スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカのバラゾウムシ (Naupactus cervinus: Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil)

アメリカのバラゾウムシ
(Naupactus cervinus: Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil)

 

日本の皆さんや(寒冷地の方はまだまだかな?)アメリカでも暖かいところにお住まいの
皆さんのお庭は、もうすでに色とりどりのバラが咲き誇り、甘い香りやにつつまれて
バラ三昧の毎日をお過ごしかと思います。

こちらシアトルは、まだまだ日中の気温が12,13度前後、肌寒い春が
ここず~っと続いております。 が、植物はゆっくりでありますが、徐々に成長しており、
今現在では、毎年他のバラよりほぼ一ヶ月くらい先に咲く、「ルイ14世」がボチボチと
咲き始めました。他のバラは、蕾が大きくなり、色づき始めているものが何品種かあるものの、
本格的な開花ラッシュは今月6月中旬以降、あるいは後半あたりからになりそうです。

さてさて、バラゾウムシに悩まされている日本の皆様、バラゾウムシって
実はアメリカにもいるってご存知でしたでしょうか?

我が家では、多少の被害があるものの、あまり気に留めてない害虫の一つ
でしたが、先日庭を巡回していたら、バラではなく、山野草のカタクリの枝で
止まっている(一息中!?の)を発見!早速捕獲して、写真を撮ってまいりました。

バラゾウムシはこちらでは、Rose Curculio Weevil (Merhynchites bicolor)という赤色の虫と、
Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil(Naupactus cervinus)という灰茶色の虫がいます。  

幸い我が家で出没するタイプは、後者のFuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil
のみなのですが、赤いヤツは、写真を見る限り個人的にちょっと生理的に
受け付けないものがあり、我が家にいなくてよかった~と思っているところですが、
もしかしたら、今まで気づいてないだけかもしれません。

注意:
これから写真になりますので、虫が苦手な皆様 (私もあまり好きではないのですが・・・苦笑)

お食事中の皆様、お気をつけくださいませ。



ではでは参りましょう~!!(爆)







じゃ~ん、アップから。ちょっと間抜けっぽい。(笑)
アメリカのバラゾウムシ (Naupactus cervinus - Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil)

虫の大きさが分かるように、キッチンペーパーの上に鉛筆と並べてみました。
アメリカのバラゾウムシ (Naupactus cervinus - Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil)

大きさは大体5ミリ強くらいかな?
アメリカのバラゾウムシ (Naupactus cervinus - Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil)

噛んだり刺したりしないので、割と安心して撮影できました。(小心者です・・・)
アメリカのバラゾウムシ (Naupactus cervinus - Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil)

マクロで写しているのですが、撮影中動くので鉛筆の近くに戻して撮り直しています。
アメリカのバラゾウムシ (Naupactus cervinus - Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil)

お尻が野暮ったい・・・。(笑)
アメリカのバラゾウムシ (Naupactus cervinus - Fuller Rose Beetle/Fuller Rose Weevil)

とまあ、バラゾウムシの写真ばかりこんなに掲載しても・・・と思ったのですが、
シャッターを沢山切ってしまって、ファイルには30枚以上もバラゾウムシ君の画像が
たまってあったので、 そのうち6枚厳選?して掲載いたしました。

日本のバラゾウムシとちょっと似ているかな?



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥
スポンサーサイト

改正版: バラの枝枯れ病/ステムキャンカー (これぞ枝枯れ病という究極の見本!)

改正版: バラの枝枯れ病/ステムキャンカー( これぞ枝枯れ病という究極の見本!)


久々のバラの話題なのに、病気の話ではじまってしまうのもなんだかなあ・・・と
ちょっと気が引けたのですが、最近こちらでは冬の剪定を始めたばかり、ちょうど今が
旬?の話題かな・・・と思い、「バラの枝枯れ病特集」を組んでみました。(爆)

実は私のブログに、「バラの枝枯れ」だとか「キャンカー」で検索されて、
07年のちょうど今頃書いた記事にたどり着く方がよくいるようなので、
なんだかちょっと不思議に思い、自分でも「バラの枝枯れ」とググッてみると、
なっ、なんと不名誉なことに、Googleの検索結果の一ページ目のトップに
私のブログが登場してしまっています。

おまけに、某サイトで、バラを育てている方が、

「バラの枝が黒くなってきているのですけど・・・」

みたいな相談をされており、その返答として、

うちはなったことないけど、コレなんじゃない?」

といって、私のブログの「キャンカーのページ」のリンクが張ってあったりと、07年の2月の
「バラの枝枯れ病 ステムキャンカー (これぞ枝枯れ病という究極の見本!)」 の記事、
なにかと皆様にお役に立たせて頂いているようですぅ~。

夫や家族に、このことを話したら、全員にお腹がよじれるくらい爆笑されたのですが、
私としては、お悩みの皆さんの病名解明に役立っているとは言え、こんな不名誉なことで
検索結果のトップに入ってしまったことには、なんだか複雑な心境でもあったりします。

こうなってしまったら、今後「綺麗なイメージのブログのキャラ」を続行出来そうもないので、
(↑そんな良いイメージ、残念ながら初めから全くなかったのですが・・・苦笑)
開き直って、今回新たに出血大サービス!?でいろんな角度からバシバシ
キャンカーを激写してまいりました!

前回バラの枝枯れ病(ステムキャンカー)を特集した時は、まだ古いカメラを
使用していたのですが、今回は愛用のDSLRとマクロレンズを使用、前回よりさらに
パワーアップした仕上げになったと思いますので、皆様どうぞごゆっくりご覧に
なってくださいね~! 

まずは凍傷で痛んでしまったバラの枝↓。 黒くなり始めています。
バラの枝枯れ・キャンカー (rose stem canker)
この枝↑は昨年6月ごろ下からぎゅ~っと伸びてきたたくましいベーサルシュートでした。 

こんな風に枝の途中で茶色くなっていくものや・・・
バラの枝枯れ・キャンカー (rose stem canker)

この枝は割と古いものだったのですが、やられてしまっています。(涙)
バラの枝枯れ・キャンカー (rose stem canker)

ざざ~っと一本景気よく茶色くなっています。
バラの枝枯れ・キャンカー (rose stem canker)

ほとんど凍傷でやられてしまった犠牲枝・・・。
バラの枝枯れ・キャンカー (rose stem canker)

枝の真ん中辺りからカビが生えてきているの、お分かりでしょうか?(汗)
バラの枝枯れ・キャンカー (rose stem canker)

これは古めの枝だったからまあそれほどショックではなかったのですが・・・
バラの枝枯れ・キャンカー (rose stem canker)

アップでの特集・・・
バラの枝枯れ・キャンカー (rose stem canker)

本当は直視せず、そのまま速攻でごみ缶に入れたかった気持ちを
ぐっ~と堪え、色々な状態の写真を撮ってみました。
バラの枝枯れ・キャンカー (rose stem canker)

写真でもおわかりのように、このような重症のキャンカーになっても、新芽はでてくる
場合もあるのですが、枝を切ってみると、中まで茶色で乾いており、きっと新芽も今後
上手く育っていかないかと想像されます。
バラの枝枯れ・キャンカー (rose stem canker)

しわしわになったり、茶色くなったり、黒くなったり、黄色くなってから茶色くなったり
する場合など、色々あるようですが、我が家のように凍傷でキャンカーになった場合は
ほとんど、一番上の写真のような状態から悪化していきます。
バラの枝枯れ・キャンカー (rose stem canker)

シアトル、北に位置している割には、冬でも割と穏やかな気候なのですが、

昨年11月の終わり頃、夜は7,8度、日中は15度あたり、平均して10度前後の
気温がずっと続き、一度も氷点下になって時期に、急激に最低気温がマイナス6,7度
の日が連続6日間くらい続き(日中の最高気温がマイナス2度)、その一週間後、一気に
15度前後気温まで戻った時ということがあったのですが、案の定、その時に被害に
あったものと思われます・・・。(涙) 

この急激な寒さの前日まで、まだまだ青々していたバラの葉も、冷凍庫に入れたレタスの
葉のような状態になり、一気に落葉。 そのまま綺麗さっぱりに葉が落下してくれるのではなく、
茎にレタスの腐ったような葉がべっとりと絡みつき、手で一枝一枝丁寧に、絡みついた枯葉を
取り除いて行く掃除がかなり大変だったことを覚えています。

この地道に手で一つ一つ丁寧に枯葉をとっていく作業の繰り返しをひたすら続け、
株の植わっている土周りや枝を綺麗に保っていたのにもかかわらず、やはり凍傷で
痛んだ枝には黒くなるどころか、カラカラに乾いてカビまで生えてきてしまいました。(涙)

感じたことは、品種によって凍傷にかかりやすいものと、そうではないものがあるようで、
この急激な気温差にも一本も枝枯れならなかったものもあります。所謂耐寒性の強い薔薇という
ことなのでしょうか・・・?

また、我が家にはERのジュード・ジ・オブスキュアが3本あるのですが、
(フロントヤード、バックヤード、そして鉢植えのもの)、フロントに植わっている
ジュードは、急激な温度変化にもびくともせず、一本もキャンカーの被害が出なかったのに
対して、鉢植えにして6年目のジュードの被害は、かなり酷く、何処から手をつけたら良いのか
という状況。 また一方、裏庭に植えているジュードにも、鉢植えほど被害が酷くないにしろ、
昨年初夏に成長した大切なごっついベーサルシュートに何本も被害が出てしまったので、たとえ
同じ品種でも、植えている場所、環境、または株の状態によっても、被害の出の差が出るもの
なんだなあと痛感しているところです。

やはり、品種だけではなく、株の状態や、植えてある環境など、その他色々なことが
複雑に重なって、このように被害に影響してくるのでしょうね!



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

バラのブルヘッド

バラのブルヘッドの写真集・・・(爆)


先日バラのバラの貫生花(かんせいか)の写真を載せましたが、
今日はその貫生花(かんせいか)とよく混合されているブルヘッドの写真を掲載~!

ブルヘッドとは特に春先、蕾が形成されている時に、低温に何日(何夜)さらされた
バラによく見られる症状で、横から見ると蕾の先が切られたような感じに平らになり、
花びらが縮れて中にカールしてしまっているような状態を言います。


詳しくはこちら→  Factors Affecting Flower Abortion and Malformation in Roses

"The formation of malformed flowers, so-called “bullheads”, which have significantly more petals than normal flowers, is also promoted by low temperature and low cut back. Light intensity seems to have no effect. Shoots subjected to low temperature (12°C) during the early stages of development, before the differentiation of the floral organs are fully completed, produce malformed flowers to a greater extent than shoots subjected to high temperature (18–24°C) during this period."

詳しくはこちら→ Rose -- Bullhead

"Cause: A physiologic problem when temperatures drop into the 50s during early flower development. During this time there are major changes in the balance of different growth regulators present within the flowers. Prevalent in the cultivars Baccara and Talisman and those in the Columbia family of roses. The plant is not permanently affected.
Symptoms: Buds have a flat-topped appearance instead of the pointed tip normally preferred. Flower buds are larger in size and weight, have many short petals and petaloids, and have a profusion of secondary florets bearing carpels near the base of the flower.
"

薔薇のフォーラムでの写真はこちらから→(ブルヘッド1 ブルヘッド2

ERのプリンス。 横から見るとこんな感じ。蕾の先の方が
切られた様に平たくなっているのがお分かりでしょうか?
薔薇のブルヘッド

上から見るとこんな感じ。花びらがより縮み中にカールしています。
バラのブルヘッド

花びらが丸まってしまっています。
バラのブルヘッド

しかし、この後、何事もなかったように、プリンス君開花してくれました。(爆)
バラのブルヘッド


こちらはウェディングケーキというバラ。 同じく正常の蕾のように先が尖っていません。
横から見ると正常の蕾の上方が短くなっている。
バラのブルヘッド

上から見た感じ
バラのブルヘッド

こんな風に、花びらが短く、丸まってしまいます。
バラのブルヘッド

なんだかやけに花びらが短くなってしまっています。
バラのブルヘッド

これまた我が家に関してですが、ブルヘッドになりやすい傾向のある品種
と、そうでない品種とがあるようです。

たまにこのブルヘッドと貫生花(かんせいか)a>が一緒に出てきて凄いことになったり
するのですが、まあこればかりは気温のせいだったり、なかなかコントロールすることが
難しいので、あまり気にしていません。(苦笑)

ブルヘッド、とくに春先、冷え込む地方でよく見られる現象だと思いますが、
皆さんのところではいかがでしょうか?




にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

バラの貫生花 (Proliferation)の画象

バラの貫生花(かんせいか)とは・・・

暑い日が続いていますが、皆さんお元気にお過ごしでしょうか?

こちらシアトルでも晴天が続いており、2,3日ちょっと目を放した隙に
ハダニの被害にあっている株続出発見! かなり焦っている今日この頃です。 

慌ててニームオイルを散布しましたが、ちょっと手ごわそう・・・。
特にフェンスに這わせてツル扱いに育てていた薔薇も
よく見るとたっぷり被害にあっており、テンションが下がりまくっています。

みなさんハダニの対処はどうされているのでしょうか?


さてさて今日の写真は貫生花(かんせいか)。

貫生花とは、バラの花の中心からまた蕾が出たり、
葉っぱが出てきたりする奇形の症状で咲いた花のことを言うのですが、
今年、我が家の薔薇でその貫生花の凄~い写真を激写いたしました。

ルージュロワイヤルの貫生花 (かんせいか)
バラ 貫生花 (かんせいか) Proliferation Rose

アップで・・・
バラ 貫生花 (かんせいか) Proliferation Rose

横から見たら・・・(笑)
バラ 貫生花 (かんせいか) Proliferation Rose


凄いでしょ~!? 一般には、窒素のやり過ぎでなると言われていますが、
我が家のルージュ君、窒素やりすぎの覚え全くありません。(きっぱり!) 
他のバラと同じように肥料をあげているのにもかかわらず、
今まで一度もマトモに咲いた覚えがありません。(だからブログでも写真がない・・・汗)

雨が降るとボーリング、咲いたと思えば、貫生花(かんせいか)、
生育は旺盛で、病気にもとても強いのですが、今までずっと裏切られっぱなし・・・。

噂では香りがよく、とても良いバラと聞いて購入したのですが、今年で6年目、
そろそろ堪忍袋の緒が切れてきました。(苦笑)

英語ではこのような花から蕾が出てきたり、蕾になりそこないの葉が
出てくる状態を「Proliferation」(日本語→貫生花:かんせいか)と言うようで、日本ではよく
 「ブルヘッド」 と混合されているようですが、 「ブルヘッド」とは全く違う症状です。 

The Huntington Botanical Gardens のサイトでも画象をご覧になれます。
(上から3番目の写真が Proliferation = 貫生花)

かくゆう私もつい最近までは違いがよく分からず、てっきり同じ症状だと
思っていた一人なのですが、最近ようやく違いが分かってきました。 

私個人的には、なんだか貫生花よりブルヘッドという言葉の方が、
なじみが深いのに、実際多くの人が貫生花とブルヘッドを混合してしまっている為か、
本当のブルヘッドの写真はネットではほとんどないみたいなのですよね・・・。

(どんなに言葉で説明してあっても、「百聞は一見に如かず」、
自慢にはなりませんが、ブルヘッドの画象も今年ちゃんと撮れましたので、
数日中に掲載しますね!)

で、どうして貫生花になってしまうのか・・・という原因ですが、はっきりした
理由は未だに分かっていないようです。 ですが、一般的には、「窒素のやり過ぎ」、
「バラの品種によってもなりやすいものがある」とか、そして「株が若い時」、
「充実していない時」に貫生花(かんせいか)になりやすいのでは言われているようです。
(我が家では交配した薔薇の一番花あたりがよくなります。)
 
また春に蕾が形成されている時に、急激に冷え込んだ日(夜)があったりと
いうような、気温の急激な変化にも影響されると言われています。

我が家でこの貫生花になりやすい品種はこのルージュロワイヤル、そしてERの
プリンス、などなど・・・。(笑)

そうそう、このようなバラを、「美しい・・・」というか「珍しい・・・」と
珍重する人が世の中にいるのでしょうか? メイアン社がパテント・トレードマークを
取得してこんなバラを売り出しています。


Exciting®-M

an extraordinary, rare and exclusive flower with many possibilities to use

もしこんなバラが好みだったら、ルージュロワイヤルを買って窒素をバンバンあげたら、
自分の庭でもつくれますよね~!(笑)


追記(8月14日): どうでも良いことなんだけど、英語で、「Proliferation」と言うと
花から蕾が出てくる状態、花の中心から緑の蕾の出来損ない見たいな物が出てくる状態を
「Vegetative centers」と区別する人がいるようです。 まあ、要はどのような状態か
ちゃんと分かれば良し・・・なのですが・・・。(笑)


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

薔薇の茎が縦に裂けるのは・・・

薔薇の茎が縦に裂けるのは・・・


大抵の場合、あのお腹がオレンジ色のチュウレンジ蜂が茎に産卵し、
暫くしてから卵が孵化して茎から幼虫が出てくるから・・・ですよね!? 

でもそれ以外に薔薇の茎が縦に裂けることはあるのでしょうか?

実は、シアトルではほとんどと言っていい程、日本の皆さんがブログに載せているような
オレンジ色の腹のチュウレンジ蜂を見かけないのです。

でも、我が家の薔薇たち、新しい新芽を見ると、開花には支障がないものの、
いくつかスパッと縦に割れている茎があるのです。(涙)

で、肝心な幼虫は・・・と言うと、実はたまに見かける程度で、あまり見かけません。

大体チュウレンジ蜂の幼虫って、集団で群がって薔薇の葉を食べているのですよね?

よく考えると、随分昔、緑の小さい幼虫で、大量に葉に群がって
葉っぱの端の方から食い尽くす幼虫がいたこともあったのですが、
今ではほとんど見かけません。
(自分の中では、多分それがチュウレンジ蜂、あるいはアメリカ版チュウレンジ蜂?かな・・・
って思っているのですが・・・。)

どちらかと言うと、最近は薔薇の葉の端の方からではなく、
裏から葉が透けるような感じで食害された葉を見かけ、
幼虫も葉の裏に、2,3匹いる程度だったので、
チュウレンジ蜂の幼虫とは多少違うハバチの仕業かな・・・
って感じであまり気にはしていませんでした。


とりあえず我が家の縦長に裂けた問題の薔薇の茎の画象からご覧になってください。(苦笑)


見事な割れ目、大体12センチくらい。 チュウレンジ蜂の産卵後の割れ目って、こんなものなのでしょうか?
薔薇の茎が縦に裂けたもの その1

こちらは8センチくらいだったかな?
薔薇の茎が縦長に裂けたもの その2

こんな感じに縦に裂けた茎が、今日気づいただけでも、7、8本くらい
(もっとあるかもしれない・・・汗)ありました。

それにしてもチュウレンジ蜂をほとんどと言ってよいほど見かけないし、
なんだかこの茎の裂け方ってチュウレンジ蜂の産卵の後にしては、
スッパリ綺麗に割れているように見えませんか? (っでも、全く分かりませんが・・・)

(そういえば、日本のチュウレンジ蜂のようにお腹が鮮やかなオレンジ色ではないのですが、
薄い濁ったオレンジ色のようなハバチ?は多少見かけるので、その虫の仕業なのかしら・・・?)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 

で、最近、薔薇の茎や葉に産卵する虫を色々調べていると、薔薇に産卵するハバチって、
チュウレンジ蜂、そして憎きバラ茎蜂だけではなかったのですね~!!
これだけ薔薇を育てていたのにかかわらず、先日初めて知りました~! (竜汗


その今まで知らなかったハバチの写真を見てさらにびっくり~、
なんと我が家の庭でよく私が目撃することのある虫にそっくりなのです。(涙)

そのイデタチ、なんと全身真っ黒、なんだかダースベーダーのような怪しい趣のババチ君たち、
以前からバラの茎は葉に止まってじっ~としていることがあったので、

「なんだか怪しい・・・、バラに何をしているのかしら・・・」

と気にはなっていたのですが、写真で見る限り、クシヒゲハバチとかクワガタハバチに極似ているのです。


たまたまその怪しいダースベーダ系のハバチ、昨年撮った画象があるので興味のある方はちょっとご覧ください。
(怖さのあまり、手が震えてピントがよく合ってないのですが・・・)

シアトルの我が家で見かける真っ黒いハバチ。 
黒いハバチ。 クシヒゲハバチ???

茎の割れ目には、卵のようなものはすでに見当たらなかったのですが、
もしかしたら、この黒いヤツが薔薇の茎が裂けた原因なのでしょうか?

例えば、この黒いハバチが、もしクシヒゲハバチとかだったら、
チュウレンジ蜂のように茎の中に産卵するのでしょうか?

それとも薔薇の茎が裂けるのには、他に何か原因があるのでしょうか?

もう頭の中は?????????????で一杯です。


私としては、いずれにしろハバチなどの
(チュウレンジ蜂かもしれないし、クシヒゲハバチかもしれないし・・・)
虫の被害かな・・とにらんでいるのですが、

色々状況を説明して、実物の縦に裂けた枝を見た夫は、何故だか

「今まで気温が上がってきてバラの成長に適した気温だったので、
一気に急成長していた時に、突然寒い日が続いたりして、また、
同時にたくさん雨が降って茎が成長に追いつかなくて爆発したんじゃない? 
多分そうだよ、トマト(の実)みたいに・・・!!(←何でトマト? 爆)」

なんて「多分・・・」と言いながら、なんだか自信げに主張しています。(苦笑)
 
なので、最近ちょっとプチ言い合いになってしまってます。

夫は、周りに卵らしきものもないし、チュウレンジ蜂の産卵後のように、
裂け目に卵の入っていたような形跡がないからと言うことで、虫の仕業ではなく
勝手に「茎が爆発した・・・!」と思っているようですが、

ここは白黒はっきり決着をつけたいので、皆様どうかお力をお貸しくださませ。




にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

この虫何という虫? 鑑定おねがいします~!

シリーズ3: 一体あなたは誰ですか・・・?

ここ最近、以前ちゃんと着れていた服がキツイことにショックを受け、プチダイエットを始めた私ですが、今晩早速挫折してしまいました。

ここ何週間か、できるだけジャンクフードは避け、どうしてもお腹が空いたら、果物などを少量食べてがんばっていましたが、今日、晩御飯を食べたにもかかわらず、最近実家から送ってきたラムレーズンのチョコレートの誘惑にどうしても勝てず、一気に暴食。 がーん・・・。 でもおいしかった・・・。 食べないように・・・と我慢すると、私の場合、すぐ反動がきてしまうのですよねぇ・・・。(←意思が弱い・・・苦笑) 

これから、こちらアメリカでは、サンクスギビング(感謝祭)、クリスマス、そして年末など、食べる行事が目白押しになり、誘惑がもっともっと増えてくるので、新たに気を引き締めなくては・・・。(笑)

と、ちょっと話がずれてしまいましたが、前回の一体あなたは誰ですかシリーズから、かなり時間が経ちましたが、今年最後の虫シリーズです。 

私的にはかなり気持ち悪いと思うので、お食事中の方、苦手な方は、ここでストップすることをお勧めします。(爆)







さて、虫大丈夫の方、あるいは怖いもの見たさで興味のある方は、心の準備はよろしいでしょうか?





それでは今年最終回の第一弾の虫くん・・・





じゃ~ん、↓これです。
Mystery bug red-black 1

この不自然な赤色が個人的にイヤですね・・・。
Mystery bug red-black 2

しかも赤い腹・・・。 大体2センチくらいあったかな?
Mystery bug red-black 3
写真を撮影したのは、我が家の裏庭。 確か7月くらいだったような・・・。 

どうして、こんな汚い黄色いカードに張り付いた形になっているかと言いますと、実はこの虫を発見した時、ごっつい皮手袋をしていて、気が大きくなり手袋をしたまま捕まえたのですが、その時手元にカメラがなく、どうしよう・・・と考えた末、コナジラミなどを捕獲する為に庭に設置していた黄色い粘着カードにくっつけた・・・というだけのことです。 見方によっては、虫よりバックグランドの方が汚いかも・・・。(苦笑)

今までこんな派手な虫、我が家で見たことなかったので、びっくりしました。 きっとアメリカでも山の方に行ったりすると、もっと凄い虫がいたりするのかもしれませんが、私的には十分インパクトがあり、正直言ってかなり動揺してしまった一匹でした。 


次の虫はこれです・・・。
Mystery bug black
なんだかこの虫、どう言う訳か知っとくべき虫の一つのような気がするのですが、全く分かりません。 薔薇の茎に止まっていて、はっきり覚えてないのですが、大きさは5ミリくらいだったかなあ・・・。

今更ですが、ガーデニングって、綺麗な花を愛でるだけではないのですよね。 今日も6匹ナメクジ捕獲したし・・・。 虫とのお付き合いもかなり深くなって、毎日が勉強です。

今年最後の「一体あなたは誰ですか・・・?」になってしまいましたが、 これらの虫、もしご存知の方がいらっしゃいましたら、是非是非教えていただけないでしょうか? どうぞよろしくお願いします。


ファイルを整理したら出てきたペッパ君の写真。 今ではひたすら落ち葉掃除や、枯れた宿根草の整理に明け暮れています。
ファイルを整理したら出てきたペッパ君の写真


にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥


にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ←かわいいプードルのブログがたくさんあります♥

バラのモザイク病 (rose mosaic virus)

バラのモザイク病 (rose mosaic virus)

皆さん、ローズモザイクウィルスってご存知でしょうか? 

私の知る限り、こちらアメリカではではバラのガンシュ(癌腫病)より、もっとおなじみの病気なのですが、我が家でも「もしかして・・・」と疑われる株がいくつかあります。 

うちの場合、共通して言えることは接木苗。 挿し木苗でも、ウィルスに侵された親株から採ったものは、その株も病気を持っており、ガンシュと同じく今のところ薬などで直せることが出来ないそうです。

まずはもしかして・・・と疑われる葉の様子をご覧ください。(涙)
バラのモザイク病 (rose mosaic virus)

アップで・・・。
バラのモザイク病 (rose mosaic virus)

緑の葉の中に、雷のようなギザギザ模様が入ります。
バラのモザイク病 (rose mosaic virus)

新葉ではなく少し古くなった葉に兆候が現れ、しかも植えてから何年か経った後、初めて症状が出るので、非常に厄介な病気でもあります。 薬の散布などでの、薬害にも似たような症状が出るとのことで、なかなか判断は難しかったりもします。

まあ、これに関してはいろいろ説があるらしく、アブラムシなどによって正常な株にもウィルスが移ってしまうので「即抜け~!」と言う方から、「別に花つきが悪くなかったら、それほど神経質にならんくても良いんじゃない?」という方まで様々です。

しかし、共通して言われているのは、剪定ばさみをちゃんと消毒しないと、他の株にも移ってしまうので、そこはきちんと注意がいるとのこと。

何とも厄介な病気ですよね。(涙) せっかく大株になってきたところ、この症状が出てくると、本当にがっくりきてしまいます。

ちなみに我が家ではガンシュで廃棄したバラは今のところ一株、このローズモザイク病が疑われる株は3,4株あります。(涙) 対処・・・どうしようかな?


今日のペッパ。 
散歩中、オドオドして尻尾が下がりっぱなしのペッパ君
散歩中、なぜかビビッて尻尾が下がりっぱなしだった・・・。


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ←かわいいプードルのブログがたくさんあります♥

今日薔薇の花の中で見つけた虫達

シリーズ2: 一体あなたは誰ですか・・・?

こんなに晴天続きで良いのかしら・・・というくらい晴れの日が続いているシアトルです。

おかげで庭の水やりが大変です。 軽く2時間はかかってしまって、ヘトヘトに疲れてしまいました。(体力ないのです・・・・

さてさて、今回で第二弾、「 一体あなたは誰ですか・・・?」シリーズ。 

やはり一人考えるより、この場で皆様のお力をお借りして、分からない虫を教えていただこうと、今回は我が家の薔薇の花の中にいた虫達です。

きっと誰でも知っているような初歩的な虫なのかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

虫第1号

大きさはゴマ粒くらいの小さな虫。 アップで写してありますが、肉眼では本当に小さくて、写真のようにはっきりと模様は見えません。 今まで何度も見たことがある虫なのですが、この虫を見つけるたびに、花びらを食べているのでは・・・と心配になります。 そういえばいつも花の中で見かけるかも・・・。

怖度:★ (大嫌いなゴキブリの怖度を★★★★★★★★★★ 10とすると) これなら手で潰せるかも。

bug June 9-1

bug June 9-4

bug June 9-3

bug June 9-2

虫第2号

たぶんSawfly (ハバチ) の一種だと思うのですが、何をしているのだろう・・・? 個人的には触覚がイヤですね。

怖度:★★★ (大嫌いなゴキブリの怖度を★★★★★★★★★★ 10とすると)

bug June 9--1-2

bug June 9--1-1

虫第3号

こちらもSawfly (ハバチ) の一種だと思うのですが、虫第2号より二周り大きかった。 パットオースティンの花の中にいて、違った角度から撮ろうと思っていた時、こっちに向かって飛んできた。 もちろん思わず「ぎゃあああっ~」と絶叫~! 昼間から奇声を出して近所の人になんて思われたかちょっと心配。

怖度:★★★★ (大嫌いなゴキブリの怖度を★★★★★★★★★★ 10とすると)

bug June 9--2-2

bug June 9--2-1

そして、今年のバラクキバチ中間被害報告。

2週間前からこちらで売られているバクテリア系の殺虫剤で、野菜果物など食べ物にも大丈夫だというオーガニック系のものを一週間に一回散布。 

かなり環境に安全かつ、しかもハバチの幼虫(バラクキバの幼虫を含め)にも効くということで、薦められたのですが、 ここ3日あたりから枝垂れる枝が出てきました。

枝垂れた枝を切ってみてみると確かに幼虫が1センチから2センチくらい食い進んだ後、死んでいるようですが、20センチくらいあったせっかくのベーサルシュートの真ん中を狙らわれ、しかもその3,4センチを下を切らないといけないという羽目になってしまい、せっかくのベーサルシュートも台無し。(涙)

このままイライラしたり、悲しくなったり・・・の悪夢の毎日を送るのは精神衛生上悪い(ちょっと大げさだけど・・・)と判断し、以前TITANさんが教えてくださった、浸透性の殺虫剤を今年初めて散布しました。

バラクキバチの季節は今月いっぱいくらいだと思うので、後もう一回二週間後に散布する予定です。 

「何の虫?」がシリーズ化しそうな気配ですが、今後もどうぞよろしくお願いします~!

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

怖い・・・。 なんと言う虫?

一体あなたは誰ですか・・・?

今日、花の写真を撮ろうと庭を巡回していたら、ぎゃっ~、「なんじゃこれ~?」 という虫発見!

色がオレンジで触覚がやけに長く、目立っていました。 今思い出すだけでもちょっと鳥肌・・・。

宿根草の花壇に立ててあった支柱にとまり、あの黄色くて、長い触覚を使って何かを探しているようなしぐさをしていました。 (怖っ怖い・・・) 

がんばって5枚も写真を撮ったのですが、怖くて手がプルプル震えてしまい、一枚しかピントが合っていませんでした。 それがこれ↓

庭にいた不明な虫。
bug June 7

この後、どこかに飛んでいってしまったのですが、一体何をしていたのだろう。 最近バラクキバチにやられないかとヒヤヒヤしているので、余計にちょっと不審な虫に見えてしまいました。(汗

どなたかご存知の方がいらしたら是非是非教えてください。

にほんブログ村 花ブログへ←花好きな人達のブログがたくさんあります♥

バラの大敵 バラクキバチ・・・ 去年は惨敗 (現行犯激写~!!)

バラの大敵 バラクキバチ・・・ 去年は惨敗 (現行犯激写~!!)

去年の今頃も同じような記事を書き、「今度こそはバラクキ蜂の被害を最小限にしたい」 (ここを参照→バラの敵、バラクキバチ・・・。 今年の対策) というようなことを言っていたのですが、やはり去年初夏も憎きバラクキバチに散々やられっぱなしでした。 

去年は初の試みとして、これは絶対大切というベーサルシュートなど、厳選していくつかアルミホイルを巻いてみたのですが、せっかくの苦労も水の泡・・・。 またもや敵の攻撃に惨敗してしまいました。 

まずは去年のダメージの画像をじっくりとご覧ください。(苦笑)

バラ茎蜂の産卵後・・・。 茎が萎れてこんな形跡を見つけたら、まず疑ってみよう・・・。(涙)
バラクキバチの産卵の後

せっかくのシュートなのに・・・。(悔涙) バラの茎の皮をはがしてみると・・・↓
バラクキバチのダメージ

ダメージをたどってさらに皮をはがしていくと、らせん状に食い散らかして下に進んでいる・・・。(激怒)
バラクキバチのダメージ

ギャッ~!! 現行犯発見。 憎き敵!! これがバラ茎蜂の幼虫。 *肉眼では目をよ~く凝らしてやっと見つけられる大きさ。 ぱっと見ただけでは見過ごしてしまうほど小さく目立ちません。
バラクキバチの幼虫
しかも、↑の画像、かなりダメージが進んでいるので、気づくのにだいぶ時間が経っているような感じがしますが、一応この時期は毎日チェックを入れていたので、バラの茎が枝垂れ始めてそんなに時間は経ってないハズです。 恐ろしきバラクキ蜂君、君たち本当に手が早い。

去年の対策、アルミホイルを巻く・・・作戦でいってみましたが、大切なシュートにはアルミホイルを巻いてはみたものの、何日かすると枝(シュート)が成長するので、常にアルミホイルを蒔き続けなければならなかった・・・という点で、まず挫折。

そして、アルミホイルからはみ出して成長したところを狙われあっさり惨敗・・・。 しかもちょっとアルミホイルが巻いていない隙間などを狙ってくるので、完全にお手上げ。 
被害にあった部分をすぐに取り除き、一安心していると、次にまた狙って産み付けてきたので、結局ベーサルシュートをすべて切り詰めなければならない羽目になってしまい、本当に泣きたい気分でした。

さらに最悪なのは、このバラクキ蜂に産卵された茎をずっと気づかないでいると、(中には少し硬めで萎れないものがあるので・・・)幼虫はずっと下まで進み、枝が下から一気にキャンカーになるということもあり、本当に憎きバラクキバチです。 (早春に剪定をしていた時、枝枯れだと思って切ったら、実は穴が開いていた・・・ということも何回もありました。)

正直言って今年はどうして良いか分かりません・・・。(涙) 
去年の冬はシアトルは激寒の日々が続いたり、急に暖かくなったり・・・といった植物にとってかなりストレスな天候が続き、例年にも増して枝が枯れこんだバラが多く出たので、今年こそはしっかり株を充実させたいところなのですが・・・。
今年もまたバラクキバチにベーサルシュートをやられると思うと・・・。 今から涙目になりそう・・・。

皆さんはバラ茎蜂対策ってどうされているのでしょうか・・・。

 追記:バラ茎蜂に産卵された新芽の処理の詳しい仕方は2010年の記事のこちらから

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

Profile

 ペッパママ

Author: ペッパママ
♥ばら♥バラ♥薔薇♥Rose♥
クレマチス、ヘレボルス、雪割草、
山野草 (特に原種の百合、バイモ属にはじまり、テンナンショウ属、
カンアオイ属、ウマノスズクサ属
などちょっと渋めの花など)
色々なジャンルの花をこよなく
愛す筆者が、アメリカはシアトル
での園芸ライフを綴っています。 

世界中の花好きの方々と
花の輪が広がれば楽しいです♪

我が家の愛犬ペッパも
時々登場しますので
どうぞ宜しくお願いします。

このブログ内の写真は、特に記載
のない限り、すべてシアトルの
我が家の庭で大切に育てている
( 育てていた^^; ) 植物達です。

気軽にコメント、感想など
頂けるととても嬉しいです!

*************************
Hi, I'm a Japanese living in the
Seattle area. I love gardening
& enjoy growing roses, clematis, hellebores, Hepatica, & woodland plants.

I especially love spring
ephemerals like Erythronium,
Trillium, and Fritillaria, and I also
like species lilies, Arisaema,
Asarum,Aristolochia, and both
species and hybrids of clematis
and hellebores.

I've also started discovering
many wonderful plants that I
never knew existed, and have
rediscovered the joy of growing
plants from seed (even ones
that I used to plant as bulbs).

I would love to exchange seeds
with folks who have similar
passions! Looking forward to
hearing from you!

画像掲示板 (BBS)

世界中の花好きの方々とお花の輪が広がればと思い、画像掲示板を設置しました♪ ガーデニング、花画像がメインとなりますが、皆様の 散策、季節模様、愛犬(ペット)等の写真もお待ちしてます! 掲示板

Translate

English French German Spain Italian Dutch Russian Portuguese Japanese Korean Arabic Chinese Simplified

現在のシアトルの天気

Calendar

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Copyright

このブログ内の写真およびコンテンツの無断転写・複製はご遠慮ください。 また写真の修正・加工、あるいは商用利用等は固く禁じます。 写真のご利用の希望の際は、メールにてご一報ください。  

…………………………………… All pictures and contents are copyrighted and protected by US and international law. Use, reproduction, or modification in any manner without written permission is prohibited and will be prosecuted to the fullest extent of the law.

Mail

Name:
Your Address:
Title:
Comments:

Recent Articles

Category

コメントありがとう!

Search

遊びに来てくれた人達


ブロとも申請フォーム

リンク

Visitors

今日の名言



presented by 地球の名言

園芸・プードル関連のブログ

blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ

QRコード

QR
このブログに掲載されている写真等の無断転写・複製・商用利用等は固く禁じます。 Copyright © ペッパママ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。