スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリムラ・ポリアンサ・ゴールドレース ブラック (Primula Polyanthus 'Gold Lace Black')

プリムラ・ポリアンサ・ゴールドレース ブラック (Primula Polyanthus 'Gold Lace Black')

訂正: 実はプリムラ・エラチオール‘ゴールドレース’(Primula elatior 'Gold Lace')でした。 詳しくは下の追記をご覧下さい。

今年もかわいらしいプリムラ・ポリアンサ・ゴールドレース ブラックが元気に咲き始めました。 黒と黄色のコンビネーションがとても印象的なかわいらしいお花で、とても気に入っています。 

プリムラ・ポリアンサ・ゴールドレース ブラック (Primula Polyanthus 'Gold Lace Black')の花
プリムラ・ポリアンサ・ゴールドレース Primula Polyanthus 'Gold Lace Black'

我が家のプリムラ、夜盗虫とナメクジの餌食によくなるのですが、今年は早めのパトロールで何とか葉っぱを保っています。 (隣のプリムラには物凄い大きい夜盗虫が潜んでいて危機一髪でした。汗)

追記: てっきりプリムラ・ポリアンサ・ゴールドレースと思っていたのですが、先ほどふと庭に出てラベルと見てみるとプリムラ・エラチオール‘ゴールドレース’ (Primula elatior 'Gold Lace')と書かれているのに気づきました。 今まで一年以上ずっとポリアンサと思っていた自分に愕然・・・。 かなりいい加減でした。(汗) でも、Primula Polyanthus 'Gold Lace Black'として検索してみると、有名な通販のサイトにもたどり着くのですが、一体どうなっているのでしょう・・・。 我が家のプリムラ・エラチオール‘ゴールドレース’とプリムラ・ポリアンサ ’ゴールドレース’はまたまったく別物なのでしょうか? どなたかご存知の方がいらしたら是非教えてください。

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥
スポンサーサイト

種から育てたクリスマスローズ ピンク編3

種から育てたクリスマスローズ ピンク編3

先日に引き続き、こぼれ種から咲いたクリスマスローズピンク編第三弾。 たいした花ではないのですが、せっかく咲いたのでここでお披露目。 

後ろから見るとちょっとベインが入っていてかなり好みです。
pink spots3-1

スポットもベインもなんだか中途半端ですが、なんだかこれはこれで優しい感じがします。
pink spots3-2

上と比べるとベインがちょっと柔らかく入っていますが・・・。
pink spots4-1

こちらはグリーンがもっと鮮明。 スポットも割とはっきりしていますが、花の形は上とよく似ています。
pink spots4-2

スポットもベインも柔らかくうっすらグリーンが入るものです。
pink spots5-1

色あいがかなり薄い優しい趣の花です。
pink spots6-1


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

種から育てたクリスマスローズ ピンク編2

種から育てたクリスマスローズ ピンク編2

昨日に続き、こぼれ種から育った我が家のクリスマスローズ、ピンク編第二弾。 まあ、自家受粉だからどれも似ている感じの花なのですが、写真に撮ってみると微妙にみんな違うのが分かり、個人的にはとても興味深い感じがします。

これはかなり丈夫な株で毎年沢山咲きます。 背丈も割と高くなるので、花壇に植えていてもガク片が痛まず綺麗に咲いてくれます。
クリスマスローズ ピンク スポット (Helleborus Pink Spots)

クリスマスローズ ピンク スポット (Helleborus Pink Spots)

後ろから見ると本当に皆同じように見えるのですが、こちらはパウダーのような細かいスポット入りの花。 これは咲き進んでも平咲きにならず、抱え咲きのかわいい状態がずっと続きます。
クリスマスローズ ピンク スポット (Helleborus Pink Spots)

クリスマスローズ ピンク スポット (Helleborus Pink Spots)

ピンクとグリーンの入った花です。 昨日はこの色あいの花でスポットなしの花を掲載したのですが、こちらは全体に均等にスポットがはいったものです。 
クリスマスローズ ピンク & グリーン スポット (Helleborus pink & Green spots) 

クリスマスローズ ピンク & グリーン スポット (Helleborus pink & Green spots)

全く手をかけず、放任自家受粉(爆)でコボレ種から育ったものですが、色々微妙なバライエティーが出てきて面白いと思った今日この頃です。

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

種から育てたクリスマスローズ ピンク編1

種から育てたクリスマスローズ ピンク編1

こぼれ種から育った我が家のクリスマスローズ。 とりわけ珍しい花・・・という訳ではありませんが、今年も色々咲きました。 なんだか似ているのですが、よく見ると微妙に違いがあるのですよね。 沢山似たような感じの花が咲いたので、今年も近所の方にいくつかおすそ分けしました。

この花の親株は微妙にスポットが入るのですが、花の色あい、形は親株とそっくりでスポットが入らずに咲きました。
ヘレボレス ピンク & グリーン (Helleborus pink & Green)

正面から・・・
ヘレボルス ピンク & グリーン (Helleborus pink & Green) 

ちょっとアップで・・・。
クリスマスローズ ピンク & グリーン (Helleborus pink & Green) 

これは後ろから見ると同じような花が沢山あるのですが、濃い赤のスポットが沢山入っているもの。
ヘレボルス ダークピンク スポット (Helleborus Dark Pink Spots) 

やはりうつむいて咲いています。
ヘレボレス ダークピンク スポット (Helleborus Dark Pink Spots) 

渋めの色あいが結構気に入っています。
クリスマスローズ ダークピンク スポット (Helleborus Dark Pink Spots) 

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

地中海の不思議なアイリス ヘルモダクチュルス・トゥベロサ (Hermodactylus tuberosa)

地中海の不思議なアイリス ヘルモダクチュルス・トゥベロサ (Hermodactylus tuberosa)

グリーンと黒の不思議な色のコンビネーションのアイリスに似たこの花、実は名前がコロコロ変わっているらしく、一番初めは Iris tuberosaと呼ばれ、次にHermodactylus tuberosaになり、今は一番初めの名前に戻って Iris tuberosa と呼ばれているとのことです。 

花は緑と黒、綺麗というより不思議とかユニークとかいう表現がぴったりのアイリスですが、好き嫌いが分かれそうですね。 黒花愛好家の私としてはここは外せない不思議な花の一つです。 香りがあるとのことですが、覚えてないなあ・・・。 顔を近づけないと香りが分からないのかも・・・。

ヘルモダクチュルス・トゥベロサ (Hermodactylus tuberosa)
ヘルモダクチュルス・トゥベロサ (Hermodactylus tuberosa)

ヘルモダクチュルス・トゥベロサ (Hermodactylus tuberosa)後ろから見たらこんな感じ。
ヘルモダクチュルス・トゥベロサ (Hermodactylus tuberosa) 

ど~んと真正面から・・・。(笑)
ヘルモダクチュルス・トゥベロサ (Hermodactylus tuberosa) 

アメリカでは俗名 ’Snake's Head Iris’と呼ばれています。 蛇の頭・・・?

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

アメリカのナメクジ

アメリカのナメクジ

アメリカのナメクジ・・・と言ってもきっと色々な種類があると思うのですが、これは我が家のシアトルの庭でよく出没する憎きやつ・・・。 今日は朝から大雨だったのですが、ちょっと晴れ間が見えたので、開花まであともう一歩のカタクリをチェックしていたら、ぎょえっ~!! かなりデカイものを発見・・・。 ここまで成長しているということはどれだけ私の愛おしい植物を食い荒らしたのでしょう・・・。 悔しっ!

アメリカのナメクジ (Slug)

ナメクジ

ものさしなんかでサイズ測っている場合じゃなのですが、今回はちょっと大きめだったのでチェック~! 約一インチ強というところでしょうか・・・。(3センチくらいかな?) 

お願いだから、食べるのだったらカタクリじゃなく雑草を食べて頂きたい・・・です。

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

Helleborus lividus Crûg Form と H. argutifolius 'Janet Starnes' など等

ヘレボラス・リビダス’コラッグ フォーム’とヘレボルス・アルグチフォリウス ’ジャネット スターンズ ’など等

木立性のクリスマスローズでシアトル辺りの気候では背丈が1メートルくらいまで成長すると思われるこのヘレボラス・リビダス’と ヘレボルス・アルグチフォリウス、冬、すべての植物が枯れてしまっている時期にこのような常緑の葉っぱで背丈があるものがあるというのは結構貴重な存在です。 

リビダスもアルグチフォリウスもかなり似ているのですが、リビダスの葉はアルグチフォリウスのようにギザギザになっていなく、茎が赤かったりなどの違いがあるそうです。 アルグチフォリウスはコルシカンヘレボルスと呼ばれていたのですが、なんだか最近では アルグチフォリウスと呼ばれるのが一般化されているようです。 なんだかややこしい・・・と思うのは私だけ?

ヘレボラス・リビダス コラッグ フォーム (Helleborus lividus Crûg Form)の花
ヘレボラス・リビダス コラッグ フォーム (Helleborus lividus Crûg Form)

ヘレボルス・リビダス コラッグ フォーム (Helleborus lividus Crûg Form)の全体像
ヘレボルス・リビダス コラッグ フォーム (Helleborus lividus Crûg Form)

ヘレボラス・アルグチフォリウス ’ジャネット スターンズ’の花
ヘレボラス・アルグチフォリウス ジャネット スターンズ (Helleborus argutifolius 'Janet Starnes' )

ヘレボレス・アルグチフォリウス ’ジャネット スターンズ’の葉。 上のリビダスの葉と比べるとギザギザしているのが分かります。 ’ジャネット スターンズ’はアルグチフォリウスの斑入り品種。
ヘレボレス・アルグチフォリウス ジャネット スターンズ (Helleborus argutifolius 'Janet Starnes' ) 

全体はこんな感じ・・・。
ヘレボルス・アルグチフォリウス ジャネット スターンズ (Helleborus argutifolius 'Janet Starnes' ) 

ヘレボルス・アルグチフォリウス (Helleborus argutifolius)の花。 
ヘレボルス・アルグチフォリウス  (Helleborus argutifolius) 

毎年大きくなりすぎるのでいつも葉を切って調整しています。 上の種類もそうですが、この株も背丈が高くなるので、サポートが入ります。 我が家の地植えの場合ですが、シアトルくらいの涼しい気候では日陰よりも日向で育てた方が元気に成長するような気がします。
ヘレボルス・アルグチフォリウス (Helleborus argutifolius) 

花自体はあまり目立たないのですが、この時期に割と背丈の高い常緑の植物があるというのはかなり貴重な存在です。 なぜかか近所の方に評判が良い様で、通りがかりいつも褒めてくれます♪

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

クリスマスローズ ブラックダブルの道は険しい・・・

やっぱりシングル・・・

去年はブラックダブルのはずだけど・・・のクリスマスローズ、やはり私のかすかな期待をばっさり裏切り、今年もしっかりとシングルで咲いてくれました。 

はあ~やはり現実は厳しいですね。 どこかで読んだのだけど、ダブルのブラック同士をプロの方が交配してもダブルのブラックが出てくる可能性は30パーセント以下だとか。 ブラックが咲いてもダブルで咲く確率が非常に低い・・・と聞いたことがあります。 難しいのですねえ・・・やはり。 それでは、ミックス株でこんな希少なものが出るなんてやはりくじ運の悪い私に当たるはずがない・・・訳です。 

でも実はとてもお気に入りのシングルです。 今年はスレートブラックのような黒にちょっと白い粉が吹いたような感じのシングルを購入しましたが、これは紫が究極に濃くなった感じで白い粉を吹いた感じにはなりません。 よく形の整った丸弁の中小輪でネクタリーにスジが入り、とても端正なお花です。

クリスマスローズ ブラックの蕾
クリスマスローズ ブラック (Helleborus Black)  

開いた写真。 丸弁で本当にかわいらしいです。
ヘレボルス ブラック (Helleborus Black)  

アップで・・・。(笑) ネクタリーにスジが入っているのがお分かりでしょうか?
ヘレボレス ブラック (Helleborus Black)  

日本では物凄い値段で取引されているブラックダブル・・・。 そう簡単にちび苗ミックス株から出てくる可能性はほとんどゼロですね・・・。 でもミックスのちび苗って、咲くまでの時間、夢を見れるところにロマンがあると思いませんか?(笑)

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

球根を種から増やしてみる・・・ (西洋黄花節分草)

種から増やそう山野草♪

西洋黄花節分草・・・。 実は球根が痩せてしまうかな・・・と心配して2年前までは、咲き終わったら花がらをきちんと摘んでいたのですが、去年興味半分で種を作って蒔いてみようと思い、出来た種をパラパラ・・・と咲いた球根の近くに蒔いてみました。

先月2月23日に撮影したキバナ節分草。
西洋黄花節分草

上の写真から約一ヶ月後、今年もまた種房がふくらんできています。
セイヨウキバナセツブンソウ

そしてすっかり忘れてしまった一年後の今年、沢山の子供達が増えていました。  手入れなども全くせず、ただ出来た種を地面に落としただけなのですが、 ちゃんとかわいらしい円形状のシャキシャキした苞葉 (ほうよう: 花のすぐしたの葉の変形したもの) が沢山出てきました。 
種から発芽したセイヨウキバナセツブンソウ

花が咲くまで後何年かかるでしょう・・・。 何年後には毎年新しく沢山花が咲くといいな・・・と期待しながら、今年もまた種をまいてみます。 

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

交配したバラが発芽しました~!

青バラのグランディフローラ ’コロン’ x 同じく青バラのフロリバンダ ’ブルーバユー’の発芽

昨日まで全く発芽の様子が見られなかったのですが、今日なんと1月に蒔いたバラの種が発芽しているのを発見しました。 

一番乗りに発芽したのは青バラでとても香りのよい青バラのグランディフローラの’コロン’と赤味がだいぶ薄い青系のフロリバンダ ’ブルーバユー’を交配したもの。 今日確認できたものは2つほどでした。

’コロン’ x ’ブルーバユー’の発芽1
コロン x ブルーバユー 交配1

’コロン’ x ’ブルーバユー’の発芽2
コロン x ブルーバユー 交配2

本当はとても小さいのですが、アップで写してみると双葉にもちょっとギザギザしているのが見えます。 

そしてこちら以下二枚の写真は上のバラの双葉よりもかなり小さい、雑草と思われる双葉・・・。
多分雑草1・・・?

これも雑草でしょう・・・。
多分雑草1・・・?

コロンxブルーバユーの双葉よりかなり小さくカメラでは双葉のギザギザが確認できないのですが、きっとこれはバラの双葉ではないような・・・。 最近ちょうど気温が上がってきているので、雑草まで発芽の開始がはじまったようです。 上の2枚はほぼ雑草だと思っているのですが念のためにこのまま観察してみようと思います。

この’コロン’ x ’ブルーバユー’の種は1月21日に植えたとの記録があります。 とりあえず去年よりだいぶ早く発芽した今年のバラの交配、さて無事にさいてくれるでしょうか・・・。 楽しみです。 


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

もしかして、あのネマトーダ? (Root-knot nematodes)

悪夢・・・。 もしかして、これがかの悪名高きネマトーダ?
(お騒がせしました・・・。 ネマトーダではなく、貯蔵根のことでした。 ↓の追記をご覧下さい)

もうびっくりしました、というかショックです。 義理母の植えたコクリュウがかなり増えたので、違うところに移植しようと土から抜いてみると、ぎょえ~!!、もしかしてこれがあの悪名高きネコブというやつですか・・・? 

クレマチスや芋やイチゴなどにつくというのは聞いたことがあるのだけれど、コクリュウがネマトーダ?とは検索しても出てこないし・・・。 本当にこれはネマトーダでしょうか・・・? 実に立派なこぶですが、不思議なことはこのコクリュウ、私たちがこの家に住む前から植わっていたものなのですが、全く衰弱の様子がなく、今回は増えてきたので、違うところに株分けしようか・・・ということで掘った時発見したというもの。 おまけにこのすぐ隣(2センチも離れてないところ)にコクリュウに全くよく似た葉で色が黄色のもの・・・(コクリュウのイエローバージョンのような感じ)のもの根は全くこのようなものが見られず、自分でもどうゆうことか状況がよく理解できていません。 

これが抜いたコクリュウ・・・
ネコブに侵されたコクリュウ? (Root-knot nematodes)

以下の写真より、ちょっと気持ち悪いです・・・。
ネマトーダ? (Root-knot nematodes) 

センチュウ? (Root-knot nematodes)  

ネマトーダ? (Root-knot nematodes)  

ネマトーダ? (Root-knot nematodes)  

ネマトーダ? (Root-knot nematodes) 

ネマトーダ? (Root-knot nematodes) 

ざっと検索したら、ネマトーダだったら、土ごと処分・・・と、かなり絶望的な処理の仕方がほとんどだったのですが、そんな殺生なあ~。 こぶを全部除いて、何かいい殺菌剤で洗浄して、マリーゴールドを植え込んだとしても、復活は無理なのかしら・・・。 心配です・・・。(竜涙) かなり憂鬱・・・。

ネマトリンエース粒剤 が土壌線虫類を含む土壌害虫類に効くと分かったのですが、アメリカだったら、なんと言う名前でうられているのかしら・・。 日本だったら、すぐ買いに行くのに・・・。(涙) もし主要成分などが分かる方がいらしたら是非教えてください。

翌日の追記・・・

ネマトーダとか、ネコブなど散々お騒がせしましたが、色々な方のアドバイスよりコクリュウのようなOphiopogon系の植物は根にこのようなものが出来るとのことです。 コメントをくださったKaffeさんのおっしゃるとおり、このこぶは漢方にも使われるとの情報も確認できました。 (http://en.wikipedia.org/wiki/Ophiopogon)

これで心底安心できました。 本当にKaffeさんを始め皆さんのアドバイスがなかったら、もう少しで全部抜くところでした。 アドバイスどうもありがとうございました。


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

My Plant Wish Lists

08年度バージョン 欲しい植物のリスト (三月の覚え書き - 今後変わる可能性十分あり)

ペッパもお花が欲しいです~♪


エンレイソウ
・Trillium vaseyi
・Trillium rivale
・Trillium catesbaei

クレマチス
・Clematis viticella 'Flore Pleno' (Clematis viticella “Mary Rose” 入手不可能)
・Clematis glaucophylla
・Clematis versicolor
・Clematis reticulata
・Clematis carrizoensis
・Clematis socialis (入手不可能))
・Clematis baldwinii
・Clematis 'Albina Plena'
・Clemaits alpina var. siberica

オダマキ
・Semiaquilegia ecalcarata (Aquilegia ecalcarata) 風鈴オダマキ
・Aquilegia jonesii

デルフィニウム
・Delphinium 'Coral Sunset'

セツブンソウ
・Eranthis pinnatifida (日本のセツブンソウ)
・Eranthis hyemalis 'Flore Pleno'
・Eranthis 'Schwefelglanz'

フリチラリア
・Fritillaria glauca 'Sunray'
・Fritillaria minuta
・Fritillaria biflora 'Martha Roderick'
・Fritillaria camschatcensis 'Aurea'
・他、日本のコバイモ系もいいな♥

カタクリ
・Erythronium elegans

アマナ
・Tulipa edulis

など等、ざ~と気になる植物をあげていったのですが、いくつかを除いて、こちらではほとんど入手が困難なものばかりです。 さて、今年はいくつ育てることが出来るかな。 それとも去年のように夏辺りにはすっかり忘れてしまうのかも・・・。 いちよう夫にこのページを見せてみようっと・・。(爆)

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

3月中旬にシアトルの庭で咲いている花たち・・・

ムスカリ、水仙、ミニアイリス、スノードロップ、プシキニア

クリスマスローズもまだまだ咲いていますが、庭の花たちもようやく色々開花してきました。 

やはり去年に引き続き、今年も我が家にあるムスカリの中では一番早く開花したムスカリ アズレウム (Muscari azureum)。 これはムスカリ・アルメニアクム (Muscari Armeniacum)のように秋口からタラタラ葉っぱが伸びるものではありません。 5ヶ月くらいタラタラ葉っぱだけ伸び、ちょっと興ざめ・・・してしまうのは、勝手な言い分かもしれませんが、やはり小奇麗にしてもらいたいものです。 このムスカリ アズレウム (Muscari azureum)はオッケ~♪です。
ムスカリ アズレウム (Muscari azureum)

名無しの水仙・・・(と言っても、本当はちゃんと名前があるはず。 私が知らないだけです・・・
水仙 (Daffodil)

これも名前不明。 確か水仙ミックスかなんかで植えたような・・・。
水仙 (Daffodil) 

これは去年怒って記事を書いた例のアイス・フォーリス。 水仙アイスキング(Ice King)として球根を買ったのに、2年間アイスキングで咲いた後は先祖返りしてして一重のアイスフォーリス(Ice Follies)で咲き続けてます。(涙)
水仙 (Daffodil) 

我が家のスノードロップ・・・。 去年もこんな感じでしょぼかったので球根を秋に買いたそう・・・なんて思っていたのに、秋にはすっかり忘れてしまい、今年もしょぼい感じで咲いています。 ちゃんと肥料とあげて、今年の秋にはまた買い足そう~! (二重のもいいし、緑の模様のところが黄色いG. nivalis 'Sandersii'やG. nivalis 'Lutescens' がすごく欲しいのだけど、アメリカには何処にも売ってない・・・。竜涙) 出来ることなら、イギリスに行って買いだめしてきたい気持ちです。
スノードロップ (Galanthus nivalis)

今年も豪華に咲いてくれたミニアイリス キャサリン・ホッジキン (Iris Histrioides 'Katharine Hodgkin')。 植えたときには5球くらいだったのに5、6年でこんなに増えました。 これはいくら増えてもウェルカム~です♥
ミニアイリス キャサリン・ホッジキン (Iris Histrioides 'Katharine Hodgkin')

一方、ミニアイリスのレティクラタ ポリーン (Iris Reticulata 'Pauline')の方は、上のキャサリン・ホッジキンと同じ年に植えたのに、それほど増えた感じがしません。きっと近くに秋口から葉っぱの伸びるムスカリ・アルメニアクム (Muscari Armeniacum)の陰に隠れてしまって生育がさまたげられているのでは・・・ちょっと心配です。 毎年ちゃんとさいてくれますが、近くのムスカリ・アルメニアクム (Muscari Armeniacum)を抜くかどうか・・・と迷っているところです。
アイリス、レティクラタ ポリーン (Iris Reticulata 'Pauline')

同じくミニアイリス・レティクラタ (Iris Reticulata)。 こちらも同上、ムスカリの陰でひっそり咲きました。
アイリス・レティクラタ (Iris Reticulata)

青のプシキニア・スキロイデス・リバノテイカ (Puschkinia scilloides var.libanotica)は一ヶ月前から咲き始めたのですが、白花のプシキニア・アルバ (Puschkinia scilloides Alba)ほうはようやく最近開花がはじまりました。
プシキニア・アルバ (Puschkinia scilloides Alba) 

最後におまけ・・・。 最近のペッパです。 相変わらず空飛ぶ飛行機や鳥を追いかけながら庭中を駆け回るので、ポッキリと折れてしまったクリスマスローズやヒヤシンスなど被害が数本出ています。 アチャ~!と思った時にはすでに遅し・・・。 全身脱力してしまうことがたびたびです。(苦笑)
庭で遊ぶペッパ

でも、こんな目つきでジロ~とされたり、ペッパが楽しく庭で遊んでいる姿を見ると、しょうがないわ・・・と諦めモードには入れます。

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ←かわいいプードルのブログがたくさんあります♥

クレマチス・シルホサ・フレックス (Clematis cirrhosa var. purpurascens 'Freckles')

クレマチス・シルホサ・フレックス (Clematis cirrhosa var. purpurascens 'Freckles')

かなり前から咲き始めていたのだけどすっかり忘れてしまっていた冬咲きのクレマチス、シルホサ・フレックス。 植えた当初は、冬には枯れ枝になってしまうアルピナのパメラジャックマンと同じオベリスクに絡ませて、パメラジャックマンの枯れ枝をフォローしようと思ったのですが、パメラジャックマンのほうが発育が旺盛で、シルホサ・フレックスはやっとこ追いついている・・・といった感じです。 今ではこのシルホサ・フレックスの花も終盤で、パメラジャックマンの花芽がいい感じにぐんぐん伸びてきているので、いちよう良いコンビネーションンだったのでは・・・と思っています。

クレマチス・シルホサ・フレックス (Clematis cirrhosa var. purpurascens 'Freckles')
クレマチス・シルホサ・フレックス Clematis cirrhosa var. purpurascens 'Freckles'

写真を撮り損ねそうになるほど、インパクトがなかったのは、きっとお花が地味だからかなあ。 花数も年々増えてきていますが、我が家の庭ではぐんぐん大きくなる・・・という感じではなさそうです。

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

今期購入した最後のクリスマスローズ

クリスマスローズ ピンクフラッシュ&ベイン (Helleborus pink flush & vein)

今期買ったクリスマスローズの最後のものです。 本当に今年は爆発したように色々買い込んでしまいましたが、これでかなり満足しました。(日本のオンラインやオークションでの価格を知ってしまったので、こちらで売られている株が激安・・・に見えてしまったのだけど、やはり感覚麻痺は怖いです・・・。 苦笑) 

これは夫のお気に入りのもの・・・。 といっても夫は花にはあまり興味がないので、強いて言えば、私が選んだ数株の中から「どれが良い?」と強制的に聞いた時、とりあえず選んだという感じですが・・・。 (笑) 今年はこんな感じにベインやフラッシュが入っているものがかなり出ていました。 本当に去年まで見かけなかったのに・・・。 この調子でいったら来年はもっと期待できるのでしょうか? 微妙なところです。

クリスマスローズ ピンクフラッシュ&ベイン (Helleborus pink flush & vein)
クリスマスローズ ピンクフラッシュ&ベイン (Helleborus pink flush & vein) 

クリスマスローズ ピンクフラッシュ&ベイン (Helleborus pink flush & vein)  

ヘレボルス ピンクフラッシュ&ベイン (Helleborus pink flush & vein)  

ヘレボルス ピンクフラッシュ&ベイン (Helleborus pink flush & vein)

ヘレボレス ピンクフラッシュ&ベイン (Helleborus pink flush & vein)

いちよう夫のお気に入り・・・ということなので、玄関の近くの枝垂れ猫柳の下に他のクリスマスローズと一緒に植えました。 我が家ではクリスマスローズはすべて地植えで育てているので鉢植えのように一つずつ、お花を手にとってめでる・・・ということは出来ないのですが、この花は遠目から見てもかわいらしいし、近づいて花を覗き込んでもさらにかわいい・・・と一つで二つおいしいお花です。 (去年は鉢植え大失敗で痛い目にあい、今後一切地植えで育てると心に決めたのでした・・・竜涙) 

これでひとまず購入株のお披露目は終りです。 長い間しつこく続けてしまったのですが、これから我が家の庭のほうのクリスマスローズも登場することになりますので、興味のある方は時間のあるときにでもまた見に来てくださいね。

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

クレマチス マクロペタラ 'ブルーバード'に蕾がつきました~!

クレマチス マクロペタラ 'ブルーバード' (Clematis macropetala 'Blue Bird')

去年も和紙のような質感の素敵なお花を沢山咲かせて楽しませてくれたクレマチス マクロペタラ 'ブルーバード'。 今年も去年より増して、ますますパワーアップで咲いてくれそうです。

クレマチス マクロペタラ 'ブルーバード' (Clematis macropetala 'Blue Bird')の蕾
クレマチス マクロペタラ 'ブルーバード' (Clematis macropetala 'Blue Bird')

我が家にあるほとんどのクレマチスの品種に新芽が確認出来ていますが、2つだけ、非常に心配な株があります。 一つが去年地植えにしたEvisonのAvant-Garde。 そしてもう一つがちび苗から育てて、去年は本当に沢山の花が咲いてある程度大きくなったので、ちょうど先月地植えにしたflorida var flore pleno (白万重)。

今まで結構この地植えに下ろした時点で失敗するパターンが多い多かったので、先月地に下ろしたばかりの白万重はかなり心配しています。 どうか無事でありますように・・・。 さすがに短気の私ですが、こればかりは土をホジホジせずにじっと耐えて待っています。(早く芽が出てきてくれ~!!

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

ヘレボレス アプリコット (Helleborus apricot)

ヘレボレス アプリコット (Helleborus apricot) 

今期買ったクリスマスローズのお披露目も、この株と後もう一つを残し終わりです。 ここ最近は連日しつこいほど購入したクリスマスローズばかり掲載していますが、そろそろ終盤に入りましたのでもう少しお付き合いを・・・。 

これが終ったら、現在の庭の花や(っあ、でも今期購入したものではない、庭のクリスマスローズもまた少しあったりして・・・笑)、去年掲載出来なかった去年咲いた薔薇を載せていく予定です。

さてさて、かなり強いピンクの入るアプリコットシングル・・・。 店頭にはアプリコットという札がついている株の中いくつかあったのですが、淡い黄色のような花から、このようなピンクが濃く入ったものまで、そしてスポットがあったりなかったり・・・と同じ色のカテゴリーに分類されていても、それぞれの花にかなり違いがありました。 その中で私の目を引いたのがこの花。

ヘレボレス シングル アプリコット (Helleborus apricot) 
ヘレボレス アプリコット (Helleborus apricot) 

ヘレボルス アプリコット (Helleborus apricot)  

クリスマスローズ アプリコット (Helleborus apricot)  

スポットやベインが入らないとても綺麗な色あいですが、難を言えば、丸弁であって欲しかった・・・。 シングルの花ってダブルと違い、花の形でかなり雰囲気が変わるのでそのような点から見れば、 「これだ~っ!」て思える花に、なかなかなめぐり合うのが難しいのかも知れませんね。 

ダブルの方にかなり目が行ってしまっていた近年において、今年はシングルの良さを再確認した年でした。

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

クリスマスローズ お気に入りのイエローダブル (Helleborus x hybridus double yellow) 

お気に入りのイエローダブル

クリスマスローズが日本ほど盛り上がってないシアトルで、まさかこんなにはっきりしたイエローダブルに会えるなんてこれっぽっちも思ってもなかったのですが、やはりこの株、もともと黄色で出荷されたものではなかったみたいです。 

見ると、ラベルには「ホワイトダブル」って書かれてあり、ポツンと片隅に一株だけ無造作に置かれてあったのですが、思わぬ出会いに自分でも一瞬信じられず、一緒にいた夫に「これ黄色に見える?」と聞いてしまったくらいです。(爆) 私のモニターでは実物とほぼ同じような色で写っていますがこれって大きな声で「イエローだよ~ん~!」って言えますよね?

クリスマスローズ イエローダブル (Helleborus x hybridus double yellow) 
クリスマスローズ ダブルイエロー (Helleborus x hybridus double yellow)

クリスマスローズ ダブルイエロー (Helleborus x hybridus double yellow)

クリスマスローズ ダブルイエロー (Helleborus x hybridus double yellow) 

ラベルにはっきりとホワイトダブルって書いてあったから、一瞬育てた人は白のつもりで交配して、予想外にこんな綺麗な黄色が咲いたのかな・・・とも思ったのだけど、よく考えたら、この株2ガロン(直径18センチくらい)のかなり大きな鉢に植わっており、今期がはじめて開花した株ではないはず・・・。 と言うことは単にアバウトで白でいっか~♪という感覚だったのかなあ・・・。 まあ、私にとってはラッキーな発見だったから喜ばしいことだけど、かなりズボラなラベル付け・・・と思ってしまいました。

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

和の趣のクリスマスローズ クリームブロッチ (Helleborus cream blotch)

クリスマスローズ クリームブロッチ (Helleborus cream blotch)

以前の私だったらこんな感じのクリスマスローズにはあまり魅力を感じなかったと思うのですが、好みって段々変わってくるものですね。 この花を見ると本当に心が安らぐ感じがします。 

和の感じ・・・といったらよいのでしょうか。 白でもなく、黄色でもない、微妙なクリーム色に赤いブロッチが入ったこの株は、ココ最近毎週園芸店に強制連行されている夫が選びました。(笑) 

クリスマスローズ クリームブロッチ (Helleborus cream blotch)
クリスマスローズ クリームブロッチ (Helleborus cream blotch) 

クリスマスローズ クリームブロッチ (Helleborus cream blotch)

ヘレボレス クリームブロッチ (Helleborus cream blotch)

ヘレボルス クリームブロッチ (Helleborus cream blotch) 

実は他に似た感じの株がありどちらがいいかな~って迷っていたのですが、夫の「ブロッチに少し隙間が空いている方がいい・・・」ということで、こちらの株にしました。 

どちらがいいか迷っていたもうひとつの方はブロッチというより、赤の模様が隙間なく入ったもので、そちらも味わいがあったのですが、今回は毎回しぶしぶ私の園芸店めぐりに同行している夫の意見を尊重(笑)してこちらにしました。

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

パーティードレス系 ダブル ペールピンク (Helleborus x hybridus Party Dress pale pink)   

パーティードレス系 ダブル ペールピンク (Helleborus x hybridus Party Dress pale pink) 

ここシアトルでも花粉季節が到来しました。 本当にアメリカに来てまで悩まされるとは・・・。 家の周りには大きい杉の木が何本も生えているので、毎年おなじみ、かなり大変なのですが、ここ近年はどうしようもなく辛いので、薬を飲み始め何とか平常な日々を過ごしています。 本当はあまり薬に頼りたくないのですが、コレを飲まないと、くしゃみや涙で車の運転も危なくて出来ないくらい・・・。 早く花粉の季節が終って欲しいです。

と、話は変わって、コレは淡いピンクが綺麗なパーティードレス系のクリスマスローズ。 一瞬、今買わなくてもまたすぐに似たような花がまたいつか出てくるかな・・・と購入をためらったのですが、安価だったことと、割引が効いた・・・という、なんだかちょっと不純な動機が決め手となって我が家に来たお花です。 

でもよく見るとかなりかわいいのですよね。 こんな風に淡いピンクに白のペインが入っているような感じのヘレボって、よく考えたら我が家に一つもなかったので、やっぱり買って嬉しいお花になりました。

パーティードレス系 ダブル ペールピンク (Helleborus x hybridus Party Dress pale pink)
パーティードレス ダブル ペールピンク (Helleborus x hybridus Party Dress pale pink)  

パーティードレス ダブル ペールピンク (Helleborus x hybridus Party Dress pale pink)   

パーティードレス ダブル ペールピンク (Helleborus x hybridus Party Dress pale pink)   

以前から我が家に植わっているちょっと濃い目のピンクや、白色のクリスマスローズともしっくりマッチして、今では裏庭の半日陰の花壇で咲いています。 

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

クリスマスローズ 究極の黒・・・

ヘレボルス スレートブラック (Helleborus slate black) 

一体クリスマスローズの究極のブラックってどんな色なんだろう・・・。 ここ数年前までは濃い紫の花を見ても凄いなあ・・・と感動したものだけど、今年はこんなに黒い花を沢山見かけました。 と言っても、本当の黒ではなく、葡萄の巨峰の色といった感じ。 そして白くちょっと粉を吹いているところまで巨峰にそっくりな渋いブラックです。 (大きいもので4センチ強くらいあるかな・・・コレって普通?) 

黒のヘレボって小輪のイメージがあったのだけど、この花は開ききると大きいもので4.5センチくらいになるものもあります。 今は花も終盤で、今から咲くものははじめの花と比べると一回り二周り小さくなってきているのですが、私としてはこのくらいのほうがいいかな。 花に関してどちらか選択する場合、大き過ぎるより小さすぎる方が好きだから、やっぱり私は典型的な日本人なのかも・・・。(笑)

ヘレボルス スレートブラック (Helleborus slate black)
ヘレボルス スレートブラック (Helleborus slate black) 

クリスマスローズ スレートブラック (Helleborus slate black)  

ヘレボレス スレートブラック (Helleborus slate black)  

クリスマスローズ スレートブラック (Helleborus slate black)

去年「ダブルのブラックのはずなのに・・・」でお騒がせした黒のヘレボレス、やはり今年もシングルでした。(苦笑) この黒とまたちょっと違った感じの黒で、形もコロンとして小ぶりなので、まあシングルでも良しとしていますが、やはり現実は厳しいですね~!! そちらのお花も後ほど掲載しますね。

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

クリスマスローズ オリエンタリス系 イエロー ダブル ピコティー (Helleborus double yellow picotee) 

クリスマスローズ オリエンタリス系 イエロー ダブル ピコティー (Helleborus double yellow picotee)

しばらく今期買ったクリスマスろーずの写真が続きますが、適当に軽く飛ばしながらお楽しみください。(笑)

柔らかい黄色にうっすらピンクのベインとピコが入るオリエンタリス系 イエロー ダブル (アプリコットに近い色あいですが・・・)、派手な花ではありませんが、小ぶりでとてもかわいいお花です。

クリスマスローズ オリエンタリス系 イエロー ダブル ピコティー (Helleborus double yellow picotee)
ヘレボレス オリエンタリス系 イエロー ダブル ピコティー (Helleborus double yellow picotee) 

ヘレボルス オリエンタリス系 イエロー ダブル ピコティー (Helleborus double yellow picotee) 

クリスマスローズ オリエンタリス系 イエロー ダブル ピコティー (Helleborus double yellow picotee) 

クリスマスローズ オリエンタリス系 イエロー ダブル ピコティー (Helleborus double yellow picotee) 

↑の写真にも写っているように、持って帰るときに、花(ガク片)が少し痛んでしまったのが少し残念ですが、淡い黄色にピンクのピコティーがとても綺麗でお気に入りです。 先日写真を載せた、ピンクのピコティーよりはだいぶ小ぶりの花で、どちらかというと端正な趣ですが、こちらもとてもお気に入りの一株になりそうです。 咲き進むにつれて黄色が緑ががって、なんだか渋い感じになってきます。

まだまだ購入株の紹介は続きます・・・。() 今年の私は山本リOダx2の気分の気分です。 (ど・う・・に・も・止まらない・・・、ウララ ウララ ウラウラで~♪) ギャハハ~!

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

クリスマスローズ グレープ色のバイカラー ベイン

グレープ色のバイカラーのクリスマスローズ

表がグレープ色、そして中が白でおまけに血管のようなベインが入っているヘレボルス、これも今期購入したした株の一つです。(笑)

豪華なダブルも大好きなのですが、今年はなんだか素敵なシングルに惹かれてしまいました。
クリスマスローズ バイカラー ベイン (Helleborus red nectar vein)  

クリスマスローズ バイカラー ベイン (Helleborus red nectar vein) 

クリスマスローズ バイカラー ベイン (Helleborus red nectar vein) 

ヘレボルス バイカラー ベイン (Helleborus red nectar vein) 

ヘレボレス バイカラー ベイン (Helleborus red nectar vein)  

レッドネクターで血管のようなベインが入り、わたしの好みのツボをすべて押さえてくれた完璧なシングルです。♥

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

ヘレボルス イエローピコティー と イエローフラッシュ

ヘレボルス イエローピコティー と イエローフラッシュ

今年の購入株の第二弾~!!

ラベルにはアプリコットと書いてあったのですが、どうなんだろう・・・。 黄色といった方がしっくりするような気がします。 

なんとなくピコっているところに惹かれて購入したのですが、コレってピコって呼べるのかな・・・? と思っていたら、やはり開花するにしたがってピコがぼやけて薄くなってしまったのだけど、まあこんな感じの花は我が家には一つもなかったので良しとしましょう~。 来年はピコがどんな風に出るか楽しみです。

ヘレボルス イエローピコティー ?
クリスマスローズ イエロー ピコティー (Helleborus yellow picotee) 

ヘレボレス イエロー ピコティー (Helleborus yellow picotee) 

ヘレボルス イエロー ピコティー (Helleborus yellow picotee)

そして、こちらがイエローとラベルがついてあった株。 黄色だけど、上の株に比べると少し緑が濃いように感じられますが、中の赤いフラッシュが気に入って買いました。 この花、こんな感じに本当に横に向いてさいているのですよ。 見ているだけでなんだこちらも元気になってきます。(笑)

ヘレボルス イエローフラッシュ
ヘレボルス イエロー フラッシュ (Helleborus yellow flash)

イエローフラッシュはキバナセツブンソウの近くに植えて黄色同士仲良くしてもらうことにしました。(笑)

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

クリスマスローズ ピンク ダブル ピコティー (Helleborus double pink picotee)

クリスマスローズ ピンク ダブル ピコティー (Helleborus double pink picotee)

今年は買わないかもね・・・なんて言っていたのはまるっきり嘘。 我が家のクリスマスローズが長い間蕾のままで、なかなか開かないでいたので、(←勝手に言い訳している・・・) 我慢できなくなって今年はいくつも開花株を購入してしまいました。 その第一弾~!!

後ろから見ると少しピンクが濃いのですが、とても綺麗なお花です。
クリスマスローズ ピンク ダブル ピコティー (Helleborus double pink picotee)

我が家にあるダブルの中で一番フリルがかかっている花かも知れません。 
クリスマスローズ ピンク ダブル ピコティー (Helleborus double pink picotee) 

横から見てもいい感じ~!!
ヘレボルス  ピンク ダブル ピコティー (Helleborus double pink picotee) 

正面から・・・
ヘレボルス ピンク ダブル ピコティー (Helleborus double pink picotee) 

最後にアップで・・・(笑)
ヘレボレス ピンク ダブル ピコティー (Helleborus double pink picotee) 

今は20輪ほど咲いて、とても豪華です。 とっても気に入っています

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

ハイブリッドティーローズ タッチオブクラス (HT Touch of Class) 

ハイブリッドティーローズ タッチオブクラス (HT Touch of Class)

1986年にAll America Rose Selectionに選ばれたコラルピンクの薔薇ですが、このバラも義理母コレクションの一つ。 ガーデンローズとして育てやすく、整ったな花形で薔薇の品評会でもおなじみの品種だそうですが、切花としてもとても花もちが良く、こちらアメリカではおなじみの人気がある薔薇のようです。 

我が家では玄関の近く、一番目立つところに植わっているのですが、私としては、もうちょっと違う薔薇を植えたかったなあ・・・というのが本音です。 確かに綺麗かもしれないけど、個人的にはなんかもっと変わっているのが好きだったりして・・・。() 香りもあまりないし、玄関先なので、せめてよく香ってくれると良いのですが、まあしょうがないです。(苦笑)

ハイブリッドティーローズ タッチオブクラス (HT Touch of Class)の蕾
ハイブリッドティーローズ タッチオブクラス (HT Touch of Class)

ハイブリッドティーローズ タッチオブクラス (HT Touch of Class) 

ハイブリッドティーローズ タッチオブクラス (HT Touch of Class) 

ハイブリッドティーローズ タッチオブクラス (HT Touch of Class) 

ハイブリッドティーローズ タッチオブクラス (HT Touch of Class) 

ハイブリッドティーローズ タッチオブクラス (HT Touch of Class) 

なんだか、ちょっと愚痴っぽく書いてしまいましたが、我が家では大株の薔薇で、本当に沢山の花が咲きます。 個人的な好みは別として、この薔薇の難点は、雨の多いシアトルでは蕾がボーリングすることがよくあることかしら・・・。 切花としても枝もかなり長く切れるし、きっとこの手の薔薇の色あいは茶系の薔薇と違って嫌いな人はあまりいないような気がするので、安心してブーケに入れてプレゼントしたりしています。 

今時点での私の独断と偏見評価{注:今後評価が勝手に変わる可能性大}

・育てやすさ  ★★★☆☆
・お気に入り度 ★★★☆☆
・マニアック度 ★★★☆☆
・総合お勧め度 ★★★☆☆

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

フロリバンダ エンジェルフェイス (FL Angel Face)

フロリバンダ エンジェルフェイス (FL Angel Face)

お気に入りのエンジェルフェイス。 ’ブルームーン’がハイブリッドティーローズの青バラ 「クラッシク」だったら、フロリバンダバージョンはこの’エンジェルフェイス’じゃないかなあ・・・って思っています。

フロリバンダ エンジェルフェイス (FL Angel Face)の蕾
フロリバンダ エンジェルフェイス (FL Angel Face)

フロリバンダ エンジェルフェイス (FL Angel Face) 

フロリバンダ エンジェルフェイス (FL Angel Face) 

フロリバンダ エンジェルフェイス (FL Angel Face) 

フロリバンダ エンジェルフェイス (FL Angel Face) 

本当にこのバラ、フリフリの花弁といい、青バラ独特の強香な香りといい、青バラが好きな方は是非一家に一株・・・とお勧めするバラです。

花色も’ベンダーピノキオ’の血を引いている為か、ちょっとグレーっぽく咲くときもあり、本当にお気に入りです。 ただ雨の多いシアトルでは黒点病にかなりやられますが、それでもやはりこのバラは外せられません。(笑)

今時点での私の独断と偏見評価{注:今後評価が勝手に変わる可能性大}

・育てやすさ  ★★★☆☆
・お気に入り度 ★★★★☆
・マニアック度 ★★★☆☆
・総合お勧め度 ★★★☆☆ (もし多少病気に弱くてもOKだったら、!! )

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

フロリバンダ イディス・ホールデン (FL Edith Holden) 

不思議な色のバラ ジ・エドワーディアン・レディ(イーディス・ホールデン) (FL Edith Holden)

茶系のバラの中でもまたちょっと違った感じの色あいで咲くフロリバンダのジ・エドワーディアン・レディ/イーディス・ホールデン (FL Edith Holden)。 ホットココアやブラックティーともまたちょっと違う感じの色で咲く微妙色のバラなのですが、特に気温の低い時の色あいはとてもスモーキーな焦げ茶色という感じでとても印象的です。 

やはりこの手の色あいはカメラでは捉えにくく(その上カメラの腕もよくないので・・・)なかなか再現できないのが残念なところですが、この画像よりもっと渋みがかかった色あいと想像しながら見てください。

フロリバンダ イディス・ホールデン (FL Edith Holden)"
フロリバンダ イディス・ホールデン (FL Edith Holden)

フロリバンダ イディス・ホールデン (FL Edith Holden) 

フロリバンダ イディス・ホールデン (FL Edith Holden) 

フロリバンダ イディス・ホールデン (FL Edith Holden) 

フロリバンダ イディス・ホールデン (FL Edith Holden) 

個人的にはこの色あいでもっとERのセントセシリアのように花びらが沢山あってカップ咲きだと言うことがないのですが、色合いは本当にとてもユニークで、花にあまり興味ない夫でさえ、「凄い色だね・・・」と、咲くたびに言っています。

*Edith Holden: イギリスの女性芸術家。 ’The Nature Notes of an Edwardian Lady’や’The Country Diary of an Edwardian Lady’などが有名で、彼女の描く自然や花、動物、鳥などの水彩画はこのバラの強烈なイメージとはかけ離れて、柔らかく優雅で見る人の心を和ませます。

今時点での私の独断と偏見評価{注:今後評価が勝手に変わる可能性大}

・育てやすさ  ★★★☆☆
・お気に入り度 ★★★☆☆
・マニアック度 ★★★★☆
・総合お勧め度 ★★★☆☆

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

Profile

 ペッパママ

Author: ペッパママ
♥ばら♥バラ♥薔薇♥Rose♥
クレマチス、ヘレボルス、雪割草、
山野草 (特に原種の百合、バイモ属にはじまり、テンナンショウ属、
カンアオイ属、ウマノスズクサ属
などちょっと渋めの花など)
色々なジャンルの花をこよなく
愛す筆者が、アメリカはシアトル
での園芸ライフを綴っています。 

世界中の花好きの方々と
花の輪が広がれば楽しいです♪

我が家の愛犬ペッパも
時々登場しますので
どうぞ宜しくお願いします。

このブログ内の写真は、特に記載
のない限り、すべてシアトルの
我が家の庭で大切に育てている
( 育てていた^^; ) 植物達です。

気軽にコメント、感想など
頂けるととても嬉しいです!

*************************
Hi, I'm a Japanese living in the
Seattle area. I love gardening
& enjoy growing roses, clematis, hellebores, Hepatica, & woodland plants.

I especially love spring
ephemerals like Erythronium,
Trillium, and Fritillaria, and I also
like species lilies, Arisaema,
Asarum,Aristolochia, and both
species and hybrids of clematis
and hellebores.

I've also started discovering
many wonderful plants that I
never knew existed, and have
rediscovered the joy of growing
plants from seed (even ones
that I used to plant as bulbs).

I would love to exchange seeds
with folks who have similar
passions! Looking forward to
hearing from you!

画像掲示板 (BBS)

世界中の花好きの方々とお花の輪が広がればと思い、画像掲示板を設置しました♪ ガーデニング、花画像がメインとなりますが、皆様の 散策、季節模様、愛犬(ペット)等の写真もお待ちしてます! 掲示板

Translate

English French German Spain Italian Dutch Russian Portuguese Japanese Korean Arabic Chinese Simplified

現在のシアトルの天気

Calendar

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Copyright

このブログ内の写真およびコンテンツの無断転写・複製はご遠慮ください。 また写真の修正・加工、あるいは商用利用等は固く禁じます。 写真のご利用の希望の際は、メールにてご一報ください。  

…………………………………… All pictures and contents are copyrighted and protected by US and international law. Use, reproduction, or modification in any manner without written permission is prohibited and will be prosecuted to the fullest extent of the law.

Mail

Name:
Your Address:
Title:
Comments:

Recent Articles

Category

コメントありがとう!

Search

遊びに来てくれた人達


ブロとも申請フォーム

リンク

Visitors

今日の名言



presented by 地球の名言

園芸・プードル関連のブログ

blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ

QRコード

QR
このブログに掲載されている写真等の無断転写・複製・商用利用等は固く禁じます。 Copyright © ペッパママ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。