スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパと北米原産の雪割草&小人ハンゲ

雪割草って可愛い~!

我が家の雪割草はヨーロッパと北米の原種のもので、日本のため息の出るような美しい園芸種と比べてしまうと、とても素朴なお花に見えますが、ここシアトルの気候にとてもあっているらしく、丈夫でシクラメン・コウムやヘレボルスと一緒に地植えで咲いてくれてます。 

私の場合、カメラで大きく写してみて、初めて肉眼では全く気がつかなかった繊細なつくりに驚いてしまうことがよくあるのですが、特に雪割草は小さいお花なので、こうしてカメラのレンズを通して見て、改めて蕊の美しさなどに感心しています。

ヨーロッパ原産の雪割草/ミスミソウ (Hepatica nobilis var. nobilis) ↓ちょっとピンボケですが・・・。
ヨーロッパ原産の雪割草/ミスミソウ (Hepatica nobilis var. nobilis)

同じくヨーロッパ原産の雪割草/ミスミソウ (Hepatica nobilis var. nobilis) こちらはピンクのもの。
ヨーロッパ原産の雪割草/ミスミソウ (Hepatica nobilis var. nobilis)

こちらもヨーロッパ原産の雪割草/ミスミソウ (Hepatica nobilis var. nobilis)。 ブルーがとても綺麗です。
ヨーロッパ原産の雪割草/ミスミソウ (Hepatica nobilis var. nobilis)

そしてこちらが↓北米原産の雪割草/ミスミソウ ヘパティカ・アクティロバ (Hepatica nobilis var. acuta / Hepatica acutiloba) 白い花がとても可憐です。
北米原産の雪割草/ミスミソウ (Hepatica nobilis var. acuta / Hepatica acutiloba)
この花は↑アメリカミスミソウとして日本では知られているのかな? 

実は我が家にはアメリカミスミソウが二株あるのですが、そのうちの一株が↑今咲いているもの。 もう一株は今年は咲きませんでしたが、葉っぱが少し変わっていて斑入りというか、ホトトギスの葉っぱのような模様が入っています。 まさかウィルスじゃないよ・・・ね!? ちょっと変わった斑入りの葉だと良いのですが・・・。 画像を載せない限り、何ともいえないと思いますが、何かご存知の方いらっしゃるでしょうか?

そしてこちらは去年も掲載したコビトハンゲ。 葉を持ち上げての撮影です。(笑)
コビトハンゲ (Arisarum proboscideum)
不思議だけどやっぱり可愛いな~!


追記(3月31日)

↓の写真が我が家に2株あるアメリカミスミソウのうち、現在咲いていない葉っぱだけのもの。 今年開花したもう一株のアメリカミスミソウ(上の写真のもの)は普通の緑の葉っぱなのに、こちらは少し模様が入っています。 
北米原産の雪割草/ミスミソウの斑入り?の葉 (Hepatica acutiloba)
花はどんなのか来年が楽しみ・・・。(って似ているだろうけど・・・ね 笑)


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥
スポンサーサイト

Erythronium albidum&Erythronium americanum

北米原産のカタクリ(エリトロニウム) 二種

実は私の住む北米には、数え切れないほどの原種のカタクリ (厳密にはエリトロニウムと言うべきなのかな?) が存在し、我が家では今のところ4種類育てているのですが、同じカタクリでも属が違うと開花の時期がかなり違うようです。 

また、日本ではかわいらしいピンクのカタクリ(Erythronium japonicum)は春の訪れを告げる可憐な花のイメージがありますが、今年は他のカタクリたちが葉っぱを伸ばし始めているのにもかかわらず、一向に地面から出てくることがなかったのでちょっと不安になりましたが、先週あたりからようやく地面から葉っぱがのぞき出し、一安心しているところです。 

まず一番に開花したのが、白くてとても華奢なエリトロニウム・アルビドゥム。 実は2週間前の画像。

エリトロニウム・アルビドゥム (学名: Erythronium albidum)
(エリトロニウム・アルビドゥム 学名: Erythronium albidum 英名: White Fawn Lily)

地面に這いつくばってようやく撮った一枚です。(笑) しかし、お花はあっちの方を向いてしまっている・・・。(汗)

実は隣にも違う花が植わっていて、足の踏み場もこれがぎりぎりなのです。(苦笑)ベストショットからは程遠いのですが、雰囲気はなんとなく分かっていただけるでしょうか? 何日か後にもう少し開花した写真を撮りたかったのですが、雨が降って、長くて細い茎はぺったり地面に倒れてしまいました。 我が家にあるカタクリの中では葉っぱも花茎も一番繊細なものです。

そして今ちょうど開花中なのが、
エリトロニウム・アメリカヌム (学名: Erythronium americanum)
(エリトロニウム・アメリカヌム学名: Erythronium americanum 英名: Yellow Trout Lily, Adder's Tongue, Dogtooth Violet)
こちらもしゃがみながら撮ったもの。(爆) 随分昔に小さい葉っぱだけの株を購入したのですが、去年ようやく初開花。今年も順調に育ってくれて一安心。 園芸種で西洋キバナカタクリとして出回っているよりはるかに濃い黄色。 元気の出るとても綺麗な色です。

背後にちょっと芽が出てきているのはホスタ。 カタクリが枯れてくる時期には、ホスタが大きくなり、カバーしてくれます。


以上の二種は、東海岸が原産なのですが、ワシントン州のあたりに自生しているカタクリ(Erythronium oregonum、Erythronium revolutum)はようやく蕾を確認できたところなので、もう少し開花に時間がかかりそうです。


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

チューリパ・アルバ・コエルレア・オクラータなど・・・

原種のチューリップ


先日割き始めたチューリパ・ ビフローラ (Tulipa biflora) に続き、夫のお気に入り、白地に内側の真ん中が青くなるチューリパ・アルバ・コエルレア・オクラータ (Tulipa humilus 'Alba Coerulea Oculata')が今現在満開になっています。

チューリパ・アルバ・コエルレア・オクラータ (Tulipa humilus 'Alba Coerulea Oculata')
チューリパ・アルバ・コエルレア・オクラータ (Tulipa humilus 'Alba Coerulea Oculata')

チューリパ・ ビフローラ (Tulipa biflora)の方はもうそろそろ終わりに近づいています。(写真は1週間前のもの)
チューリパ・ ビフローラ (Tulipa biflora)

今年の秋にはまた何か原種のチューリップを購入しようかな・・・と検討中。


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

北米原産のエンレイソウとバージニアブルーベル

今年(祝)初開花!!

憧れの北米原産のエンレイソウ、トリリウム・リバ-レ (Trillium rivale 英名 Brook wake-robin)が今年初めて開花しました。 写真では見ていたものの、実際にお花を自分の目で見て正直とても感動しています!

カリフォルニアからオレゴン州にかけて自生するエンレイソウで、白地に紫の斑点が入るのが特徴ですが、斑点の入り具合などは固体によって多少変わるようです。

咲く前、ネットで色々Trillium rivaleの画像を見ていたのですが、うちのお花もそれに負けないくらい綺麗に咲いてくれて大満足! 嬉しいな~!!

エンレイソウ、トリリウム・リバ-レ (Trillium rivale 英名 Brook wake-robin)
トリリウム・リバ-レ (Trillium rivale / Brook wake-robin)

我が家にあるほかのエンレイソウより随分小型で、しかも一足お先に開花しました。 サイズは約2センチというところでしょうか。 ちょとずつでいいので、増えて欲しいなあ・・・と願っています。
トリリウム・リバ-レ (Trillium rivale / Brook wake-robin)

そしてこちらは私の日本の母がやけに気に入っているバージニア・ブルーベルという北米原産の山野草。
Virginia Bluebell 学名: Mertensia virginica 
バージニア・ブルーベル (Virginia Bluebell 学名: Mertensia virginica)

満開にはもう少し時間がかかりそうですが、綺麗なブルーが庭を明るくしてくれます。
バージニア・ブルーベル (Virginia Bluebell 学名: Mertensia virginica)

そうそう、北海道に生えているエゾルリソウ(えぞるりそう 蝦夷瑠璃草)学名 Mertensia pterocarpa var. yezoensisとこのバージニアブルーベルは同じ メルテンシア (Mertensia)のお花でとても似ています。 写真を見るからには、日本のエゾルリソウのほうが少しコンパクトっぽい。 機会があったら育て比べてみてみたいものです。

PS:画像にPeppa's Gardenって文字を入れてみたんだけど、うるさすぎかかな?(笑)


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

こんなに早くていいのだろうか・・・?

バラ生長新記録更新中~!

こんなこと初めてです・・・。 三月に蕾が色づくなんて!

2年前の2008年は特別に寒い春だったので、満開になったのが7月中旬。
通年のバラの見ごろは大体6月中旬のはずのシアトルなのですが、今年は暖冬だった為なのか、我が家のバラたち、すでに蕾がついているものがかなりあります。

大体、普通この時期のシアトルでは、バラに蕾がつく自体がありえない事なのですが、なんと実際に今現在ルイ・14世の蕾は色づいており、このままいけば、一ヶ月もしないうちに咲いてしまうかもしれません。 もう本当にびっくりです。

ハイブリッドパーペチュアル/チャイナ ルイ・14世 (Hybrid Perpetual/China Rose Louis XIV)
ハイブリッドパーペチュアル/チャイナローズ ルイ・14世 (Hybrid Perpetual/China Rose Louis XIV)

この調子でぐんぐん育ってくれたらいい感じかも! いくらなんでも、もう氷点下にはならないよね・・・!?(と願っています。)


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

アトラゲネ系のクレマチスのシーズン到来

アトラゲネ系のクレマチスが少しずつ咲き始めてきました。


今日はとても良い天気でした。 庭に出てみると昨日まで蕾だったアメリカ原産のErythronium americanumや、今まで小さすぎてずっと咲いたことがなかった、Trillium rivaleが今年初めて咲きました。

我が家のアトラゲネ系のクレマチスも、まだまだ蕾がほとんどですが、早いものは開花し始めています。

クレマチス マクロペタラ セシール (Clematis macropetala 'Cecile')
クレマチス マクロペタラ セシル (Clematis macropetala 'Cecile')

クレマチス マクロペタ ラ ラグーン (Clematis macropetala 'Lagoon')
クレマチス マクロペタ ラ ラグーン (Clematis macropetala 'Lagoon')

クレマチス マクロペタラ ヤン・リンドマーク (Clematis macropetala 'Jan Lindmark')
クレマチス マクロペタラ ヤン・リンドマーク (Clematis macropetala 'Jan Lindmark')
実は↑のこのヤン・リンドマーク、ラベルにはブルーバードと書かれてあり、長年疑問に思っていたもの。(爆) ブルーバードというのに、ブルーじゃないな・・・って。 やはりラベル違いだったらしい。 

で、最近園芸店に行く度ブルーバードをチェックしているんだけど、唖然としてしまいました。 

このヤン・リンドマークとブルーバードのタグが双方入れ替わっているものがかなりあり、かなりめちゃくちゃ・・・。 未だに改善されてなかった・・・。 この株を買った当時、まだまだ私は園芸に目覚めた頃で、アトラゲネ系のクレマチスの種類など全く知らず。 

実はブルーバードが欲しかったのではなく、店頭で実際に咲いている花を見て、ただ気に入ったまま購入したので、いわゆる「最悪のラベル違い」ではないのですが、ラベル違いの疑問が解けるまで、かなり時間がかかりました。 良くないよなあ・・・こんないい加減な名札付け・・・。 

実は他にもちょっと怪しいラベルミスがあったのですが、とにかくこのヤン・リンドマークとブルーバード、この2種類間のタグの間違えがかなり酷い。 ヤン・リンドマークかブルーバードをご購入とお考えのこのあたりに住んでいる皆さん、ナーセリーでは出来るだけ咲いているお花を実際に確かめてから購入することをお勧めします。

クレマチス マクロペタラ マークハムズ・ピンク (Clematis macropetala 'Markhams Pink')
クレマチス マクロペタラ マークハムズ・ピンク (Clematis macropetala 'Markhams Pink')

クレマチス アルピナ パメラ・ジャックマン (Clematis alpina 'Pamela Jackman')
クレマチス アルピナ パメラ・ジャックマン (Clematis alpina 'Pamela Jackman')
なんだか凄いことになってしまっている↑パメラ・ジャックマン。 オベリスクを通り越し、上に伸び続け、近くの檜の木に侵入。 大体4メートルくらいになっています。

クレマチス アルピナ パメラ・ジャックマン (Clematis alpina 'Pamela Jackman')
クレマチス アルピナ パメラ・ジャックマン (Clematis alpina 'Pamela Jackman')

蕾がほころび、開花が始まったものもある中、まだまだ小さな蕾だけのものもあり、暫くは楽しめそうです。 また近況アップするので楽しみにしていてくださいね!


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

セミダブル3種類ほど・・・

ヘレボルス・クリスマスローズ セミダブル (Helleborus semi-double)


皆さんこんにちは! 花粉症の症状がマックスに達してしまって、ティッシュを肌身離さず持ち歩いている今日この頃です。 皆さんはいかがでしょうか?

日本でも同じかもしれませんが、この花粉の時期になると、こちらでも天気予報の時に「今日の花粉予報」となるものが流れるのですが、私としては、そんなもの見なくても「私に聞いてよ~」っていう感じ。(涙)

天気予報の花粉レーダーは何を使って花粉度を測っているのか分かりませんが、私自身が「花粉レーダーなのか・・・」というくらい花粉に敏感に反応してしまい、かなり辛いものがあります。 一応薬も飲んでいるのですが、効く時は効く・・・けど、ダメな時本当に何をしてもダメみたい。(涙) 本当に勘弁して欲しいです。 

まあ、家の周り大きな木に囲まれているので仕方がないのですが、車のボンネットに黄色く花粉が積もっているのを見ると、なんだか諦めの境地に・・・。 もう少しの辛抱辛抱・・・。

さてさて、数少ない我が家のセミダブル・・・。 セミダブルって、こちらではなかなかお目にかかることがなく、あったとしても気に入ったものがあまりなかったので、近年まであまり育ていませんでした。

そもそもでも、ヘレボルス売り場でもほとんどがシングルかですよね。 こちらの地元の園芸店では、ヘレボルス売り場に株が大体30株くらいい並んでいたとしたら、その中に2、3株あるかどうか・・・の確率。 ここ数年前まで、欲しいお花に全くお目にかかることがなかったのですが、近年は少しですが、素敵な株に出会えることが出来ました。


紫のセミダブル。 形も可愛いのですよ~!
ヘレボルス・クリスマスローズ セミダブル パープル (Helleborus semi-double purple green)

ピンボケの写真でちょっと醜いのですが、イエローバイカラー(でいいのかな?)のお花。
ヘレボルス・クリスマスローズ セミダブル イエローバイカラー (Helleborus semi-double yellow bi-color)

中はこんな感じ~♪
ヘレボルス・クリスマスローズ セミダブル イエローバイカラー (Helleborus semi-double yellow bi-color)

そして今回問題なのがこの株。 
ヘレボルス・クリスマスローズ セミダブル グレープバイカラー (Helleborus semi-double grape bi-color)

グレープ色とホワイトに、うっすりグリーンが入るところなど、まさに好みそのもので、お気に入りなのですが、これってセミダブルって呼んでももいいのかなあ? なんだかシングルとセミダブルの中間・・・というようなちょっと微妙な感じのネクタリーなのですが。(笑) 
ヘレボルス・クリスマスローズ セミダブル グレープバイカラー (Helleborus semi-double grape bi-color)
どうしよう・・・と悩んだけど、とりあえずセミダブルのカテゴリーに入れておこうかな。(笑)

そうそう、自分で交配してセミダブル作るのって、セミ同士の交配がいいのかな? それともダブルとシングルの掛け合わせがが確率高いのかな?


我が家のヘレボルスの写真、もうちょっと続きます。(笑)


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

今期最後のブラックダブルとダーク系ダブル

ヘレボルス・クリスマスローズ ブラックダブルとダーク系ダブル

こちらが今期最後のブラックダブルのお花です。 前に紹介した花は、大きくてカップ咲き、黒くてコロンとした感じでしたが、こちらはちょっとフリルが入った感じでゴージャス系!?かも。

ヘレボルス・クリスマスローズ ブラックダブル
ヘレボルス・クリスマスローズ ブラック (Helleborus double black)

ブラックダブルってはかなか花つきがよくないイメージがありますが、この株は沢山花を付けてくれてます。 大株に育てて、真っ黒い花をわっさわっさ咲かせるのが夢。 黒い花が沢山咲いて、周りがなんだか怪しい感じになって欲しい・・・。(爆)
ヘレボルス・クリスマスローズ ブラック (Helleborus double black)

本当はうつむいて咲いていますが、中はこんな感じ。
ヘレボルス・クリスマスローズ ブラック (Helleborus double black)

そしてこちらはダークパープルとグリーンが混ざるお花。 
ヘレボルス・クリスマスローズ ダークパープル グリーン (Helleborus double dark purple green)

ぱっと見ただけではちょっと緑が入る濃い紫の感じだけですが・・・
ヘレボルス・クリスマスローズ ダークパープル グリーン (Helleborus double dark purple green)

中はかなり渋いです。 写真では緑があまりよく写らなかったのですが、この画像より、もう少し濃く緑が出ていると想像しながら見てください。(笑) こうゆう微妙色って何とも言えず、いいんだよなあ~! 
ヘレボルス・クリスマスローズ ダークパープル グリーン (Helleborus double dark purple green)

ダーク系って、時間がだいぶ経っても色が変わらない点が良いですよね。 淡い色だとか時間が経つと全体的に緑っぽくなってしまって、どんな花だったか分からなくなってしまうのですが・・・。 

近くに原種の雪割草(Hepatica nobilis)の紫とピンク、そして北米原産の雪割草(Hepatica acutiloba)を植えました。 いつかあたり一面に増えて欲しいな。


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

クリスマスローズ イエロー/ゴールド/アプリコット系 ((Helleborus single yellow, gold & apricot)

クリスマスローズ イエロー/ゴールド/アプリコット系 (Helleborus single yellow, gold & apricot)

ヘレボルスの季節もだいぶ終盤になりかけています。 なるべく実況中継でお伝えしたかった我が家のガーデン日記ですが、沢山のお花が咲き始め、この記事もプチ回顧録になってしまいました。 

なんだか欲張りな為、大好きな花は全部写真に収めたい・・・と思い、ちょくちょく色々な花の写真を撮ってはいるのですが、今の時期、花の咲く早さに画像亜アップが追いつけない・・・という感じ。(汗)

さてさて、イエロー、ゴールド、そしてアプリコット系・・・のお花たち。

このイエローとゴールドの境界線って、一般的に何を基準に決められているのか分かりませんが、我が家では勝手に私が「こっちはイエローかな・・・」とか「これはゴールドでしょう~」というように、適当に分類しています。(爆)

まずはゴールドと思っている!?お花から・・・ この蕾可愛いでしょ!? 
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル ゴールドフラッシュ (Helleborus single gold flush)

咲き始め
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル ゴールドフラッシュ (Helleborus single gold flush)

後ろから見るとこんな感じ。
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル ゴールドフラッシュ (Helleborus single gold flush)

こんな形でずっと咲いています。あまり開かないよう・・・。
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル ゴールドフラッシュ (Helleborus single gold flush)

写真ではネクタリーが赤くみえますが、実際はゴールドネクタリーの上の方にちょっと赤く色づいているという状態です。
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル ゴールドフラッシュ (Helleborus single gold flush)

もちろんお気に入りのお花です。
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル ゴールドフラッシュ (Helleborus single gold flush)

イエローのお花。 ダークなネクタリーが素敵~!
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル イエロー レッドアイ (Helleborus single yellow red eye)

レッドフラッシュというのか、レッドアイでいいのか・・・。 このあたりの分類ってかなり微妙。 どうなのかな?
シングル イエロー レッドアイ (Helleborus single yellow red eye)

無地のイエローも素敵ですが、個人的には何か模様があって個性があるものに惹かれます。 一番花で花弁がちょっと崩れてしまっていますが・・・。(汗)
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル イエロースポット (Helleborus single yellow spot)

地植えのため、地に這ったような格好やスクワットでカメラに収めるのですが、少でも足が痩せて欲しい・・・。
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル イエロースポット (Helleborus single yellow spot)

こちらはイエローにに紅が入る明るいお花。 こうゆう色あいって、地植えでとても映えるのでいいですよね。 遠くから見てもアピール度大。(笑)
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル イエロー レッド (Helleborus single yellow red)

中はちょっと控えめなスポット。 ダーク系も好きなのですが、このような明るい色あいも実は好きだったり・・・。
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル イエロー レッド (Helleborus single yellow red)

こう見るとこの花って「アプリ」って呼んでもいいのかな・・・なんてちょっと微妙な色あい。 人によってはアプリに分類できるのか、それともイエローバイカラーなのか? ちなみにこの株はイエローとして売られていました。
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル イエロー レッド (Helleborus single yellow red)

アップで・・・。
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル イエロー レッド (Helleborus single yellow red)

こちらは↓の花は上とは別株のアプリコットの花。 なんだか上の花↑に色あいが似ているでしょ? こちらはアプリとして購入したもの。  (株全体の様子はこちら) 

多分アプリと分類されるものは赤味が弱いどちらかといえばピンクが入るのかな?
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル アプリコット (Helleborus single apricot)

ヘレボルスの色あいの分類ってなんだか複雑というか・・・。何処までをイエローと呼んで、何処からゴールドになるのかなど、個人的な主観なども入ったりして、まちまちですよね。 特に通販や他の人に購入を依頼して、自分の目で色あいを確かめることが出来ない場合などは、自分の思ってるイメージとなんだかのギャップがあるのを多少は覚悟する必要があるかもしれませんね。 まさしくギャンブラ~の心意気!



にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

クレマチスジップ蒔き 発根確認!

 壷系クレマチスのジップ蒔き、発根確認できました!


昨年、我が家で育てているいくつかのクレマチスの種を、ブログを通じて知り合った方にお送りしたところ、その方から、ご親切にもわざわざ珍しい種類のクレマチスの種を沢山いただきました。

今まで、クレマチスの種は鉢に直に蒔いて育てていたものの、、今回はどうしても早くお花が見たかった為、発根が早くなると噂のクレマチスのジップ蒔きに初挑戦。

頂いた貴重な種、どうなることか・・・と、正直かなりドキドキしたのですが、先日ジップバッグの中の種が発根しているのを発見しました~!! (第一関門突破~

昨年11月上旬の画像。 クレマチスの種を水につけているところ。(その前に10パーセントに薄めた漂白剤に一分間つけ殺菌しました)
クレマチスの種、皮むきの準備 水につける

壷系の種はかなり大きいので、ふやけて種が底にしずんてきたら、手で簡単に皮をむくことが出来ます。
クレマチスの種の皮むきの過程

左:皮を向く前  右:中の種子。
クレマチスの種、皮むきする前の種とその後の比較

今回はすべての壷系のすべての種子の皮むきをしてみました。
クレマチスの種 皮むきした種子

少量の水をジップバッグに入れたところ。 多少湿らしたペーパータオルでも良いとのことです。
クレマチス ジップ蒔き


それから数ヵ月後・・・・

先日、なんと発根しているのを発見! かなり伸びているのを全く気づきませんでした。(汗)
クレマチス ジップ蒔き 発根

ここにも、二つ。
クレマチス ジップ蒔き 発根

本当に発根してくれて嬉しい限りです。 こうやって成長しているのを目の当たりにして大感激!
クレマチス ジップ蒔き 発根

本当はロックウールなどに植えつけたかったのですが、手元になかったので、ピートモス、パールライト、バーミュキュライトを配合して自家製シードスターティングミックスに植えつけました。
クレマチス ジップ蒔き発根後 植え付け

無事に発芽して、育ってくれますように!

沢山貴重な種を送ってくださったTさん、どうもありがとうございます!


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

夫の好み!? のクリスマスローズ

ヘレボルス・クリスマスローズ セミダブル ピンク (Helleborus semi-double pink)

クリスマスローズは”どっちでもいい派”の夫、普段は私が園芸店のヘレボ売り場で喜んでいるのを、横でただ見ているだけなのですが、なんと最近はちょっと興味が出てきたらしく、自分から進んで色々物色していました。(爆)

そんな夫が厳選した一品はなんと・・・











ピンク・・・。

ヘレボルス・クリスマスローズ セミダブル ピンク (Helleborus semi double pink)

そしてセミダブル・・・。

ヘレボルス・クリスマスローズ セミダブル ピンク (Helleborus semi double pink)

なんだか最近渋系・ダーク系ばかりに目がいっていた私と相反対に、こんな可愛いお花をセレクト。
ヘレボルス・クリスマスローズ セミダブル ピンク (Helleborus semi double pink)

正直言ってわが夫、案外見る目があるかも・・・。(←なんてちょっと偉そうに言ってみたりして・・・


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

ヘレボルス・デュメトラムの血を引く? ダブルグリーンピコティー (Helleborus double green picotee)

綺麗なグリーンのダブル


なんだかあまりにも綺麗な緑色なので、同じような写真を何枚も撮ってしまいました。 

グリーンの原種っていろいろあるけれど、このヘレボは本当に何ともいえない優しい緑色で、どうにかしてその色を写真で捉えたかったのですが、お分かりいただけるでしょうか?

私の勝手な想像なのですが、この株もしかしたら、ダブルのデュメの血がはいっているのかなあ・・・なんて。 小豆色のピコも入るのですが、同時にほんのり白色に色が抜けるところがあって、なんとなくそれっぽい。(笑)

まずはアップで・・・。
ヘレボルス・クリスマスローズ ダブル グリーンピコティー (Helleborus double green picotee)

ちょっとひいたら、こんな感じ。
ヘレボルス・クリスマスローズ ダブル グリーンピコティー (Helleborus double green picotee)

白色に色が抜けているのはデュメトラムの血が入っているからかな?
ヘレボルス・クリスマスローズ ダブルグリーンピコティー (Helleborus double green picotee)

下から覗き込むむとこんなかんじ♪
ヘレボルス・クリスマスローズ ダブルグリーンピコティー (Helleborus double green picotee)

小豆色のピコティーもアクセントになっていてとても気に入っています。
ヘレボルス・クリスマスローズ ダブル グリーンピコティー (Helleborus double green picotee)

結構花つきが良いらしく、一株に12輪咲いていますが、緑だからなんだか株と一体化してしまって、こんなに咲いているとは気づかなかった。(汗) でもこんなにがんばって咲いて来年は大丈夫かなと、ちょっと心配でもあったりします。
ヘレボルス・クリスマスローズ ダブル グリーンピコティー (Helleborus double green picotee)

自分で写真のコメントを書きながら、「よくも似たような写真を沢山掲載したもんだ・・・」とちょっと呆れてきましたが、まあ、左右両方からの写真を撮る程、この株との出会いは嬉しかったです。
ヘレボルス・クリスマスローズ ダブル グリーンピコティー (Helleborus double green picotee)

正面から撮ったところですが、本来の姿はうなだれて咲いています。 
ヘレボルス・クリスマスローズ ダブル グリーンピコティー (Helleborus double green picotee)

今日のペッパ君。 「そろそろお風呂に入らないとね・・・」といいながらカメラを向けたらこんな顔しました。(爆)
今日のペッパ。 ちょっとボサボサ・・・
我が家の地味系ヘレボルス、まだもう少し続きそうです。

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ←かわいいプードルのブログがたくさんあります♥

渋系のヘレボ (グレープ色とグリーンのバイカラー)

今年は渋系がテーマかも・・・

今までずっ~と、グレープ色とグリーンのバイカラーのヘレボルスに憧れて、毎年「欲しいなあ~」と思っていたのに全く縁がなかったこのタイプ。 今年は私の思いが通じたのか!色々好みのお花と出会うことが出来ました。 うふうふ~


写真でぱっと見たところ先日のこの株にちょっと似ているかもしれないけど、こちらは小輪で、表の色も小豆色と緑が混じったような何ともいえない色あい。 小さいお花が沢山ふらふら~っと風に揺れて風情があります。
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル グレープバイカラー (Helleborus single grape bicolor)

この花をみて小豆入り宇治茶アイスクリームを思い出すのは私だけ?
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル グレープバイカラー (Helleborus single grape bicolor)

いいなあ~!
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル グレープバイカラー (Helleborus single grape bicolor)

来年も化けずにこのまま同じに咲いて欲しいな。
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル グレープバイカラー (Helleborus single grape bicolor)

っということで、我が家のクリスマスローズ、まだもう少し続き増すので、どうぞお付き合いくださいませ。(笑)


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

アトラゲネ系のクレマチスの蕾が色づいてきました

後もう少し・・・

先日とはうって変わって今日のシアトルは肌寒い一日でした。 小雪もちらほら・・・。

庭のアトラゲネ系のクレマチスの蕾が色づいてきました。 
アトラゲネ系のクレマチスの蕾が色づいてきました
開花までもう少し・・・。


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

シアトルの桜事情 (写真)

近所の桜

シアトルの桜の名所といえば、ワシントン大学のキャンパスが有名なのですが、実は私の家の回りも沢山桜の木が植わっており、春にはとても綺麗な光景が見られます。 

とっても良い天気で気持ちがよかったので、家の周りの光景を撮ってみました。

白い桜 近所ではピンクの桜がほとんどなのですが、ここ3、4本は白の桜があります。
シアトルの桜

もう葉っぱがでてきています。
シアトルの桜

白い桜並木はこんな感じ。
シアトルの桜

こちらはピンク。 桜に関しては全く無知なので、品種も分からず、区別はピンクか白かのみ・・・(汗)
シアトルの桜

下を歩くととても良い香りが漂ってきます。
シアトルの桜

なんだか同じような写真をいっぱい撮ってしまいました。
シアトルの桜

この桜、葉は赤シソのような色をしています。
シアトルの桜

手前右に見えるのがモクレン。
シアトルの桜

ここ最近一斉に草木が芽生えはじめています。
シアトルの桜

ペッパと散歩しながらいつも色々な季節の変化を楽しんでいます。
シアトルの桜

古い桜の木が病気で枯れてしまったら、また新しく桜の木を植えているようです。
シアトルの桜

今日は本当に気持ちの良い日でした。
シアトルの桜

今日あたりが満開かもしれません。
シアトルの桜

やはり桜を見ると心がはずみます。
シアトルの桜

以前、電話で日本にいる両親に「桜が咲いているよ~!」と言ったところ、あまりにもも開花の早さに、「梅なのでは・・・」言われたことがあります。(笑) 木の木肌が、「ざらざらしている・・・」と言っていら、「そりゃ~梅の花だ」と言われたこともある?!ちょっと不思議(←私にとって)な桜でもあったりします。 木肌がざらざらしているのは木が古いからなのかな? 葉っぱは赤ジソのような深い紫赤です。

ちなみにワシントン大学のキャンパスで咲いている桜はソメイヨシノだそうです。(今現在満開で、とても綺麗だそうです。 やはり昨年より、一ヶ月早いです。


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

ヘレボルス・クリスマスローズ クリーム ピンクスポット (Helleborus double cream pink spots)

こんなに大きくなりました

未開花株のちび苗から育て、初開花が2007年。 そして翌年の2008年も順調(下から二枚の写真)に咲いてくれたのですが、去年はなぜか不調。 どうしたものかとちょっと心配しましたが、今年の2010年は大株に育ってたくさんお花をつけてくれました。

ヘレボルス・クリスマスローズ クリーム ピンクスポット(Helleborus double cream pink spots)
hellebore double cream pink spot 1

中にはやさしくピンクのスポットが入ります。
ヘレボルス・クリスマスローズ クリーム ピンクスポット(Helleborus double cream pink spots)

きれいなんだけど、なんだか一番初めに購入したダブルに似てきたりもして、ちょっと微妙・・・。
ヘレボルス・クリスマスローズ クリーム ピンクスポット(Helleborus double cream pink spots)

でも、2007年の初開花の花や翌年2008年の花と微妙に違ってきた気がしませんか? この株今までに持ってない色合いでよかったなあ・・・と喜んでいたところ、なんだか手持ちの株に極似してきてしまった・・・。 う~む ヘレボって化けるんだよなあ・・・。 この色合いでずっと落ち着くのか、来年も化け続けるのか・・・。 来年のお楽しみになりそうです。


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

庭の一角・・・

三月上旬の庭の一角

この時期、かなり花粉症がきつく、毎日喉や目がかゆくて朝起きるような状態が続いています。(涙) まさかアメリカに来てまでこんなに悩まされるとは・・・。(涙) 

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、昨日に引き続き庭の現在の庭の様子です。


イカリソウ属のエピメディウム x ワルレイエンセ Epimedium x Warieyense "Orangekonigin"
イカリソウ属のエピメディウム x ワルレイエンセ Epimedium x Warieyense

手前のピンボケの植物がヒューケラ、後ろがクリスマスローズ。 我が家には大体ヒューケラやヒューケレラ、そしてティアレラなど、大体15,6種類ほど花壇のボーダーに植えています。 色とりどりで一年中ずっと楽しめるので重宝しますよね! 園芸店では何か新しいものはないかと、いつもチェックをいれるくらい好きだったりもします。 最近のお気に入りは綺麗なピンク色のジョージアンピーチ (Georgia Peach) とオブシディアン (Obsidian) の枝変わりのミッドナイトローズ (Midnight Rose)かな。
三月上旬の庭の一角 

裏庭の50センチほどある古い木の切り株。 掘り起こすことも出来ないので、鉢を置いたり、置物を置いたりしています。
庭の一角 

今まで何もなかったところからいろいろ生えてきています。 ちょっとボサボサ。 今年は(こそは)整理しなくては・・・。
三月上旬の庭の一角 

↓の写真はアイリス ラジカ (Iris lazica)という常緑の葉のアヤメ。 カンザキアヤメ(寒咲菖蒲 Iris unguicularis)とかなり似ており、晩冬、あるいは春一番に咲く北東トルコやジョージ原産のアアヤメです。

育てる環境は Unguicularesと違って、明るい日陰で湿ったところがベストということですが、我が家では西日がガンガン当たるところでがんばってもらっています。 今のところ大丈夫みたい。(爆)

やっぱりこの時期に咲く花は本当にありがたい・・・。

アイリス ラジカ (Iris lazica)
アイリス ラジカ (Iris lazica)


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

3月上旬シアトルの庭で咲いているお花たち・・・

色々咲き始めています♪

クリスマスローズも次々に開花し、今では満開を少し過ぎたところですが、他にも色々な花が咲き始めています。
三月上旬の我が家の庭の花たちの一部をご紹介。

↓の花、いい感じになってきたアイリス ヘルモダクチュルス・トゥベロサ (Iris / Hermodactylus tuberosa)。 アイリスのような細長い葉っぱの中から、ふと気がつくとにょっきり顔をのぞかせています。 なんだか去年の写真に比べるとさらに貫禄がついたように感じるのですが・・・。(笑) 色は地味なのにインパクト大~!

アイリス ヘルモダクチュルス・トゥベロサ (Iris / Hermodactylus tuberosa)
アイリス ヘルモダクチュルス・トゥベロサ (Iris / Hermodactylus tuberosa)

春咲きの原種のシクラメン コウム 'シルバーリーフ'(cyclamen coum 'silver leaf')シルバーリーフというのに葉っぱは緑・・・。 ナゼだろう? シャクナゲの下で咲いています。
シクラメン コウム ’シルバーリーフ’(cyclamen coum 'silver leaf')

クロッカス (Crocus)。 この他に黄色や白など色々なクロッカスがあるのですが、ガーデニングに目覚めた頃購入したもので、品種は分からなくなってしまってます。 おまけにリスが球根を掘り返し、後から食べるつもりか球根をあちらこちらに隠したつもりですっかり忘れてしまっているようなので、庭の思いがけないあちらこちらからひょっこり咲いていたりもします。 
クロッカス (Crocus)

原種チューリップ ビフローラ (Tulipa biflora) 実は昨秋30球くらい植えたのですが、スペースを空けすぎて植えたのか、ちょっと間隔が空けすぎちゃったかな・・・って感じで咲いています。 夫は中が青いチューリップ・アルバ・コエルレア・オクラータ(Tulipa humilus 'Alba Coerulea Oculata' )を自分の花、このチューリップ ビフローラ がわたしの花と勝手に思っているらしく、開花が遅れたのを「負けた・・・」と悔しがっていました。
原種チューリップ ビフローラ (Tulipa biflora)

↓おなじみ玉咲きサクラソウ。 白色も健在です。

プリムラ ・デンティキュラータ (Primula Denticulata-玉咲桜草)
プリムラ ・デンティキュラータ (Primula Denticulata-玉咲桜草)

西洋キバナセツブンソウはコボレダネから小さな芽が沢山出てきています。日本の白い節分草も憧れるなあ~。

西洋キバナセツブンソウ (Eranthis cilicica)
西洋キバナセツブンソウ (Eranthis cilicica)

去年は咲く時期がちょうどぴったりだった黄花節分草とイエローフラッシュのクリスマスローズですが、今年はクリスマスローズのほうが一足開花が早かったようです。 

西洋キバナセツブンソウとシングルイエローヘレボルス
西洋キバナセツブンソウとシングルイエローヘレボルス (Eranthis cilicica & single yellow flush helleborus)

大好きなプリムラ ゴールドレース (Primula 'Gold Lace')
プリムラ ゴールドレース (Primula  'Gold Lace')

シルバーも好き~!プリムラ シルバーレース(Primula 'Silver Lace')
プリムラ シルバーレース(Primula  'Silver Lace')

ムスカリ アズレウム (Muscari azureum)
ムスカリ アズレウム (Muscari azureum)

ちょっと長くなってしまったので今日はこの辺で。 また後ほど庭の様子も紹介しますね!

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

野性味あふれる小輪ヘレボルス (Helleborus single green blotch)

原種の匂いが残るクリスマスローズ

今期は原種の面影が残った渋めの素敵なシングルにいろいろ会うことが出来ました。 これもその中のひとつ・・・。

小さなお花です。
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル グリーン ブロッチ (Helleborus single green blotch)

真正面アップで。(笑)
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル グリーン ブロッチ (Helleborus single green blotch)

爽やかというか、渋いというか、本当に素敵なお花です。
ヘレボルス・クリスマスローズ シングル グリーン ブロッチ (Helleborus single green blotch)

っが、問題はこのような渋系のお花、地植えにした時どのように植えたら自然にかつ素敵に見えるだろうか・・・という課題。 

庭の中での緑の花って、目立たない存在になってしまうの常なのですが、目立たなくても、気づかれない存在になってしまわないように、上手くアレンジできるかどうかちょっと頭を悩ませます。 他の植物との組み合わせ、色あいなどどなたか良いアイディア、ご存知でしょうか?

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

優しい趣のアプリコット色のクリスマスローズ 

ヘレボルス/クリスマスローズ シングル アプリコット (hellebore single soft apricot)

我が家にあるアプリコットのヘレボルスの中で一番アプリコットらしい色あいのお花。

どちらかといえば、スポットはあまり好きではないと思っていた私ですが、案外スポットの入り具合でおしゃれに見えたり引き締まって見えたりするから不思議です。 この花はやはりスポットが入っていた方が可愛く見えるかな?

ヘレボルス/クリスマスローズ シングル アプリコット (hellebore single soft apricot)"
ヘレボルス/クリスマスローズ シングル アプリコット (hellebore single soft apricot)

後ろから見るとこんな感じ。
ヘレボルス/クリスマスローズ シングル アプリコット (hellebore single soft apricot)

本当に柔らかく優しい色あいで、眺めているだけでなんだかほんわ~りした気持ちなってきます。

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

ヘレボルス/クリスマスローズ ネオン? (hellebore neon shade)

UKのナーセリー アッシュウッドのネオンに似ている?

今まで何も思わず過ごしてきたのですが、クリスマスローズは「どっちでもよい派」の夫でさえのお気に入りのこの株、もしかしてAshwood nurseriesのネオン(というシリーズ)に似ているかなあ?・・・と、ふと思えてきました。(爆)

アッシュウッドのヘレボルスギャラリーを見ていた時に気づいたのですが、うちの花とアッシュのサイトに掲載されてあるネオンと名づけられた花、花色にしろ、ネクタリーの色にしろ、なんとなく似ていると思いませんか? 今までこの花、どうやって表現したらいいのかな・・・なんて思っていたところ、(一応アプリコットフラシュという描写が一番合うかなあ・・・)なんだかネオンというように呼ばれているみたい・・・。 確かに遠くから見ても目立ち、輝いて見えます。(爆)

でもよく見ると、その他にも、一ページ目のPeach/Apricot Picottes (Streaked)というものにも似ているような・・・。(笑) 

まあ、所詮ネオンに憧れて、ネオンが欲しい・・・という買い方をしたのではなく、単にこの花を店頭で見て気に入って買ったのでネオンじゃなくても全く良いのですが・・・。 (一体ネオンってどんな花?!)

ヘレボルス/クリスマスローズ ネオン? (hellebore neon shade)

ヘレボルス/クリスマスローズ ネオン? (hellebore neon shade)

ヘレボって固体差があるので、なかなか一つのジャンルにまとめてしまうのって難しい気もしなくでもないのですが・・・。

一体アッシュのネオンとなるものががどんな色あいなのかなあ・・・と興味が沸いたので、ちょっとだけ画像検索したのですが、決め手となるような画像にめぐり合えませんでした。(検索の仕方がよくないのかなあ・・・)

っあ、でもネオンって葉がとても黄色くなるんでしたっけ?! だったらうちのは違うかも・・・。(笑) それにネオンってアッシュウッドのトレードマークでしたっけ?(さらに疑問・・・) だったら似ていてもアシュ産じゃなかったらネオンって呼ばないのかな?(奥深い・・・爆)

どなたかご存知の方、詳しい方・・・教えてください~!


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

究極のブラックダブルって一体・・・?

黒系・ダーク系ダブルのクリスマスローズ

最近ふと思うのだけど、ヘレボルスの究極の黒とは一体どんな色なんだろう・・・と。 我が家には私的にブラックと分類しても良いのかな?・・・と思う株が3株あるのですが、この手の色あいって光の加減で随分色見え方が変わるし、結局のところ、花色の黒色って紫や赤色が濃くなった色が黒っぽく見えるだけの話で、本当の黒色なんてあるわけないのだし・・・。

と言うことで、我が家では(というより私が勝手に)クリスマスローズの「黒」の基準はクロユリの黒より黒かったらOKということにしちゃってます。(爆) 

鉢植えでクリスマスローズを愛でる方にとっては、微妙な黒の濃淡もかなり気になるところかも知れませんが、我が家では、ぼ~んと地植え育ており、他の黒同士を並べて比べるということもないので、こんないい加減な黒の分類でいいのでは・・・と思っています。(笑)

しかし、この黒系の花って腕のせいもあるのでしょうが、写真に本来の色あいを表現するのが難しくて、なかなか肉眼のように写ってくれません。 このカメラではちょっと色飛びしちゃって薄く写ってしまう傾向があるのですが、短気なので、2回取り直して諦めました。(涙)

黒系のダブルって小ぶりなものが多い中、今期はちょっとぼってりとした株をセレクト。 この株のまわりにスノードロップなどを植えたらいいかな・・・って考えているのですが、うまくまとまるかなあ?
ヘレボルス/クリスマスローズ ダーク系・ブラック ダブル (hellebore double black)

色あいは写真で色々撮ってみましたが、これが限度。 実際はもうちょっとダークな感じかな。
ヘレボルス/クリスマスローズ ダーク系・ブラック ダブル (hellebore double black)

中を写すとどうしても光が透けてしまうので薄く写るのですが、実際花はうなだれて咲いているので、自然の状態では上二枚のように見えます。
ヘレボルス/クリスマスローズ ダーク系・ブラック ダブル (hellebore double black)

こちらは地植えしてある小ぶりの株。 今年のシアトルは暖冬だった為か、ちょっと赤味が強く出てきました。 
ヘレボルス/クリスマスローズ ダーク系・ブラック ダブル (hellebore double black)

この写真は大体3週間前のもの。今では小さな花が沢山咲いています。
ヘレボルス/クリスマスローズ ダーク系・ブラック ダブル (hellebore double black)

今日(2月28日)の様子 下から蕾が上がってきてもう暫く楽しめそうです。
ヘレボルス/クリスマスローズ ダーク系・ブラック ダブル (hellebore double black)


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

Profile

 ペッパママ

Author: ペッパママ
♥ばら♥バラ♥薔薇♥Rose♥
クレマチス、ヘレボルス、雪割草、
山野草 (特に原種の百合、バイモ属にはじまり、テンナンショウ属、
カンアオイ属、ウマノスズクサ属
などちょっと渋めの花など)
色々なジャンルの花をこよなく
愛す筆者が、アメリカはシアトル
での園芸ライフを綴っています。 

世界中の花好きの方々と
花の輪が広がれば楽しいです♪

我が家の愛犬ペッパも
時々登場しますので
どうぞ宜しくお願いします。

このブログ内の写真は、特に記載
のない限り、すべてシアトルの
我が家の庭で大切に育てている
( 育てていた^^; ) 植物達です。

気軽にコメント、感想など
頂けるととても嬉しいです!

*************************
Hi, I'm a Japanese living in the
Seattle area. I love gardening
& enjoy growing roses, clematis, hellebores, Hepatica, & woodland plants.

I especially love spring
ephemerals like Erythronium,
Trillium, and Fritillaria, and I also
like species lilies, Arisaema,
Asarum,Aristolochia, and both
species and hybrids of clematis
and hellebores.

I've also started discovering
many wonderful plants that I
never knew existed, and have
rediscovered the joy of growing
plants from seed (even ones
that I used to plant as bulbs).

I would love to exchange seeds
with folks who have similar
passions! Looking forward to
hearing from you!

画像掲示板 (BBS)

世界中の花好きの方々とお花の輪が広がればと思い、画像掲示板を設置しました♪ ガーデニング、花画像がメインとなりますが、皆様の 散策、季節模様、愛犬(ペット)等の写真もお待ちしてます! 掲示板

Translate

English French German Spain Italian Dutch Russian Portuguese Japanese Korean Arabic Chinese Simplified

現在のシアトルの天気

Calendar

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Copyright

このブログ内の写真およびコンテンツの無断転写・複製はご遠慮ください。 また写真の修正・加工、あるいは商用利用等は固く禁じます。 写真のご利用の希望の際は、メールにてご一報ください。  

…………………………………… All pictures and contents are copyrighted and protected by US and international law. Use, reproduction, or modification in any manner without written permission is prohibited and will be prosecuted to the fullest extent of the law.

Mail

Name:
Your Address:
Title:
Comments:

Recent Articles

Category

コメントありがとう!

Search

遊びに来てくれた人達


ブロとも申請フォーム

リンク

Visitors

今日の名言



presented by 地球の名言

園芸・プードル関連のブログ

blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ

QRコード

QR
このブログに掲載されている写真等の無断転写・複製・商用利用等は固く禁じます。 Copyright © ペッパママ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。