スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナルのバラ Mrs. Markley (ミセス・マークリー)

オリジナルのバラ Mrs. Markley (ミセス・マークリー)


数年前に交配したバラで、私の最愛なる友人、そして人生の大先輩でもある
Mrs. Markley (ミセス・マークリー)に捧げたバラです。

空の色を見ては、あの色はこの絵の具を使ったらどうか・・・とか、
春の若葉の色はこの色とこの色とこの色を混ぜて・・・なんて、いつも
描く絵の具の色合いを考えていた芸術家の彼女、このバラの色合いも
上手く絵の具で表現してもらえるでしょうか。

その場にいるだけで周りを明るくする雰囲気、病気にも強く
(彼女は今年で102歳になりました。笑)
しかも花つきがとてもよく、ちょっとだけ日差しに弱い彼女。
(以前カリフォルニアに住んでいたのですが、暑すぎるということで
シアトルに引っ越してきたそうです。)

このバラが出来た時、すぐにMrs. Markleyのことを思いました。

そして、そんな美しい花の陰で、実は激しい棘があったりします。(爆)

彼女にこのバラを見せて、棘の話をしたら、棘の件に関して大うけしてしておりました。
(本人お墨付き、ぴったりとのことです。

Mrs. Markley (ミセス・マークリー)
オリジナルのバラ Mrs. Markley (ミセス・マークリー)

Mrs. Markley (ミセス・マークリー)
オリジナルのバラ Mrs. Markley (ミセス・マークリー)
5月のはじめ、この時期にめったにないくらいの高温の日が一週間ほど
続いたため、今年はバラが早く咲き始めています。


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥
スポンサーサイト

香りがとても良いオリジナルの薔薇とペッパ君

香りがとても良いオリジナルの薔薇とペッパ君


こちら↓は今年で3年目に入るオリジナルの薔薇です。 

一見、写真では、なんの変哲も無いただのピンクの薔薇に見えますが、
実はとっても香りが良いのです。

今は鉢植えしていますが、そのそばを通っただけでも、ふわ~っと甘いりんごとオレンジ
の香りを混ぜたような、心地良い香りが漂い、しかも、今ではオリジナルの薔薇がありすぎて、
鉢同士がくっついて風通しなど全くよくない悪条件でも栽培にもかかわらず、病気にもならず
どんどん花を咲かせています。  

香りの良いオリジナルの薔薇 (My rose seedling)
香りの良いオリジナルの薔薇 (My rose seedling)

アップで
香りの良いオリジナルの薔薇 (My rose seedling)

まだまだ交配を始めて長くはないのですが、今まで薔薇の交配をしてきた中で
一番難しいと感じるのは、美しい花のみを作ることではなく、すべての条件を満たした
オールインワンのバラを作るということかな。
(美しく、花つきが良く、また生育旺盛があるのはもちろんのこと、耐病性をも兼ねた品種)
色あいだけを追求しても、耐病性がかけたり、生育の思わしくないものが出来たり、香りが
とても強くても、花形が崩れているものだったり・・・。 なかなか難しいものがあります。

もちろん上の写真のバラも、完成品ではなく、これからこのバラを使ってどうやって料理
していくか・・・と過程中のバラなのです。(笑)

あるバラ交配の先輩の方が言うには、バラの交配とは、

「目標に向かってはしごを上るような感じ・・」

とのこと。 

その為には、はしごを一段づつ上がっていくような、地道な交配の繰り返しが必要で、
それこそ、一歩上がって二歩下がることも多々あります。 

幸運にも、一回の交配で理想のバラが出来ることもありますが、実際には、
何回も何回も地道な交配を繰り返し少しずつ理想に近づけていきます。

その途中には予期せぬ出来事があったり、必ずしも予想どうりに行かないのですが、
反対に予期せぬ幸運もあったり・・・。
 
交配は、そんなアクシデントが満載で、それがまた楽しかったりもします。

でも、忘れてはいけないのは、今あるバラは、先代の育種家の方々の賜物であり、
私はその宝物を受け継いで、使わせてもらっているということ。

「交配して出来た!」と言うと、自分だけでがんばって出来た成果・・・という響きにも
聞こえてしまうかもしれませんが、先代の方々の大変な時間と労力のおかげで、今交配に
使っているすばらしいバラがあり、自分が交配して作ったバラは、先代の育種家の方の
努力の賜物のおかげで成り立っていると言うことを、決して忘れてはいけないと、
いつも強く自分に言い聞かせています。(笑)

本当に、先代の育種家のご苦労なしには、今のバラ絶対には語れません。

***************************


今の私の交配の段階は、ちょうど自分のオリジナルのバラが出来始め、
そのオリジナルのバラを使って、さらに交配を進めていく段階です。 
ということで、理想にはまだまだ先は長~いです。

でも、バラって、ヘレボルスやクレマチスのように、種蒔きから、開花まで3,4年も
かからないので、結果を早く見たい私にとって、バラの交配は一番性に合ってるかな。(笑)

今日のペッパ。 裏庭の石楠花の木の下で・・・。
ペッパと庭の石楠花 (Peppa & Rhododendron in my backyard)

今日はなんだかバラの交配について自分が思っていることを少しばかり書き留めてみました。

いつも読んでくださる皆さんどうもありがとう!
お時間のあるときにでも感想など頂けるととても嬉しいです。


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ←かわいいプードルのブログがたくさんあります♥

交配して出来たオリジナルの薔薇

今年で二年目のオリジナルの薔薇たち・・・

シアトル、まだまだ気温は14.5度前後を行ったり来たりの6月にしては
肌寒い気温が続いていますが、ようやく庭の薔薇も咲き始めています。

といっても、気温が気温だけに、一気に咲くというより、ポチポチ・・・と言う感じ。

まだまだ本格的に咲くのはもう少し後になりそうですが、2009年に交配し、
2010年に初開花、そして今年で2年目になるオリジナルの薔薇たちも
少しずつですが、ようやく咲き始めています。

一年目で、耐病性や花などの具合をみて、期待が出来る株にはピンクのテープをつけて
毎年どのように成長するのか注目しているのですが、花の好き嫌いは、思いっきり
個人の主観が入るので、私がどっちでも良いと思った花が、案外他の方から見ると
とても素敵に見える場合があるようです。

その一例がこれ↓

何故だか夫がやけに気に入っています。
今年で二年目のオリジナルの薔薇 なぜか夫のお気に入り

外側の花弁は内側より一段うすいピンク。
今年で二年目のオリジナルの薔薇 なぜか夫のお気に入り 外側は薄いピンク

耐病性も抜群で、花持ちもとても良いのですが、香りは鼻を近づけると香る程度。
今年で二年目のオリジナルの薔薇 なぜか夫のお気に入り
ホント、私個人的には、とりわけ一押しと思っていなかったのですが、

夫に「廃棄しないでくれ~」と懇願されたので、このまま様子を見ることに。

その割には、

「そんなに好きだったら、この薔薇、OO(←夫の名前)と言う名前をつけようか?」

と聞いたら、「いや、それはいいです・・・」

だって・・・。 

こちらは↓は去年はノーマークだったお花。
今年で二年目のオリジナルの薔薇 ピンク
実は私、ただのピンク色の薔薇って「どっちでもいい派」と思っているのですが、
それでもピンクの薔薇、意図せずにも生まれる生まれる確率かなり高いです・・・。(笑) 

耐病性もよく、お花もゴージャスなのですが、ここなにかぱっと来るものがない・・・。
香りもそこそこだし、この花の遺伝子を使ってなにかメリットはあるかどうかと
考えると、「うむぅ・・・」って感じ。 F2に何か期待をかけるか・・・と考えましたがどうしよう。

そうは言っても、やはり自分で交配した薔薇、可愛く見えます。(笑)

そしてこちら↓は去年からマークして*ピンクタグをつけていたアプリコットピンクの薔薇。
今年で二年目のオリジナルの薔薇 アプリピンク
去年は期待していたのにもかかわらず、今見ると去年ほど感動が無くなってしまった。
しかもこの花、涼しく曇りの多い、シアトルだと綺麗に咲くのかもしれないけど、灼熱の
テキサスやフロリダあたりの気候では、花びらがちりちりになってしまいそうな気配・・・。

なんて色々考えてウンチク言って楽しんでいますが、発売するわけでもないので、
今のところそんなこと色々考えても無駄かな・・・。 (苦笑)

でも、色々妄想するのが薔薇交配の楽しみだったりするのです。


*ピンクタグ:一年目でこれはイケル!!と感じた株につけておくピンクのタグ。我が家の期待株

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥


初花から2年目の薔薇の花の変化

初花から2年目の薔薇の花の変化


ブログに遊びに来てくださったみなさん、こんにちは!

今日も懲りずに自分で交配したオリジナルの薔薇の
話題なのですが、記事を書きはじめて、ふと、

「こんな市場にも出回っていない自分の薔薇のことなどをつらつら書いても、
きっと大多数の人には面白くない記事なんだろうなあ・・・

なんて思えてきてしまいました。 

でも、ブログに設置してあるビジターマップを見る限り、毎日何人かの方々が
日本を始め、世界各国から覗きに来てくれているみたいだし、

たとえ偶然にこのブログにたどり着いたとしても、これもなんかの縁、
ちょっとでもお互い共通の話題があったから?! (笑) 見に来てくれているのかな・・・
とポジティブに、考えています。(笑)


さてさて、今日は交配した薔薇が初花から一年後はどのように変化するか・・・と言う一例。

これは2008年交配、翌年2009年1月に種を蒔き、同年7月に始めて咲いた花。
2009年 初花

後姿・・・。
2009年 初花

そして2年目の今年、花が開きかけた姿。 
2010 二年目の花

去年の花には見られなかった繊細なピンクの覆輪が出てきました。
2010 二年目の花

花が開花して暫く経ったもの。
2010 二年目の花

一年目と二年目では花の様子がちょっと変わってきているのがお分かりでしょうか?
株に力が付いてくると、細部に色々な変化が出てくるものなのですね。


今日もこんな自己満足のマニアックな話題になってしまいましたが、
こんな記事でもすこしでも面白い・・・と思ってくれる人がいますように~

そうだとやっぱり励みにもなるかな。


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

オリジナルの薔薇 ピコって呼んでいいかな?

オリジナルの薔薇 ピコって呼んでいいかな?

カップ咲きでピコが入った薔薇が作りたくていくつか予測をたてて
交配したものの、なかなか思うように結果がでなかったのですが、
このバラは、ほんのちょっとだけだけど、目標に近づけたかな? 


正面から見た感じ。 こんなコロンとした形って個人的に好みです。
オリジナルの薔薇 (original rose: my seedling)

横から見た感じ。微かにピコが入っているのがおわかりでしょうか?
オリジナルの薔薇 (original rose: my seedling)

オレンジや黄色が微妙に混ざっているこの色あい、とっても可愛いのですよ~!

株が充実すると、初年では見れなかった微妙な色あいもしっかり出てくるので、
この株、かなり来年に期待しています。

____________________________________________

追記

蕾の時はこんな感じ
オリジナルの薔薇 (original rose: my seedling)



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

ピンクの薔薇は好きですか?

ピンクのバラは好きですか?


08年交配、昨年初花だった株からとてもきれいな花が咲いています。

本当に今までは「ただのピンクのバラ」ってあまり惹かれなかったのですが、
自分で交配した為か、「ただのピンク」でもこのバラはとても魅力的に見えます。(笑)

自分で言うと、なんだかちょっと手前味噌になってしまいますが、この澄んだ
ピンク色といい、ちょっとシャキシャキした花びらの形といい、もし「ロマンチックなバラ」という
カテゴリーがあったら、入れてもおかしくないかな・・・なんて・・・?!


オリジナルのバラ (08年交配組)
オリジナル交配 08年交配組

ちょっと角度を変えて・・・
オリジナル交配 08年交配組

この株、花つきは良いのですが、どちらかと言うと株自体は
あまり大きくならないタイプのよう・・・。

今のところ1ガロン鉢で育てていますが、もしかして鉢植え向きタイプなのかな?


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

色は良いのだけど・・・

グレープジュース色のオリジナルの薔薇


ナンチャッテ交配から、今年はこんな渋い色の薔薇も咲きました。

2010 rose seedling

この写真は8月に咲いた一番花。 その後は株充実の為に咲かせていないのですが、
今後もう少し花形がそろってくれれば・・・と思っています。

この色でカップ咲き、フリフリ沢山花びらが沢山あって、香りが強ければ
言うことないのになあ・・・。 



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

アプリコット色のオリジナルの薔薇

アプリコット色のオリジナルの薔薇


オリジナル交配の薔薇、今年も色々咲きました。

ラッキーなことに、今年は去年よりもさらに、

「もしかして今後期待できるかも・・・」と

予感を感じた花もたくさん咲き、おまけに香りがとても良く、
しかもとても強く香る株もいくつか咲いたり、
さほど期待していなかった組み合わせの交配から、
以外に予想外の素敵な花が咲いたりして、本当に嬉しい一年でした。

しかし、素人の育種、いくら庭があるからといっても、ハウスなどのない
住宅街で大量の株を育てるのは至難の業。 

自分のオリジナルでない薔薇でさえ沢山あり、しかもその他、
クレマチス、クリスマスローズ、山野草などなど、好き放題に植えて
しまっていえるので、後はフロントヤードの芝生を薔薇畑にするしか場所
がなくなってきました。

今後の課題はずばり場所かもしれません。(爆) 切実に苗を置けるハウスが欲しい・・・。
_____________________________________


さてさて・・・

今年も去年反省したのにもかかわらず、撮りっぱなしの写真が大量にファイルに
保存したままになっており、何がなんだかなくなってしまった薔薇の写真が大量に
出てきてしまいました。 

下の写真もその一つ。(涙)

ピンクとアプリコットが微妙に入り混じる優しい色あい。
オリジナル交配の薔薇

横顔はこんな感じ。
オリジナル交配の薔薇

株が充実してくる来年は、初年見られなかった微妙な色あいが
さらに極めて現れてくるので、この写真の株、来年はどのように変化するか
とても楽しみな一株なのですが、同じような花で咲かない限り、一体どの株がどのように
変化したのさえ分からなくなってしまってしまうのが現状・・・。 

交配ノートを見れば、大体この組み合わせのものから咲いたものかな・・・
というめぼしはつくのですが、やはり確実に記録をつけておくことには
こしたことがありませんよね・・・。(汗)
オリジナル交配の薔薇

今年はとても数が多く、心を鬼にして初花から選抜していったのですが、
それでも今後様子を見る株が数百株あり、今は本当に家の周りが鉢鉢鉢・・・。

これから一体どうなるのだろう・・・。


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

ラベンダー色のオリジナルの薔薇 

ラベンダー色のオリジナル薔薇


08年交配した薔薇で、ラベンダー色の薔薇が咲いています。

昨年の初花より一回り大きくなった気がしますが、株はまだ30センチほどの
高さで、あまり大きくはありません。 

この大きさで止まってしまったら、ミニ薔薇・・・になるのかな!?


しかし、花つきは抜群、房咲きでお花が咲く傾向があるようです。 (写真はすでに3番花)
Rose Seedlings

実はこの薄いラベンダー色↓、花が古くなって退色したのでははく、
気温が低いと蕾からこんな感じにシルバーが入ったらベンダー色になります。
Rose Seedlings

こちらは↓気温が割と暖かくなってからのもの。(マジェンタ色と表現した方がいいのかな?)
Rose Seedlings

個人的には薄いラベンダーの色が好みなのですが、
どうやらこの株、気温で花色が多少不安定な感じの印象がします。

欠点と言えば、香りがない・・・。

しかし、切花品種のように花もちは抜群・・・!

なかなかすべて良い条件を満たすのは難しいです。

前途はまだまだ険しいです。(爆)


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

オリジナルの薔薇たち・・・ピンク編

ピンク特集・・・


シアトルもようやく暑い日が続くようになり、定期的に庭のお花たちに
水やりをしなくてはならない季節に突入してきました。

最近は、晴天の日が続いた時は大体5日に一回の割合で
地植えの庭全部の植物にお水をあげるのですが、実はこの水やりって
あまり好きではない作業なのです・・・。 

なんだか「水やりが嫌い・・・」なんて言ったら、
他のガーデナーの方からがっつり白い目で見られてしまいそうですが、
なんだか、乾いた地面にじっくり水が浸みるまで、
ゆっくり、そしてたっぷりとあげるこの単純作業、
その場に立って、ぼ~っと水をあげていると、他の事に目写ししてしまい、
ついつい花ガラを摘みたくなったり、目に付いた雑草を抜いたり、
なんだかじっとしているのが苦痛に感じてくるのです。(爆)

フロントヤード、バックヤードすべてに水をあげると、ずっぽり4時間半以上かかります。(涙)

そんな私にとってはなんだか退屈に感じてしまう水やりですが、
朝夕必ず2回水やりが欠かせない暑い地方の方からして見れば、
「たかだか5日に一回の水やり程度で・・・」って怒られてしまいそうですね。(汗)

本当なら、スプリンクラーシステムをつければ、もっと楽になるのかもしれないけど、
これまた植物の種類や状態を観察しながら、水加減を調節したりするし、
また、庭の植物たちもも、結構場所移動して、色々掘り返したりするので、
結局スプリンクラーシステムは実現しそうもありません・・・。

でも、結局はホースでそれぞれの植物の状態を見ながら水やりすることが一番良いと
感じているのですがどうでしょうか・・・?

さてさて、2008年に交配して、昨年初開花のバラ達、色々咲いています。


この下↓の薔薇は、たしか一番花から花弁たっぷりのお花で咲き、
(一番花の写真 ←リンクのページでは、上から4番目の花)
今年はかなり期待したのですが、思ったように綺麗に花形に咲きません。

香りも微かに香るという感じで、ちょっとがっかりです。今のところもう少し様子を見ようと
思っていますが、秋にまで綺麗に咲かないと処分組みになるかも・・・。

2008 Seedlings

この↓のばら、ただのピンク組みですが、香りが非常に強く、
花つきも良いし、病気にも強いようなので、
今のところキープ組みとして様子をみています。

2008 Seedlings

この↓の薔薇、交配した薔薇がピンクばかり増えていくので、
親しい友達の庭に里子に出しました。(笑) 

シトラス系の爽やかな心地よい香りがし、自分で言うのもなんだけど、
こんな雰囲気の薔薇って、案外悪くないような・・・。(笑)

でも、その友達って、庭の植物には「水やりもあまりしない・・・」と言っていたので、
きっと肥料はもちろんのこと、その他の手入れもあまりしないと思うのですが、
そんな過酷な条件で何処までこの薔薇ががんばれるか、まさしくテストガーデンの境地です。(笑)

2008 Seedlings

そしてこれは↓、今年初開花のもの。 この他にも、今年は白やイエロー、アプリコット、などなど色々と咲いていますが、やはりピンク、赤の花の咲く確率はかなり高いです。

2009 Seedlings

2009 Seedlings

今年は一番花から選抜しています。 
先日写真をアップした、ストライプ系の花をはじめ、今年はグレー系の期待できる
花もいくつか咲いたので、今後の成長を楽しみにしているところです。



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ←バラ好きな人達のブログがたくさんあります♥

Profile

 ペッパママ

Author: ペッパママ
♥ばら♥バラ♥薔薇♥Rose♥
クレマチス、ヘレボルス、雪割草、
山野草 (特に原種の百合、バイモ属にはじまり、テンナンショウ属、
カンアオイ属、ウマノスズクサ属
などちょっと渋めの花など)
色々なジャンルの花をこよなく
愛す筆者が、アメリカはシアトル
での園芸ライフを綴っています。 

世界中の花好きの方々と
花の輪が広がれば楽しいです♪

我が家の愛犬ペッパも
時々登場しますので
どうぞ宜しくお願いします。

このブログ内の写真は、特に記載
のない限り、すべてシアトルの
我が家の庭で大切に育てている
( 育てていた^^; ) 植物達です。

気軽にコメント、感想など
頂けるととても嬉しいです!

*************************
Hi, I'm a Japanese living in the
Seattle area. I love gardening
& enjoy growing roses, clematis, hellebores, Hepatica, & woodland plants.

I especially love spring
ephemerals like Erythronium,
Trillium, and Fritillaria, and I also
like species lilies, Arisaema,
Asarum,Aristolochia, and both
species and hybrids of clematis
and hellebores.

I've also started discovering
many wonderful plants that I
never knew existed, and have
rediscovered the joy of growing
plants from seed (even ones
that I used to plant as bulbs).

I would love to exchange seeds
with folks who have similar
passions! Looking forward to
hearing from you!

画像掲示板 (BBS)

世界中の花好きの方々とお花の輪が広がればと思い、画像掲示板を設置しました♪ ガーデニング、花画像がメインとなりますが、皆様の 散策、季節模様、愛犬(ペット)等の写真もお待ちしてます! 掲示板

Translate

English French German Spain Italian Dutch Russian Portuguese Japanese Korean Arabic Chinese Simplified

現在のシアトルの天気

Calendar

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Copyright

このブログ内の写真およびコンテンツの無断転写・複製はご遠慮ください。 また写真の修正・加工、あるいは商用利用等は固く禁じます。 写真のご利用の希望の際は、メールにてご一報ください。  

…………………………………… All pictures and contents are copyrighted and protected by US and international law. Use, reproduction, or modification in any manner without written permission is prohibited and will be prosecuted to the fullest extent of the law.

Mail

Name:
Your Address:
Title:
Comments:

Recent Articles

Category

コメントありがとう!

Search

遊びに来てくれた人達


ブロとも申請フォーム

リンク

Visitors

今日の名言



presented by 地球の名言

園芸・プードル関連のブログ

blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ

QRコード

QR
このブログに掲載されている写真等の無断転写・複製・商用利用等は固く禁じます。 Copyright © ペッパママ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。