あいでもなければ、香りも鼻を近づけたら香る程度、耐病性は強いようですが、
花つきや樹形に関してはまだまだ分かりません。 可能性を信じるべきか?

私のゴールの珍しい色あいの薔薇・・・の条件からは
程遠い色あいのピンクの薔薇、それでも廃棄できない自分が今ここに・・・。(涙)


2008年交配組み(ベービーピンク色)
2008年交配 とりあえずキープ組み

こんな調子じゃいつまで経ってもヘナチョコブリーダーのままなのかな?



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

ペッパ君の謎

ペッパ君の謎


ドッグパークに行く時も大興奮、だけど、帰る時も喜んで車に乗り込む

庭ではテニスボールで遊んで欲しいと催促するくせに、
ドッグパークでは投げても見向きもせず、結局人間がボールを追いかけている・・・

庭では一人で遊ばない

上空を飛ぶ飛行機に吠えまくる

自分より小さい犬と友達になろうとするが、
必ずしも飼い主の私から見て可愛いとは思えない犬を選ぶ・・・

自分より大きな犬には、極力目を合わせないようにして避ける

新しいものが好き

宅配が着たら一目散にチェックを入れる

人に全体重を掛けて寄りかかる

怖くなったら飼い主の後ろで吠える

散歩中、おしっこが出ないのに、足を上げて立ち止まる

トイレ中、目を合わせると止めてしまう

テレビに映っている馬にとても興味がある、特に白い馬には大興奮!

死んだ振りをして床に倒れてみたけど見向きもしない・・・

ゴミ箱のビニールを変える時、必ずダッシュでチェックしに来る
その後ビニールをペロリとひと舐めして去っていく

ゴミ箱に捨ててあるティッシュを拾ってくる癖がある

ストレッチする時は、必ずこちらにお尻を向ける

悪いことをしたら自らハウスの中に入っていく

掃除機はかなり興味があるが、半分怖い

おだてに乗りやすい

動物病院では息が荒くなる・・・

自分を犬だと思ってないような行動をとる

寝る時はハウスの中で「「お休みチュ~♥」をしないと寝られない

寝ながら吠えることがある

悲しい時はすぐそばに来てくれる (どうして分かるのかな?)


最近のペッパ (ドッグパークにて・・・)
ペッパ君


にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ←かわいいプードルのブログがたくさんあります♥

イングリッシュローズ ’サマーソング’ (English Rose ' Summer Song')

イングリッシュローズ ’サマーソング’ (English Rose ' Summer Song')


ようやく初夏のような天気になってきたシアトル・・・

今日は20度を越える暖かさ。

明日辺りから一気に日中の温度が30度を超えるかもしれない・・・
ということで、なんだかかなりのシアトル市民が慌てふためいています。(爆)

日本に住んでいた頃は、夏に気温が30度を超えるのは当たり前・・・
びっくりするなんて到底考えられなかったのですが、

夏でも日陰なら、長袖でOKなシアトル気温に慣れてしまってからは、
正直私自身もちょっと身構えてしまいます。(笑)


そんな中、ERのサマーソングが熱い色で咲いています。


こんな感じの花の形って個人的にとても好み!
イングリッシュローズ ’サマーソング’ (English Rose ' Summer Song')

とにかく細い枝にも蕾が沢山つくようで、株の上から下までお花が咲いてくれます。
イングリッシュローズ ’サマーソング’ (English Rose ' Summer Song')

香りも甘いフルーツ系。 
強香ではないのですが、沢山咲くのでそばにいると香りが漂ってきます。
イングリッシュローズ ’サマーソング’ (English Rose ' Summer Song')

花が咲き進むと、ピンクを帯びたオレンジに変わっていきます。
イングリッシュローズ ’サマーソング’ (English Rose ' Summer Song')

かなり個性的な薔薇、名札が付いてなくても名前が分かることは間違いない!・・・です。
イングリッシュローズ ’サマーソング’ (English Rose ' Summer Song')

個性的な色あいな為、好き嫌いが分かれたり、
あるいは我が家には、マッチしないのでは・・・
と躊躇される方も中にはいらっしゃるかも知れませんが、

正直言って、かなりお勧めです!

花付き良し、耐病性大、香り良し! おまけに花持ちも割と良いほうだと思います。

そしてなんと言っても他にはない色あいと花形のコンビネーション!

派手目な色あいですが、以外や以外、
ピンクや黄色、アプリコット系の薔薇にはもちろん、
薄い色合いの薔薇の隣に、アクセントカラーとして
とても重宝する素敵な薔薇だと思います!

っあ、でも噂によると、温暖地だと夏に葉っぱが落ちてしまうのだとか・・・?


確か、未だにアメリカでこの薔薇が発売されてないのは、

アメリカの大手の薔薇会社がオースティンから販売権を取得したのにもかかわらず、
商品の苗を育成しているテキサス州やアリゾナ州で苗が作れなかっただとか・・・

という噂があります。(爆)


きっとサマーソングが元気ですくすく問題なく育っているのは、
シアトルの気候はイギリスの気候とよく似ているからなのでしょうね!

夏が涼しい地方にお住まいの方、いかがでしょうか?

夏が暑くなる地方では、やはり栽培がきついのかな?

皆さんのところはいかがでしょう・・・?



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

薔薇交配レポート: オリジナルのストライプの薔薇

2010初開花、オリジナルのストライプの薔薇


続々と昨年ナンチャッテ交配した薔薇のお花たちが開花しています。

この花はその中でも特に期待の薔薇。

今まで長い間、コロンとしたカップ咲きで、花弁がたっぷりで、
ロマンチックな 趣のストライプの薔薇が欲しいと思っていたところ、

先日、もしかしたら・・・もしかして!?

今後かな~り期待できるかもしれない・・・(笑)花が初開花。

濃い赤色にピンクのストライプが入る、地味ではないけど、派手でもない花・・・(爆)


今回が初花なのですが、コロンとした形は今後ますます期待できそうです。
2009年交配、2010初開花のオリジナルバラ (Rose Seedling 2010)

花弁の数も、花の大きさも、株が充実してくるともっと綺麗になることを期待!
2009年交配、2010初開花のオリジナルバラ (Rose Seedling 2010)

横から見た感じ。
2009年交配、2010初開花のオリジナルバラ (Rose Seedling 2010)

残念なことに、現時点では香りはあまり感じられませんが、
その反面、花持ちはかなり良さそうです。

おまけに他の苗がうどん粉病にまみれているのにもかかわらず、
この株はわりと丈夫そうだし、なんたって株の勢いがかなり良い。

蕾も初花が咲いた時点で、他に2つついていたのですが、
一つを残して、もう一つはカット。

生育も今のところ旺盛なようで、今後かなり期待しています!



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

クレマチス エンプレス (Clematis Empress)

クレマチス エンプレス (Clematis Empress)


たしか先日画象を載せたクレマチス ジョセフィーヌの枝変わりが
このエンプレスだったような・・・。

名前からも、ナポレオンのお后ジョセフィーヌ=エンプレス・・・
と言うように、なんとも関連性が分かりやすい。(笑)


咲き始め
クレマチス エンプレス (Clematis Empress)

ジョセフィーヌもインパクトあったけど、エンプレスも負けてません。(笑)
クレマチス エンプレス (Clematis Empress)

かなり長~い間楽しめます。 我が家ではジョセフィーヌと隣同士!
クレマチス エンプレス (Clematis Empress)

そう言えば、2008年に英国のクレマチスの育種家、レイモンド・エビソン氏 (Raymond Evison)
に個人的にちょっとだけお話する機会がありました。

地元のナーセリーでクレマチス公演を行うと言う主旨だったのですが、
実際は、その頃ちょうど彼が書いた本 'Clematis for Small Spaces' と
彼のクレマチスのプロモーションを兼ねてのお話・・・。(笑)

クレマチス大好きな私にとって、エビソン氏に会えるのは、
なんだかアイドルに会える様な感じで

園芸店に行くのにもかかわらず、かなり気合を入れて化粧をし、
夫に、「一体どうなのよ~!」と苦笑いされていましたが・・・。

公演のお話の内容は、クレマチスの初心者向けだったので
込み入った難しい話はなかったのですが、

びっくりしたのは、こんなクレマチスの巨匠が来ているのに
話を聞きに来ている人は、若干20人もいなかった。(謎)

しかもみんな私の両親くらいの年の方ばかりで、
おしゃれをして、ばっちり化粧をしているのは私だけ・・・。
なんだか、周りの雰囲気からかなり浮いていました。(爆)

公演の後、幸運にもエビソン氏に直接お話する機会があったので、
我が家で育てている、エビソン氏が育種・紹介したクレマチス
話あれこれ・・・などなど・・・。

お話した感じ、とても気さくで普通のおじさんでした。

このクレマチス エンプレス (Clematis Empress) は
Regal Collectionとして発売されており、Raymond Evison と
M N Olesenによって、登録されているようです。




にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

ディスタント・ドラムス (Shrub Rose ’Distant Drums’)

ディスタント・ドラムス (Shrub Rose ’Distant Drums’)


咲き始めから終わりまで、色々な色あいの変化でたのしませてくれる
シュラブローズのディスタント・ドラムス。

花だけではなく、樹形も暴れることなくとても美しくお勧めの薔薇の一つです。


花の中心がミルクティー色から咲き始めます。
’ディスタント・ドラムス (Shrub Rose ’Distant Drums’)

花つきも抜群!
’ディスタント・ドラムス (Shrub Rose ’Distant Drums’)

ちょっとグレーがかったラベンダーピンクに退色していきます。
’ディスタント・ドラムス (Shrub Rose ’Distant Drums’)

咲き始めから先終わりまでずっと美しさを保ち続けます。
’ディスタント・ドラムス (Shrub Rose ’Distant Drums’)

これで香りが強かったら・・・とそこだけちょっと残念にも思いますが、

それでも、育てやすく(病気にも強く)、花つきも良し、おまけに一回見たら
絶対忘れられない、特徴のある美しい色あい、是非お勧めです!


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

イングリッシュローズ ’フォールスタッフ’ (English Rose ’Falstaff’)

イングリッシュローズ ’フォールスタッフ’ (English Rose ’Falstaff’)


我が家にあるイングリッシュローズの赤系のお花で
いつも写真にお花だけのアップを撮って後からなんだか分からなくなるのが、
ウィリアム・シェークスピア2000とこのフォールスタッフ。 

全体の樹形を見れば、ウィリアム・シェークスピア2000は横張り、
そしてフォールスタッフは縦ににぐんぐん伸びるような枝ぶりなので
写真だと全体の株姿を見るほうが花のアップの写真より判別つき易いかも・・・。

ということで、今年はじっくり両者のお花を見比べてみたのですが、
どうやら、ウィリアム・シェークスピア2000のほうはフォールスタッフに
比べると若干紫、ピンクが強く入る赤系で、フォールスタッフのほうは、
基本的に赤紫なんだけど、ウィリアム・シェークスピア2000に比べると
開きかけから満開に掛けては、花色が朱色がやや強く出るのかな・・・と
いった印象があります。 皆さんのところはどうでしょうか?

イングリッシュローズ ’フォールスタッフ’ (English Rose ’Falstaff’)開きかけ。
イングリッシュローズ ’フォールスタッフ’ (English Rose ’Falstaff’)

ぎゅ~っと詰まった花びらが素敵です。
イングリッシュローズ ’フォールスタッフ’ (English Rose ’Falstaff’)

沢山の花弁が波打つようにぎっちりつまるところも魅力的。
イングリッシュローズ ’フォールスタッフ’ (English Rose ’Falstaff’)

房咲きでたっぷりお花が堪能出来るところもビッグプラス!
イングリッシュローズ ’フォールスタッフ’ (English Rose ’Falstaff’)

花だけ見ると、結構似ているウィリアム・シェークスピア2000のとフォールスタッフ、
「どちらか一つだけ選ぶとしたら・・・」と言われてら、未だに選択できない今日この頃ですが、
今時点ではフォールスタッフの花の形の方がどちらかと言うと好みかなあ・・・。

でもどっちも手放したくない薔薇なのは間違いないです。(笑)


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

クライミングローズ バタースコッチ (CL Butterscotch)

クライミングローズ バタースコッチ (CL Butterscotch)


ツルバラのバタースコッチが咲き始めています。

シアトル、未だに日中20度を超えない日が多く、
夜なんかは長袖のシャツにもう一枚羽織らなければ
まだちょっと肌寒かったりもします。

おかげで薔薇の花もちは大変よいのですが、
暑さを必要とする植物は全くダメそうです・・・。

なので今年は例年大きなコンテナで栽培していた
ミニトマトとバジルの栽培は諦めました。(涙)

もぎたてのトマト・・・おいしいのにな・・・。


気温が低い日が続いているので、バタースコッチも良い色で咲いています。
クライミングローズ バタースコッチ (CL Butterscotch)
写真の後方に見えるアプリコットピンクの薔薇はERのアブラハム・ダービー。 
我が家ではフェンスに這わせてショートクライマーとして育てています。


おまけ・・・。 今日のペッパ君。
庭でくつろぐ!?ペッパ君



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ←かわいいプードルのブログがたくさんあります♥

Profile

 ペッパママ

Author: ペッパママ
♥ばら♥バラ♥薔薇♥Rose♥
クレマチス、ヘレボルス、雪割草、
山野草 (特に原種の百合、バイモ属にはじまり、テンナンショウ属、
カンアオイ属、ウマノスズクサ属
などちょっと渋めの花など)
色々なジャンルの花をこよなく
愛す筆者が、アメリカはシアトル
での園芸ライフを綴っています。 

世界中の花好きの方々と
花の輪が広がれば楽しいです♪

我が家の愛犬ペッパも
時々登場しますので
どうぞ宜しくお願いします。

このブログ内の写真は、特に記載
のない限り、すべてシアトルの
我が家の庭で大切に育てている
( 育てていた^^; ) 植物達です。

気軽にコメント、感想など
頂けるととても嬉しいです!

*************************
Hi, I'm a Japanese living in the
Seattle area. I love gardening
& enjoy growing roses, clematis, hellebores, Hepatica, & woodland plants.

I especially love spring
ephemerals like Erythronium,
Trillium, and Fritillaria, and I also
like species lilies, Arisaema,
Asarum,Aristolochia, and both
species and hybrids of clematis
and hellebores.

I've also started discovering
many wonderful plants that I
never knew existed, and have
rediscovered the joy of growing
plants from seed (even ones
that I used to plant as bulbs).

I would love to exchange seeds
with folks who have similar
passions! Looking forward to
hearing from you!

画像掲示板 (BBS)

世界中の花好きの方々とお花の輪が広がればと思い、画像掲示板を設置しました♪ ガーデニング、花画像がメインとなりますが、皆様の 散策、季節模様、愛犬(ペット)等の写真もお待ちしてます! 掲示板

Translate

English French German Spain Italian Dutch Russian Portuguese Japanese Korean Arabic Chinese Simplified

現在のシアトルの天気

Calendar

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Copyright

このブログ内の写真およびコンテンツの無断転写・複製はご遠慮ください。 また写真の修正・加工、あるいは商用利用等は固く禁じます。 写真のご利用の希望の際は、メールにてご一報ください。  

…………………………………… All pictures and contents are copyrighted and protected by US and international law. Use, reproduction, or modification in any manner without written permission is prohibited and will be prosecuted to the fullest extent of the law.

Mail

Name:
Your Address:
Title:
Comments:

Recent Articles

Category

コメントありがとう!

Search

遊びに来てくれた人達


ブロとも申請フォーム

リンク

Visitors

今日の名言



presented by 地球の名言

園芸・プードル関連のブログ

blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ

QRコード

QR
このブログに掲載されている写真等の無断転写・複製・商用利用等は固く禁じます。 Copyright © ペッパママ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。