スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスタイム ペッパ君

ペッパ君お疲れ様の巻き

かなり臭くなってきたと言われているボク、 そろそろシャンプーしてもらわなくちゃ♪ ペッパママったら、最近クリスマスローズの交配やら、バラの剪定&肥料やりとか、お庭のことで忙しくて、ボクの臭さのことあまり気づいてなかったみたい・・・。 まっ、ボクとしてはそっちのほうがいいのだけど・・・ね。 でも、この頃ペッパパパのほうが、「おい、ペッパ君、かなり臭いぞ~!」って言ってくる。 いい子いい子してボクを撫でてくれた手がなんだか油っぽくなってくるとか、ほんと失礼だよ

正直言って、そんなに楽しみにしていた訳じゃないけどさ、いちようママに頼んで、きれいにしてもらうことにしたんだ。 でもママは 「あっ、ペッパ君、最近ペッパのことブログに載せてないから、お写真撮りましょう~ね♪」だって。 えっ、聞いてないよ、そんなこと・・・。 でも、さすがにシャンプー中はカメラ向けられなかったけどね。

なんだか昔のスティービー・ニックスみたい・・・とパパは言う。
ジロ~ 恨めしそう・・・

風邪引くから早くしてよ!


たくさんタオル持ってきてね♥


タオルをそのまましないでくれ~


ママも濡らしてやるう~


ドライヤーの音って嫌いなんだ


まだドライヤーするの?


あれ、ドライヤーの音が終ったみたい・・・


ちょっとふわふわ いい感じ♪


終ったんだよね!?


よし、完了!


ええっ! まだ、グルーミングが残ってるって!? もう今日は結構です。


最近ママはイオンドライヤーを使っていると言ってたけど、ココだけの話、正直言ってママの髪の毛が変わった感じはしないなあ~。 でも、ボクをを乾かす時間が三分の一になったってママは喜んでいたよ。

それでもやっぱり疲れたよ。 (私も疲れたよ~トホホ・・・)

にほんブログ村 犬ブログ プードルへ←かわいいプードルのブログがたくさんあります♥
スポンサーサイト

今年初開花♪ オリエンタリス系ダブルのクリスマスローズ

二年待って今年初開花♥ オリエンタリス系ダブルのクリスマスローズ

ちび苗から育てたダブルのクリスマスローズがようやく開花~!。 先日お騒がせしたちび苗 ”真っ黒いダブルのクリスマスローズのはずだけど・・・” の花は、シングルかダブルかはっきりわからない怪しい状態で咲いたので、(希望は捨てきれないけど、たぶんシングルだと半分諦めている・・・) こちらが2年前植えたちび苗からの、今年初開花のダブルちゃま★正式第一号になります。 ♥ やった~!

開きかけ (ちゃんと花被片がたくさんあるのが見えるよぉ~ん♪)
クリスマスローズ オリエンタリス系 ダブル#4 開きかけ

あっぱれ開花♥
クリスマスローズ オリエンタリス系 ダブル#4 開花

後ろからも・・・
クリスマスローズ オリエンタリス系 ダブル#4 後ろから

中から覗いて♪
クリスマスローズ オリエンタリス系 ダブル#4 中から

よかった! これはちゃんとダブルで咲いてくれました。 かわいいピンクと白のミックス! 今年のダブルのクリスマスローズ初開花株の中では、これが一番色合いがはっきりしている花かも・・・。 あと二株、初めて開花する”ダブルのはず”の蕾があるのですが・・・。 なんだか白のダブルのような感じ。 (真白は一株あるから、何か違う感じの花だと嬉しいのになあ・・・。) まだ小さい蕾なので、今後だんだん薄くいろ色づいてくるなど変化があればよいのですが・・・。 今のところ不明。 初めての花を待つ時間はいつもドキドキします♪

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

クリスマスローズの実生 親と子の色比べ

クリスマスローズの実生 親と子の色比べ

今年我が家にはこぼれ種から成長し開花する実生株が大体15株ほど(そのうち今年初めて開花するのは7株くらいかな)あります。花ガラを取ったつもりなのに、毎年いつの間にか親株の周りにはたくさん小さい芽が出てきて、あんまり増えても困るので、お友達やご近所にあげたりしているのですが、それでもたくさん増えてしまいます。(汗) しかも毎年同じ親から・・・。 ぱっと見る限り、似たり寄ったり、なんだか同じものがたくさんあってもなあ・・・なんて思っていたところ、実際写真に撮って比べてみると、実は同じ親子でも微妙に違って面白いことがわかりました。

親株: ピンクと薄い緑のクリスマスローズ

全体の株の様子
ピンクと薄い緑のクリスマスローズ 全体

後ろから見たところ コロンとした形でほのかにピンクがかってきれい♥
ピンクと薄い緑のクリスマスローズ 後ろから

花はこんな感じ
ピンクと薄い緑のクリスマスローズ

かがんで中を覗くと、ピンクのスポットが少し、スジもほんの少し、そして、ほんのり薄いグリーンがピンクに混じってホンワカしてます♪
ピンクと薄い緑のクリスマスローズ 内側のアップ


子株: ピンクと薄い緑のクリスマスローズの実生1 (お嬢様系)

色合い的には親株によく似ているけど、親株よりも外側にもグリーンがもう少し入っていて、全体的に親株より薄い色合い。
ピンクと薄い緑のクリスマスローズの実生1 蕾

親株と違って内側にスポットが入っていない。
ピンクと薄い緑のクリスマスローズの実生1 花

かなり好みの色合い♥
ピンクと薄い緑のクリスマスローズの実生1 花 違う角度から


子株: ピンクと薄い緑のクリスマスローズの実生2 (セクシー系)

なぜかかなり紫が濃く入っていて葉っぱも黒っぽい。 しかもうっすらグリーンも入っていて嬉しい! イメージ的には上の子が清楚なお嬢様で、この子をセクシー系と分類しようっと♪ 名前は何がいいかなあ?
ピンクと薄い緑のクリスマスローズの実生2 後ろから

中を見た感じ。 ちょっとピンボケになっているけど、ベインが入っているだけで、スポットは入っていないみたい。
ピンクと薄い緑のクリスマスローズの実生2 花

以下の写真に親と実生の写真を並べてみました。
ピンクと薄い緑のクリスマスローズの親と実生の花

写真1: 親
写真2: 実生1(お嬢様系)
写真3: 実生2(セクシー系)
写真4: 実生3(お嬢様系だけど、葉の色も少し濃いので、エロかわいい系?!♪)
写真5: 実生4(葉色がブロンズだし、花色も濃い方なので、チョイ悪系? でもオヤジじゃない 笑)
写真6: 実生5(実生1が清楚なお嬢様だとしたら、こちらは普通のお嬢様♪)

まだこのほかに何株かこの親からの実生があるのですが、内側にスポットとベインが両方あるか、ないか、とか、色が上の写真より微妙に濃かったり薄かったりする程度で、どれもかなり似たり寄ったりです。(笑)

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

真っ黒いダブルのクリスマスローズのはずだけど・・・?

真っ黒いダブルのクリスマスローズのはずだけど・・・?

2年前(2005年の秋)に25株ほどヘレボルスのダブルのちび苗(ミックスなので何色が咲くかわからない)を植えたという話は以前書いたことがあると思うけど、そのうち今までダブルの花が咲いたのは、去年開花した白の一株のみ。 今年はせめて10株くらい開花してくれるのではと、とても期待していたのにもかかわらず、今のところ蕾を確認できるものは5株だけ。 あ~あ~、また一年おわずけ! でも、植えっぱなしにしてあまり世話してないからでかいこと言えないのだけど・・・・(汗)

で、今年蕾をつけたちび苗ダブルのハズの花(ダブルとして売られていても、シングルが咲くことがあるので、確認できるまでドキドキ♥)の色は、白っぽいものと、ピンクと白のミックス、そしてこの写真の真っ黒なもの!

真っ黒蕾 大好き♥ ホントにこの色です。
我が家で一番黒いクリスマスローズ 蕾

実は何を隠そう、真っ黒なクリスマスローズが長年ずっと欲しかったのですが、アメリカでは、店頭でも、通販でも販売しているところが全くありません。 (日本はいいよなあ~。 高いけどいちよう販売しているところがあるもんね。 でもアメリカだったら、一万円以上だしてクリスマスローズ買う人はほとんどいないかも・・・) ほんとにラッキー! 我が家のクリスマスローズのなかで、ココまで黒い色はありません。 シングルでも感激するのに、ましてやこれはダブルの苗! うふ♥ うれしすぎ~!
 
もう黒花フェチの私としては、たまらない色です! 

これには本当に期待しました! もちろん毎日欠かさずチェック。(笑) でも、本当に蕾の状態が長すぎる~! 待つことおよそ一ヶ月あまり、ようやく蕾が開きかけたところ、もう我慢できず、手で蕾をほぐしてみたら・・・

この写真は色がちょっとだけ薄く写っていて、今でも上の蕾の写真の真っ黒な色。
我が家で一番黒いクリスマスローズ 花

これってダブル?! 花びらの数(厳密にはガクだけど)がシングルよりは多いけど、ダブルの花びらの数より断然少ない。 ど~なってるんだろう? 外側5枚、内側3枚、計8枚なり・・・。 これはシングルなのだろうか? でも我が家にあるシングルって全部花弁(ガクだけど)が5枚。 8枚ってなんだか中途半端。 株が充実したら花びらが増えるのだろうか・・・。 いったい何者? とても疑問です。 まだ後2つ小さい蕾があるけど、この調子じゃ、あんまり期待できないなあ。 シングルよりは花びらが多いってことは確かなんだけど。 もしかしたら、無理やり手で開けたから、花びらが破れて枚数が増えただけ!? (竜汗) 今度は無理やり手で開けず、自然開花を待って見ます。 (当たり前だよね

と、これを書き終わった後、ちょっと気になったので、庭に出てあることをチェックした。 ガ~ン、 ショック! やはり、嫌な予感は的中! 期待の真っ黒ちゃん、 ちゃんと蜜線がある~! ってことは、シングル!? ダブルとかセミダブルって蜜線(ネクタリー)が変化したものだと、どっかで聞いたことがあったので、早速うちのダブル達をチェックしたら、ネクタリーらしきものはなかった。 でもこの真っ黒ちゃんはネクタリーちゃんとある。
クローズアップ

あ~あ~、 期待がものすごく大きかっただけに、なんだか気が抜けちゃった。(笑) まあ、これはこれでとても好きなんだけど・・・。 結局、真っ黒なダブルのクリスマスローズ開花の夢はは木端微塵に砕かれてしまいました。 (ガク・・・)

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

ミニアイリス、ムスカリ、キバナセツブンソウ、クロッカスなどなど・・・

ミニアイリス、ムスカリ、キバナセツブンソウ、クロッカスなどなど・・・

シアトルの我が家の庭にもぼちぼち花が咲き始めました。

キバナセツブンソウ (Eranthis Cilicica)の蕾。 節分には間に合いませんでした。(笑) 花壇にしゃがんでじ~っと見つめてしまいます。(笑) 日本の白いセツブンソウもとてもきれいだなあと思うのですが・・・。 いつか欲しいなあ~♥ 
キバナセツブンソウ(Eranthis Cilicica)の蕾

キバナセツブンソウ(Eranthis Cilicica)の花
キバナセツブンソウ(Eranthis Cilicica)の花

丈10センチくらいのミニアイリス キャサリン・ホッジキン (Iris Histrioides 'Katharine Hodgkin')。 幻想的で微妙な色合いのきれいな花です。 花が少ない早春に開花するミニアイリスは、植えっぱなしでも毎年必ず花が咲くので、とてもお勧めです。 手入れも花ガラを取るくらいで大丈夫。 他の球根と同様に肥料をあげたりすると、早く球根が増えると思います。 我が家でもだいぶ増えました。
アイリス キャサリン・ホッジキン (Iris Histrioides 'Katharine Hodgkin')

これも同じく背丈が低いミニアイリス アイリス、レティクラタ ポリーン (Iris Reticulata 'Pauline')。 隣にムスカリの葉が生い茂ってちょっと目立ちません。
アイリス ポリーン (Reticulata 'Pauline')

同じくミニアイリス アイリス・レティクラタ (Iris Reticulata)。 上のアイリス、レティクラタ ポリーンもこのアイリス・レティクラタも非常に香りが良いとカタログには書いてあるけど、香った記憶はないなあ。 もしかするとあまりにも花が地面から近い小さい花だから、しゃがんで覗き込むようにしないと、わからないのかも・・・? 今度鼻を近づけてみようっと。
アイリス・レティクラタ (Iris Reticulata)

4年前、25球くらい植えたスノードロップ、リスに食べられたり、掘り返され移動されたりして、変な場所で咲いていたりする。 しかも生き残ったものはほんのわずか。 ダブルのスノードロップ(これ結構高かった)も植えたはずなのに、どこに行ったのか・・・? また買うしかないかも・・・。
スノードロップ (Galanthus ’Nivalis’)

ガーデニングを始めたばかりで何も知らない時、斑入りの葉のクロッカスだ~!と喜んで自慢していたのだが、実はクロッカスの葉ってみんなこんな感じだとは知らなかった・・・。(冷汗)
クロッカスの蕾

ムスカリ アズレウム (Muscari Azureum)の蕾。普通のムスカリは秋口から葉っぱが成長し始め、だらあ~っと葉が生い茂ってむさくるしいのですが、このムスカリ アズレウムは春から芽が出てきて、きれいです。 以前はヒアシンス系に分類されていたらしい。 一つ一つの花の形もギザギザしてとてもかわいいです。咲いたらまた画像載せますね。
ムスカリ アズレウム (Muscari Azureum)の蕾

花も咲き始めてきましたが、ナメクジやヨトウムシも出現し始め、ピンセットテデトール(笑)を駆使して退治しています。

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

バラの枝枯れ病 ステムキャンカー (これぞ枝枯れ病という究極の見本!)

バラの枝枯れ病 ステムキャンカー

追記: 2011年改正版: バラの枝枯れ病/ステムキャンカー(これぞ枝枯れ病という究極の見本!)はこちらから

バラ 枝枯れ病

いきなり汚い画像で始まってすみません・・・。

毎年必ずこの時期、バラのキャンカーに見舞われ、気分がとても落ち込みます。 去年もクロッカスや水仙、カタクリなどいろいろ私の楽しみにしていた花が咲き始めがのにもかかわらず、かなり暗い気分で春を迎えました。 今年もなんだか嫌な予感がします。

これ以下ちょっと愚痴になります・・・。

バラの花壇は腐葉土でマルチもしたり、病気の葉や枝は毎日きちんと取り除き、庭用のごみ缶に入れ、牛糞、骨粉、アルファルファーミール、ブロッドミールなどバランスよく配合したオーガニック肥料と腐葉土でふかふかにした大きな穴に植え込み、化学肥料とオーガニックの液肥など交互であげたり、我が家の植物の中では一番面倒を見ているのにもかかわらず!!! 剪定ばさみも一枝切るたび、アルコールとキッチン用の除菌スプレーをしみこませたキッチンタオルで拭き、切り口もキチンと消毒、糊でふさぎ、と出来る限りのことはやっているのに! なんでで毎春キャンカーなるのぉ~! (だんだん怒ってきた~!
バラ ステムキャンカー

ただ、去年は石灰硫黄合剤をして、結果があまり良くなかったので今年はパスしちゃったけど。(シアトルは冬ほとんど毎日雨が降って消毒できないし、おまけに完璧に休眠しないバラが多いので、新芽が出る時期にまめに普段の消毒をしているほうが、効き目のあると最近勝手に思っている。)

まあ、消毒といってもニームオイルを2週間に一度(場合によってはもっと頻繁に)散布したりする程度。 本当なら、よく効くといわれている薬を使いたいところですが、(オーガニック=安全ではないので、特にオーガニックにこだわっている訳ではないし、化学肥料、農薬、有機肥料などなど、それぞれ特徴があるので、上手に使い分ければ良いと思っているのですが・・・)よく効くといわれているアメリカの消毒液って、野菜には使わないでください、とか、これを使った土地では食物の栽培は控えてください、など書いてあるので、何日たっても、食べ物に使えないものは、気持ちが悪いので使っていません。 どうして、果物の木にも使え、薔薇の病気や害虫にもよく効く農薬がアメリカにはないのだろうか・・・不思議? (っていうか、私が知らないだけなのかなあ?)

結局我が家の植物は、90パーセントオーガニック育ち。(残りの10パーセントは時々あげる化学肥料の液肥) - 犬が庭を駆け巡るし、たくさん野生動物も出没するので、殺虫剤も使えず、かなり苦しいです。 それでも、中には元気の良いバラも健在ですが、もともとシアトルは黒点病天国だから、もともと弱いバラは仕方がないのかも。(←結構言い訳気味になってきてる・・・汗)

キャンカーの対処: 枝枯れを見つけたら、直ちに健康な枝のところで切ってください、と本には書いてあります。 が、我が家の状況はそんなに単純ではないのです。 枯れこんでいるところをチョキっと切るくらいだったら、こんなにクラ~い気分になってないのに~。

はあ~とため息。 切れないから悩んでいるのです。いわゆる One Cane Wonder (笑)の枝、バッドユニオン(台木に接いである所)からとても近いところ(下のほう)が黒くなっているやつ、これ切ったら、枝が全くなくなる状態。上のほうは健康で、とてもきれいな枝がたくさん出ているのに・・・。(号泣)
薔薇 キャンカー

去年は、切らずに下からシュートが出てくるのを待って、枝を更新させ、その後、病気の枝は切り落とす、という方法をとったのですが、お亡くなりになった株も何株かあり(特にとっても大切にしていた入手困難なバラもあって)とても悲しい春でした。 春の剪定のこの季節、去年の悪夢がまだ鮮明に思い出され、ホントに憂鬱です。

夫はいちようは同情するもの、「悩みがバラが枯れることくらいだったら、いい人生だよ」と・・・。 確かにそのとおりだし、否定もしませんが・・・、でも、元気な気分にはなれません。 義理母も「うちの庭でちゃんと育たないのはバラが悪く、そんなバラは庭から出て行って!」なんてちょっとでも弱いバラは、枯れてもないのに、さっさと違うものに植え替えているけど、小心者の私にはとんでもない技です。
バラ 枝枯れ病 ほんの一部

愚痴っても枝枯れ病が治る訳ではない、とわかっているのですが、最近花粉症といい、キャンカーといい、泣いたり、怒ったり散々な日々を暗~い気分ですごしています。(グスン) 枝枯れ病で悩んでいる皆さん、お互いめげずにがんばりましょう~!

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

ヘレボルス・ニゲル, アイボリープリンス, コルシカンの開花

ヘレボルス・ニゲル, アイボリープリンス, コルシカンの開花

特に我が家のクリスマスローズ、ニゲルは花茎がとても短く、蕾が地にべっとりくっついた状態で毎年花が咲くのですが、、ニゲルってこんなものなのでしょうか、それとも我が家の株が良くないだけ・・・?

我が家のニゲル・茎が欲しい!
花茎が2センチしかないニゲル

開花したけど花が痛んでるよ~
ニゲルの花

アイボリープリンスの蕾
Helleborus x nigersmithii Ivory Prince

アイボリープリンスが咲いたけど、これもかなり雨で痛んでます。あ~あ・・・
アイボリープリンスの花

斑入りの葉のジャネットスターンズ
Helleborus Argutifolius 'Janet Starnes'

ヘレボルスコルシカンの蕾
Corsican Hellebore

ヘレボルスコルシカンの花
ヘレボルス・コルシカンの花

このほか我が家には茎がピンクっぽくなるヘレボラス・リビダス(Helleborus lividus Crug From)があります。Helleborus Argutifolius、Helleborus Lividus 両方とも背丈が50センチくらいにはなるので、特に空っぽに見える冬の花壇のメインポイントになっていいのですが、遠くから見ると花が咲いているのだかさっぱり判らない非常に地味なヘレボルスです・・・。

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

ダブルのクリスマスローズ開花 2007年第一号

ダブルのクリスマスローズ開花 2007年第一号

待ちに待ったダブルのクリスマスローズやっと一つだけ開花しました。パーティードレス系のダブルです。 まだこの株にはたくさん蕾があるけど、これが一番乗りの花です。
クリスマスローズ パーティードレス系 ダブル 濃ピンク

下の写真の蕾は、植えた時はちび苗で、2年間待ってようやく今年開花するオリエンタリス系ダブルのクリスマスローズ。 開花がとても楽しみです。 実は以前ダブルのはずの苗が、シングルだったことがあったので、確認出来るまで、ドキドキだったのですが、そっと手で蕾をほぐして確認してしたら、ダブルでした!(本当ならそっとしておくべきだけど、どうしても花が開くまでまてなかった・・・。)
クリスマスローズ オリエンタリス系 ダブル#4

ガーデニングのお供!今日の我が家の愛犬、スタンダードプードルのペッパ。 私が庭に出ているとき一緒に裏庭で遊びます。 庭の敷地内のみだけではなく、空上を通る飛行機、ヘリコプター、カラスなどすべて見つけて、追い払って?くれます。(本犬はパトロールのつもり) それより、草抜きとか水遣りとかお手伝いしてくれたらなあ・・・。
ガーデニングのお供、ペッパ

うちの裏庭はペッパが走り回るので、芝がはげています。(汗)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 犬ブログ プードルへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

2月のシアトルの園芸店

2月のシアトルの園芸店 (Sky Nursery)

いや~、久々に興奮しました。買うつもりはなかった?(ウソ)のに、タダ見に行ってみるだけ、のつもりだったのに、買ってしまいました。それも、自分の欲しいリストに載っていなかった薔薇。はあ~・・・。病み上がりの夫を連れて、行ったり来たり、その場に立ち尽くして考え込んだり、迷うこと長時間、「明日欲しいって言っても、もう明日は来ないよ!」と夫に半分脅され、植える場所は何とかなると、自分に言い聞かせ、一株連れて帰りました。(一株で済んだから良かった)

ばら売り場の様子


スカイナーセリーは北シアトル、厳密にはショーラインという場所にある園芸店なのですが、薔薇の苗の種類が結構充実しています。特に今の時期、苗が出始めの頃に行くと、色々種類もあり、株も自分で見て選べるので、良いのですが、実はゴボウみたいな土を落とした苗がお店に送られてくるのをお店の人が単に鉢に植え付けた、というもので、根が土に張っているものでなありません。

裸苗をそのまま植えたって感じの状態


今日買った薔薇は、パフュームパーフェクション(Perfume Perfection 別名Cotillion コティヨン)というジャクソンアンドパーキングズから1999年に発売されたフロリバンダ。実はいつでも買えるから、とたかをくくってたら、おととし辺りから、だんだん取り扱うお店がなくなって (しかもJ&P社自身のカタログではすでに発売されていない) 半分以上忘れかけていたバラだったのですが、今回は見るだけのつもりで訪れたナーセリーで3株だけおいてあるのを発見!わあっ~!

パフュームパーフェクション (Perfume Perfection 別名Cotillion コティヨン)


じ~っと見ていたら、夫が黙ってカートを持ってきてくれてました♪(これこそ究極の阿吽の呼吸か!?  ←口が開いている方が私、 ←口が閉じている方が夫。 絵文字ではなぜか猿と犬!? 爆)

今年はイングシッリュローズの品揃えが去年よりかなり増えてきてましたが、無くなっていった品種もかなりあり、本当に欲しかったら、すぐ買わないと来年は買えないかも・・・という恐怖感?に駆られます。(爆)

その他、色々見ていたら、コロンとした形で、花びらがたっぷり詰まったバラの写真のタグ発見!写真では花びら裏側の色がちょっと白っぽく、内側の色が濃いピンクに見え、しかも強香と書いてある。Liv Tylerってバラ。(あのロックバンド、エアロスミスのボーカリスト、スティーブンタイラーの娘で、ロード・オブ・ザ・リングという映画にアルウェン役で登場) そういえばどっかでこのバラの記事読んだ事あるなあ、と思いながらほとんどお買い上げモードになっていたところ、3株中どれも状態が非常に良くない。さんざん悩んだ挙句、今回はやめることに決定。

リヴ・タイラー (Liv Tyler)


実はこのLiv Tyler、MeillandのロマンチカのComtesse de Provenceだった。アメリカでは今年から発売されるけど、なぜかリヴ・タイラーっていう名前にするらしい。全くややこしいからいろいろ名前を変えるのはやめて欲しいな。 

そういえばリヴ・タイラーって確かジバンシー (Givenchy)のイメージモデルに選ばれて、新しい香水 Very Irrésistible Givenchyの香りに、リヴ・タイラーローズが使われたって。香水自体はバラそのもの、というよりバラを基調として作られているらしい・・・。

以下英文シバンシーのサイトより抜粋
From: http://www.parfumsgivenchy.com/perfumes_fragrance.php?id_menu_1=2&id_menu_2=25&id_menu_3=38

Sensual and sophisticated Eau de Parfum.
Roses are the heart of Very Irrésistible Givenchy.
The Sensual Eau de Parfum is a captivating and seductive fragrance. The fruity and juicy Liv Tyler Rose features amongst Star Anise and the beautiful bouquet of the five roses, found at the heart of the original Eau de Toilette. Patchouli arouses our senses with its enveloping warmth. An exclusive creation, the Liv Tyler Rose is introduced , sparkling and exceptionally feminine. It is impossible to resist its seduction.


以下英文メイアンのサイトより抜粋
From: http://www.meilland.com/news/2news.html

Liv Tyler: A Very Irresistible Rose, Very Star, Very Exclusive [June 22 2005]

A true star rose has been presented on June 22nd in Paris, created by Meilland for Givenchy Perfumes it has been named after Liv Tyler, the young and beautiful american movie star - she charms everyone with her modern and luminous beauty - who is the face of their perfume "Very Irresistible".

Irresistibly beautiful with its delicate pink color, this rose is irrresistibly fragrant, with a powerful, long lasting scent. Full of vivacity, its green fruity notes are followed by a more velvety, caressing tonacity. The incredible fragrance of this Meilland rose has been included in the formula of the new Givenchy perfume, the Sensual Eau de Parfum of Very Irrésistible. This a world premiere!

Liv Tyler declared she felt really honored to have a rose named after her. The Liv Tyler rose will be available in the USA in 2007 (starroses.com). Liv Tyler ® Var. Meibacus - Meilland 2006


香水はともかく、バラの香りがとても気になります。

ナーセリーの中











本当はダブルのクリスマスローズがあるかなあ、と思って来たのですが、クリスマスローズはアイボリープリンスと普通の一重の花、あとはコルシカン系があっただけ、二重の開花株は全くありませんでした。

店内で写真をパチパチ撮っていたら、観光客みたいだから、やめてくれ・・・って夫が愚痴っていたけど、しっかり撮ってきました。笑 (以前、夫はデパートの店員から、私が日本からの観光客で彼がシアトルを案内しているアシ君だと間違われたことがある・・・汗)

徐々にいろんな花や植物が入荷してきているようですが、まだまだ3分の2にも満たない感じの店内で、客もぽつぽついただけでした。シアトルのガーデニングライフはこれから始まるという感じです。

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

バラの香りのコスメ ロクシタンのボディークリーム

バラの香りのコスメ第一弾!L'Occitane Rose Pearlescent Body Cream

まだまだ寒い日が続くシアトル、咲いてる花のレポートもまだ出来そうにもないので、庭仕事で酷使した後のお肌のお手入れに欠かせない!?バラの香りのするコスメのレポートをお届けします。(庭仕事の間は牛糞や腐葉土の匂いに囲まれても、一日の閉めは良い香りで終わりたいものね♪)

ということで、以前から、花の香りのするボディーケアとか入浴剤が大好きで、ちょくちょく色々使っていたんだけど、特にバラの香りは必ずチェックを入れたくなる私。 最近色々新しいものがたくさん出ているみたいで、全部試せないのが、とても残念なのですが、私の使ったもの範囲で、良かったもの、悪かったもの、以外にヒットだったものなどについて書いてみようかと思います。 でもこれって、ホント個人差があるので、皆さんテキトーに聞き流してくださいね。

バラの香りって、女性のホルモンのバランスを整えるとか、肌の活性化による美肌効果があるとか、色々その効能が言われているみたいですが、私は何よりもこの香りのおかげで、リラックスできたり、ちょっと贅沢な気分になってみたり、また元気にがんばろう、というエネルギーが出てきたりと日常かなりお世話になっています。

ER シャリファ・アスマ このバラの香りの香水があったら絶対買うのにな♥Sharifa Asma (シャリファ・アスマ)

でも、単にバラの香りといっても、色々あって、酸っぱいバラの香り、濃厚な甘い香り、などなど、香りを言葉で表すのは本当に難しいのですが、私の好きはバラの香りは、バラの香りを基本として色々な香りを複雑に調合したデザイナーズパフューム(←でもバラの香りってすぐわかるものは、オッケー♥)よりは単純にティー系、フルーティー系、ダマスク系、ミルラ系、スパイシー系など本当の生花のバラの香りです。(もちろん本物のバラからの香りが一番なのですが・・・)

さてさて、前置きが長くなりましたが、今回の本題、つい最近購入したバラの香りのロクシタンのボディークリームL'Occitane の Rose Pearlescent Body Cream は久々の大当たりでした!

箱の柄もかわいいでしょ!
L'Occitaneの箱

バラの香りのボディークリームなのですが、青バラ系にあるツンとした酸っぱさがなく、かつ甘すぎず、爽やかな甘さの、落ち着いた優しい香りです。本当にリラックスでき、優しい気持ちになれる香りなのですが、裏を返せば、朝、やる気がない時は、この香りだと、リラックスしすぎで、ぼ~っとしてしまいそう。

今までフェースクリームはランコムのハイレゾリューションというのを使っていたのですが、最近ちょっと飽きてきたので、何か他に良いのがないかと思っていた矢先、このクリームの発見、本当に嬉しいかぎりです。 シアトルは一年中結構乾燥するし、特に冬は暖房で、肌がかさかさになりやすいのですが、このRose Pearlescent Body Cream はしっとりして、それでいて油っぽくならず、すっと肌に溶け込む感じで、使い心地最高!肌がしっとり潤って、柔らかくなった感じ。(ホント褒め過ぎではにのです)本来はボディークリームなので、首や手足にも、もちろん使っていますが、顔に使っても十分満足出来ます。夜、お風呂から上がってから使用すると、バラの香りに包まれて幸せな夢を見れそうです。また、香水と違って香りがふんわりと香る程度でなので、普段使いにとても重宝します。おまけにランコムのクリームの2倍以上の量があるし、値段も半分以下、超お勧めです!

瓶もなんかレトロっぽくて良し♥
L'Occitane バラの香りのボディークリーム

このほか、店員の方が、バラの香りのモイスチャーオイルも薦めていましたけど、そっちは髪に毛にも使えるとのこと、その他、バラの香りのハンドクリームとか、リップバームなど色々あるので、これからロクシタンにはまりそうです。ちょうど、色々サンプルをもらってきたので、バラではない製品も試してみようと思います。楽しみ!
L'Occitane もらったサンプル

ちなみに、以前は「バラの香りはおばあさんの香り」とか訳のわからんことを言っていた夫でさえ、この香りは大人っぽくていい♥、と気に入っているようです。

・お勧め度     ★★★★★
・お気に入り度   ★★★★★
・本当のバラの香り ★★★☆☆
・リピートする予定 Yes!

もし、これはとてもお勧め、というバラの香りのするコスメがあったら、是非是非教えてくださいね♪

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

シングルのクリスマスローズ 開花間近!

シングルのクリスマスローズ

待ちに待った早春一番、クリスマスローズの開花が間近になってきました。まだまだ、ほとんどの株が蕾も小さく、開花までには程遠いのですが、いくつかもう少しで咲きそうなので、写真を撮ってみました。

血管みたいなプチプチ筋がいい感じ♥ 割と早く開花するほうです。
ベイン 2007-1

これは上の花を中から覗き込んだところ。ソバカスみたいなピンクスポット、まるで違う花みたい。
早咲きベインのアップ 2007-1

上の花の全体像 (我が家ではピコティーと同じく一番乗り組)
外弁ベイン・内弁スポット 全体像

レッドレディの蕾:花はかなり大きく剣弁平咲き
レッドレディ 2007-1

ホワイトレディの蕾:上のレッドレディと同じ花形ですが、去年は色は白で中心に向かって薄いグリーンがかかった。
ホワイトレディ 2007-1

一目ぼれして買ったピコティーですが、今年はなんだか糸の入り方が、ぼやけているような気が・・・。そのうちピコティー+ベインになってしまうのでは・・・。心配です。
ピコティー2007-1

これは上と同じピコティーの2年前の写真。ピコの入り方がこれくらいのほうが好みなのになあ。
シングル ピコティー2005

ピコティーの全体像
ヘレボルス シングルピコティー

我が家のヘレボルスは全部地植えです。シアトルでは夏はとても涼しいので、地植えでも結構丈夫に育ってくれていますが雨が多いので、花や葉が痛みやすいのがちょっと問題です。

嬉しいことは、去年咲いた花から出来た種がいつも間にかこぼれ落ち、今年もまたたくさんクリスマスローズの赤チャンが生まれてきています。

去年交配したヘレボルス発芽・双葉の状態
ヘレボルス 発芽

ところで、去年は初めて、自分で気になる花同士を掛け合わせて、自家交配をしてみました。不精な私は採集した種をその場でばらばらと地面に蒔き、札を立てただけ。(汗)それでもチャンと発芽してくれました!

さて、去年交配したものは、

1・黒シングルx白シングル
2・黒シングルxピコティーシングル
3・濃桃色ダブルx黒シングル
4・濃桃色ダブルxピコティーシングル

なのですが・・・・。

私としては、1の交配は絵の具のように黒と白を混ぜたら、灰色になるのか、と当時全く短絡的な思いつきでやってみたのですが、今思えば、本当に馬鹿みたいな発想でした。(キチンと学校で遺伝子の勉強しておけばよかった。)

変な話ですが、ペッパ君(我が家のスタンダードプードル)を購入する前、ブリーダーの方とお話した時、母親が白で、父親が黒なので、生まれてくる子は白、黒、あるいはクリーム色(要するにオフホワイト)と言ってましたが、グレーの子が生まれるとは言っていなかった。このプードルのブリーダーの話からいくと、この1の交配は、花色に関して言えば、白、黒、オフホワイトなのでしょうか?でも、犬と植物はちょっとちがうし、メンデルの法則って言っても、何代か交配しないと、何が優性遺伝子だか判らないし・・・。どうなんだろう!? 交配した黒のクリスマスローズといっても、厳密に言えば濃い紫なので、子供は薄い紫ピンクだったりして。結果まであと少なくとも2年、気が遠くなります。どなたか詳しい方、是非教えてください~!もし、オフホワイトの花が咲いたら、ペッパと名づけようと思います。(笑)

2の交配は全く予想がつきません。交配の目的をあえて言えば、不思議な花が欲しかった、とそれだけです。3,4はとにかく今もっているダブルとは違う花が欲しかったので、とりあえずやってみた、というものです。本当なら、ダブル同士を合わせるのが確実なのですが、ダブルの花が開花している時期がずれ、また、株が小さすぎて、花粉どころではなかったのでやむ得ない選択でした。これも結果はあと、2,3年後でしょう。短気な私にとっては気の遠くなる月日です。また今年も来年も今後ずっと気になる花同士を交配していったら、、後何年後には、毎年新しい花がみれるかもしれませんが。(問題は場所ですね)

2月上旬の我が家のほとんどのヘレボルスはこんな状態です。
ほとんどのクリスマスローズが2月上旬この状態

もうじきしたら、自然に交配した、我が家オリジナルの実生の株も咲きはじめそうです。これはこれでとてもかわいいのですよ。また後ほど画像をアップします!

まだまだシアトルは本格的にクリスマスローズ満開になるまでには時間がかかりそうです。短気な私は無理やり蕾を手で開けないように、毎日我慢しています:))

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

バラの花束

この間の金曜日はちょっとだけいいことがありました。

夫が仕事の帰り、バラの花束を買って戻ってきました。昨日は二人にとって何でもない、ただの普通の日だったのですが、最近私が、まだ庭にあまり花が咲いていないのを(だからブログのネタもあまりないのです・・・)寂しく思っているのを察してか、部屋に花があると少しでも気分が明るくなるのではと、可愛いアプリコット色のスプレーバラをプレゼントしてくれました。

アプリコットのスプレーバラ

最近はどの品種のバラかちゃんと記載されているものが多くなってきてますが、残念ながらこの花束には名前が書いてありませんでした。でも切花品種のバラは香りがないものが多いなか、このバラには、鼻を近づけると、ほんのりと少しだけバラの良い香りがします。

開きかけ

室内で撮ったせいか、なかなか本当のこのバラの繊細な色合いを捕らえることができないのですが、外側の花びらの色が、内側の花びらの色より少し濃く、なんともいえない優しい色合いです。

アプリコットスプレーローズ アップ

早速花瓶に入れてリビングに飾ってみました。ちょっとの事なのに、部屋がずいぶん明るくなった気がします。この花を見るたび、ささやかですがなんだか幸せな気分になるのは、お花のパワーかしら。本当は、お庭で咲いたバラをお見せしたいところですが、外のバラはまだまだなので、買ってきたバラを載せてみました。チョッと反則ワザかな・・・?

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

バレンタインデーにむけて

バレンタインデーに向けてバックグランドを変えてみました! ハートがいっぱいでかわいいでしょ!?(ネタがないのがバレバレかな・・・竜汗)

ということで、皆さんもハートたっぷりのラブラブバレンタインデーになるようがんばってね

春の兆し

ここシアトルはまだ寒く日中でも白い息が出ますが、晴れの日が多く気持ちの良いガーデニング日和が続いています。庭に出てみると、枯葉の間から、水仙やカタクリなどの球根の芽が少しだけ覗きはじめ、またクレマチスは枯れたような枝から、新芽が吹いています。玄関先に植えている、枝垂れ猫柳も銀白色のビロードのような花穂が開き始め、私が春一番に楽しみにしているクリスマスローズも今では蕾もだいぶ大きくなり、開花まで後もう少しも株も出てきました。

チューッリップの芽
チューッリップの芽

枝垂れ猫柳の花穂
ネコヤナギのツボミ

ムスカリ・ゴールデンフレグランスの葉
ムスカリ ゴールデンフレグランス

ヒアスンスの芽
ヒアスンス

こぼれ種から発芽したニゲラ:間引きしたほうがいいのかしら・・・?
ニゲラ こぼれ種から発芽

いろいろな植物の芽が出てきはじめた同時に、雑草もたくさん生えてきています。ここ最近ずっと庭に出ても何もしないで、ぶらぶらと庭散策だけしていましたが、ふっと目に付いた雑草を見て、「そうだ、することいっぱいあるんだ」と我に返りました。今のうちに何とかしなくては・・・。

まだまだ寒い日が続いていますが、春の兆しを少しづづ感じられる今日この頃です。

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

Profile

 ペッパママ

Author: ペッパママ
♥ばら♥バラ♥薔薇♥Rose♥
クレマチス、ヘレボルス、雪割草、
山野草 (特に原種の百合、バイモ属にはじまり、テンナンショウ属、
カンアオイ属、ウマノスズクサ属
などちょっと渋めの花など)
色々なジャンルの花をこよなく
愛す筆者が、アメリカはシアトル
での園芸ライフを綴っています。 

世界中の花好きの方々と
花の輪が広がれば楽しいです♪

我が家の愛犬ペッパも
時々登場しますので
どうぞ宜しくお願いします。

このブログ内の写真は、特に記載
のない限り、すべてシアトルの
我が家の庭で大切に育てている
( 育てていた^^; ) 植物達です。

気軽にコメント、感想など
頂けるととても嬉しいです!

*************************
Hi, I'm a Japanese living in the
Seattle area. I love gardening
& enjoy growing roses, clematis, hellebores, Hepatica, & woodland plants.

I especially love spring
ephemerals like Erythronium,
Trillium, and Fritillaria, and I also
like species lilies, Arisaema,
Asarum,Aristolochia, and both
species and hybrids of clematis
and hellebores.

I've also started discovering
many wonderful plants that I
never knew existed, and have
rediscovered the joy of growing
plants from seed (even ones
that I used to plant as bulbs).

I would love to exchange seeds
with folks who have similar
passions! Looking forward to
hearing from you!

画像掲示板 (BBS)

世界中の花好きの方々とお花の輪が広がればと思い、画像掲示板を設置しました♪ ガーデニング、花画像がメインとなりますが、皆様の 散策、季節模様、愛犬(ペット)等の写真もお待ちしてます! 掲示板

Translate

English French German Spain Italian Dutch Russian Portuguese Japanese Korean Arabic Chinese Simplified

現在のシアトルの天気

Calendar

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Copyright

このブログ内の写真およびコンテンツの無断転写・複製はご遠慮ください。 また写真の修正・加工、あるいは商用利用等は固く禁じます。 写真のご利用の希望の際は、メールにてご一報ください。  

…………………………………… All pictures and contents are copyrighted and protected by US and international law. Use, reproduction, or modification in any manner without written permission is prohibited and will be prosecuted to the fullest extent of the law.

Mail

Name:
Your Address:
Title:
Comments:

Recent Articles

Category

コメントありがとう!

Search

遊びに来てくれた人達


ブロとも申請フォーム

リンク

Visitors

今日の名言



presented by 地球の名言

園芸・プードル関連のブログ

blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ

QRコード

QR
このブログに掲載されている写真等の無断転写・複製・商用利用等は固く禁じます。 Copyright © ペッパママ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。